はちま jin。 jin115とは (ジンとは) [単語記事]

大手まとめサイトの「森友学園問題スルー&民進党全力叩き」に異変、痛いニュース・JIN完全沈黙、ハム速・はちま発狂

はちま jin

スポンサーリンク はちま・jinの凍結理由は任天堂DMCAで著作権侵害? 現在、はちま起稿、オレ的ゲーム速報のTwitterアカウントが相次いで凍結されているようです。 はちま起稿、オレ的ゲーム速報のTwitterアカウントが相次いで凍結(オレ的に至っては予備垢も)。 理由はなんだろうね。 こういう時に理由がわからんのがツイッターのよくないところだとおもう。 — rafin rafin01 遂にツイッターからも「悪質なまとめサイト」として認められたか?あるいはこれも「いくつかのツイートに「NGワード」が含まれてた」だったり? — 飛駆鳥(相互垢) gifuvictory はぁ? こういう奴らの不幸は蜜の味っすなぁ? ゲス顔 — おおわて・スプラ893・屑イックリン sukagizami スポンサーリンク 凍結理由は任天堂DMCA! そんなはちま、俺的ゲーム速報 jinのツイッター凍結理由は、 任天堂が著作権侵害としてDMCA虚偽通告をしたからでした。 オレ的ゲーム速報、任天堂に著作権砲打たれてて笑う — toad. 2222 Toad2222 はちま起稿も任天堂に打たれてやがるwww — toad. 2222 Toad2222 IT速報も任天堂に打たれてた — toad. 2222 Toad2222 一応、虚偽通報の可能性はあるんで要監視です。 — toad. 2222 Toad2222 DMCAは米国で2000年に施行されたデジタルミレニアム著作権法の略称で、著作権を侵害するコンテンツを通報する時に使われます。 つまり、任天堂がはちま、俺的ゲーム速報 jinの虚偽の情報にDMCA虚偽通告をして通報したかと推測されています。 ただし、まだ悪意のある方が虚偽通報の可能性もあるので、まだまだ油断はできません。 はちま・jinの凍結理由は任天堂DMCAで著作権侵害? 大手まとめサイトのはちま、jinですが、ついに任天堂本人からDMCA虚偽通告をされて凍結されたと推測されています。 ただ何度も言いますが、虚偽通報の可能性もあるので、今後のはちま、jinの凍結はどうなるのか注目ですね。 せばな~.

次の

「はちまやJINの記事を貼る奴は人間の屑」発言から「情報拡散」の意味を考える。:ナッキー(ケーシー高峰)の屁理屈。

はちま jin

「オレ的ゲーム速報@刃」管理人。 はちま起稿同様の手法で悪質な記事を多数書いている。 一月のはちま騒動の件では、など、敵対行動を取っていた。 他、はちまとは度々争っているのだが、 はちまと同じ記事を同じタイミングで掲載する事でも有名。 そんなブログ同士に言い争われても、「何を今更」「話題作りのプロレスでは?」と2chでは指摘されている。 実際、SCEとの会食にはJinも参加している。 はちまと同じ、「ライブドアにまとめられたブロガー」の一人でもある。 企業等から非難を受けてもライブドアが守ってくれるから平気、と言う趣旨の発言をした事で、 ライブドアにメールで抗議する人物も登場。 発言はその後削除された。 ニュース速報から嫌儲板への移住騒動に前後して、アニメ製作会社シャフトの公式サイトにやらおんの アフィリエイトが貼られていた事が大きな騒動となり、シャフト側はリンクの削除と謝罪を行った。 疑惑が掛けられるのであれば、やらおんと繋がりを持つ「アニプレックス」の方が自然だが、 なぜか度々、一製作会社に過ぎない「シャフト」へ矛先を向ける動きがネット上で繰り返されている。 反ステマ行動から逸脱し、ステマ同様の手法で掲示板を荒らされたこの騒動は、嫌儲への移住を後押しする一因となった。 「直販アイテムにあえて一個人のアフィを挟む理由がシャフト側に存在しない」 「シャフトへ矛先を向ける人間が、リンクの仕組みや時系列上の事実を無視した矛盾の多い論拠を用いている」 等の点や、 騒動に前後してまどか関連スレを荒らし始めた人間の言葉遣いや行動パターンから、 アフィブログがシャフトを使って炎上を狙った工作だったのではないか、という指摘も存在する。

次の

怪盗キッドの正体がバレる回は何話?彼女青子は知ってる?

はちま jin

「はちま寄稿」や「オレ的ゲーム速報@JIN」というサイトを知っていますか? 知らないなら知らないで一生知らないほうがいい糞サイトなのですが、かつてのウェブで非常に高いプレゼンスを誇ったサイトであり、現在も、おそらく僕のブログの100倍以上の読者がいます。 「はちま」や「JIN」とは何か? 「はちま」や「JIN」は、もともとゲーム関連の個人ブログだったのですが、2ちゃんねるのスレをまとめてブログの記事にする、いわゆる「まとめサイト」として大ヒットしました。 まとめサイト自体が多くの人から嫌われているのですが、「はちま」や「JIN」は「ゲハ(ゲーム業界、ハードウェア@2ch掲示板)」という2chの中でもトップクラスに住民の知能が低い掲示板をまとめていて、さらにデマや煽りやソース捏造が日常茶飯事だったので、特別に嫌われているサイトでした。 「はちま」「JIN」の悪行は数えきれませんが、ニュースサイトという体をとりながら悪質なデマや誘導、ソース捏造を行ったり、震災が起こったときに不謹慎ネタをふざけてやったりなど、まあ酷いもので、さらに2chを転載してるだけのまとめサイトという形で文責を負わない仕組みでやってたことから、ものすごい嫌われようでした。 しかし、管理人の清水鉄平(はちま管理人)やjin115(オレ的ゲーム速報管理人)は堂々と顔を出しているので、その点は大したものだと思います。 はちまの清水鉄平は単著まで出版しています。 ジンは有名生主だった片桐えりりかのハニートラップに引っかかったりしてました。 これはニコ生史上最高レベルのコンテンツと言えるくらい面白い。 ブログ界のキングとニコ生界のクイーンあたりのくだりはめっちゃ笑いました。 ジンが意外といいやつだってことがわかります。 はちまやジンの嫌われ方は、一方でそれらのサイトが無視できないほど影響力があることの裏返しとも言えます。 煽りや捏造などはとても酷いやり口だったのですが、それは相当に効果的でした。 新しく出てきたデタラメなニュースサイトなんかが似た方法を取り入れて顰蹙を買ったりもしています。 内容は何もないのだけれど はちまやジンは、ステマ騒動などいろいろあって、2012年あたりに2ちゃんねるのスレを転載することが禁止されてしまいました。 まとめサイトとして絶大な人気を誇ったのですが、もう2chのテキストを持ってくることができなくなり、コンテンツの供給を完全に絶たれてしまったのです。 2ちゃんのまとめができなくなった後、後は潰れるだけだとネットユーザーは大喜びしたものですが、元悪質ゲハブログはいまだに人気があります。 現在のはちまやジンがやっていることは、外部のニュースサイトやTwitterのつぶやきを持ってきて、短いAAを貼っているだけです。 記事の内容はほとんど何もありません。 キュレーションにもなっていない。 他で話題になっているニュースサイトへのリンクを貼っているだけ。 しかし、何もしていないにも関わらず、「はちま」や「JIN」は現在のウェブメディアの中でもトップクラスにPV(ページビュー)を稼いでいるサイトです。 例えば、同じゲームメディアというのもあまりに失礼ですが、取材や執筆に手間暇かけているよりもアクセス数で見れば上です。 「はちま」や「JIN」の成功の秘密 このどうしようもない元ゲハまとめサイトは、まったく内容がない代わりに、特定の人達にとって居心地のよい「場」を作り出せているのです。 びっくりするのが、そのコメントの多さです。 「はちま起稿」は、1記事あたりのコメントの平均がおそらく300を超えており、特にコメントの多い記事には数千ものコメントがついています。 これは2ちゃんねるのスレがいくつか埋まる量であり、ハム速などトップクラスの2ちゃんまとめにつくコメント数を遥かに上回っています。 おそらく、日本一コメントが書き込まれているサイトでしょう。 (数は多いぶんコメントしてる層は最底辺かもしれませんが。 ) 2ちゃんねるや、それと類似した匿名掲示板のプレゼンスはウェブにおいて下がり続けています。 面白い人達や才能を持った人達は、なんだかんだで半匿名や実名の形で発言するようになりました。 その傾向が進むほど匿名に残るのは無能ばかりで、だからこそますます流出が進むと言ったふうに、現在2chに常駐している層は、自虐的な意味ではなく本当の底辺になってしまいました。 (スレによってはまだ良さげなところもいくつかありますが。 ) もちろん、すごい人はたまに出てくるし、匿名でしかできないこともあるし、今半匿名や実名でやっている人も、匿名だったときの文化を引き継いではいます。 しかし2ch全体としては、ユーザーの質の低下やステマや荒らしによる汚染によって、段々と衰退してきていることは間違いないと思います。 はちまやジンが生き残っているのは、取り残された、リテラシーの低い人向けの居場所のようなものをうまく提供できているからでしょう。 最底辺向けの「場」を用意することによって、元ゲハサイトはいまだに存続しています。 はちまやジンに集まってくる人達は、情報を入手したり何かを議論しようとしているわけではなく、単に居場所が欲しいのでしょう。 書き込まれるコメントを見てると酷いものなのだけど、だからこそ彼らの居場所はもうそこにしかないのです。 当然ながら、ブログを運営していく上ではちまやジンを参考にしろと言いたいわけではありません。 そのような底辺向けの市場はまとめサイトが主に担っていて、すでに飽和しています。 僕が言いたいのは、ウェブ上のブログやメディアというものは、誰かにとっての「場」になることができるということです。 まとめサイトがいまだに流行るのは、それぞれが書き込んでいくごちゃごちゃした感じとか、くだらない煽りタイトルのリンクを辿っていってしまうようなどうしようもなさとかが、なんとなく居心地の良い空間になっているからだと思うのです。 2ちゃんまとめ的なものは、それはそれで、日本の匿名文化が持っているゆるいアングラ感とか、心地よい情けなさとか、そこに入り込む叙情をうまくものにできているとも思います。 それは初期の2ちゃんねるが持っていた空気なのかもしれないけど、その名残のようなものがまだ何とか感じ取れるのです。 煽りタイトルやソース捏造が良いこととは思いえませんが、まとめサイトが持っている独特の空気に人を惹きつけるものがあることは認めてしかるべきだと思っています。 ウェブ上に「場」をつくりたい この記事も、「はちま寄稿」「オレ的ゲーム速報@JIN」に学ぶブログ運営術という相当やばいタイトルをつけてしまったのですが、ブログやメディアを運営していく上で、うまく「場」をつくることができたらすごいよなあと思います。 ゲハ系やまとめサイトがマクドナルドや格安居酒屋として成功しているとしたら、大手メディアはスターバックスやレストランを目指すというのも戦略としてあり得ると思うし、個人ブログだったらちょっと気の利いたカフェとかバーを目指してみたいっていうのはありますよね。 (ヤフーニュースは不良のたまり場にされたコンビニみたいになってますが。 ) ウェブメディアは、見てる人が気軽に書き込めて、その結果がすぐに反映されてるし、「空気」とか「場」を作り出しやすいものだと思うのです。 「はてなブログ」などのブログサービスには、アカウント(半匿名)でコメントを書き込める機能があります。 何らかのトピックやニュースについて話してみたいときに、ブログ記事で話題をとりあげて、馴染みの人達とコメント欄で意見を交わし合ったりして、そのやりとりがコンテンツになってるようなブログがあったら素敵ですよね。 一つの理想形だと思います。 コメントのやり取りの中で、こういうセンスのあるコメントしてる人ってどんなブログ書いてるんだろうってアカウントのリンク辿っていったり、自分の好きなブロガーがよくコメントしてるブログだから読者登録しとこうみたいな文化ができるといいですよね。 あと、新しくコメント書き込んでみたい人が、ハードルの高いお店に初めて入るような感じで、たくさん勉強したうえでおそるおそるコメントを書き込んでみたりとか、そういうのってすごく文化的ですよね。 かつてのはてなダイアリーなんかにはそういった良い文化があったのかもしれませんが、今はなかなか見当たりませんね。 たしかに「はてなブックマーク」のようなシステムとしての賛同が集まってピックアップされていく仕組みは強いし、そこに人が集まるのは当然と言えば当然です。 ですが、僕のブログはコメントも歓迎していますので、できればはてなアカウントを取得して書き込んでみてくださいね。 他の記事もよかったらどうぞ• skky17.

次の