うずら 寿命。 ウズラをペットに?性格や特徴は?寿命や鳴き声は?

ウズラの死因

うずら 寿命

とても可愛らしく、愛嬌のある仕草をするため若い女性を中心に人気を得ているのが、「 うずら」です。 スーパーでうずらの卵が販売されていますが、有精卵が混じっていることもあり、温めると孵化することもあるので、ヒナから育てられる魅力があります。 そんなうずらですが、もし飼育をするとなれば、寿命がどれぐらいなのか知りたいですよね? 寿命が分かれば、最期まで面倒を見れるかどうか判断しやすくなるので、飼育の決断も容易にできるでしょう。 ここでは、 うずらの寿命はどれぐらいなのかや、寿命を延ばす飼い方などについて紹介していきます。 1.うずらの寿命はどれぐらい? 小さい鳥で可愛らしい動きをするなど、癒しを与えてくれるうずらですが、果たして 寿命はどれぐらいなのか想像もつきません。 ではうずらの寿命は、どらぐらいなのでしょうか? 野生下で暮らすうずらは、周囲が敵だらけという過酷な環境で生活していますし、自然の猛威に晒される可能性もあるため多くが若くして命を落とします。 平均して2年ほどと言われていますが、その多くがヒナや独立したての頃に天敵に狙われ死んでしまうのです。 スポンサーリンク そんな野生とは大きく環境が安全な飼育下では、平均寿命はかなり延びます。 飼育下での平均寿命は8年ほどで、健康管理を徹底し最適な環境で暮らしている元気な個体は、10年以上生きるのだとか。 ただし、メスは産卵で体力を消耗するので圧倒的に寿命が短く、飼育下でも 2〜3年しか生きません。 ですから飼育する際は、そのうずらがオスなのかメスなのかで、最期までお世話をする期間に大きな隔たりがあると理解できるでしょう。 うずらはプロの目をしても、オスとメスの区別が難しいため産卵するかどうかで判断するしかないでしょう。 2.うずらの寿命を延ばす飼い方 うずらの個体が持つ生命力や健康状態などにより、寿命は大きく異なります。 人間と同じく病気になりやすい人がいるのと同じで、うずらとひとくくりで考えても、個体によって長生きするか短命かは違ってくるんですね。 それでも、飼育がずさんであれば長生きする個体であったとしても、 病気にかかるなどして早死にする危険があるのです。 スポンサーリンク つまり、うずら個体が持つ寿命を全うできるかは、飼い主の飼育方法に大きく左右されます。 しかし飼育下では基本的に屋内飼育となるため、飼い主が意識的に日光浴をさせる必要があります。 うずらは、カルシウムの吸収を助ける ビタミンDを体内で作り出すには、日光浴が必要です。 カルシウムは健康に欠かせないものですが、それはうずらであっても同じ。 日光浴をさせる際は、飼育かごごと外に出すようにし、直接日光がうずらに当たるように工夫してください。 ガラス越しでの日光浴では、効果が激減します。 ではうずらにとっては、どんな点がストレスになるのでしょうか?• 猫や犬が近くにいる• 寝ているときに騒音がする• 光の点滅がある• 飼い主があまり世話してくれない• 飼育かごが汚い こうした環境にうずらが晒されると、どうしてもストレスが蓄積されてしまい病気になりやすいと考えられます。 できるところから排除していき、うずらが快適な生活を送れるように注意してください。 スポンサーリンク 特に、うずらの天敵となる猫が近くにいるのは、たとえ鳥かごで守られてるとはいえ恐怖そのもの。 うずらを飼育している部屋に、猫が近づけないようにするなど工夫しましょう。 できれば、 低脂肪・高タンパクのフードを食べさせることにより、健康に過ごさせられます。 市販されている「うずら用」の餌は、家畜用、つまり卵を産ませる用として高カロリーである場合が多いです。 ですから、うずら用の餌のみを与えると、運動をあまりしない飼育下では隠れ肥満になってしまう可能性があります。 うずらの健康を考えている飼い主の多くは、「 ラウディブッシュ・ペレット・ブリーダータイプ」という市販の餌を与えている場合が多いので参考にしてみてください。 まとめ ここでは、 うずらの寿命はどれぐらいなのかや、寿命を延ばす飼い方などについて紹介していきました。 うずらは平均寿命で考えると意外と長いですが、うずら個体が持つ寿命には当然バラつきがあるため、一概には言えません。 飼い主はうずらの寿命を延ばす可能性を持っているので、うずらが寿命を全うできるよう飼育内容を見直してみましょう。

次の

ウズラをペットに?性格や特徴は?寿命や鳴き声は?

うずら 寿命

うずらは大人のこぶし大の鳥で、 人懐っこく、 成鳥してからでも人に馴れます。 ペットショップでは、春と秋に生後3ヶ月前後の成鳥が売られているのがよく見られます。 夏や冬にペットショップに居る場合は、売れ残りの可能性があります。 若いものは羽根の色が薄く、狐色の羽根をしていますが、数ヶ月で茶色になります。 白うずらは色の変化があまりみられません。 ニワトリの雛のようにも見えますが、うずらの場合はこれより大きく成長することはなく、 一生この大きさです。 慣れるととても大人しく、さわり心地が良いのも魅力です。 人を識別する頭の良さもあります。 飽きの来ない深い魅力があり、10年以上飼っているファンも居ます。 性格 基本的には 臆病です。 非常に大人しい性格ですが、うずら同士の喧嘩は激しいので、 相性の悪い者同士では生活できません。 オスは時に人間にすら立ち向かう気性の荒さをみせる事もあります。 反面、とても 「寂しがり屋」で、仲間が視界から居なくなると、 俗に、寂し鳴きという独特の鳴き声を出します。 寂し鳴きは、オスもメスもします。 また、同性、異性、飼い主、いずれも仲間と認識して、 視界から居なくなると寂し鳴きします。 人間に品種改良され野生を失っているので、 野生の鳥と比べて人間に対しての警戒心はとても緩いです。 その為、成長してからでも調教しだいで人間への恐怖心を克服します。 どれだけ人間への恐怖心をもっているかは、個体差が激しいです。 「人間に捕まったら殺される」、と逃げることしか頭にない子も居ますし、 「怖いけど、少し興味がある」、という子も居ます。 中には、初めから人間を恐れない強気な子もまれに居ます。 寿命 人間の1年は、うずらの10年とも言われます。 ペットショップに並ぶうずらは、生後3〜5ヶ月前後のものですが、 これで既に人間で言う20代くらいなのだそうです。 メスはこの時期に既に卵を産み始めます。 寿命は長くても10年、人間で言えば100歳まで生きられるとも言われますが、 実際はどんなに上手に飼っても、5、6年生きれば長いほうではないでしょうか。 家畜として飼われているうずらは、2年以上過ぎると、卵を産まなくなってくるので、 その時点で廃鶉として猛禽の餌などとして出荷される場合もあるそうです。 人間にとっての1日は、うずらの10日だと、飼い主はよく自覚する必要があると思います。 飛行能力 個体差はあると思いますが、高さ7〜8メートルくらい飛び上がって、 幅30メートルくらい飛ぶのを見た事があります。 部屋慣れしていないうずらも、ジャンプに十分注意する必要があり、 ケージには衝突対策をする必要があります。 フン 鳥のフンと言うと、水っぽくてベチャっとしているイメージかも知れませんが、 健康なうずらがしたフンは、やや湿り気がある程度でコロっとしていています。 乾いてしまうと、泥団子のようで、摘み上げることもできます。 粘り気もなく、さらっとしています。 乾いたフンは、掃除機でも簡単に吸い上げる事ができます。 臭いは食べ物によって変わりますが、 草食中心なので、基本的にはあまり匂いません。 臭いは餌の影響が強く、臭みの強い食べ物を与えると、臭うようになりますが、 臭うフンをするから、うずらの体調が悪い、という訳ではないです。 ただし、10〜30個に一個くらいの割合で、油絵の具のようなフンをします。 このフンは臭う上に、ねばねばしていて床を汚しやすいです。 水っぽいフンばかりする場合は、内臓障害や糖尿病の場合もあります。 体臭 うずらの体が臭うのは、ケージの掃除を怠っているか、 臭みの強い食べものを与えている事が原因かも知れません。 ケージを清潔にしていれば、与えている餌の臭いがします。 病気の時は、独特の嫌な臭いがする場合もあります。 健康で清潔にしているうずらは、いい匂いです。

次の

CiNii Articles

うずら 寿命

ウズラってどんな鳥? ウズラの大きさ 20cm ウズラは丸い体と淡褐色と黒色が混じった羽根が特徴的です。 ウズラは空を飛べないイメージを持つ方が多いですが、キジの仲間であるウズラは空を自在に飛ぶことができます。 臆病で神経質 ウズラは臆病な性格をしている個体が多く、体調を崩している時や羽毛の生え変わる時期は攻撃的な行動をとることがあります。 人に慣れずに育った大人のウズラを人間に慣れさせることは難しいですがウズラが雛のうちから人間に慣れさせることによって犬や猫のように懐かせることも可能です。 生涯産卵数 メスのウズラが生涯 約2-3年 産卵する卵の数は約340-380個、2-3日に1個のペースで産卵します。 メスのウズラは2才以上になると産卵ペースは徐々に減少していきます。 ウズラの寿命は? ウズラの寿命 7-8年 ウズラの寿命は約7-8年です。 ウズラの寿命は飼育する環境よって大きく変わり、ウズラに適した環境で飼育することで10年以上生きた個体も存在します。 メスは寿命が短い ウズラのメスは卵を産む時に多くの体力を使うため、オスのウズラよりもメスのウズラの方が寿命が短くなり、約2-3年しか生きることができません。 ウズラの値段は? ウズラの値段 1500-3000円 ウズラの値段は約1500-3000円で購入することができます。 ウズラは複数の種類 色変わり が存在しており、珍しい種類のウズラは通常のウズラよりも高い値段で販売されています。 また、ウズラはオスよりもメスの方が値段が高くなっており、メスの値段はオスの約1. 2-1. 5倍になります。 ウズラを入手するにはショップで購入する他にもウズラの卵を孵化させて入手する方法もあります。 ウズラの卵は必要な道具があれば誰でも簡単に孵化させることができるので興味がある方は是非チャレンジしてみてください。 ウズラの飼育に必要な道具 飼育用品 ウズラの飼育に必要な道具 飼育用品• ケージ• エサ入れ・水入れ• ヒーター• 焼砂・ 砂浴び用ケース ケージ ウズラを飼育するためのケージは、以下のような製品がオススメです。 ハムスター用ケージ• ウサギ用ケージ• 水槽 ウズラ用のケージを自作するような人たちもいるのでケージの自作に興味がある方はチャレンジしてみましょう。 狭すぎるケージで飼育するとウズラが十分に動き回ることができずに運動不足になってしまいますし、何よりもウズラにストレスを与えてしまいます。 小さなケージではウズラが運動することができませんが、ウサギ用のケージは大きいため、ウズラがケージ内である程度自由に行動することができるのでオススメです。 水槽は他のケージと比べると断トツで保温性に優れているのでウズラの飼育にも最もオススメなケージです。 ウズラの雛の飼育には60cm水槽、ウズラの成鳥の飼育には90cm水槽がオススメです。 水槽にはガラス製とアクリル製の製品があり、どちらの材質を選べばいいのかわからない場合は以下の比較表を参考に選びましょう。 最もオススメな床材はペットシートです。 他にも床材には以下のような物があります。 新聞紙• ウッドチップ• ウッドチップには様々な大きさに加工された物がありますが、ウズラに使用するウッドチップはおがくず状に加工された物がオススメです。 猫砂を床材として使用する場合はウズラが食べても平気な木製の猫砂を使用しましょう。 猫砂のようにウズラがペッとシートを飲み込む心配もなく、機能性・安全性共に優れています。 ただし、優れた床材であるペットシートは他の床材と比べて値段が高いです。 エサ入れ・水入れ エサ入れと水入れは食器でも代用することができますが、床に置いた食器をウズラがひっくり返したり中へ入ってしまったりと不衛生ですので、ケージに引っ掛けるタイプのエサ入れと水入れがオススメです。 ヒーター ウズラは寒さが苦手な動物なので日本でウズラを飼育する場合はヒーターやエアコンなどの暖房器具が必要になります。 低室温はウズラにとっては死活問題ですので必ずヒーターを用意しましょう。 砂・砂浴び用ケース ウズラは砂浴びをする習性がありますので焼砂と砂浴び用のケースを用意しましょう。 焼砂はチンチラやハムスター用の物を使用し、砂浴び用ケースはプラケースなどの砂を入れることができる容器なら何でも大丈夫です。 砂浴びに使う砂は必ずショップで購入するようにしてください。 自然で採取した砂は雑菌が多く付着しており砂浴びしたウズラへ悪影響を与える可能性があります。 焼砂とは、砂を加熱し殺菌、人工的に乾燥させた砂のことをいいます。 ウズラの飼い方と注意点 ケージの設置場所 ウズラのケージを設置する場所はケージの半分に直射日光が入り込む静かな場所に設置しましょう。 ウズラには健康のためには日光浴が必要になりますが、夏場に直射日光が当たる位置へケージを設置すると室温があがりすぎてしまいます。 そのため、ケージ内に日陰となる場所を必ず作ってあげてください。 ケージ内に日陰を作ることでウズラが自ら快適な場所へ移動し体温を調節することができます。 温度・室温管理 ウズラは寒さに弱いので暖房器具を使いウズラが快適に過ごせる室温に保ちましょう。 ウズラに適した温度は、生後何日かによって異なりますので以下を参考にしてください。 ウズラの健康にはカルシウムが多く必要であり、特に産卵を行うメスはカルシウムを多く消費しますのでカルシウムを豊富に含んだエサをあげる必要があります。 カルシウムは卵の殻やアサリの貝殻に豊富に含まれているため、これらを粉状に砕いてウズラの餌に混ぜたりサプリを与えて補うといいでしょう。 絶対に与えてはいけない餌 ウズラに与えてはいけないエサは沢山あり、以下のような物が含まれます。 チョコレート ココア・カカオ等• ネギ類 玉ねぎ・長ネギ等• イモ類 ジャガイモ・サツマイモ等• 乳製品 卵・チーズ等• アボカド• その他人間用の食品全般 このようにウズラに害をきたす食べ物はいっぱいありますので、ウズラ初めて食べ物を与える時は必ず事前に安全か調べるようにしましょう。 定期的に砂遊びさせる ウズラには砂浴びをする習性がありますので生後2週間から砂浴びをさせましょう。 砂浴びは体に付着したゴミやホコリを落とす役割の他にも、ウズラのストレスを解消したり、リラックスさせる効果がありますので最低でも週に2-3回行いましょう。 ケージ掃除は毎日しよう ウズラは臭いと言うイメージを持っている方が多いのではないでしょうか? たしかにウズラの排泄物は量も多いですし臭いも強いですが、毎日キチンとケージ掃除をしていれば動物臭はしますが鼻をつまむような悪臭を発することはありません。 2-3日掃除しないだけでもかなり臭いますのでウズラの飼育に手間をあまりかけたくないという方はウズラの飼育には向いていませんので飼育は諦めた方がいいでしょう。

次の