おかあさん と いっしょ コロナ。 おかあさんといっしょコロナで収録に子供がいない!無観客の画像まとめ

おかあさんといっしょコロナで収録に子供がいない!無観客の画像まとめ

おかあさん と いっしょ コロナ

あえて「ぼよよん行進曲」を歌ってくれた 一曲目に、「ぼよよん行進曲」を歌ってくれたのだ。 タイトルからはわかりにくいが、「ぼよよん行進曲」感動的な曲なのだ。 子ども向けの歌ではあるんだけど、おそらくは子育てに疲れた親に向けて書かれているような前向きな歌詞だ。 「おかあさんといっしょ」のほとんどの曲は、うたのおにいさん、おねえさんが変わると同時に変更になるようだが、「ぼよよん行進曲」は15年近く前から歌い継がれているよう。 名曲だからね。 昨日は、その「ぼよよん行進曲」を一曲目に歌ってくれた。 コロナで大変なときだからこそ、応援の気持ちを込めてやってくれたのだと思う。 しかも全員で。 うたのおにいさん、おねえさん、たいそうのおにいさん、おねえさん、着ぐるみのカラピコぷ~までそろってね。 うれしかった。 本当にうれしかった。 ちなみに、人と着ぐるみを交互に並べて、ソーシャルディスタンスを取ってるのがちょっと面白かった。 笑 こんなときこそ、人の気持ちがうれしいね おそらくは、おかあさんといっしょのスタッフの方が考えてやってくれたことで、歌もなんかこういつもより気持ちが入っているようだった。 こんなときだからこそ、人の気持ちが響くよね。 ポジティブな気持ちが、画面越しにも伝わってきた。 コロナで大変だからこそ、こういうこともあるわけでさ。 日頃当たり前のように放送されてた「おかあさんといっしょ」も、たくさんの人の支えがあって放送されていて、番組を良いものにするために色々と考えてもらっていることを、「ぼよよん行進曲」を見ながら思った。 本当に感謝しかない。 こんなときこそ、気持ちが大事だね。 オレもできることをしようと思ったよ。 大変なときだけど、がんばって乗り越えていきましょう!!!.

次の

赤江珠緒、新型コロナウイルスでの療養から『たまむすび』復帰第一声は『おかあさんといっしょ』リスペクトで「みんな、元気~?」

おかあさん と いっしょ コロナ

2020年6月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』 毎週月-金 13:00-15:30 にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、新型コロナウイルス感染症からの療養第一声は『おかあさんといっしょ』リスペクトで「みんな、元気~?珠緒お姉さん、もとい珠緒おばさんも元気、元気~!」と元気いっぱいに挨拶していた。 赤江珠緒:みんな、元気~? カンニング竹山:ふふ 笑 赤江珠緒:珠緒お姉さん、もとい珠緒おばさんも元気、元気~! カンニング竹山:はっはっはっ 笑 赤江珠緒:午後1時になりました、TBSラジオ『赤江珠緒たまむすび』こんにちは、赤江珠緒です。 カンニング竹山:どうも、月曜パートナーカンニング竹山です。 もうなんか… 赤江珠緒:こんな感じでしたっけ? カンニング竹山:空回っちゃって、無理しすぎだよ 笑 赤江珠緒:ふふ 笑 カンニング竹山:まぁ緊張してたね、本番前も今日は。 赤江珠緒:っていうのもね…そうなんですよ。 カンニング竹山:まず最初、おかえりなさい。 赤江珠緒:あ、ただいま戻りました。 ありがとうございます、本当に。 カンニング竹山:今日から復帰ですね、赤江さん。 赤江珠緒:皆さんにもね、ご心配おかけして。 カンニング竹山:ふふ 笑 おかえりなさい、よかった、よかった戻ってね 笑 赤江珠緒:それがね、竹山さんね。 今言ったの、これ『おかあさんといっしょ』。 カンニング竹山:ああ、はいはい。 赤江珠緒:その始まりなんです。 「あつこお姉さんも元気!」って始まるんです。 カンニング竹山:ああ、そうなの? 赤江珠緒:私がコロナ療養中、どうしても隔離生活で、親子ワンオペみたいになってた時期。 カンニング竹山:なるほど。 赤江珠緒:どれほど助けていただいたか。 カンニング竹山:あ、『おかあさんといっしょ』に? 笑 赤江珠緒:はい。 それの感謝とリスペクトを込めまして。 カンニング竹山:はっはっはっ 笑 赤江珠緒:ありがとうございました 笑 カンニング竹山:じゃあ、今のはNHKさんの『おかあさんといっしょ』に言ったんですね?ありがとう、と。 お母さんとして。 赤江珠緒:「手が離せないけど…『おかあさんといっしょ』見てて~」みたいな感じで。 カンニング竹山:いい番組ですな 笑 赤江珠緒:思ったんですよ。 こういう普段の放送、『たまむすび』も含めてですよ。 カンニング竹山:はい、はい。 赤江珠緒:私は参加してなかったんですけど、『たまむすび』とかも含めて、こういう通常の放送をしてくれているのもやっぱりね。 大変な時期だったじゃないですか、緊急事態宣言の間はね。 カンニング竹山:はい。 赤江珠緒:医療者の方はもちろん本当ありがとうございますっていうことなんですけど、本当、そういう普段通りのことをしてくださってるありがたさ、沁みましたよ、本当に。

次の

【コロナで中止】NHKおかあさんといっしょファミリーコンサートに突然行けなくなった話。|つるさんち

おかあさん と いっしょ コロナ

あえて「ぼよよん行進曲」を歌ってくれた 一曲目に、「ぼよよん行進曲」を歌ってくれたのだ。 タイトルからはわかりにくいが、「ぼよよん行進曲」感動的な曲なのだ。 子ども向けの歌ではあるんだけど、おそらくは子育てに疲れた親に向けて書かれているような前向きな歌詞だ。 「おかあさんといっしょ」のほとんどの曲は、うたのおにいさん、おねえさんが変わると同時に変更になるようだが、「ぼよよん行進曲」は15年近く前から歌い継がれているよう。 名曲だからね。 昨日は、その「ぼよよん行進曲」を一曲目に歌ってくれた。 コロナで大変なときだからこそ、応援の気持ちを込めてやってくれたのだと思う。 しかも全員で。 うたのおにいさん、おねえさん、たいそうのおにいさん、おねえさん、着ぐるみのカラピコぷ~までそろってね。 うれしかった。 本当にうれしかった。 ちなみに、人と着ぐるみを交互に並べて、ソーシャルディスタンスを取ってるのがちょっと面白かった。 笑 こんなときこそ、人の気持ちがうれしいね おそらくは、おかあさんといっしょのスタッフの方が考えてやってくれたことで、歌もなんかこういつもより気持ちが入っているようだった。 こんなときだからこそ、人の気持ちが響くよね。 ポジティブな気持ちが、画面越しにも伝わってきた。 コロナで大変だからこそ、こういうこともあるわけでさ。 日頃当たり前のように放送されてた「おかあさんといっしょ」も、たくさんの人の支えがあって放送されていて、番組を良いものにするために色々と考えてもらっていることを、「ぼよよん行進曲」を見ながら思った。 本当に感謝しかない。 こんなときこそ、気持ちが大事だね。 オレもできることをしようと思ったよ。 大変なときだけど、がんばって乗り越えていきましょう!!!.

次の