グロッバー キック ボード。 外遊びに夢中になる!楽しく体力づくりができるグロッバーの口コミ

【楽天市場】GLOBBER グロッバー エヴォコンフォート 変形スケーターキックボード キックスクーター 【送料無料】:自転車秘密基地 楽天市場店

グロッバー キック ボード

結論 「グロッバーは1歳の誕生日プレゼントにとてもおすすめ!」 その最大の理由は、 5段階変形でとても長く使えてコスパが良いものだからです。 グロッバーとは? グロッバーとはフランス製の三輪車兼キックボードで、三輪車からキックボードに変形する5in1の優れものです。 我が家は子供の 1歳の誕生日プレゼントで購入しました。 使用対象年齢はライドオンスタイルと言われる手押しが付いた三輪車タイプで、「 12カ月〜」となっているため、1歳のプレゼンとには最適です。 グロッバーは軽量で女性で持ち運びが簡単 グロッバーの重量は一番重い状態の三輪車型で 3. 84kgです。 とても軽く、非力な私 女性 でも楽々持ち運びが出来て、エレベーターのないマンションに住んでいましたが、階段での上げ下げも苦になりませんでした。 また、三輪車の形の時は後ろに、大人がコントロールできる棒がついているので、勝手にどこかに行くのも防止できました。 重量 【ライドオンスタイル 3輪車 】 :3. 84kg 【バランシングバイク キックバイク 】 :3. 36kg 【スクータースタイル キックボード 】 :2. 46kg グロッバーをベビーカーがわりに使う 形はスマートなので、子供がベビーカーを卒業したからと言って長時間歩くのは疲れやすく、抱っこもとても大変です。 そんなときでもこのグロッバーに乗せて近所のショッピングモールへ遊びに行ったりしていました。 当たり前ですが、タイヤがついていて手押し棒を押すだけなので抱っこに比べてもとても、移動しやすく、親への負担も少なくなります。 我が家ではベビーカー変わりにもなり大活躍でした。 対象年齢 【ライドオンスタイル】:12から36カ月 (最大重量:20kg) 【バランシングバイク】:15から36カ月 (最大重量:20kg) 【スクータースタイル】:3歳から (最大重量:50kg) 三輪車からキックボードへ簡単に変形できる 子供が3歳半になったので、いまは三輪車型をやめてキックボードにしています。 こちら変形も楽々で私でもさくっと変形出来ました。 グロッバーに乗っていると日本でも今住んでいる海外でも、「何それ?」とか「カッコいいね」などと話しかけられることが多く古今東西関係なく目に止まるデザインであるようです。 グロッバーのコストメリット 購入前は少し高いかな?と迷いもありましたが、三輪車とキックボードを別々で買うのと結局同じ金額になることや、エレベーターのないマンションの上り下りの持ち運びを考えて購入しました。 二年半三輪車として乗り続け、、公園やモールでのお買い物で大活躍、いまでもキックボードとして利用しているので値段の元は十分取れたと思っています。 1歳の誕生日におすすめ 1歳のお誕生日プレゼントで何にしようか迷われている方、こちらはほんとうにお勧めです。

次の

【誕生日】4歳の娘にキックボード【GLOBBER(グロッバー)】のプレゼント!という選択肢

グロッバー キック ボード

2歳後半から3歳の子供がキックボードを始めるなら、グロッバーの3輪のモデルがおすすめです。 キックボードだと、グロッバーの他に、マイクロやラングスも有名ですが、 我が家の3つの条件(1)タイヤが光る、(2)折りたためる、(3)そこそこ手ごろな価格…を考えると、グロッバー一択でした。 3つのうち、タイヤが光るのは必須ですね。 他の子のキックボードが光るのを見て、同様のものがいいと言われたら悲しすぎます。 一般に子供は光るものが大好きですから。 グロッバーにもいろいろなシリーズがあり、総代理店であるダッドウェイの商品サイトを見ても、違いがさっぱり分かりませんでした。 そこで、各シリーズの違いをお店で確認したので紹介します。 「エヴォ・コンフォート」シリーズは、子供を乗せて親が押してみたり(1歳頃~)、ペダルのない三輪車のような乗り方ができたり(1歳3ヵ月頃~)、最終的にはキックボードとして利用できる(3歳頃~)というシリーズです。 みなさんの周りにも、こちらをベビーカー代わりに利用している人がいるのではないでしょうか。 今のところ、このシリーズは、キックボードとして利用する場合は折りたためないので、我が家の候補からは外しました。 そもそも、もう3歳になるので、キックボード以外の使い方をしないし。 2輪キックボードは「フロー」の対象年齢は6歳以上 「フロー」は、2輪のシリーズです。 身長110cm以上、6歳以降が対象です。 100kgまでOKなので、大人でも楽しめます。 しかし、3歳に2輪はかなりむずかしいです。 もうすぐ3歳になるうちの子は、マイクロの2輪のキックボードに試乗しましたが、まったく乗れませんでした。 3輪キックボードは「プリモ」と「エリート」 グロッバーの3輪キックボードのブランドは、「プリモ」と「エリート」に分かれています。 現在販売されているプリモとエリートの各モデルの対象年齢は3歳からで、体重制限は50kgです。 小柄な大人でもOKですね。 いずれのモデルもタイヤが光ります! (ちなみに、我が家では、2019年10月に発売した「プリモ フォールダブル ライト」を買いました!) プリモシリーズ グロッバーの低価格帯のシリーズです。 旧モデルは「プリモ プラス」で、 新しいモデルは「プリモ フォールダブル ライト」です。 どちらのモデルも、ハンドルの高さの3段階で調整できます。 新旧モデルの大きな違いは、折りたたみできるかどうかです。 旧モデルの「プリモ プラス」 は、折りたたみできません。 「プリモ フォールダブル ライト」は、 ハンドルを1回抜かないとだめですが、折り曲げることができます。 折りたたみにこだわりがなければ、新モデルが発売され、「プリモ プラス」が安くなっていることが多いので、お買い得です。 カラーによっても、価格が違っていて、ピンクだけ安くなっていたりしました。 エリートシリーズ エリートはプリモシリーズより上位のモデルです。 機能も増え、お値段も高くなります。 旧モデルは、「エリート フラッシュ」です。 新しいモデルは、「エリート デラックス ライト」です。 新旧モデルの主な違いは、ハンドルを支える棒の部分の色です。 主な違いがカラーだけなので、こだわりがなければ、セールになっている旧モデルがお買い得です。 迷って買わなかったマイクロについて マイクロの3輪のキックボード「マキシ・マイクロ・デラックス」にも試乗しました。 対象年齢が5歳以降ですが、3歳になるうちの子でも難なく乗れていました。 タイヤが光るモデルもあったし、折りたたみもできたので、我が家の条件には(価格以外は)ぴったり。 4歳や5歳で3輪のキックボードを買うならマイクロでもいいかも、という気がしつつ、5歳くらいになると2輪の方がいいかもしれません。 我が家では、いずれ2輪を買うので、3輪はそれなりにリーズナブルに買いたいと考えました。 グロッバーと迷いましたが、グロッバーの方が断然安かったのと、グロッバーは折りたたむと、子供がキャリーケースのようにコロコロ引いて歩けるので、便利かも?と思いグロッバーにしました。 マイクロの方では、体重移動で曲がったりするような操作性をしっかりアピールしていますが、グロッバーの紹介には、操縦についてはあまり書かれていないのでその点はちょっと不安でした。 グロッバー プリモ フォールダブル ライト購入後 グロッバーも体重移動で曲がることができました!また、曲がらないようにストッパーをかけることもできます。 3歳のうちの子の場合、本人の希望により、グラグラしないようにストッパーをかけています。 3歳の子でも買ったその日からスイスイ乗りこなしていました。 タイヤの光は昼間はほとんどわからないのですが、夕方になるときれいです。 やっぱり光るタイヤにしてよかった! 50キロまでOKなので、小柄な大人でも楽しめます。 実際に試しに乗ってみると、思いのほか楽しいのですが、下り坂でスピードが出ると怖いです。 楽天には、総代理店であるダッドウェイの公式ショップがあります。 我が家も実際にダッドウェイのショップに行ったものの、在庫がなかったのでネットで購入しました。

次の

stwww.surfermag.com: GLOBBER グロッバー EVO キックボード 3輪 1歳から 変形 フットブレーキ 外遊び 子供 乗り物 安全設計 キックスクーター バランスバイク (グリーン) WLGB455106: おもちゃ

グロッバー キック ボード

グロッバーエヴォ 5in1 グロッバーエヴォ 5in1とは、フランスのメーカーが販売している1歳から遊べるキックボードです。 そのため、他のキックボードとは違う点がいくつかあります。 今回は、グロッバーエヴォ 5in1を実際に購入し良かった点と悪かった点と紹介していきます。 悪かった点 まず、最初に悪かった点を紹介していきます。 小回りができない グロッバーは、通常のキックボードと違いハンドルが動くタイプではなく、体重移動で方向転換するキックボードとなっています。 感覚としては、スケボーなどで方向転換する感覚です。 そのため、三輪車や他のキックボードを乗った事がある子供は慣れるまで時間がかかるかもしれません。 また、子供が乗車するモードで親が後ろから操作するときも同様に慣れるまでに時間がかかるかもしれません。 私は、操作には直ぐに慣れました。 普段、ストライダーなどに乗っている、お兄ちゃんもしばらくすると慣れているようでした。 小回りをしたいときは、前輪を浮かせての移動となるため狭い場所で小回りが多い場所では向かないと思います。 足置きが小さい グロッバーは、1歳頃から乗車できるモードがあります。 1歳から乗車できるモードでは、親が操作できるようにキックボードの持ち手が後ろに付き、足置きが設置されています。 この足置きが非常に小さく、子供が足置きに乗せていない時や動いている時に足置きから足を下ろしてしまうと靴が絡まりバランスを崩す恐れがあります。 しかし、足置きが広くても足を下ろす可能性があるので、一概に足置きが小さいことが問題というわけではないですが、他の方の購入レビューでも時々見かけるので悪かった点にしました。 我が子も始めは、足置きに足を乗せずに絡まることがありましたが、直ぐに慣れて足置きにのせるようになりました。 キックボードモードです。 デザインが秀逸 フランスから販売されているキックボードのためデザインが近未来的な姿をしています。 特に、1歳から乗車するモードでは見た目がカッコよく、乗車すると三輪車とは違い少し前かがみとなりバイクに乗っている感じの乗車となります。 タイヤが回る グロッバーは、ベアリングが良いのかタイヤが良く回ります。 キックボードに限らずタイヤが付いている乗り物はタイヤが良く回る事は重要です。 親が押す時にもタイヤが良く回るとスムーズに押すことができますし、子供が押す時も大きな力が必要とならずにスムーズに動かすことができます。 軽くコンパクト グロッパーは、キックボードが主体のため本体は、最大でも約3. 8kgと非常に軽いです。 また、工具なしに簡単に取り外しができるためコンパクトにすることもできます。 三輪車を検討している方は、グロッバーを検討してみてもいいかもしれません。 グロッバーはオススメ グロッバーエヴォ 5in1の良かった点・悪かった点を紹介しましたが、私は実際に購入してみて良かったと思っています。 何より子供も喜んでますし品質も良く、長く使用できそうな物だと思いました。 キックボード・三輪車などを検討している方は、グロッバーエヴォ 5in1を検討してみてはいかがでしょうか。

次の