ディズニー ストア ライトセーバー。 「スター・ウォーズ: ギャラクシーズ・エッジ」ライトセーバー工房の情報まとめ

ライトセーバー通販-FXライトセーバーなど160種類以上!アメリカから輸入のカスタムセーバーをご自宅まで

ディズニー ストア ライトセーバー

派手な演出も楽しめる本作ですから既に多くのアトラクションがあるように思えますが意外ですね? 今回はスター・ウォーズファン以外でもディズニーランドファンなら気になる、テーマパークの最新動画が公開されましたのでそちらを詳しくご紹介していきます。 一足先にアトラクションの内容を見たり、実際に現場を視察した関係者の評価も上々。 中でも、 ウォルト・ディズニーのスコット・トロウブリッジ氏は、 スター・ウォーズの世界を自分の体で体感できることに感動し、 スター・ウォーズシリーズに携わったルーカスフィルムのキャリー・ベック氏は、 テーマパークを歩いている最中に感極まったそうです。 さらに、ディズニーランドならではのおもてなし ギャラクシーズエッジの魅力はアトラクションだけにとどまりません。 スター・ウォーズの魅力が詰まったコンセプトリゾートホテル、レストランでは、 スター・ウォーズシリーズを見ていればわかる「ブルーミルク」などのメニューも登場します。 またパーク内で使用される楽曲は、既存の曲だけではなく、 スター・ウォーズシリーズの数々の珠玉の楽曲を手がけたジョン・ウィリアムズによる新曲が多く採用されているのも見所のひとつです。 スター・ウォーズの世界観がどこまで再現されているのか? 今から期待で胸がはち切れそうです。 まとめ image:Disney Parks これからも進化をとげ続ける「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」 最初のオープンは 2019年夏に、カリフォルニア州アナハイムの 「ディズニーランド」で 2つめのオープンは 秋に、 フロリダ州オーランド内の 「ディズニー・ハリウッドスタジオ」に、 3つめは、 2020年以降に、ディズニーランド・パリの 「ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク」 …で、続々とオープンします。 ファンは今後も目が離せませんね。 日本でも、いつかはオープンして、日本のスター・ウォーズファンを沸かせて頂きたいものです。 最後まで読んで頂きありがとうございました。 フォースと共にあらんことを! スター・ウォーズファン歴40年のルークスカイウォーカーが1番好きな日本人男性です。 スター・ウォーズ好きでライトセーバーの事を色々と紹介しております。 その熱は年をとっても冷める事無く、いまでもスター・ウォーズのことがどんどん好きになり…、ついには「ジェダイのようにライトセーバーを自分で持って振り回したい!」と思うようにまでなってしまいました! このサイトではそんな私が、ライトセーバーやスター・ウォーズの事を色々と紹介していきますのでよろしくお願いいたします! R2DGO アール2ディーゴー と申します。 スター・ウォーズファン歴40年のルークスカイウォーカーが1番好きな日本人男性です。 スター・ウォーズ好きでライトセーバーの事を色々と紹介しております。 その熱は年をとっても冷める事無く、いまでもスター・ウォーズのことがどんどん好きになり…、ついには「ジェダイのようにライトセーバーを自分で持って振り回したい!」と思うようにまでなってしまいました! このサイトではそんな私が、ライトセーバーやスター・ウォーズの事を色々と紹介していきますのでよろしくお願いいたします!.

次の

「スター・ウォーズ: ギャラクシーズ・エッジ」ライトセーバー工房の情報まとめ

ディズニー ストア ライトセーバー

引用: 今回紹介するのは、フロリダ州オーランド・ ウォルトディズニーワールド内にあるパーク 「 ディズニーハリウッドスタジオ」で体験できる オリジナルライトセーバー(ハンドビルトライトセーバー)作りについてです。 2019年8月29日、ディズニーハリウッドスタジオ(Disney's Hollywood Studios)に、ファン待望の新たなエリア 「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ(Star Wars:Galaxy's Edge)」がオープンしました。 その中にある 「サヴィのワークショップ(Savi's Workshop)」では、 世界に一つだけの自分のオリジナルライトセーバーを作る事が出来るんです!!• ライトセーバー作り:色とパーツの選択 好きな色のライトセーバーを作ろう!4色から自分の色を選ぶ ライトセーバーの色を決めるのは、「カイバー・クリスタル」というクリスタルです。 サヴィのワークショップでは、 青・ 緑・ 紫・ 赤 の4色から、目を閉じて自分の心に浮かんだ色のカイバー・クリスタルを選び、それを元にライトセーバー作りを行います。 ちなみに、映画に出てくるキャラクターたちのライトセーバーの色は次の通りです。 体験終了後、売店で販売されているカイバー・クリスタルを購入することで、白や 黄色にライトセーバーを光らせることが出来ます。 「ピース&ジャスティス」(PEACE AND JUSTICE) ジェダイの倒れた寺院や宇宙船からからスクラップを回収した素材を使った、共和国時代の銀河の守護者・ジェダイをイメージしたセット。 一番ベーシックな、映画のスターウォーズ、ジェダイらしいテーマです。 以下のパーツを組み合わせてライトセーバーを作ります。 ダークサイドなので選ぶべきカイバークリスタルは赤でしょうか。 使えるパーツは次の通り。 ゲームやテレビシリーズを観ていないと、なかなか理解しづらい世界観かもしれません。 使えるパーツは以下の通り。 ボトムに使える牙パーツが印象的です。 映画で描かれている作品より、遥か昔の世界のイメージなので、こちらもよほど詳しくない限り馴染みがないかもしれません。 使えるパーツは次の通り。 並んでいると、スタッフの方からライトセーバーの 4つのテーマが描かれた紙を渡されます。 受付で自分の名前と予約番号を伝え、体験代の支払いをします。 その際に、 「どのテーマでライトセーバーを作りたいか」尋ねられますので、それまでに決めておきましょう。 支払いが完了すると、それぞれのテーマ名の下にある、 テーマごとのロゴマークのピンバッジと色の書かれた絵札を渡されます。 ピンバッジは、ワークショップ内でどのテーマのライトセーバーを作りたいかという意思表示になりますので、必ずスタッフの方に見える位置につけておきましょう。 色の書かれた絵札については、それぞれ何時からの回なのか、グループを表すものになります。 画像の通りだと、グリーンのグループです。 時間になれば、「GREEN GROUP! 」と呼ばれます。 ライトセーバー作りは、「単に作る」という訳では無く、 「ジェダイの神聖な儀式」として進行します。 まず、オーナーであるサヴィから、「ダークサイドが力を増してきている」、「ジェダイの新しい希望はレイだ」というような話をされます。 続いて、 ギャザリングと呼ばれるカイバークリスタル選びに移ります。 青・緑・赤・紫、4つの色のライトセーバーについて、それぞれどんなマスターがいるのか、丁寧に説明してくれます。 説明後、目を閉じて心に思い浮かんだ色に決めるよう言われます。 スタッフが、カイバークリスタルがたくさん入った筒を持ってきますので、そこから一つ自分のカイバークリスタルを選びます。 同じ色のクリスタルでも、形はいくつかありますので、慎重に選びましょう。 スタッフが、受付の際にもらった ピンバッジを見て、それぞれのテーマのパーツを用意してくれます。 まずは、カイバークリスタルを、芯の部分にはめ込む所からスタート。 続いて、スイッチのパーツ、持ち手のパーツ、先端と底のパーツという順で選んでいきますが、組み立てる際は、 力強くはめ込んでから回さないと空回りして閉まらなかったり、上下のパーツで回す向きが逆だったりするので、注意してください。 笑 完成したライトセーバーは一度、台の上置くように言われます。 参加者全員が組み上げ終わると、スタッフがそれぞれのライトセーバーを筒に接続し、刃の部分を取り付けてくれます。 一度、照明が落とされて、とあるジェダイマスターのお声が聴こえてきます。 そして、オーナーであるサヴィの 「アクティベート!」の声に合わせて、参加者が一斉にライトセーバーを起動します。 その瞬間は本当に圧巻で、必見です!!! 全員でライトセーバーを掲げた後は、体験終了となります。 一度電源を切って、退出を促されます。 退出をする際には、ライトセーバーを入れる 保護緩衝材入りのケースを貰えますので、必ず受け取ってから出るようにしましょう。 制作の様子を動画で上げている方を発見しました。 ぜひご覧ください。 予約方法:フロリダとカリフォルニア間違えないように! ライトセーバー作りが体験できる「サヴィの工房」は、フロリダ州オーランドにある「ディズニー・ハリウッド・スタジオ」とカリフォルニア州にある「ディズニーランド」の2か所にあります。 予約をする際も間違えないよう注意が必要です。 また、ライトセーバー1本の申し込みにつき、作成者1人、同伴者1人の計2名しか入場できませんので、ご家族で行かれる場合は注意が必要です。 なお、予約の際にはクレジットカードの登録が必要ですが、実際に支払うのは当日現地にて。 当日や無断キャンセルの場合はクレジットカードから取消料として全額取られます。 機内持ち込みをするのであれば、体験の際にもらえる 保護緩衝材入りのケースが割としっかりしているので、それで十分かと思います。 機内では、 上の荷物棚に入れてしまえば問題ありませんでしたが、不安な方は足元に寝かせて置きましょう。 そのまま 足元に横向きに置くと、座席2席半分くらいの長さがありますので、必要に応じて 刃の部分を取り外すのが良いかと思います。 刃の部分は、柄に押し込んで回すと簡単に外れるようになっているので、外れた柄は鞄の中に入れてしまいましょう。 刃の部分だけであれば、十分足元に収まるサイズになりますのでご安心ください。

次の

世界に1本しかない自分だけのライトセーバーを公式にゲットする方法

ディズニー ストア ライトセーバー

引用: 今回紹介するのは、フロリダ州オーランド・ ウォルトディズニーワールド内にあるパーク 「 ディズニーハリウッドスタジオ」で体験できる オリジナルライトセーバー(ハンドビルトライトセーバー)作りについてです。 2019年8月29日、ディズニーハリウッドスタジオ(Disney's Hollywood Studios)に、ファン待望の新たなエリア 「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ(Star Wars:Galaxy's Edge)」がオープンしました。 その中にある 「サヴィのワークショップ(Savi's Workshop)」では、 世界に一つだけの自分のオリジナルライトセーバーを作る事が出来るんです!!• ライトセーバー作り:色とパーツの選択 好きな色のライトセーバーを作ろう!4色から自分の色を選ぶ ライトセーバーの色を決めるのは、「カイバー・クリスタル」というクリスタルです。 サヴィのワークショップでは、 青・ 緑・ 紫・ 赤 の4色から、目を閉じて自分の心に浮かんだ色のカイバー・クリスタルを選び、それを元にライトセーバー作りを行います。 ちなみに、映画に出てくるキャラクターたちのライトセーバーの色は次の通りです。 体験終了後、売店で販売されているカイバー・クリスタルを購入することで、白や 黄色にライトセーバーを光らせることが出来ます。 「ピース&ジャスティス」(PEACE AND JUSTICE) ジェダイの倒れた寺院や宇宙船からからスクラップを回収した素材を使った、共和国時代の銀河の守護者・ジェダイをイメージしたセット。 一番ベーシックな、映画のスターウォーズ、ジェダイらしいテーマです。 以下のパーツを組み合わせてライトセーバーを作ります。 ダークサイドなので選ぶべきカイバークリスタルは赤でしょうか。 使えるパーツは次の通り。 ゲームやテレビシリーズを観ていないと、なかなか理解しづらい世界観かもしれません。 使えるパーツは以下の通り。 ボトムに使える牙パーツが印象的です。 映画で描かれている作品より、遥か昔の世界のイメージなので、こちらもよほど詳しくない限り馴染みがないかもしれません。 使えるパーツは次の通り。 並んでいると、スタッフの方からライトセーバーの 4つのテーマが描かれた紙を渡されます。 受付で自分の名前と予約番号を伝え、体験代の支払いをします。 その際に、 「どのテーマでライトセーバーを作りたいか」尋ねられますので、それまでに決めておきましょう。 支払いが完了すると、それぞれのテーマ名の下にある、 テーマごとのロゴマークのピンバッジと色の書かれた絵札を渡されます。 ピンバッジは、ワークショップ内でどのテーマのライトセーバーを作りたいかという意思表示になりますので、必ずスタッフの方に見える位置につけておきましょう。 色の書かれた絵札については、それぞれ何時からの回なのか、グループを表すものになります。 画像の通りだと、グリーンのグループです。 時間になれば、「GREEN GROUP! 」と呼ばれます。 ライトセーバー作りは、「単に作る」という訳では無く、 「ジェダイの神聖な儀式」として進行します。 まず、オーナーであるサヴィから、「ダークサイドが力を増してきている」、「ジェダイの新しい希望はレイだ」というような話をされます。 続いて、 ギャザリングと呼ばれるカイバークリスタル選びに移ります。 青・緑・赤・紫、4つの色のライトセーバーについて、それぞれどんなマスターがいるのか、丁寧に説明してくれます。 説明後、目を閉じて心に思い浮かんだ色に決めるよう言われます。 スタッフが、カイバークリスタルがたくさん入った筒を持ってきますので、そこから一つ自分のカイバークリスタルを選びます。 同じ色のクリスタルでも、形はいくつかありますので、慎重に選びましょう。 スタッフが、受付の際にもらった ピンバッジを見て、それぞれのテーマのパーツを用意してくれます。 まずは、カイバークリスタルを、芯の部分にはめ込む所からスタート。 続いて、スイッチのパーツ、持ち手のパーツ、先端と底のパーツという順で選んでいきますが、組み立てる際は、 力強くはめ込んでから回さないと空回りして閉まらなかったり、上下のパーツで回す向きが逆だったりするので、注意してください。 笑 完成したライトセーバーは一度、台の上置くように言われます。 参加者全員が組み上げ終わると、スタッフがそれぞれのライトセーバーを筒に接続し、刃の部分を取り付けてくれます。 一度、照明が落とされて、とあるジェダイマスターのお声が聴こえてきます。 そして、オーナーであるサヴィの 「アクティベート!」の声に合わせて、参加者が一斉にライトセーバーを起動します。 その瞬間は本当に圧巻で、必見です!!! 全員でライトセーバーを掲げた後は、体験終了となります。 一度電源を切って、退出を促されます。 退出をする際には、ライトセーバーを入れる 保護緩衝材入りのケースを貰えますので、必ず受け取ってから出るようにしましょう。 制作の様子を動画で上げている方を発見しました。 ぜひご覧ください。 予約方法:フロリダとカリフォルニア間違えないように! ライトセーバー作りが体験できる「サヴィの工房」は、フロリダ州オーランドにある「ディズニー・ハリウッド・スタジオ」とカリフォルニア州にある「ディズニーランド」の2か所にあります。 予約をする際も間違えないよう注意が必要です。 また、ライトセーバー1本の申し込みにつき、作成者1人、同伴者1人の計2名しか入場できませんので、ご家族で行かれる場合は注意が必要です。 なお、予約の際にはクレジットカードの登録が必要ですが、実際に支払うのは当日現地にて。 当日や無断キャンセルの場合はクレジットカードから取消料として全額取られます。 機内持ち込みをするのであれば、体験の際にもらえる 保護緩衝材入りのケースが割としっかりしているので、それで十分かと思います。 機内では、 上の荷物棚に入れてしまえば問題ありませんでしたが、不安な方は足元に寝かせて置きましょう。 そのまま 足元に横向きに置くと、座席2席半分くらいの長さがありますので、必要に応じて 刃の部分を取り外すのが良いかと思います。 刃の部分は、柄に押し込んで回すと簡単に外れるようになっているので、外れた柄は鞄の中に入れてしまいましょう。 刃の部分だけであれば、十分足元に収まるサイズになりますのでご安心ください。

次の