ドラえもん ネズミ 逃げる。 ドラえもんが黄色から青くなった理由はネズミに耳をかじられた?

テレ朝POST » ドラえもん、天敵ネズミと歴史的和解!2020年“ネズミ年”に向け12年に一度の瞬間

ドラえもん ネズミ 逃げる

〝はネズミが嫌い〟というのは、今さら言うまでもない、あまりに有名すぎる話である。 では、なぜはネズミを嫌うのか。 これも、今さら言うまでもない話だろう。 決定的な答えは、1995年に公開された映画『2112年誕生』で提示されている。 〝が未来の世界にいる頃に、工作用ネズミロボットに耳をかじられたから〟というのがそれだ。 私などは、それ以前に第11巻の「大事典」で読んだ 〝が未来の世界にいる頃に、ネズミに耳をかじられたから〟という理由のほうがしっくりくるのだが、先生が映画『2112年誕生』について「混乱している情報を整理する意味でこのアニメを作りました。 もう二度と変えませんから信じてくださいね」とコメントし、この映画で描かれた設定を〝決定版〟と認めてしまったのだから仕方がない。 「工作用ネズミロボットに耳をかじられた」であれ、「ネズミに耳をかじられた」であれ、その、がネズミを嫌う理由というのは、『』という虚構作品における虚構内の設定である。 では、そもそも藤子・F先生が〝はネズミが嫌い〟という設定を決めた理由は何だったのか。 藤子・F先生は、メインキャターに苦手を設定しておくとそのキャターが活きて話が面白くなる、との考えを持っていた。 犬嫌いという属性が有名となった『』の成功が、藤子・F先生のその考えを確固たるものにしたのだろう。 のネズミ嫌いは、そうした藤子・F先生の創作に対する考え方を土台としながら、〝ネコがネズミを追いかける〟という現実の動物の関係性がひっくり返る可笑しさを狙って設定された、というのが一般的な認識ではなかろうか。 だが、そういう一般的な認識に加え、のネズミ嫌いが設定されたもうひとつの理由を、で紹介した「」年11月号の中の、藤子・F先生の発言から見てとることができる。 苦手を作っておいたほうが話が面白くなりますから。 だいたい登場人物それぞれ、自分を含めて、周囲の人物みんなをモデルにしてるわけですね。 例えば家のカミさんなんかはネズミ嫌いで、ネズミ一匹いるだけで家に火を付けかねないくらい病的に恐れますね。 そういった個人的なことでがネズミ嫌いになるとか。 猫がネズミを嫌うというのは逆説的でおかしいじゃないかと、そういう含みもありますけどね。 ここで藤子・F先生は、のネズミ嫌いはネズミを異常に嫌う奥さんがモデルだと語っている。 藤子・F先生の奥さんは、「ネズミ一匹いるだけで家に火を付けかねないくらい病的に」ネズミを恐れるというのだから、そのネズミ嫌いは本物である。 その事実を知った私がまず思い浮かべたのが、「ネズミとばくだん」のエピソードだ。 ご存じのとおり、この話では、ネズミへの恐怖心が昂ぶったあげく狂気じみた様子で〝地球はかいばくだん〟を取り出すのだが、そのの取り乱した様子は、それこそ「ネズミ一匹いるだけで家に火を付けかねないくらい病的に」ネズミを恐れる奥さんの姿を強くイメージして描写されたものではないか、と思えるのだ。 逆に、「ネズミとばくだん」で描かれたの姿から、藤子・F先生の目の前でネズミを病的に恐れる奥さんの姿を連想してみるのも一興かもしれない(笑) そんなわけで、がネズミを嫌う理由は? と質問された場合、公式の設定では「工作用ネズミロボットに耳をかじられたから」(あるいは「ネズミに耳をかじられたから」)と答えることになるわけだが、創作上の理由として 「藤子・F先生の奥さんが病的なネズミ嫌いだったから」と回答することも可能なのである。 全252話完全収録の決定版単行本で、全7巻の予定。

次の

ドラえもんが黄色から青くなった理由はネズミに耳をかじられた?

ドラえもん ネズミ 逃げる

身長…129. 3cm• 体重…129. 3kg• ウエスト…129. 3cm• バスト…129. 3cm• ヒップ…129. 3cm• 頭周り…129. 3cm• 足の長さ…129. 3mm• ネズミに驚いて飛び上がる高さ…129. 3cm• ネズミに驚いて逃げる速さ…時速129. 赤外線アイ 暗くても物を見ることができる。 ただし故障中。 高感度音波測定イヤー 遠くの音やいろんな音を聞き取ることができる。 ただし故障中。 ネコ集め鈴 特殊な音波を発しネコを集めることができる。 ただし故障中。 大長編『ドラえもん のび太のアニマル惑星』では小型カメラに変更されていました。 強力ハナ 人間の20倍(200倍という説もある)かぎわけることができる。 ただし故障中。 レーダーひげ 遠くの物を関知することができる。 ただし故障中。 ドラえもんデータ•

次の

ドラえもん (キャラクター)

ドラえもん ネズミ 逃げる

雷に打たれて後遺症が残ったことで、ロボット養成学校の特別クラスへと編入。 日 ロボット学校在学中に行われたロボットオーディションにて、幼児だったセワシが誤ってドラえもんの購入ボタンを押す。 野比家の元へ。 (以下略) 旧設定(原作)と新設定(アニメ)で大きく違うのは、不良品判定を受けた後。 旧設定では、ガラクタとして売られてからセワシのいる野比家に買われるまでに2年間の空白があります。 一方の新設定では、ロボット学校に編入。 そしてその年にセワシの家に行くことになっています。 少しユルい設定に変更されているようですね。 「ガラクタとして2年間ずっと売られ続ける」というのは可哀想ですからね…。 スポンサーリンク 年齢 続いて紹介するプロフィールは、「年齢」。 何歳なのか気になっている人も多いはず。 原作の初期設定では「13歳」。 アニメの新設定では「11歳」という年齢になっています。 設定によって多少の変化はありますが、小学四年生(9~10歳)ののび太よりも少しだけ年上という設定ですね。 人間の年齢で言うと、中学生のお兄さんくらい。 のび太を叱ったり、一緒になってバカをやったりするのにちょうど良い年齢差ですよね。 身長・体重… 続いての紹介するプロフィールは、身長、体重などの身体的なスペック。 身長は、129. 3cm。 体重は129. 3kgです。 身長は低いですが、体重はかなり重いですね 笑。 ちなみに、足の長さは129. 3mm、ジャンプ力は129. 3cm、ネズミから逃げる速度は129. 誕生日は「西暦2112年9月3日」。 プロフィールの多くに使われている「129. 3」という数字。 かなり意味深ですよね。 この数字は、漫画「ドラえもん」連載当時の小学四年生の平均身長129. 3cmが由来になっています。 「ドラえもん」の主人公である小学四年生の野比のび太。 ドラえもんがのび太を見下ろさないように、という配慮から「129. 3cm」という身長が採用されています。 のび太の方が若干高くなっていますよね。 ドラえもんのプロフィールの数字に隠されたトリビアです。 身長:129. 3cm• 体重:129. 3kg• パワー:129. 3馬力• 頭の周り:129. 3cm• 胸囲:129. 3cm• 座高:100cm• 足の長さ:129. 3mm• ネズミを見た時の跳躍力:129. 3cm• ネズミを見た時の速度:129. 元はかなり高機能なロボットですが、故障中な機能も多いドラえもんです。 ドラえもんは、22世紀に製造されたネコ型ロボット。 不良品と判断されて特価価格になった時でさえも20万円の価格がついていました。 そのことを考えると、定価はかなり高額になると予想されます(自身でも高級ロボットと発言している)。 そんな高級ロボットのドラえもんは、様々な機能搭載しています。 電子頭脳「ウルトラスーパーデラックスコンピューター」を搭載。 人間と同等の能力を持ち、さらに感情表現も豊かです。 その他にも、暗がりでも見ることのできる赤外線アイ。 レーダーの役割を持つレーダーひげ。 変形可能なペタリハンドなどなど。 人間を超えた機能を持っています。 ただ、故障しているものも多いのも事実。 以下は、ドラえもんのロボットとしてのプロフィールまとめです。 目:赤外線アイ(暗闇でも視認可能)• 耳:高感度音波測定イヤー(ただし、ネズミに耳をかじられたため現在は普通の人間と同程度)• 鼻:強力ハナ(人間の20倍)• 足:はんぺい足(どんな場所でも静かに歩ける)• 手:ペタリハンド(ゴムのように変形可能)• ひげ:レーダーひげ(遠くのものを感知することができるが、故障している)• 鈴:ネコ集め鈴(特殊な音波を発して、ネコを集めることができるが、故障中。 ) 好きなもの ドラえもんの大好物は、言わずと知れた「どら焼き」。 漫画でもアニメでもどら焼きに執着する姿が度々描かれていますよね。 ドラえもんは、どら焼きに対して尋常ではないこだわりがあります。 甘すぎるどら焼きは邪道という持論を展開• どら焼きを売る菓子店の店主と味を巡って口論になる。 (ひみつ道具を使って自分の主張を押し通す)• 3時間並んで購入したプレミアムどら焼きが、のび太の不注意でぺしゃんこになった時はガチギレして大ゲンカに発展。 どら焼きを食べない日が続くと禁断症状が出る。 どら焼き大食いコンテストでの優勝経験あり。 どら焼き3つ早食い競争の記録は、0. どら焼きがネズミの形をしていたり、ネズミのキャラクターが押印されていると食べることができない。 食事の時も一人だけどら焼きを食べることもある。 ドラえもんのどら焼きへのこだわりを挙げだすときりがないですね… 笑。 禁断症状が出るほどまでにどら焼きに執着するドラえもん。 一説によると、どら焼きの成分がドラえもんのエネルギー源だともいわれています。 どら焼きのほかには、餅、スイカ、アイスクリーム、メロンなどを好んで食べています。 どれも子どもが好きそうなものばかりですね。 子供に愛されるドラえもんのプロフィールにぴったりな食べ物ばかりです。 嫌いなもの ドラえもんの嫌いなものは、ネズミ。 上でも書いたように、大好きなどら焼きであってもネズミの形をしていたり、ネズミのキャラクターが描かれているだけで食べることができないほど苦手意識を持っています。 果てにはネズミが嫌すぎて、「地球破壊爆弾」という物騒すぎるひみつ道具を取り出したりもします。 ドラえもんのネズミ嫌いは、耳をかじられたことがきっかけになっています。 ネズミ遭遇時の逃走速度は129. ネズミ遭遇時の跳躍力は129. 3cm。 ネズミ遭遇時に気絶する確率は50%• ハムスターも苦手• ネズミから逃げるために、天井にはりついたり、電柱に上ったりもする。 ネズミ系の敵に遭遇すると、それだけでマヒ状態になる。 一度だけ四次元ポケットからネズミを取り出したことがある。 (本人は気づいていない)• のび太のためなら、ネズミにも立ち向かう勇気を持っている。 ネズミ以外には、「寒さ」が嫌いというプロフィールも持っています。 のび太よりも寒がりで、こたつや毛布にくるまっている描写は度々あります。 また、病院に対しても苦手意識を持っています。 病院に行くことを遠ざけるあまり、病気になって故障しそうになったこともあります。 異性関係 ドラえもんのプロフィールの中でも異色を放つ「異性関係」。 ドラえもんは実はかなりのプレイボーイなんですよね。 劇中ではメスネコのガールフレンドが何度も登場します。 しかも、度々名前が変わります。 熱しやすく冷めやすいのか、何匹ものメスネコと同時進行しているのか…。 悩み相談をきいたり、時にはパーティを開くこともあるようなので、交友関係は広いようです。 ちなみに、原作30周年記念スペシャルのドラえもんクイズでは「ドラえもんガールフレンドの名前は?」という質問に対して、「いっぱいいた」という回答がなされています。 映画ドラえもん「のび太のワンニャン時空伝」では、猫型人間のシャミーに一目ぼれ。 初対面で猛アタックしていました。 その他にはおもちゃの猫に恋心を抱いたこともあります。 ドラえもんは、恋多きネコ型ロボットのようです。 性格 もともとが子守用ロボットとして製造されたので、基本的には世話好きなドラえもん。 ですが、時には余計なお世話を焼くことも多いです。 ジャイアンよりも子守が世話だという描写まであります。 世話好きだけど、得意とはいえません。 のび太に対しては深い友情を感じています。 のび太がジャイアンにいじめられると、自分のことのように怒ることもあります。 その一方で、泣きつくのび太をマンガを読みながら軽くあしらうという場面もあります。 場面よってその対応は大きく変わるようです。 感情の起伏が激しいと言うことができそうですね。 他にも、ネズミが出た時やピンチに陥った時は混乱しがちだったり、せっかちであわてんぼうな性格も持ち合わせています。 ドラえもんはロボットですが、人間臭い性格だということができそうですね。 思っていることをそのまま発言する。 世話好きだが、余計なお世話を焼くこともある。 正義感が強い。 感情の起伏が激しい。 せっかち。 慌てると道具を正確に取り出せないほど取り乱す。 豊富な知識を持っている• 友情に厚い。 スポンサーリンク 口調 基本的には丁寧は口調で話すドラえもん。 のび太に対しては「のび太くん」と君づけで呼んでいます。 ただ、のび太を説教する時などには呼び捨てになる時もあります。 原作では「だぜ」のようにフランクな口調で話すこともあります。 また、アニメ初期では、「あらよっと」というオヤジ風な口調もありましたが、徐々に子供に近い口調に変化していきます。 ちなみに、アニメ初期には「なのら」という謎口調を話していた時期があります。 今では全く耳にしない口調ですよね。 ドラえもんにとっては、黒歴史なのかもしれませんね。

次の