これ は 経費 で 落ち ませ ん 3 話。 【これは経費で落ちません!~経理部の森若さん】最新話ネタバレとあらすじまとめ!

「1時間で帰りたいので」「…え」

これ は 経費 で 落ち ませ ん 3 話

215• 173• 562• 562• 107• 100• 114• 105• 202• 162•

次の

「これは経費で落ちません!」10話(最終回)あらすじ・SNS上の感想・評判・反応

これ は 経費 で 落ち ませ ん 3 話

もくじ• これは経費で落ちません! キスなんて映画で見過ぎるほど見てきたのに、 現実は心臓がはちきれそうだ。 初キス未経験の森若は寸前で、ごめんなさい。 とキスをストップしてしまう。 太陽は自分が調子に乗りすぎたと言って森若を責めないでいた。 森若がこんなことは初めての経験なので1分待ってほしい。 と打ち明けると太陽は優しくオデコにキスをして、『これでもう十分です』 森若は太陽のほっぺにキスをして 『ありがとう太陽さん』 太陽は有頂天になり、キューンとなる。 石鹸マイスター イレギュラーな事態に備えて森若はボディケアを入念にし始めたのだが、新商品『さくら』を使い始め『スキンケア変えたんですか?なんだか、つるつる!』といわれるほどに。 それもそのはず『さくら』は、石鹸マイスターの留田辰彦が作っている。 怪しい関係 留田辰彦 トメタツ は20年連続特別受賞の経歴を持つが、今まで一度も授賞式には来たことが無かった。 が、今年はなんと出席するという。 それも、若い部下のアイちゃんを連れてきた。 楽しそうに あいちゃん、たっちゃんと呼び合う2人。 これから美味しいものでも食べに行こうと言っているが。。。 トメタツ既婚、何故か指輪をはずしている トメタツから出された少々高額な領収書をみて、森若はトメタツを疑いの目でみてしまう。 トメタツと同じ工場の主任に確認すると、最近のトメタツはアイちゃんに入れ込んでいて仕事に身が入っていない、アイちゃんのせいで石鹸の質がすっかり落ちてしまったと、社内でも噂になっていると。 もう疑いの余地はないのか? トメタツの後任 そこへアイちゃんが落としていった本を見た森若は、 『石鹸の質が落ちたのはアイちゃんのせいではない』 と確信する。 落とした本を探しにきたアイちゃんから、トメタツの石鹸への思い入れを聞き、もう俺の勘は鈍ってしまった。 後はアイちゃん頼む、これが最後の授賞式になると。。 授賞式では来年のたっちゃんも見たかった。。 と涙するアイちゃん。 授賞式を終えたトメタツに森若はいつから『さくら』はアイちゃんが作っているのかを聞くと、トメタツは話始めた。 5、6年前から異変に気付き、いい石鹸を作れなくなっていたので、勘がいいだけでなく独特な発想をもっていたアイちゃんを後任にと。 間違いなく良い石鹸マイスターになると言うトメタツに、森若は意見する。 『それは無理かもしれません』 周りの皆んなはトメタツの石鹸の質が落ちたのはアイちゃんのせいだと思っている。 トメタツが退いた後はどこかに飛ばされるでしょう。 と、、、 『誤解を解けるのは、あなたしかいないのです』 自分の腕が落ちたことは全てが終わってしまうようで言えなかったトメタツだが、森若の助言のおかげでアイちゃんを石鹸マイスターとして残すことができた。 人にはそれぞれ表面だけではわからないことがある。。 とそこへ、社内の事務員が上司と路上でキス、、、?知りたくないのに、何故にこうも知ってしまうのか? 次回に続く。 これは経費で落ちません! それだったらおすすめの方法があるよ!紹介するね! あらすじをお話しましたが、やはり漫画は絵を見ながら読むのが面白いですよね。 以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。 しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。 こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。 サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 最大900ポイント 待てば2冊が読める これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。 また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

次の

【これは経費で落ちません!】4話のあらすじネタバレと感想!コーヒーを巡る女の闘い

これ は 経費 で 落ち ませ ん 3 話

職場がヤバい! 不正に走る普通の人たち 出版社:日本経済新聞出版社 著者:前田 康二郎 著者の前田氏はフリーランスの経理部長として様々な会社を見ているそうです。 それらが書かれているのがこの本です。 「この人が!?」という普通の人が不正に手を染めてしまう エピソードが書かれていますので興味があればご覧ください。 この本でも書かれていましたが、 1度不正をやると 2度3度と行ってしまうのが常のようです。 5話では熊井さんは「仮払金」の不正を行っていました。 恐らく一部を病院の費用に充ててしまったのでしょう。 その為、精算をする前に新しい仮払金を請求して、 精算するという自転車操業状態に陥っていました。 ここで勇さんが熊井さんを止めていれば、 熊井さんは会社を辞めずにすんだはずです。 熊井さんとしてはこの「仮払金の自転車操業」が注意されなかったので、 「 これくらいなら平気なんだ」と思っていたのでしょう。 更に契約の更新時に自分の手元にお金が来るように取引先と共謀してしまいます。 今回は数か月したところで森若さんが違和感に気付いたので、 ここで不正は終わりました。 熊井さんは会社を辞めることになりましたが もしここで止めなければ、熊井さんの奥さんが言っていた 「とりかえしがつかないこと」 になっていた可能性は十分にあります。 不正をしている人は「自分は不正をしている」という感覚が、 どんどん鈍くなってしまいます。 その為、さらに大きな不正に手を染めてしまいます。 小さい不正であれば、叱責されて終わりにすることもできますが、 大きな不正になってしまうと今回のように事実上の解雇になってしまいます。 今回は経理部長のお陰で自主退職で収まりましたが 経理部は会社のお金を守ると共に、 従業員に不正をさせない役目も担っていると私は思います。 経理部が細かくチェックすることで、 「うちの経理の前で不正は出来ないな」と 他の方から思って頂くことが大切です。 森若さんが入社2年目の時に、営業社員の空出張に気付き指摘したようです。 結果的にその社員は解雇。 社内結婚を控えていた彼女も森若さんを罵り退職。 私は幸か不幸かこういう場面に遭遇していないのですが、 ショックを受けてもおかしくないエピソードですね。 ただ、劇中でも指摘されていましたが森若さんは仕事を果たしています。 本来営業社員がカラ出張をしなければ良かった話ですからね。 会社のお金を横領すれば解雇になることが殆どです。 「一時的に借りただけ、返すつもりだった」という言い訳は基本的に通用しません。 更に金額が200万円ということはかなり常習的にやっているでしょう。 カラ出張で200万円ということは何十回もやったのでしょうね.

次の