魔理沙 wiki。 霧雨魔理沙

霧雨魔理沙

魔理沙 wiki

この記事のは、 や記事主題の関係者による情報源に頼っています。 とされるが求められています。 ( 2016年5月) 霧雨 魔理沙(きりさめ まりさ)は、によって制作された作品群「」に登場する架空の人物。 同作品群におけるのひとりで、言葉の最後に「~だぜ」とつけることが多い、の少女である。 その存在について作者であるは、「魅力のある脇役」「サブキャラ」と語っている。 ただし、『紅魔郷』付属の「おまけ. txt」では「主人公」と明記されている。 霧雨 魔理沙 のキャラクター 初登場 東方封魔録 〜 the Story of Eastern Wonderland. 作者 詳細情報 種族 人間 職業 能力 魔法を使う程度の能力 本項では、大きく設定の変更が行なわれた、上海アリス幻樂団の設立前(『』以前(PC-98版ゲーム作品)および『』)と設立後(『』以降)に分けて解説する。 本項で使用されている東方Project関連の略称については、を参照すること。 人物(『怪綺談』以前および『秋霜玉』) 人間の魔法使い。 『封魔録』4面で魅魔の手下として初登場した。 『封魔録』4面の会話場面のみ「魔梨沙」と表記されている。 これは、製作者のZUNが間違えた為である。 『封魔録』では髪が赤いが、『夢時空』から金髪になった。 『夢時空』からは自機キャラのひとりになり、以降は主人公のひとりという位置づけになる。 一人称は「わたし」か「私」。 ZUN公認で正式にゲスト出演している『』では、「霊夢がいないとつまんなくて死んでしまう位」霊夢とは仲が良いが、一方で才能だけで強い霊夢を妬むこともあるとされている。 『怪綺談』以前に登場する霧雨魔理沙は、『紅魔郷』以降の霧雨魔理沙と容姿や口調に変遷はあるが、基本的には同一人物であるとされている。 魅魔を「魅魔様」と呼び、慕っている が、二人の関係の詳細は明かされていない。 PC-98版ゲーム作品では『紅魔郷』以降のほとんどの作品と同様に、箒に乗って空を飛ぶ。 『秋霜玉』では箒には乗らず、翼のようなもので飛んでいる。 人物(『紅魔郷』以降) に住む人間の。 ほぼ全ての東方Project作品で主人公として登場している。 容姿 年齢は明らかにされていないが「少女」とされている。 髪型はのかかったのであり、左の髪を結んでいる。 デザインは作品によって変化しているが、「黒系の服」という服装は共通している。 黒い服を着ているのは、汚れが目立たないから。 全体的には白と黒のカラーリングになっているが、稗田阿求著「幻想郷縁起」にも黒い服装に黒い帽子と書かれている ように作中では黒ばかり強調されており、『紅魔郷』ではパチュリー、『妖々夢』では幽々子、『萃夢想』では妖夢と萃香、『永夜抄』では妖夢から、それぞれ「黒いの」と呼ばれている(幽々子からは「黒い魔」とも)。 黒色の先がとがった(魔法使いの帽子)を着用している。 帽子やスカートには様々な小物を入れて隠し持っている。 能力 詳細は「」を参照 魔法を使う程度の能力である。 体術は余り得意ではなく、パワーは魔法を使うことで必要以上にカバーしている。 性格 ひねくれ者な上に性格が悪い が、根は真っ直ぐ で努力家。 何処へ行っても迷惑がられるが、実際に迷惑な行動も多い。 魔法使いなので魔法を使う妖怪と相性が良いが、それらにはあまり好かれてはいない。 蒐集癖があり物が捨てられないが、それらの一部は森近霖之助が引き取っている。 幼少の頃に霖之助から受けた影響で、鉄くずなど金属を集めるようになっている。 他にもどこからか集めてきたグリモワール(魔導書)やマジックアイテムを多く所持しているが 、集めることに意義があると思っていて使っておらず、また整理が出来ない性格 のため、家の中はアイテムで散らかり放題になっている。 喋り方の特徴として、語尾に「〜だぜ」「〜か?」等をつける口調が多く、男性のような話し方をする。 ただし、一人称は「わたし」か「私」。 生業 魔法の森の中で自宅兼魔法関係の何でも屋「霧雨魔法店」を開いているが、立地が悪い上に留守がちなので全く繁盛していない。 『三月精 第2部』第9話で訪れた光の三妖精が、初めて店に直接訪れた客だという。 このとき魔理沙は、自分が定期的に博麗神社に訪れているのは霊夢のところにやって来る妖怪退治の依頼を勝手に横取りするためだと話している。 「幻想郷縁起」では「もう一つの仕事が泥棒稼業」と書かれており 、本人は「自分が死ぬまで借りていくだけだ」として正面から堂々と物を盗んでいる。 家族 人間の里の大手道具屋「霧雨店」の一人娘である が、魔理沙は実家から勘当された身らしく 、魔理沙のほうも実家には関わるのを避けていて 絶縁状態にある。 『香霖堂』単行本第20話には、霧雨家の人間で、霖之助から「霧雨の親父さん」と呼ばれる人物が登場している。 魔法 魔法使いである魔理沙は光と熱を持った見た目が派手な魔法を好んで使うが、そのための地道な準備や努力、研究に余念がない。 彼女の魔法には物を破壊する程度の効果しかないが、それでも人間の使う魔法の中では最高クラスの威力がある。 それ以外の魔法はほとんど使えない。 人間として魔理沙ほど魔法を使いこなしている者は珍しいらしく、稗田阿求からは将来的に「種族としての魔法使い(妖怪)」になるかもしれないと注目されている。 『香霖堂』単行本第22話の、作中から4、5年前に行なわれた「流星祈願会」(の会)以降、星を模した魔法を使うようになった。 魔法と関連して、以下の道具を用いている。 魔法の箒 が魔法使いの必需品であると考えており 、ほとんどの登場作品では飛行時に箒に乗っている。 が絵を担当する『萃夢想』『緋想天』『非想天則』では箒に乗って飛ぶのは登場時および一部の使用時のみであり、飛翔システムを行うとき箒を用いる描写はない。 が絵を担当する『妖精大戦争』では、箒を用いず浮遊している描写がある。 この箒は元は普通の竹箒だったが、魔法の影響を受けて成長するようになったとされる。 ミニ八卦炉 魔理沙が実家を飛び出したときに、森近霖之助が魔理沙のために作ったマジックアイテム。 魔力を燃料とする小さな火炉。 熱量を自在にコントロールする性能の他にも、霖之助の趣味で様々な機能が付け加えられている。 元は霖之助が昔使っていた魔法で暖める火炉で、後に魔理沙の希望による霖之助の改良で製になっている。 『永夜抄』でのスペルカード【魔砲「ファイナルマスタースパーク」】の解説(スペルプラクティス「カードの補足」No. 100)によれば、同スペルカードはミニ八卦炉に魔法をかけることで発動するようである。 その他 霖之助によれば、魔法の森に生えているについて、魔理沙以上に詳しい人間は他に居ない。 ZUN著の東方Project関連書籍『The Grimoire of Marisa』は、その内容が「霧雨魔理沙が自ら書いたの本」という設定になっている。 2004年にで行われた講演会「」。 『封魔録』の体験版では、3面攻略後に魔理沙が登場するが、その時は「魔理沙」と正しく表記されている。 『秋霜玉』同梱の「創曲幻想. txt」。 『夢時空』同梱の「夢時空. TXT」。 『地霊殿』付属の「キャラ設定. txt」。 117-120「霧雨 魔理沙」。 『萃夢想』• 『紅魔郷』付属の「おまけ. txt」。 txt」。 2020年5月17日閲覧。 『地霊殿』付属のマニュアル。 『文花帖(書籍)』pp. 18-19。 『萃夢想』咲夜ルートの3面。 『香霖堂』単行本第21話。 『香霖堂』単行本第1話。 - (2010年3月29日アーカイブ分)•

次の

魔理沙

魔理沙 wiki

この記事のは、 や記事主題の関係者による情報源に頼っています。 とされるが求められています。 ( 2016年5月) 霧雨 魔理沙(きりさめ まりさ)は、によって制作された作品群「」に登場する架空の人物。 同作品群におけるのひとりで、言葉の最後に「~だぜ」とつけることが多い、の少女である。 その存在について作者であるは、「魅力のある脇役」「サブキャラ」と語っている。 ただし、『紅魔郷』付属の「おまけ. txt」では「主人公」と明記されている。 霧雨 魔理沙 のキャラクター 初登場 東方封魔録 〜 the Story of Eastern Wonderland. 作者 詳細情報 種族 人間 職業 能力 魔法を使う程度の能力 本項では、大きく設定の変更が行なわれた、上海アリス幻樂団の設立前(『』以前(PC-98版ゲーム作品)および『』)と設立後(『』以降)に分けて解説する。 本項で使用されている東方Project関連の略称については、を参照すること。 人物(『怪綺談』以前および『秋霜玉』) 人間の魔法使い。 『封魔録』4面で魅魔の手下として初登場した。 『封魔録』4面の会話場面のみ「魔梨沙」と表記されている。 これは、製作者のZUNが間違えた為である。 『封魔録』では髪が赤いが、『夢時空』から金髪になった。 『夢時空』からは自機キャラのひとりになり、以降は主人公のひとりという位置づけになる。 一人称は「わたし」か「私」。 ZUN公認で正式にゲスト出演している『』では、「霊夢がいないとつまんなくて死んでしまう位」霊夢とは仲が良いが、一方で才能だけで強い霊夢を妬むこともあるとされている。 『怪綺談』以前に登場する霧雨魔理沙は、『紅魔郷』以降の霧雨魔理沙と容姿や口調に変遷はあるが、基本的には同一人物であるとされている。 魅魔を「魅魔様」と呼び、慕っている が、二人の関係の詳細は明かされていない。 PC-98版ゲーム作品では『紅魔郷』以降のほとんどの作品と同様に、箒に乗って空を飛ぶ。 『秋霜玉』では箒には乗らず、翼のようなもので飛んでいる。 人物(『紅魔郷』以降) に住む人間の。 ほぼ全ての東方Project作品で主人公として登場している。 容姿 年齢は明らかにされていないが「少女」とされている。 髪型はのかかったのであり、左の髪を結んでいる。 デザインは作品によって変化しているが、「黒系の服」という服装は共通している。 黒い服を着ているのは、汚れが目立たないから。 全体的には白と黒のカラーリングになっているが、稗田阿求著「幻想郷縁起」にも黒い服装に黒い帽子と書かれている ように作中では黒ばかり強調されており、『紅魔郷』ではパチュリー、『妖々夢』では幽々子、『萃夢想』では妖夢と萃香、『永夜抄』では妖夢から、それぞれ「黒いの」と呼ばれている(幽々子からは「黒い魔」とも)。 黒色の先がとがった(魔法使いの帽子)を着用している。 帽子やスカートには様々な小物を入れて隠し持っている。 能力 詳細は「」を参照 魔法を使う程度の能力である。 体術は余り得意ではなく、パワーは魔法を使うことで必要以上にカバーしている。 性格 ひねくれ者な上に性格が悪い が、根は真っ直ぐ で努力家。 何処へ行っても迷惑がられるが、実際に迷惑な行動も多い。 魔法使いなので魔法を使う妖怪と相性が良いが、それらにはあまり好かれてはいない。 蒐集癖があり物が捨てられないが、それらの一部は森近霖之助が引き取っている。 幼少の頃に霖之助から受けた影響で、鉄くずなど金属を集めるようになっている。 他にもどこからか集めてきたグリモワール(魔導書)やマジックアイテムを多く所持しているが 、集めることに意義があると思っていて使っておらず、また整理が出来ない性格 のため、家の中はアイテムで散らかり放題になっている。 喋り方の特徴として、語尾に「〜だぜ」「〜か?」等をつける口調が多く、男性のような話し方をする。 ただし、一人称は「わたし」か「私」。 生業 魔法の森の中で自宅兼魔法関係の何でも屋「霧雨魔法店」を開いているが、立地が悪い上に留守がちなので全く繁盛していない。 『三月精 第2部』第9話で訪れた光の三妖精が、初めて店に直接訪れた客だという。 このとき魔理沙は、自分が定期的に博麗神社に訪れているのは霊夢のところにやって来る妖怪退治の依頼を勝手に横取りするためだと話している。 「幻想郷縁起」では「もう一つの仕事が泥棒稼業」と書かれており 、本人は「自分が死ぬまで借りていくだけだ」として正面から堂々と物を盗んでいる。 家族 人間の里の大手道具屋「霧雨店」の一人娘である が、魔理沙は実家から勘当された身らしく 、魔理沙のほうも実家には関わるのを避けていて 絶縁状態にある。 『香霖堂』単行本第20話には、霧雨家の人間で、霖之助から「霧雨の親父さん」と呼ばれる人物が登場している。 魔法 魔法使いである魔理沙は光と熱を持った見た目が派手な魔法を好んで使うが、そのための地道な準備や努力、研究に余念がない。 彼女の魔法には物を破壊する程度の効果しかないが、それでも人間の使う魔法の中では最高クラスの威力がある。 それ以外の魔法はほとんど使えない。 人間として魔理沙ほど魔法を使いこなしている者は珍しいらしく、稗田阿求からは将来的に「種族としての魔法使い(妖怪)」になるかもしれないと注目されている。 『香霖堂』単行本第22話の、作中から4、5年前に行なわれた「流星祈願会」(の会)以降、星を模した魔法を使うようになった。 魔法と関連して、以下の道具を用いている。 魔法の箒 が魔法使いの必需品であると考えており 、ほとんどの登場作品では飛行時に箒に乗っている。 が絵を担当する『萃夢想』『緋想天』『非想天則』では箒に乗って飛ぶのは登場時および一部の使用時のみであり、飛翔システムを行うとき箒を用いる描写はない。 が絵を担当する『妖精大戦争』では、箒を用いず浮遊している描写がある。 この箒は元は普通の竹箒だったが、魔法の影響を受けて成長するようになったとされる。 ミニ八卦炉 魔理沙が実家を飛び出したときに、森近霖之助が魔理沙のために作ったマジックアイテム。 魔力を燃料とする小さな火炉。 熱量を自在にコントロールする性能の他にも、霖之助の趣味で様々な機能が付け加えられている。 元は霖之助が昔使っていた魔法で暖める火炉で、後に魔理沙の希望による霖之助の改良で製になっている。 『永夜抄』でのスペルカード【魔砲「ファイナルマスタースパーク」】の解説(スペルプラクティス「カードの補足」No. 100)によれば、同スペルカードはミニ八卦炉に魔法をかけることで発動するようである。 その他 霖之助によれば、魔法の森に生えているについて、魔理沙以上に詳しい人間は他に居ない。 ZUN著の東方Project関連書籍『The Grimoire of Marisa』は、その内容が「霧雨魔理沙が自ら書いたの本」という設定になっている。 2004年にで行われた講演会「」。 『封魔録』の体験版では、3面攻略後に魔理沙が登場するが、その時は「魔理沙」と正しく表記されている。 『秋霜玉』同梱の「創曲幻想. txt」。 『夢時空』同梱の「夢時空. TXT」。 『地霊殿』付属の「キャラ設定. txt」。 117-120「霧雨 魔理沙」。 『萃夢想』• 『紅魔郷』付属の「おまけ. txt」。 txt」。 2020年5月17日閲覧。 『地霊殿』付属のマニュアル。 『文花帖(書籍)』pp. 18-19。 『萃夢想』咲夜ルートの3面。 『香霖堂』単行本第21話。 『香霖堂』単行本第1話。 - (2010年3月29日アーカイブ分)•

次の

魔理沙

魔理沙 wiki

魔理沙様の脳内に巣食う妄想たちが、今日も淫魔のような淫猥な笑顔で、難易度の高いハードルをくぐり抜けて行く。 汚れを知り尽くした心身を包むのは、深い心の妄執。 ドロワーズは弾幕ごっこで乱さないように、黒いマントをかすらせまくるように、ゆっくりと打ち込むのがここでのたしなみ。 幻想郷界隈。 ここは、乙女の園……。 と魔理沙は家でいつもどおり涎を垂らしながら新規魔法の開発と淫乱な妄想を脳内で同時に並列処理を行っていた。 じつに平和なひと時である。 だがそんな彼女の平穏は突如現れた乱入者によって遮られてしまった。 「星薔薇の蕾様(ゴキ・オモイダサスナ・ハァト)!!私をあなたの妹にさせてくだちゃい~んでぃあ」 奇声を上げ窓ガラスを叩き割り乱入した赤貧巫女(ミコ・トベンシス・ダイヒンミン)が魔理沙に向かってDIVE INTO YOUR BODY! とっさに最大出力マスタースパークを正面からその狂喜に歪んだ顔めがけて撃ち放つ。 黒焦げになり吹き飛ばされる赤貧巫女。 「まりしゃしゃみゃ~あなたの箒で私をつきまきゅってへ~ん!」 間髪をいれず目を血走らせた七色人形遣い(ジミ・ツレイナイ・ヒキコモリ)が後ろの扉を蹴破り乱入する。 しかもダッシュで一挙に距離を縮め押し倒そうとする意図がミエミエである。 ここで魔理沙は零距離メートル・アステロイドベルト Lunatic を相手の鳩尾で発動させこれまた家の外へ吹き飛ばされた。 「師匠…これはいったい……」 途方にくれる魔理沙。 だが不審な気配は魔法の森全体を覆い霧雨邸は毛玉によって包囲される。 今、魔理沙は己の尊厳と栄光を守るために立ち上る! 某図書館 パチュリー 「はて?ここにあったマリミテXどこやったっけ?」 小悪魔 「あぶなそーな薬なんでパチュリー様が使われる前に魔法の森へ投棄しました」 …… … (OPより) 備考.

次の