耳 の 下 が 痛い 片方 大人 腫れ て ない。 耳の下が痛い原因は?病気やリンパとの関係について

耳の下が痛い原因はストレス?風邪でもないのに片方だけ腫れる

耳 の 下 が 痛い 片方 大人 腫れ て ない

スポンサーリンク 耳下腺炎は耳の下から顎のラインのあたりが腫れますが、 症状が現れず熱なしといった人もいるそうです。 熱が出ないような時の危険もありますので大人も子供も対処をしっかりとするようにしてください。 それでは 熱なしの場合についてお話していきたいと思います。 まず熱なしの場合、 耳下腺炎は症状が軽い、もしくは症状が出ない 不顕性感染が考えられますが、このような症状は珍しくなく症状が軽く終わります。 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の場合は30パーセントから40パーセントの人が不顕性感染で終わるとも言われています。 ただしおたふくかぜは人から人へとうつりますので注意しましょう。 また、初期症状で熱が出なかった場合でも、数日後に熱が出たということも十分考えられますので、できるだけ安静にしておくべきですね。 特に大人が感染した場合は、38度から40度以上の高熱になることもありますので重症化しないように注意しましょう。 熱なしの原因とはどのようなことが考えられるのでしょうか? 解熱鎮痛薬を使用している場合は、熱が出ない、もしくは熱を下げている状態です。 スポンサーリンク 本来熱が出るというのは人間の白血球がウイルスを退治するのに増殖するため、増殖の時に体温を上げて増殖します。 解熱剤は白血球の動きを抑制しますので一時的に熱が下がります。 他には 予防接種を受けているとおたふくかぜを発症しても熱が出ないなどのように症状が比較的軽く済むことが多いようです。 1回もおたふくかぜを発症したことがない人は予防接種を受けておくと後々、楽になります。 耳下腺炎には他にも種類があり、 反復性耳下腺炎と呼ばれるものもあります。 この病気も同じような腫れが起こり、数か月から1年程度の周期で繰り返し起こる病気です。 子供がなることもあり、大人になると女性が多く発症する傾向があるようです。 症状は耳の下の腫れ、痛みがあります。 熱が出ないこともあり、片側だけの腫れの場合もあります。 以上のことが熱なしで考えられることです。 しかしセルフチェックで自己判断することは危険な場合もありますので病院へ行きましょう。

次の

おたふくかぜ

耳 の 下 が 痛い 片方 大人 腫れ て ない

関連記事です。 耳の下の腫れ、しこり、もしかしたら耳下腺腫瘍かも! その1~発覚編(この記事) 耳下腺腫瘍とは? 耳下腺とは耳の下にある唾液(つば)を作る臓器です。 おたふく風邪で腫れることでも知られています。 耳下腺の中を顔の筋肉を動かす顔面神経が貫いていることも特徴です。 耳下腺には良性、悪性も含めていろいろな腫瘍ができます。 こぶとりじいさんの「こぶ」は耳下腺腫瘍だったといわれています。 良性腫瘍では多型腺腫、腺リンパ腫(ワルチン腫瘍)があります。 悪性腫瘍では粘表皮がん、線様嚢胞がん、腺房細胞がん、扁平上皮がん、悪性リンパ腫などがあります。 発生頻度は10万人に1~3人といわれています。 耳下腺腫瘍の中で約80%程が良性とされ、良性腫瘍の中でも多型腺腫が70~80%を占め、他に腺リンパ腫 ワルチン腫瘍)、血管腫、脂肪腫などを認めることもあります。 良性の耳下腺腫瘍は一般にゆっくりと増殖するため腫瘤を触れる以外は無症状のことが多く、数ヶ月から数年の経過で耳前部にピンポン玉様の腫瘤に気付き病院を受診することも少なくありません。 手術では顔面神経を確認して保存し、腫瘍を摘出します。 進行すると顔面神経麻痺となり、顔の動きが悪くなります。 耳下腺には低悪性度とされる良性腫瘍の症候しか見られないものや進行が早く態度が悪い高悪性度とされるものなど、さまざまな悪性腫瘍が発生します。 悪性腫瘍においても手術が第一選択となります。 基本的には顔面神経を保存した腫瘍摘出術をおこないますが、やむを得ず顔面神経を切断せざるを得なかった場合には神経を移植し、回復を待つこともあります。 ということです。 良性、悪性に関わらず、できてしまったら手術して摘出しかありません。 私はお医者さんに、良性でもそのまま放置すれば、 いずれは8割の確率で悪性になると言われました。 発覚 私の発覚のきっかけは意外なものでした。 そもそも、思い起こせば、耳下腺腫瘍の兆候は2,3年くらい前からありました。 左耳の耳たぶの下が、すこーしだけ盛り上がっていたんです。 本当に少しだけ。 痛みも何もありません。 耳の下にはリンパ節があるのは知っていたので、多分リンパ節が少し腫れているんだろうくらいに思って、全く気にしていませんでした。 会社の健康診断の問診でも「左耳の下が少し腫れてるんですよ。 ずーっと腫れが引かないんですよ。 」みたいなことをお医者さんに説明したら、お医者さんはグリグリ触ってみて「すこし様子みて、気になるようなら病院に行ってみてください。 」みたいな感じでした。 そんなもんですよね、はい。 手術直前。 少し腫れてますがほとんどわかりません。 触ると少し硬いです。 そんな事があったこともすっかり忘れていましたが、発覚の日は突然きました。 仕事の会議中、今まで経験したことのないような胸の痛みに襲われて、職場の人に症状を話したら「心臓だ、ヤバイぞ!すぐに病院に行け!」ということになりました。 病院での診察結果は「冠攣縮性狭心症」の疑いでした。 完全にストレスですね。 ここでは割愛します。 お医者さんから「冠攣縮性狭心症」の説明が終わったあと、別件で気になることがあると言われたんですよ。 「過去に耳にケガとか病気をしたことないですか?」と。 私は昔ぶん殴られて耳の鼓膜が破れたことがあったので、きっとそのことだろうと思って、耳の鼓膜が破れたことがありますと言ったけど、先生は「そういんじゃなくて、ほかに・・・」と言ったので、私は特にないですねと答えたんですよ。 そしたら、先生がCT画像を見せてくれました。 心臓の検査の時にCTも撮ったんですが、たまたま頭部もCTに映ってて。 で、何気に頭部の画像を見たお医者さんが、左耳の下に直径2センチくらいの塊があるのを見つけたんですよ。 そのCT画像には、耳の下に白くて丸い何かがしっかり映ってました。

次の

耳が痛い、聞こえづらい原因や症状について|岩野耳鼻咽喉科

耳 の 下 が 痛い 片方 大人 腫れ て ない

耳垢 耳垢が溜まることで、耳栓をしているように聞こえづらくなる場合があります。 また、耳垢が溜まることで外耳炎を引き起こしたり、外耳道真珠腫という特殊な状態に進展することがあるため注意が必要です。 耳垢には乾いたものと湿ったものがありますが、これは遺伝で決まり、日本人では10人に1人の割合で湿った耳垢(あめ耳、軟耳垢)が認められます。 乾いていても湿っていても正常であり、問題はありません。 耳垢は、外耳道の皮膚にある皮脂腺などから出てくる分泌物に、古くなった表皮や外から入ってきたホコリが混ざってできています。 この表皮は、鼓膜付近から外側に約1ヶ月かけて移動してきた外耳道の皮膚であり、最後ははがれ落ちるため外耳道の奥に耳アカが溜まることは通常ありません。 急性中耳炎 鼻の奥には、耳管という耳と鼻をつなぐ管があります。 ここを通った細菌が鼓膜の奥にある中耳で炎症を起こし、膿が溜まるのが中耳炎です。 中耳炎はプールなどで水が耳に入ってなると思っている方もいますが、実際には風邪などによる鼻詰まりが原因でかかる疾病です。 大人がなることもありますが、幼児に多い病気です。 膿が溜まって鼓膜が赤く腫れ、とても強い痛みがあります。 風邪をひいて耳が痛くなった、耳から分泌液が出てきたといった症状があったら、耳鼻咽喉科を受診してください。 また、幼くて症状をうまく伝えられない子どもの場合、高熱があって機嫌が悪くなる、耳に触れられるのを嫌がるなどがあったらご相談ください。 滲出性中耳炎 急性中耳炎のような強い毒性を持った細菌ではなく、弱い毒性の細菌(弱毒菌)や細菌の菌体成分が原因で、滲出液という分泌物が鼓膜の奥にある中耳に溜まる病気です。 副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎、アデノイドなどに併発することもあります。 飛行機など高所に登った時のように耳が詰まった感じがしたり、自分の声がこもったように響いて聞こえる場合があります。 痛みがないので、幼い子どもの場合気付かれにくいのですが、呼びかけへの反応がなかったり、テレビの音量を上げるなどがあったら注意してください。 滲出性中耳炎の問題は、今現在の難聴以外に、放置による将来の真珠腫形成や癒着性中耳炎などの問題があります。 早めに受診してください。 なお、滲出性中耳炎については手術を含めて、で詳しく解説していますので、ご覧ください。 難聴 耳鳴りの症状が出始めて聞こえが悪くなって来たり、早口の言葉が聞き取れなくなったり、耳が詰まる感じがして聞こえにくくなったりしたら、すぐに受診しましょう。 また、自分で気付かないことも多いため、家族をはじめとする身近な相手から「耳が悪くなったのでは」と言われたら、検査を受けることをお勧めしています。 難聴にはいくつかの種類があり、検査でどの部分に問題があるのかをしっかり調べて適切な治療を受ける必要があります。 外耳、中耳に問題がある伝音難聴(でんおんなんちょう)は、手術で改善する可能性があります。 内耳より奥の部分に問題がある感音難聴(かんおんなんちょう)は、手術治療が基本的に不可能になっています。 また、蝸牛に問題がある場合、音が聞こえなかったり、ひずんで聞こえる場合もあります。 伝音難聴と感音難聴は併発しているケースも多いため、しっかりとした検査と診断が重要になってきます。 良性発作性頭位めまい症 内耳にある加速度を感じ取る耳石という器官に起こる病気です。 めまいの症状が起こる場合、最もよくある病気です。 頭を動かすと数十秒のめまいがあったり、じっとしていると治まり動くと再びめまいを繰り返したら、良性発作性頭位めまい症の可能性があります。 これはなんらかの原因で耳石が外れることで起こる病気です。 外れた耳石のかけらが三半規管に入ってしまい、頭を動かすと三半規管の中を動き回ってめまいを引き起こします。 頭を動かすことがきっかけとなって数秒から数十秒のめまいが起こるため、起床の際や、寝返りなどによってめまいを起こすことが多くなります。 吐き気を覚える場合はありますが、意識が亡くなることはなく、じっとしているとめまいはやがて止まります。 メニエール病 めまいに特有の眼の動きをみる眼振(がんしん)検査を行い、難聴や耳鳴りを伴っている場合には聴力検査なども行います。 典型的なメニエール病の場合には、最初から診断できます。 そうでない場合には、正しい診断のために経過を観察する必要があります。 メニエール病の治療は、内耳のリンパ液が溜まり過ぎないよう、尿を出しやすくする利尿剤を使います。 症状の程度によってはステロイドを使う場合もあります。 治ったと思っても再発することが多いので、耳の聞こえ方に違和感があったら早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。 また、「内科の医師にメニエールと言われた」と来院される患者さまもけっこう多いのですが、実際に専門的な検査をしてみると違っている場合もよくあります。 めまいがあったら耳鼻咽喉科を受診してきちんと調べてもらいましょう。 良性発作性頭位めまい症 かなり激しいめまいの症状があるためとても怖く感じますが、実際には耳石のかけらが三半規管に入ってしまったことで起こっているだけですので、数日から数週間で耳石のかけらが溶けることにより自然に治りますし、それほど心配する必要はありません。 他の病気でないかを確認するために聴力検査やレントゲン検査、血液検査等を行い、眼振(がんしん)検査で診断をします。 強いめまいがある間はめまいを軽減する薬を用いたり、三半規管の中に入ってしまった耳石のかけらを元に戻す治療を行います。 こうした治療は、効果がない場合もあります。 吐き気が強い間は安静にする方が望ましい場合もありますが、積極的に身体を動かすことで耳石が元に戻って早く治る場合もあります。 突発性難聴 早期に治療を開始することが重要です。 難聴の程度を調べた上で、ステロイドやビタミン剤、血流改善剤を使った治療を行います。 ステロイドに関しては、最初に多く使用し、徐々に減らしていく必要があり、急に使用を中止すると身体に大きな負担をかけることにもつながります。 症状が急に改善した場合にも、医師の指示を守って服用してください。 治療に反応せず、難聴が持続する場合もあります。 治療開始が遅かった場合、難聴の程度が強かったり、めまいを併発している場合、また高齢の場合には治りにくいとされています。 突発性難聴は、一度きりの病気です。 そのため、難聴を繰り返す場合には、メニエール病や聴神経腫瘍などの他の病気の可能性があります。 そのため、きちんとした検査と診断が必要です。

次の