キャンピングカー 維持 費。 キャンピングトレーラーの維持費

8ナンバーの維持費(税金・車検など)は安い?取得方法・条件も解説!

キャンピングカー 維持 費

キャンピングカーの購入を検討している方の中には、「 どれくらいの維持費がかかるか知りたい」と考えている方もいらっしゃるでしょう。 キャンピングカーの維持費は、税金、車検代、保険料、燃費、駐車場代などです。 これらは車を所有する場合に必要な費用ですが、 項目は同じでもキャンピングカーは通常の自動車と少々内容が異なります。 そこで今回は、税金や保険、その他の雑費も含めて、キャンピングカーの維持費がどれくらいかかるのかをご紹介します。 キャンピングカーの維持にかかる税金や保険 通常の自動車と同じく、キャンピングカーには税金や保険料がかかります。 車にかかる税金には2種類あり、ひとつは毎年納付しなくてはならない「自動車税」、もうひとつは車検時に支払う「重量税」です。 また保険にも、加入義務のある「自賠責保険」と、任意加入の「自動車保険」の2種類があります。 以下では、税金と保険の詳しい内容をご紹介します。 毎年の納付が義務の「自動車税」 自動車税の課税金額は車の総排気量に応じて決められており、車検の有無に関係なく毎年納付しなければなりません。 自家用車なら29,500~111,000円ほどかかりますが、税制の見直しにより自動車税の恒久減額化が予定されています。 自動車税の減額の背景には、2019年10月に実施される消費税の引き上げが関係しています。 増税前の駆け込み購入の抑制と、増税後の販売台数の落ち込みを防ぐために恒久減額化が決定したといわれており、これによって2019年10月以降に購入する新車の自動車税は最大4,500円も減額されます。 加えて、同年同月には自動車取得税(新車購入時の税金)が廃止され、燃費に応じた課税制度「環境性能割」の導入が決まっています。 新車の販売台数の約半数は非課税になる見通しで、燃費基準を20%上回る車は非課税にする他、増税後から1年間は税率を1%軽減するなどの対策も実施されます。 自動車の中でも 特殊用途自動車(8ナンバー)の車両は税率が低く、課税金額を抑えることが可能です。 特種用途自動車に分類されるのは、パトカーや消防車、救急車などの「緊急自動車」、給水車や郵便車などの「法令特例事業で使用する自動車」、車いす自動車や宣伝車、ごみ収集車などの「特種な用途に用いるその他の自動車」です。 実は、 キャンピングカーは「特種な用途に用いるその他の自動車」に該当します。 仮に8ナンバーを取得できれば自動車税は23,600~88,000円ほどであり、同じ排気量の車両よりも20%程度減額されます。 なお、 8ナンバーの取得は一定の条件をクリアする必要があり、例えば「 就寝設備や給排水設備、食品を加熱する設備があること」などが決められています。 車検のたびに発生する「自動車重量税」 自動車重量税は、2年(新車は初回3年、8ナンバーは新車でも初回2年)に1回行う車検時に発生する税金です。 その名のとおり、車両の重量に応じて課税されます。 普通乗用車の重量税は車両重量によって変わり、エコカーの場合0. 5t以下は4,100円、1t以下は8,200円、2t以下は16,400円です。 エコカーでない場合は、より高額になります。 一方、特種用途自動車の重量税は車両総重量によって変わります。 エコカー減税が適用されない場合、1t以下は8,200円、2t以下は16,400円です。 なお、税制の改正によってエコカー減税の適用期間延長が予定されています。 車種制限や燃費基準クリアなどの条件はありますが、エコカー減税の適用によって重量税が減額されれば、より安くキャンピングカーを維持できます。 加入義務のある自賠責保険 自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、法律によって加入が義務付けられている保険です。 自賠責保険に加入していなければ車を運転できず、違反者には厳しい罰則が課せられます。 自賠責保険は車検のたびに支払い義務が生じ、24カ月で比較したときの保険料は乗用車が27,840円、軽自動車が26,370円、特殊用途自動車が34,900円、特種用途自動車(軽自動車)が16,850円です。 任意で加入する「自動車保険」 自賠責保険とは違い、自動車保険は任意で加入する保険(任意保険)です。 自賠責保険が被害者の身体に関する損害にのみ適用される保険であるのに対し、自動車保険は被害者の車や破損させてしまった民家の堀、自分や搭乗者の身体、自分の車など、自賠責保険ではカバーしきれない損害を補償する保険です。 また、自賠責保険と自動車保険は支払い限度額に差があり、自賠責保険が傷害や死亡、後遺障害などで支払い限度額を定めているのに対して、自動車保険は契約時の車の時価相当額で設定されます。 簡単にいうと、同じ車種でも新車と中古車、オプションの有無で支払い限度額が異なるということです。 とはいえ、保険会社が定めた一定の範囲内であれば自由に設定することが可能です。 なお、8ナンバーはその特殊性から契約対象外としている保険会社も少なくありません。 加入の際は、 キャンピングカーに特化した保険代理店を中心に複数の会社へ見積もりを依頼してみましょう。 キャンピングカーにかかるその他の維持費 税金や保険料とは別に、キャンピングカーには燃料代や駐車場代、メンテナンス費用などもかかります。 以下では、キャンピングカーのその他の維持費について詳しくご紹介します。 車種ごとに違うキャンピングカーの燃費 キャンピングカーの燃料代は車種ごとに異なるため、キャンピングカーの購入を検討している方は把握しておくことをおすすめします。 車体の大きさにかかわらず燃費が良く、燃料タンクが大きいため長距離移動にも適しています。 輸入車と比較すると車体はコンパクトな印象を受けますが、燃費は同程度です。 車体の大きさから比較すると燃費は意外に良いと言えます。 欧州モーターホームと同等の車格と比較すると燃費は落ちますが、耐用年数が長く、長距離や長期間の使用でも良好な状態を維持できます。 ハイエースのバンコンをベースにしているため、キャブコンと比べてもパワフルな走りを体感できます。 ふだんの駐車スペースの利用料 自宅にキャンピングカーの駐車スペースが確保できない場合は、別で駐車場を探さなくてはなりません。 その際におすすめなのがキャンピングカー専用の駐車場です。 使用しない間は預けておくことができ、駐車場によっては車両サイズの大きいキャンピングカーも預けられるため安心です。 ある管理会社を例にご紹介すると、利用する駐車スペースのタイプを3タイプから選ぶことが可能です。 車体の大きさに応じて月額利用料が異なります。 高速道路でのキャンピングカーの通行料金 キャンピングカーの高速道路の通行料金は、普通乗用車と同額です。 キャンピングカーは一見するだけでは車両区分が判定できないため、車両の大きさや重量に関係なく、普通乗用車と同じ車種区分で扱われています。 なお、軽自動車をベースにしたキャンピングカーは軽自動車と同じ車両区分に該当します。 キャンピングカーでの駐車料金、施設の利用料金 キャンピングカーで旅行をする際、オートキャンプ場などの施設を利用する方も多いのではないでしょうか。 ここでは、各施設の特徴をご紹介します。 RVパーク 日本RV協会が定めるキャンピングカーの専用駐車場です。 24時間利用できるトイレや外部電源、ゴミ捨て場が備え付けられている他、施設によっては入浴施設が併設されているところもあります。 1泊1台につき1,000〜3,000円、最大でも5,000円程度と割安なのも魅力です。 なお、RVパークは全国に設けられており、北海道から沖縄エリアまで合計120カ所あります。 オートキャンプ場 車両での乗り入れができるキャンプ場です。 1泊1台につき2,000〜6,000円程度の利用料金がかかります。 アウトドアやレジャーに必要な設備が揃っているため、気軽に訪れてキャンプを楽しめます。 道の駅 道の駅には地元の農産物などを販売するお店や飲食店、お土産屋などがあります。 無料の駐車スペースがあるため、ふと宿泊したいと考えてしまいがちですが、道の駅に宿泊したり車内で出た家庭ごみを捨てたりするのはマナー違反です。 あくまでも休憩するための施設だと認識しておきましょう。 高速道路のパーキング、サービスエリア 高速道路のパーキングエリアやサービスエリアは、道の駅と同様に休憩するための施設です。 宿泊はマナー違反になるので注意しましょう。 整備、パーツ交換の費用やメンテナンス費用 キャンピングカーはトイレやシャワーなどの車内設備が多いほど、普通乗用車よりもメンテナンス費用がかかります。 水回りの点検を行ったり、経年劣化による修理や部品交換を行ったりする他、ラバールーフのあるキャンピングカーは雨漏り修理や補修をする必要もあります。 この他、車両の積載量によってはタイヤに負荷がかかりやすいため、走行距離が短くても定期的にタイヤを点検・交換しましょう。 維持費を踏まえて購入を検討しよう キャンピングカーには、購入費用以外にも多くの維持費がかかります。 キャンピングカーを購入する前に、税金や保険料、その他の維持費を把握しておくことは、購入プランを練る際に必須と言えます。 キャンピングカーの購入を検討している方は、ぜひ上記を参考にしてみてください。

次の

気になる!キャンピングカーの維持費について [キャンピングカー] All About

キャンピングカー 維持 費

大家さんたちの集まりでこの話をすると思いのほか食いつきが良く、『面白そう』『儲かるの?』『手間かからない?』と質問攻めに合い、挙句『面白そうだからやってみたい』と言われることが多いです。 おそらくですが、大家さんは住むところを貸しているので【住居以外のものを貸す】ことに抵抗が少ないのだと思います。 そんな大家さんたちの集まりでは上記の質問には答えられても【どうやってキャンピングカーレンタル事業を立ち上げるか】についてまで具体的に詳しく話す時間が取れません。 このnoteではキャンピングカーレンタル事業とはどんなものか興味を持った方のために、 前半の無料部分には私がキャンピングカーレンタル事業を行う理由と将来性、そして実際の収支などを、 後半の有料部分には具体的にキャンピングカーレンタル事業を興すための手続きや日常業務のフローや書類やメールのフォーマットなど、そして自己使用部分を案分せずに全額経費に計上するノウハウを詳しく書いています。 有料部分は【ニッチなカテゴリーだけにあまり多くの人に参入して欲しくない】【個人的な事業の内容や書類を掲載しているため】という理由から設定させてもらっています。 すでにキャンピングカーを所有している人はこのnoteを読んでレンタルすることで経費を賄うだけでなく副収入を得ることができます。 そしてこれからキャンピングカーを所有したいと考えている人はレンタル事業と組み合わせることで所有するためのハードルを下げることができます。 また、後半の有料部分に関してはキャンピングカーだけでなくレンタカー事業全般に使えますので【スポーツカーレンタル】や【リムジンレンタル】などにも使っていただけます。 ただし、キャンピングカーの駐車場代が月に3万円を超える地域にお住まいの方は駐車場代で経費が掛かりすぎるという理由からこのnoteは役に立たないかもしれません。 ご注意ください。 キャンピングカーレンタル事業の将来性 突然ですが、最近キャンピングカーをよく見かけると思いませんか? 近年のアウトドアブームもあって、キャンピングカーを所有する人が増えています。 子育て世代がキャンプのために購入したり、リタイア世代が夫婦2人旅用に購入したり、理由は様々ですがキャンピングカーに興味を持つ人が増えています。 日本最大のキャンピングカーイベント、ジャパンキャンピングカーショーの来場者数はここ数年増加していて、キャンピングカーの注目の高さがうかがえます。 キャンピングカーに関心を寄せる人が増えていることは分かりました。 しかし興味があるからといってすぐに買えるものでもありません。 キャンピングカーは普段使いにはあまり適していない車両です。 そうすると今まで所有していた車を保有しつつキャンピングカーを購入しなくてはいけません。 そうなると、駐車場の問題や保険を含めた維持費の問題が出てきます。 また、キャンピングカーはその性質上稼働率はそれほど高くなりません。 毎週末キャンピングカーで旅行に出るのは非現実的です。 となると、あまり使わないものにお金をかけるのは難しく、欲しくても所有できない人がたくさんいることがわかります。 キャンピングカーに興味があるものの所有できない人はレンタルを考えます。 では、需要に対してどのくらいのキャンピングカーが供給されているのでしょう? Googleにて『キャンピングカー レンタル 〇〇 都市名 』で検索をかけてみてください。 そこに出てくるキャンピングカーレンタル事業者の保有しているキャンピングカーの台数を合計すると、思いの外少ないことがわかります。 広島市に限ると3台です。 広島県の人口は284万人、広島市の人口は119万人です。 つまり、人口に対して供給されているキャンピングカーの台数がまだまだ少ないのです。 レンタル料で維持費が出るの? キャンピングカーレンタル事業の将来性は分かりました。 しかし黒字にならないと事業を継続できません。 果たして維持費や経費を賄うだけの売り上げが上がるのでしょうか? キャンピングカーをレンタルする人はいつレンタルするでしょう? 大型連休や祝日を絡めた週末がほとんどです。 GW、お盆休み、SW、年末年始、これだけで20日以上の稼働が見込めます。 それ以外に年間10~20日の稼働は可能です。 実際の私のキャンピングカーの年間稼働日数は平均34. 4日です。 ではキャンピングカーのレンタル料はどのくらいでしょう? 普通のレンタカーと違い、キャンピングカーは1日当たりのレンタル料を設定するのが一般的です。 実際に調べてみるとわかりますが、車種によって16,000円~30,000円程度と割と幅があるものの高めの料金設定になっています。 安いレンタカーでも需要が見込める繁忙期には2割増しの料金になるので、実際には20,000円~36,000円となります。 年間の稼働日数を30日とした場合、年間60万円~108万円の売上が見込めます。 では次にキャンピングカーをレンタルする場合の年間の維持費はどの程度かかるのでしょうか? レンタカーの場合、車検は1年に1度になります。 経費で大きな金額がかかるのが、自動車保険料と駐車場代です。 このうち自動車保険料はすでに上がった等級の保険の切り替えだと安くなりますし、無事故が続けば安くなっていきます。 私の場合だと3年で14万円ぐらいまで安くなりました。 駐車場代は事業を継続してゆくのに大切なファクターです。 もし自宅敷地内に駐車場を確保できるのなら黒字化へのハードルは一気に下がります。 逆に近隣の駐車場相場が高い場合は事業化は断念した方が賢明かもしれません。 ちなみに車両の整備についてですが、走る部分に関してはベース車両のメーカーのディーラーで面倒見てもらえます。 車検も依頼できます。 ただし居住区の整備に関してはディーラーはタッチしてくれませんので、購入したお店かキャンピングカーを製作したメーカー ビルダーと言う に依頼します。 それから、上記経費には車両の減価償却費を含めていません。 4年落ち以上の中古車両の場合、償却期間が12か月になってしまい場合によっては最初の2年が赤字になるかもしれません。 ほかのビジネスの黒字で相殺したり、償却期間を長くとるなどの工夫が必要になるかもしれません。 週末起業にぴったりのビジネス キャンピングカーレンタル事業は週末起業にぴったりのビジネスです。 というのも、貸し出しする日が週末や休日に集中するからです。 大抵金曜日の夜か土曜日の朝に貸出して日曜日の夜に返却か、連休の初日の朝に貸出して連休の最終日の夜に返却されます。 実際の拘束時間は貸出時に1時間ほど、返却時に30分ほどです。 キャンピングカーは居住区の設備の説明などに時間がかかります。 なので私は車両紹介の動画をYouTubeにアップしておいて、それをあらかじめ見ていただくようにしています。 貸出中は遠出を控えるなど不慮の事故などに備えておいた方が良いです。 と言っても、実際に事故が発生した場合は自動車保険付帯のロードサービスで対処することになります。 とっても喜んでもらえるビジネス やってみて感じたことですが、とにかくお客様に喜んでもらえます。 お客様の多くが家族連れです。 そして子供はキャンピングカーが大好きです。 なので貸し出しの時からお子さんはハイテンション! 2段ベッドがあれば上がるし扉があれば手当たり次第に開けています 笑 そして返却時には『楽しかったです!』『子供がとても喜んでいました!』『普段話す時間が少ない子供とたくさん話すことができて良かった』と言われると、こちらも本当に嬉しくなります。 中には旅行先のお土産を買って来て下さるお客様もいます。 レンタル代を払って頂いているにもかかわらずです。 本当にありがたいです。 キャンピングカーレンタル事業が副業としてやりやすく、キャンピングカーを既に所有している、あるいは所有したいと思っている人にとっては維持費プラスアルファーが期待できるビジネスだとわかっていただけたと思います。 以降の有料部分には、実際にキャンピングカーレンタル事業を開始するための具体的なノウハウを私の事例を示しながら書いています。 付録として申請や業務に必要な書類を添付していますので、書いてある通りに従って進めていけば、開業しレンタルするまで進むことができます。 興味のある方はぜひご購入下さい。

次の

8ナンバーの維持費(税金・車検など)は安い?取得方法・条件も解説!

キャンピングカー 維持 費

現在、家を断捨離して約550日、キャンピングカーで日本一周をしています。 (2020. 18現在) そんな私が家を断捨離するまでの実際の実際の流れと手順を振り返ってみようと思います。 家を断捨離した理由 2018年、私達は家を断捨離しました。 家を断捨離したのは、家を維持出来ないからです。 いえ、家だけだったら維持出来ました。 ですが私達は、キャンピングカーで日本一周しながら旅人として生きることを選んだのです。 お金持ちなら、家もある上でキャンピングカーで旅をして、また家に戻るのもありでしょう。 しかしそんな財力はないので、キャンピングカーを拠点としてキャンピングカーで生きる選択をしました。 家を断捨離するまでの準備期間 元々そんなに物を所有していないつもりでしたが、今回片付けを進めていて、結構大変でした。 何が大変だったかというと、興味ある分野はミニマルで片付けも簡単ですが(服とか)、興味のない分野は、手つかずそのまま(食器棚とか、書類関係置場とか)でした。 しかし実際に家を断捨離するので、部屋の隅に寄せたり、隠したり、見て見ぬ振りはもう出来ません。 片付けのコツは、興味あるエリアから手掛けるに尽きます。 多少片付けに興味を持って、毎日少しずつ継続して片付けて、いずれ面倒なエリアも手がけると、そこまで苦じゃなくなります。 しかし今回は初めての経験、家の断捨離です。 実際に家を引き払うまで、4週間しかありません。 「あれは捨てたくない、これは取っておきたい」なんて、そんな呑気なことも言ってられないのです! しかしまずは 慌てず、処分順序の計画を立てます。 家・家電・家具・小物・服、全て断捨離する順番を組み立てる 旅を始めるまでの準備期間は、約1ヵ月。 その期間でゴミ収集日や、 大物家電は全て無料で(むしろお小遣いGetしながら処分する方法を駆使して) 無駄な処分費用としての出費が発生しないように計画立てて処分を進めました。 処分のコツは、処分する物を手書きで書き出すことです。 いつも部屋で目にしているものだから忘れないハズですが、意外と認識していない物が多く、リスト漏れが起こります。 そして、そんな 認識していない物は今すぐにでも処分してしまって良い物です。 また書き出すことによって一緒に処分出来る物(割れ物同士・金属同士や、装飾品を処分することで飾ってあった棚自体も処分、等)なども見えてくるので、書き出しはかなりオススメです。 これは 引っ越しなどにも応用出来ると思いますので、 物を減らすコツとタイミングの見極め方をご紹介させて頂きます。 そしてそれら全てを無料で処分した体験を元に、その準備と方法を詳しくご紹介します。 メモを貼付けることで、その後生活する中で「要らないと思ったけど使う頻度が結構高かった」や逆に「要ると思ったけど、あまり使ってないから要らないかも」と分かります。 家具や家電に直接貼付けても剥がした時にベタつかないので、付箋が勿体ないと思う方はマスキングテープにメモでも良いですね。 ちなみに私は、ゴミの日が近くなると忘れないように付箋+マスキングテープと目立たせて、意識を高めていました。 持てる荷物の逆算をする 私達は実際にキャンピングカー1台の中でも、生活空間を除外した限りある空間に1年分の荷物を積載するにあたり、家の中のほとんどの物を手放さなければなりませんでした。 なので「引っ越し先の収納にしまえる分の荷物しか運ばない」という発想で、持てる荷物量を逆算して準備を進めました。 そしてココが一番重要だと思います。

次の