子宮 筋腫 変性。 子宮筋腫の変性と腹腔鏡手術

子宮筋腫変性痛、痛みの原因と症状 | 子宮筋腫を小さくする方法

子宮 筋腫 変性

更年期と子宮筋腫 子宮筋腫は女性ホルモンにより発育するため、30代から40代の女性では3〜4人に1人の割合で何らかの子宮筋腫が存在します。 無症状で経過することが多いのですが、一部の人で過多月経や貧血、下腹痛や腰痛、不妊症などの原因となります。 閉経(生理がなくなる)を迎えると、女性ホルモンが急激に低下することから、それ以降、通常、大きくなる心配は要らないことになります。 近年、超音波検査の進歩により、子宮筋腫を指摘される人が増えていますが、良性疾患でもあり、様子を見たいと考える人は多くいます。 また、治療法も手術療法、薬物療法、動脈塞栓術、超音波破砕など多岐にわたります。 手術の必要性の有無や治療法に関して、一箇所の病院だけでなく、別の病院の意見を求める人も増えています(これはセカンドオピニオンと呼ばれる)。 もちろん外科的手術の適応になる子宮筋腫は少なからず存在します。 しかし、子宮筋腫が見つかっても、定期的に経過を観察していく人はもっと多いのです。 そこで、今回は更年期女性の子宮筋腫を経過観察する場合(手術の適応でない場合)の注意点を述べてみたいと思います。 1.悪性の可能性の否定 子宮肉腫でないことを確認することは必須です。 100%の鑑別方法はありませんが、MRI(磁気共鳴映像法)が最も有用な検査です。 子宮肉腫は血管が豊富で、凝固壊死、周辺への浸潤が存在することが多いので、MRIによりこれらの所見が特徴的な像として確認できることがあります。 また、血液中のある種の腫瘍マーカーの上昇が見られることがあります。 現状ではMRI撮影と血液検査は原則行っておくほうがよいでしょう。 2.薬物療法中大きくなる子宮筋腫は要注意 子宮筋腫は女性ホルモンにより発育することから、逆に、女性ホルモンを下げれば子宮筋腫は縮小します。 これが子宮筋腫への薬物療法の基本概念です。 しかし、薬物療法時に子宮筋腫の急激な増大を認める場合には外科的治療を優先します。 3.閉経後の発生や閉経後増大する子宮筋腫は要注意 閉経後の子宮筋腫発生や閉経後増大する子宮筋腫は子宮肉腫の可能性がありますので、注意が必要です。 4.更年期女性の子宮筋腫薬物療法時の注意点 まもなく閉経を迎えるということであれば、手術をせずに閉経まで薬物療法を継続することがあります。 これは逃げ込み療法と呼ばれます。 長期薬物療法では骨密度の低下などの副作用が出現します。 更年期女性の子宮筋腫への薬物療法時には骨密度減少予防が大切です。 工夫をすれば骨密度を低下させずに薬物療法を継続することは可能です。 5.子宮筋腫の変性 閉経後、本当の子宮筋腫であれば(子宮肉腫でない)増大はしませんが、内容が変性(硝子様、脂肪など)することはあります。 その場合、極めて少ない頻度ですが炎症や感染を起こし、腹痛などを呈することがあります。 子宮筋腫を指摘され、心配している更年期女性はたくさんいらっしゃいます。 まず重要な点は治療の必要性の有無と治療方法の選択です。 経過観察となれば、上記注意点を確認の上、定期的な観察を行い、異常の早期発見に努めることが大切だと思います。 更年期以降の子宮筋腫の定期健診は、個々に応じて対応に差があり、およそ2・3ヶ月〜1年間隔となります。 神戸大学医学部保健学科教授 林産婦人科 婦人科専門外来担当医 松尾 博哉.

次の

産婦人科の病気:子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症

子宮 筋腫 変性

は続発性変化をする場合がありますは良性の腫傷ですから、後述するように、がんのような悪性の腫蕩に変化することはありませんが、そのままの状態で経過 するわけでもありません。 ほとんどの筋腫は、続発性変化(二次的変化・続発変性)といって、時間がたつにつれて、外見や組織が変わっていきます。 続発性変化としては硝子化変性、赤色変性、石灰化、嚢胞形成、脂肪変性、感染などがみられます。 硝子化変性は続発性変化の中でもいちばんよくみられるもので、の血行障害が原因で起こります。 筋腫はふつう周りの正常な部分にくらべてやわらかいのが特徴ですが、筋腫全体または一部分が、ガラスのようにかたく変性してしまうのです。 治療は、原則として子宮を全摘出することが多いのですが、妊娠に合併した場合には、必要があれば筋腫だけをとるようにします。 赤色変性は筋腫が急に大きくなって、静脈閉塞を起こすと、筋腫内に出血が起こって、赤褐色に変性してしまうことです。 妊娠中の筋腫に急性に起こりやすいものです。 妊娠していない場合は、劇的経過をとることはなく、硝子化、石灰化へ進みます。 硝子化変性などがさらに進むと、いろいろな形の袋(嚢胞)を形成(嚢胞形成)して、この嚢胞の中に、ゼラチンのような物質がたまってきます。 石灰化は閉経後の女性によくみられるもので、筋腫の血流が障害された結果、筋腫が変性してカルシウムの沈着が起こり、歯や骨のようにカチカチにかたくなってしまうものです。 子宮石と呼ぶ場合もあります。 つい先日も閉経後の他才の患者さんで、そういう症例がありました。 ひどい下腹痛があり、下腹にかたいものがふれるというので検査したところ、ガチョウの卵大の筋腫がカチカチに石灰化していました。 おまけにその筋腫が茎捻転していたのです。 内科・外科と回って、ようやく婦人科で原因がわかり、手術で子宮を全摘出しました。 この患者さんの筋腫は、こうした状態のまま経過していたことになります fsh4y.

次の

[医師監修・作成]子宮筋腫の症状:痛み・出血・貧血は関係ある?

子宮 筋腫 変性

最近出血が多く貧血気味のため病院に行ってみた所、6cm大の子宮筋腫が2つ程変性していると言われました。 神奈川県在住の48歳独身女性です。 これからMRIで悪性化していないかどうか検査する予定になっています。 万が一悪性であればすぐに開腹で子宮全摘をするように言われていてそれは納得しています。 しかし、悪性でない場合にはできるだけ手術を受けたくないのが本心で、どうしても手術をしなければならないのであれば腹腔鏡手術を希望しています。 しかし先生は出血がひどい事と年齢的な問題で、子宮全摘を開腹手術で行う事を私に勧めます。 ネットで色々勉強して質問しても「開腹です」と腹腔鏡ではできないと言われてばかりなのですが変性筋腫がある場合の子宮全摘は腹腔鏡手術の適応外なのでしょうか?変性筋腫がある場合には開腹手術になってしまうのでしょうか? 今、1件目の病院なので、これから他の病院の先生の意見も聞いてみたいと思っていますが神奈川県もしくは東京で有名な先生がいらっしゃったら診察を受けたいと思います。 そこでまた質問なのですが病院にあまりかかった事がなく病院のシステムが良くわかっていないのですが、他の病院の診察を受ける場合にはどのようにしてその先生のアポイントを取るべきなのでしょうか?有名な先生は紹介状がないと受付をしてくれないと思うのですが、今の病院の先生に紹介状を書いてもらうべきなのでしょうか?その場合元の病院には戻れなくなってしまうのでしょうか?今の病院は自宅から一番近くの比較的新しい病院なのでどの病院でも開腹と言われた場合には今の病院で手術する事も考えています。 良く他の先生の意見も聞いてみた方がいいと書いてありますがセカンドオピニオン以外で変性筋腫でも腹腔鏡で子宮全摘してくれる先生の情報等ございましたら教えてください。 どうぞよろしくお願いいたします。 ユーザーID: 7192350852 悪性の可能性のある子宮筋腫悪性は、腹腔鏡で手術をすると危険なようで開腹と決まっているようです。 腹腔鏡はハサミのような器具で筋腫を細かく切って、お腹に開けた小さな穴から出すだめ、もし悪性だった場合、細かく切った筋腫からお腹の中に悪性細胞をばらまいてしまうことになるからだそうです。 私も数ヶ月前に5cmの子宮筋腫核出の腹腔鏡手術を受けました。 湘南台駅にあるメディカルパーク湘南の先生に執刀してもらいました。 小さな病院ですが症例が多く、技術指導もしている病院だそうで、全国でもトップクラスの腕と聞きました。 子宮筋腫は急病ではないため、腕の良い先生は、数ヶ月の順番待ちが当たり前のようです。 私の場合はたまたま空きがあり待ち期間は1ヵ月半で済みました。 まずは腹腔鏡手術も行っている病院のセカンドオピニオン外来に行かれてはどうでしょうか。 そこで腹腔鏡手術可能とわかれば、同病院内の婦人科の腹腔鏡手術医にまわしてくれると思います。 お大事にしてください。 ユーザーID: 9785838695• 変性 変性と言っても色々タイプがあるようで。 私は核出開腹手術でしたが、変性して筋腫の中が水みたいにグジュグジュになってるから 腹腔鏡はできないと言われました。 腹腔鏡はお腹の中で筋腫を細かく切りますので、柔らかくて切れないそうです。 石灰化して固くなってしまった知り合いも開腹手術でした。 変性のタイプや全摘だとまた事情も違うでしょうから、他の病院も行ってみてもいいと思います。 48歳だともう出産もないでしょうし、全摘の方が手術が簡単なので医師は全摘を勧めると思います。 私は数軒病院を廻りましたが、紹介状を持って行った所と持っていかなかった所があります。 有名な先生でも紹介状なしでも大丈夫な先生もいたので。 紹介状を書いてもらっても、元の病院に戻れなくなることはないと思いますが。 辛い自覚症状はありますか? 48歳ならホルモン治療くらいで閉経まで逃げ切ることも可能な年齢かとも思いますが。 もっとも悪性ではない場合ですけど。 ユーザーID: 7632482410• 悪性ではありませんでした 本日MRIの結果が出て悪性ではありませんでした。 これで少し時間をかけながら先の事を考えられそうです。 みみ子さん メディカルパーク湘南のご紹介ありがとうございました。 1か月半で手術受けられたとの事でラッキーでしたね。 アドバイスを頂いた腹腔鏡を行っている病院でのセカンドオピニオンを検討したいと思います。 ありがとうございました。 水無月さん 変性をしているとやはり難しいのですね。 生理はこの勢いだと恐らく55まで終わらないだろうと以前他の先生にも言われました。 まだホルモン検査をしていないので近々検査してもらいながら他の先生の意見も聞いてみたいと思っています。 あと7年ホルモン治療で耐えられるのか?副作用が心配です。 切らないで閉経になってくれればそれが一番の希望ですが。 自分が納得できる方法が見つかる様に他の先生の意見も聞いてみたいと思います。 参考になる内容をお聞かせいただきありがとうございました。 ユーザーID: 7192350852• まずは一安心ですね 悪性でなかったとのこと。 他人事ながら安心しました。 さて、トピ主さんが腹腔鏡にこだわるのはどんな理由がありますか? 私は「多発性巨大筋腫」という病名で手術が必要となり、私立の総合病院では手に負えないと婦人科の世界的にも権威である大学病院へ送られました。 もちろん開腹適応との診断でしたが、院内で腹腔鏡の権威の先生、その当時最先端のUAE担当の先生も診断も受けたうえで開腹術に自ら決めました。 理由は入院期間が2日しか違わなかったこと、 回復もさほど変わらないと主治医(開腹派)のアドバイスがあったこと、 私の場合難しい手術になるので開腹で大きな視野を確保した方が安全であることなどを納得したからです。 術後の回復については、同日に腹腔鏡術を受けた方と歩きだすのやシャワーの許可など全て同じタイミングでした。 縦に切ったので主治医からは「ビキニが着れなくなるけどごめんね」と謝っていただきましたが、元々着ないのでノープロブレン! トピ主さんも納得のいく説明を受けて自分に最善の方法をみつけてくださいね。 ユーザーID: 2829050109• ありがとうございます ナタリーさん ありがとうございます。 私が腹腔鏡にこだわる理由の一番目は、術後の癒着と腸閉塞の心配です。 周りで開腹の子宮全摘手術をした人が2人いて2人とも腸閉塞になっています。 それが腹腔鏡に拘る一番の理由です。 腹腔鏡だから絶対にないという保証はないですが、開腹よりもリスクは少ないかな〜と思っています。 ナタリーさんは、色々な先生のご意見を聞かれて最後にご自身が納得されて開腹手術を受けられた事は、いい選択だったと思います。 私も同じように納得して手術したいです。 腹腔鏡手術を受けるには今のところ限られた病院しかなく、どちらも選びにくい条件の病院です。 理想は、今通っている病院で腹腔鏡手術をしたかったのですが無理そうです。 私の我が儘やこだわりが強いのもありますが、自分で納得がいければ開腹手術を受ける事もありですが、今の所、今の主治医からも納得行く開腹手術を勧められる理由もない事からこのまま開腹手術で終わらせたら後悔する日が来るかもしれないと思っています。 なので私ももう少し探してみたいと思っています。 後悔しないように頑張ります。 ありがとうございます。 ユーザーID: 7192350852• 健康ランキング• 子宮動脈塞栓術(UAE) 紅茶さん ありがとうございます。 ここ最近UAEについても調べていた所です。 これもまた限られた病院でしか行っていないのと、あまり参考になる書き込みが見つけられず悩んでいます。 現在筋腫が変性している状態なので、変性筋腫でもUAE対応が可能なのか次回の診察で聞いてみたいと思いますが、今の病院ではUAEが出来ないので紹介状を書きますって事で終わるのかもしれませんが・・・・ 1.閉経までホルモン剤で逃げ延びるか? 2.腹腔鏡適応OKの場合、腹腔鏡で子宮全摘か? 3.UAEで子宮を温存させるメリットとデメリット 4.開腹で子宮全摘 UAEで筋腫を壊死させた場合、これから迎える更年期による無排卵月経が起きた場合にやはり大量出血になるのか?それとも筋腫を壊死させれば今後大量出血は起き無い状態で閉経まで過ごせるのでしょうか?大量出血の原因が筋腫だけではないような気がしてきました。 また先生にも聞いてみたいと思います。 私と同年代でUAEを受けられた方がいらっしゃいましたら、状況等教えて頂けると嬉しいです。 よろしくお願いします。 ユーザーID: 7192350852• 腸閉塞 私の周りでは開腹手術後の腸閉塞はいません。 癒着は再び開けてみないと 確実な所はわからないでしょうが、少なくとも不自由している人はいません。 手術の次の日くらいから、防ぐべくなるべく歩くように指導されます。 腹腔鏡は医者の技術によるので、間違って腸に穴をあけてしまった人の話も聞きました。 信頼できる医者を求めて関東から新幹線で尋ねて手術を受けた人もいます。 自分が尋ねた評判のいい病院は大体半年待ち〜1年待ちでした。 腹腔鏡の方が術後の回復はやはり違いますが医師選びも重要かと思います。 因みに私は腹腔鏡は適用できず、開腹で筋腫のみ摘出しましたが腸閉塞などの問題はありません。 ユーザーID: 8348069201.

次の