ピュアピュアリップ 歌。 ピュアに色づく魔法の口紅…*マジョマジョから新作リップ登場*

ピュア (テレビドラマ)

ピュアピュアリップ 歌

今日という休みは美容室に行こうと思っていたんですけど予約が取れなくて来週になりましたㅠㅠ 髪を切りたい!とか染めたい!って思いついた時って なんとしてでもその日に行きたくない?私はそういうタイプ…。 でもやっと気に入った美容師さんに出会えたので我慢してその人を指名できる日に予約変更しました。 本当に好きだ〜〜小さく見えるけど160以上あるしスタイルいいの。 歌も上手いしにこにこ愛嬌アイドルの鏡。 メイクは気分で行うので特別にマイルールがあるわけではないけど… レッドリップってパワーのあるコスメだと思うのでそれをピュア感残して使うために私が気をつけていること2つはこれ。 アイシャドウは軽めに。 濃くしすぎないこと• 肌をナチュラルに整えること です! 最近はあくまでも 唇を主役にしてナチュラルに仕上げたいので他の部分のメイクに抜け感を作りたい! アイシャドウは柔らかな明るめブラウンを使います。 先ほども言いましたがレッドリップは使い方によっては濃い印象にもなるパワーコスメなので、目元のアイシャドウにダークなブラウンを持ってきたり色を濃くつけすぎるとピュア感とはまた違った雰囲気になる。 グレーの05は黒髪の時の眉毛用。 それはベースメイクにも言えることであんまり厚塗りをしすぎるとレッドリップを塗った時に清純な印象とはまた違ったイメージに。 ただ単にメイクを薄くすると顔がリップに負けてしまう(特にUSAGIは顔薄い)のでアイラインやマスカラはつけて色物は薄くするという感じです! 私が好きでよく参考にしているナチュラルメイク動画はこれ。 これはlamuqe(ラミュク)さんのスクールメイク動画。 でも学生以外も真似できるようなナチュラルメイクになってる。 サムネでは伝わりにくいかもしれないけどこのメイクも唇にレッドティントを持ってきているのです。 アイメイクなどに抜け感を作ってピュアな印象に仕上がっているのがとても参考になります!! レッドリップをうまく使って透明感を作りましょう。 では肝心の最近使っているレッドリップをご紹介します〜 2. レッドリップ紹介〜くすみのない純粋レッドたち〜 今回ご紹介する3つのリップたち。 購入したのはDHOLICで展開されている CREE'MARE(クリマレ)! リップをコロコロ変える私ですが長いことピアーのピンクリップにはまっていたのでこの3つは買ってからしばらく眠っていたのですが(ㅋㅋ)、最近気分を変えたくて使うように。 今ではピンクリップより使う頻度が多くなりました。 前の記事でつけてます。 くすみのない赤色です。 可愛らしいケースなのですが触り心地が消しゴムっぽい(褒めてる)。 ゲコさんはパーソナルカラーリストで人が似合うカラーにとても詳しいのですが、クリマレに載っている商品ページに細かく似合う色が書かれていて為になります!! 買う気が無くてもぜひ覗いて欲しい。 すごく為になります。 ここで衝撃告白しちゃうと、 実は私もパーソナルカラーリストの資格を持っているのですㅋㅋㅋ あれ結構難しい。 高校の時に取得したのですがかなり手探りで勉強していました。 ほぼ暗記で合格したようなものなので威張れる能力は全くないのですが…こうしてブログを書いてる今、自分がせっかく勉強したものを活かせないかと 再勉強中です。 少し脱線すると…最近 美容資格ブームきてるじゃないですか、あれは素晴らしいことだと思うし、ツイッターでもプロフィールに堂々と書いている人もいると思う。 だけどね、 『資格を取ったからってなんだ!』ってことを根本に置いておいて欲しい。 USAGIは美容に興味があったので色々な資格を取りましたが…あれってその分野について勉強したという証なだけなんです。 ちゃんと普段の生活に取り入れて日々勉強していかないとすぐに薄れていくもの。 そういう資格を持ってます!って書いてあるとすぐ信頼してしまいますよね、この人は詳しいんだって。 確かに実際に資格を取ってからそれを活かしている人もいるだろうけど、取ったままになっている人も多いと思います。 そういう人は安易に資格持ってますってアピールしてはいけないと思う。 (まあ自由ではあるけど…) 資格は取ってからがスタートです。 基礎知識に合格点が与えられただけ。 それを日々に活かしたり自己研究をして資格を自分の能力になるように磨かないと!! なんだか 美容資格を取ることが一種のステータスになっている気がしてモヤモヤしていましたㅋㅋ勉強意欲はとても素敵なことだけどね。 これは自分への言い聞かせでもある…取った資格を見直してブログに活かせるように頑張りますㅠㅠ は、話を戻すと… 私が購入した スプリングローズはこういう色。 本当にくすみのないはっきりとした赤です! スプリングローズという名前がぴったりで探していたピュアなレッドリップのイメージに近い。 唇につけて見ます! まずはすっぴんの唇。 こんな感じで 中央にだけ塗って指でぽんぽん広げていくスタイル。 フルで塗っても下品にならなくて顔を華やかにしてくれる。 軽めにつけて広げてナチュラルにもなるし… リップスティックは調節がしやすいし色々な使い方をできるので大好き。 ティントリップではないけれどそれなりに色もちします。 (ただコップには色がつくけどねㅠㅠ)乾燥はそこまで感じないけど、当たり前だけど荒れてる唇には全然綺麗につきません。 ロムアンドは今マットリップの方が韓国で人気な模様。 (IGでよく見かけるのもこっち) View this post on Instagram - 2018年 3月月9日午前2時26分PST 新たにクッションファンデも出たり、他にもリップの種類が色々あるので注目してます。 パーソナルカラリストという点を活かしてあるので何より商品のカラーがとっても絶妙で魅力的!! さすがゲコさん…ってなります。 【milimage(ミリマージュ)】 ウォーターライジングティント こちらは完全パケ買いの ミリマージュ。 全然知らないブランドで送料対策に買っただけなんですけど、思った以上に可愛い買った!!ケースがしっかりしてて全然チープじゃなくて素敵。 オイルインの液体リップなのですがリップスティックが入ってるみたいに見えるよね。 (まずパッケージから可愛すぎたのだ) 私が買ったカラーは#2のトマトクラッシュレッド。 私が買った時は3色くらいしかなかった気がするけど、今は新たにくすみカラーが加えられ今は6色展開してる模様。 くるくる回して開けるのですが、この辺りの部分もしっかりした作りで本当良い。 値段の割に高級感! アプリケーターはこのような感じです。 クリームティントじゃなくてオイルインティントなので液が結構サラサラ。 その割にたくさんアプリケーターに付いてくるのでしごいて使います。 (ちょっと毛が…ミヤネㅋㅋㅋ でもほら韓国の方は剃らない子も多いから大丈夫。 ) ツヤツヤでジューシー! 色が本当にトマトっぽくて可愛いです。 唇につけていきます。 このティントは液体っぽいんだけどグロスのようなツヤツヤ感もあるのでいつものように指でぽんぽん広げるのではグラデしずらかった。 なので、 んまんまな感じで広げました。 その後で周りだけ指で整えるとGood! すごくジューシーで可愛い!! 同じ雰囲気のティントにオピュの水光ティントがあるけどそれよりも軽い付け心地。 あと赤っていうのもあるけど発色がすごい良い! もう少し濃くするとこんな感じ。 可愛い!! 艶系は特別な透明感が出てとても素敵だ〜〜。 本当可愛い。 ただ液体ティントよりなので唇に乾燥している箇所があるとそこだけ濃くつくという悪い特徴も持ち合わせてるㅠㅠ ちなみに ティッシュオフするとこうなる。 (若干荒れ気味ㅠㅠ) このように色は残る!! しかも結構しっかりグラデのまま残る。 ただUSAGIのように荒れ気味だと少し汚くなるかも…あと継続して使うとティントならではの乾燥があります。 (新色も素敵すぎなのでチェック必須です) ただこのティントには 最大の改善しなくてはならない部分がある!!! それは… 最初は綺麗なんだけど… 使い続けると液が溢れてきてしまうㅠㅠ 毎日使ってて1週間とかでこうなる。 拭き取っても気づいたらこうなってるㅠㅠ。 これサラサラした液系なので本当にこの問題は深刻! ポーチに入れたりバックに入れたりしてると汚れてしまうかもしれないし…気がついたらティッシュで拭くようにはしてますが。 それ以外は本当可愛いのですがね〜ㅠㅠ 【SECRET KEY(シークレットキー)】スィートグラム ツートングロウ こちらも送料対策のために興味本位で手を出したリップ。 だがしかし、 今一番使っている!!! シークレットキーのツートンリップです。 色は一番真っ赤だった シックレッドをチョイス。 (よく見るとUSAGIが写真をとっているのが写ってるㅋㅋ) どこかで見たことのあるような内容なデザイン。 アップで撮るといい感じですがプラスチックのケースがややチープに感じます。 アイオペにこれに激似のリップが出てますが… ツートンとはその名の通りで、 中のバームリップはこんな感じになっている。 これを正しく塗るとリップを2色重ねなくてもグラデになるという韓国ならではのリップです! よく見ると 赤色の部分は普通に口紅なんだけど下の ピンク色はティントバーム的な、保湿リップのような感じになってる。 スウォッチ。 意外とちゃんとツートンになるじゃんー!! ってスウォッチ画像とった時の私は思いました。 グラデ系のリップってちゃんとグラデにならないですってレビューも見かけるからどうかなと思ったけど…ちゃんとツートンに発色してます。 下のピンクがツヤっとしてて可愛い。 では唇につけてみます! これで普通につけてんまんますると… こうなる。 これでも可愛いんだけど色が混ざって グラデっぽくはない。 (でも可愛い) なのでUSAGIは ぽんぽんつけをしています。 唇に伸ばしてんまんました後に、濃くしたい唇中央にだけ赤の部分をぽんぽん上から重ねる。 これじゃ分かりにくいかもしれないけど…ㅋㅋ そうすると割とグラデっぽくなる。 結構ピンクっぽいけどㅋㅋすごく可愛いと思いませんか?? 思っていた以上に優秀すぎる。 もう少し中央を濃くするとこうなる。 結構レッドっぽさが出て可愛い! このリップ1つでこの仕上がりというのが素敵だよね。 これを含め3つのリップを紹介しましたが最近1番使ってるのはこのシークレットキーのものです。 そして 色もちもいい!!バームなんだけどティント効果が高くて飲み物を飲んでも色落ちそんなにしてない。 塗り直す時はさっきのようにぽんぽんするだけ、便利すぎる。 これ使ってからというもの色々なツートンリップに興味が出てきてる。 こんなに便利なものがあったとは。 きっとピュアなレッドカラーの魅力に気がつくはずです。 それでは、あんにょん〜! USAGI SNSもよろしくね なんともうすぐフォロワー数500人という賑やかな感じになってきました。

次の

フリップフラッパーズ

ピュアピュアリップ 歌

ジャンル 、、 アニメ 原作 ピュア・イリュージョニスト 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン 小島崇史 音楽 TO-MAS アニメーション制作 製作 放送局 ほか 放送期間 10月 - 12月 話数 全13話 - プロジェクト ポータル 『 フリップフラッパーズ』(Flip Flappers)は、制作によるの。 10月より12月まで、、、で放送された。 『』や『』を手がけたアニメスタジオ・によるオリジナル作品であり、本作はヒロインのパピカとココナの2人を中心に繰り広げられるSF冒険活劇物語となっている。 監督は『』でアニメーションディレクターを務め、『』、『』などに参加した、キャラクターデザイン・総作画監督を『』で作画監督、『』でキーアニメーターを務めた小島崇史、コンセプトアートを『』のキャラクター原案を務めたtanuがそれぞれ担当する。 あらすじ [ ] ある日、志望校を決めかねていた中学2年生の ココナの前に突如現れた謎の少女 パピカ。 謎の組織「 フリップフラップ」に所属しているパピカは、どんな願いも叶えてくれるという「 ミミの欠片」を集めているらしい。 ミミの欠片が存在する不思議な世界「 ピュアイリュージョン」に行くには、一人では力が足りないというパピカ。 そんなパピカに引きずられるように、ココナは「ピュアイリュージョン」へと旅立つ。 ミミの欠片を求め、パピカとココナの不思議な冒険が始まる。 ややくせっ毛の赤い長髪が特徴。 フリップフラップに所属しており、ミミの欠片を集めるのが彼女の役目であったが、一緒にピュアイリュージョンへ行けるパートナーを見つけられないでいた。 ある日、痺れを切らしたパピカはパートナーを探すため、独断でフリップフラップの施設を飛び出した。 外で偶然に出会ったココナを一目で気に入り、ピュアイリュージョンへの冒険に半ば強引に引きずり込んだ。 元気で明るく自由奔放な性格で、何事にも臆せず飛び込んでいく。 社会性や一般常識に欠けている部分があり、無鉄砲な行動で周囲を戸惑わせることもしばしばであるが、基本的には裏表の無い娘であり好かれやすい性質をしている。 反面、危機やアクシデントに対して無頓着すぎる傾向があり、自身の命に関わるような状況にも平気で首を突っ込む危うさを持つ。 というよりも、後悔や人の生き死にに対してすら真っ当な認識を持ち合わせていない節があり、1話ではココナの大切なメガネを取り返すために命を懸けた。 これに関しては同じように危機に瀕したココナを目の当たりにしたことにより、幾分か生き死にへの自覚を持てるようになった模様。 普段は学校内の端にある土管内にて自給自足の生活を送っている。 そのせいか料理や裁縫といった家庭的なスキルが高いという意外な一面を持っており、技能的な女子力においてはココナを上回る。 身体能力が高く特に嗅覚が鋭い。 モノや人を探す時もにおいを頼りに探す。 服装に関係なく常に裸足である。 パートナーであるココナに対しては初対面の時から全幅の信頼を置いており、子犬のように懐いている。 ミミの欠片の力によって ピュアバリアーへ変身し、水色を基調とした姿となる。 変身時の名乗りは「 熱い想いが全てを弾く! ピュアバリアー!」。 青髪でショートヘア、中学2年生の少女。 両親は幼少の頃に事故で亡くしており、祖母と2人暮らしの生活をおくっていた。 慎重な性格をしており、読書好きでクラス委員長を務めるなど典型的な優等生タイプ。 実際学力も高いようで、幼馴染のヤヤカからは「(志望校は)ココナならどこでも行けんじゃん? 」と太鼓判を押されている程。 逆に、勉強以外は不器用な面を持ち合わせている。 元々は塾に通い、志望校に悩んだりするごく普通の少女であったが、パピカとの出会いによって環境は一変。 ピュアイリュージョンを舞台とした非日常的な冒険の世界へと引きずり込まれることとなる。 最初の頃は慣れない異世界での災難、何よりパピカの我が身を顧みない振る舞いを危惧し、冒険に対して否定的であった。 しかし、パピカがピュアイリュージョンで自分の生き死にへの自覚をもち反省したこと、少なからず冒険の楽しさにも目覚めたこともあり、偶にだったら冒険に付き合ってあげてもいいと考えを改め、ピュアイリュージョンでの活動を承諾した。 元の性格も相まって、破天荒な行動をしがちなパピカには振り回されることが多い。 一方で自分には無い積極性や家庭的なスキルを見せられるとコンプレックスが刺激されるらしく、弱気になったりつっけんどんな態度を取ったりと本人も複雑な一面を見せる。 ともあれ言うべき時には言う娘であり、何だかんだでパピカとは対照的な良きコンビである。 ミミの欠片の力によって ピュアブレードへ変身し、ピンク色を基調とした姿となる。 変身時の名乗りは「 斬って斬って斬り捨てる! ピュアブレード!」。 フリップフラップ [ ] ソルト 声 - 、、 フリップフラップを取り仕切っている謎の男。 サユリには「ドクターソルト」と呼ばれている。 ミミの欠片を集めてピュアイリュージョンの開放を目論んでいる。 ヒダカ 声 - フリップフラップ所属の科学者。 TT-392等様々な発明をしている。 サユリ 声 - フリップフラップ所属のオペレーター。 ヒダカの色々な発明品に日々悩まされている。 パピカたちとピュアイリュージョンへ行き、データ収集をしている。 ミミ(声 - )の欠片の探査、飛行など様々な機能も備わっている。 自由奔放なパピカによく振り回されている。 アスクレピオス [ ] ヤヤカ 声 - ココナの幼馴染で、クラスメイト。 男勝りでクールな性格。 ココナたちとは敵対関係のアスクレピオスに所属しているが、ココナやパピカがピンチの時に手助けするなど、トト、ユユの双子に比べて甘いところがある。 彼女がいつも好んで食べているパンはというのご当地グルメ。 トト 声 - 謎めいた小学生。 ユユの双子の兄。 ユユ 声 - 謎めいた小学生。 トトの双子の妹。 ニュニュ 声 - 3人目のアモルファスの子ども。 見た目は兎に似ている緑色の軟体動物で、ピュアイリュージョンで紳士の姿に変身することもある。 彩いろは先輩 声 - パピカやココナたちが通う学校の先輩。 美術部に所属している。 ココナのおばあちゃん 声 - ココナに対して常に優しい祖母。 スタッフ [ ]• 原作 - ピュア・イリュージョニスト• 監督 -• ストーリーコンセプト -• キャラクターデザイン・総作画監督 - 小島崇史• コンセプトアート - tanu• 色彩設計 - 末永康子• 撮影監督 - 出水田和人• 編集 - 定松剛• 音響監督 -• 音楽 - TO-MAS• 音楽制作 -• 音楽プロデューサー - 吉江輝成、佐藤純之介• プロデューサー - 川村仁、百武弘二、吉江輝成、山崎史紀、岡村武真、金子広孝、礒谷徳知、吉川雅子、林ちどり、伊藤幸弘• プロデュース -• アニメーション制作 -• 挿入歌 「LET'S FLIP FLAPING! () 出典 [ ]• アキバ総研 2016年3月25日. 2016年7月10日閲覧。 、 2016年11月19日閲覧。 アニメ! 2016年3月25日、11月17日閲覧。 、 2016年11月26日閲覧。 TVアニメ「フリップフラッパーズ」公式ウェブサイト. 2016年9月2日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 2016年9月29日. 2018年4月17日閲覧。 2016年10月1日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2016年10月3日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2016年10月6日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2016年10月9日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2016年7月1日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2017年10月20日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2018年1月16日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2018年2月16日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2018年2月23日. 2018年4月17日閲覧。 The Fandom Post 2018年2月9日. 2018年4月17日閲覧。 vBulletin Solutions, Inc. 2018年2月9日. 2018年4月17日閲覧。 2018年3月23日. 2018年4月17日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

ピュア (テレビドラマ)

ピュアピュアリップ 歌

ジャンル 、、 アニメ 原作 ピュア・イリュージョニスト 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン 小島崇史 音楽 TO-MAS アニメーション制作 製作 放送局 ほか 放送期間 10月 - 12月 話数 全13話 - プロジェクト ポータル 『 フリップフラッパーズ』(Flip Flappers)は、制作によるの。 10月より12月まで、、、で放送された。 『』や『』を手がけたアニメスタジオ・によるオリジナル作品であり、本作はヒロインのパピカとココナの2人を中心に繰り広げられるSF冒険活劇物語となっている。 監督は『』でアニメーションディレクターを務め、『』、『』などに参加した、キャラクターデザイン・総作画監督を『』で作画監督、『』でキーアニメーターを務めた小島崇史、コンセプトアートを『』のキャラクター原案を務めたtanuがそれぞれ担当する。 あらすじ [ ] ある日、志望校を決めかねていた中学2年生の ココナの前に突如現れた謎の少女 パピカ。 謎の組織「 フリップフラップ」に所属しているパピカは、どんな願いも叶えてくれるという「 ミミの欠片」を集めているらしい。 ミミの欠片が存在する不思議な世界「 ピュアイリュージョン」に行くには、一人では力が足りないというパピカ。 そんなパピカに引きずられるように、ココナは「ピュアイリュージョン」へと旅立つ。 ミミの欠片を求め、パピカとココナの不思議な冒険が始まる。 ややくせっ毛の赤い長髪が特徴。 フリップフラップに所属しており、ミミの欠片を集めるのが彼女の役目であったが、一緒にピュアイリュージョンへ行けるパートナーを見つけられないでいた。 ある日、痺れを切らしたパピカはパートナーを探すため、独断でフリップフラップの施設を飛び出した。 外で偶然に出会ったココナを一目で気に入り、ピュアイリュージョンへの冒険に半ば強引に引きずり込んだ。 元気で明るく自由奔放な性格で、何事にも臆せず飛び込んでいく。 社会性や一般常識に欠けている部分があり、無鉄砲な行動で周囲を戸惑わせることもしばしばであるが、基本的には裏表の無い娘であり好かれやすい性質をしている。 反面、危機やアクシデントに対して無頓着すぎる傾向があり、自身の命に関わるような状況にも平気で首を突っ込む危うさを持つ。 というよりも、後悔や人の生き死にに対してすら真っ当な認識を持ち合わせていない節があり、1話ではココナの大切なメガネを取り返すために命を懸けた。 これに関しては同じように危機に瀕したココナを目の当たりにしたことにより、幾分か生き死にへの自覚を持てるようになった模様。 普段は学校内の端にある土管内にて自給自足の生活を送っている。 そのせいか料理や裁縫といった家庭的なスキルが高いという意外な一面を持っており、技能的な女子力においてはココナを上回る。 身体能力が高く特に嗅覚が鋭い。 モノや人を探す時もにおいを頼りに探す。 服装に関係なく常に裸足である。 パートナーであるココナに対しては初対面の時から全幅の信頼を置いており、子犬のように懐いている。 ミミの欠片の力によって ピュアバリアーへ変身し、水色を基調とした姿となる。 変身時の名乗りは「 熱い想いが全てを弾く! ピュアバリアー!」。 青髪でショートヘア、中学2年生の少女。 両親は幼少の頃に事故で亡くしており、祖母と2人暮らしの生活をおくっていた。 慎重な性格をしており、読書好きでクラス委員長を務めるなど典型的な優等生タイプ。 実際学力も高いようで、幼馴染のヤヤカからは「(志望校は)ココナならどこでも行けんじゃん? 」と太鼓判を押されている程。 逆に、勉強以外は不器用な面を持ち合わせている。 元々は塾に通い、志望校に悩んだりするごく普通の少女であったが、パピカとの出会いによって環境は一変。 ピュアイリュージョンを舞台とした非日常的な冒険の世界へと引きずり込まれることとなる。 最初の頃は慣れない異世界での災難、何よりパピカの我が身を顧みない振る舞いを危惧し、冒険に対して否定的であった。 しかし、パピカがピュアイリュージョンで自分の生き死にへの自覚をもち反省したこと、少なからず冒険の楽しさにも目覚めたこともあり、偶にだったら冒険に付き合ってあげてもいいと考えを改め、ピュアイリュージョンでの活動を承諾した。 元の性格も相まって、破天荒な行動をしがちなパピカには振り回されることが多い。 一方で自分には無い積極性や家庭的なスキルを見せられるとコンプレックスが刺激されるらしく、弱気になったりつっけんどんな態度を取ったりと本人も複雑な一面を見せる。 ともあれ言うべき時には言う娘であり、何だかんだでパピカとは対照的な良きコンビである。 ミミの欠片の力によって ピュアブレードへ変身し、ピンク色を基調とした姿となる。 変身時の名乗りは「 斬って斬って斬り捨てる! ピュアブレード!」。 フリップフラップ [ ] ソルト 声 - 、、 フリップフラップを取り仕切っている謎の男。 サユリには「ドクターソルト」と呼ばれている。 ミミの欠片を集めてピュアイリュージョンの開放を目論んでいる。 ヒダカ 声 - フリップフラップ所属の科学者。 TT-392等様々な発明をしている。 サユリ 声 - フリップフラップ所属のオペレーター。 ヒダカの色々な発明品に日々悩まされている。 パピカたちとピュアイリュージョンへ行き、データ収集をしている。 ミミ(声 - )の欠片の探査、飛行など様々な機能も備わっている。 自由奔放なパピカによく振り回されている。 アスクレピオス [ ] ヤヤカ 声 - ココナの幼馴染で、クラスメイト。 男勝りでクールな性格。 ココナたちとは敵対関係のアスクレピオスに所属しているが、ココナやパピカがピンチの時に手助けするなど、トト、ユユの双子に比べて甘いところがある。 彼女がいつも好んで食べているパンはというのご当地グルメ。 トト 声 - 謎めいた小学生。 ユユの双子の兄。 ユユ 声 - 謎めいた小学生。 トトの双子の妹。 ニュニュ 声 - 3人目のアモルファスの子ども。 見た目は兎に似ている緑色の軟体動物で、ピュアイリュージョンで紳士の姿に変身することもある。 彩いろは先輩 声 - パピカやココナたちが通う学校の先輩。 美術部に所属している。 ココナのおばあちゃん 声 - ココナに対して常に優しい祖母。 スタッフ [ ]• 原作 - ピュア・イリュージョニスト• 監督 -• ストーリーコンセプト -• キャラクターデザイン・総作画監督 - 小島崇史• コンセプトアート - tanu• 色彩設計 - 末永康子• 撮影監督 - 出水田和人• 編集 - 定松剛• 音響監督 -• 音楽 - TO-MAS• 音楽制作 -• 音楽プロデューサー - 吉江輝成、佐藤純之介• プロデューサー - 川村仁、百武弘二、吉江輝成、山崎史紀、岡村武真、金子広孝、礒谷徳知、吉川雅子、林ちどり、伊藤幸弘• プロデュース -• アニメーション制作 -• 挿入歌 「LET'S FLIP FLAPING! () 出典 [ ]• アキバ総研 2016年3月25日. 2016年7月10日閲覧。 、 2016年11月19日閲覧。 アニメ! 2016年3月25日、11月17日閲覧。 、 2016年11月26日閲覧。 TVアニメ「フリップフラッパーズ」公式ウェブサイト. 2016年9月2日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 2016年9月29日. 2018年4月17日閲覧。 2016年10月1日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2016年10月3日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2016年10月6日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2016年10月9日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2016年7月1日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2017年10月20日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2018年1月16日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2018年2月16日. 2018年4月17日閲覧。 Anime News Network 2018年2月23日. 2018年4月17日閲覧。 The Fandom Post 2018年2月9日. 2018年4月17日閲覧。 vBulletin Solutions, Inc. 2018年2月9日. 2018年4月17日閲覧。 2018年3月23日. 2018年4月17日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の