宇内 梨沙 ひる おび。 価格.com

山内あゆとは

宇内 梨沙 ひる おび

『 ひるおび! 』(英称: HIRUOBI! )は、(21年)からにてされているのである。 概要 、TBSはコスト削減の一環として、の『』、13時台ので『』と『』の2本、の『』を、2009年3月末で終了させ、後番組に世代を狙う本番組を開始すると同年2月に発表した。 本番組開始当初は、前番組までのを引継ぎ、TBSのみ同枠で『 もうすぐひるおび! 』を放送していた。 版のをネットする局は『ピンポン! 』第2部のみをネットとして「午前」の開始時刻を11:30としていたが、後述のように「午前」のフルネット局数は本番組開始当初より増加している。 「午前」の11:30 - 11:55は、番組開始当初から「 」を、2010年3月29日以降は『』を放送している。 「第0部」全編および「午前」のうち冒頭30分はローカルセールスとなっており、「午前」前半をネットしている地区でも日により自主編成で差し替える地域もある。 有事などは、通常「午前」を11:30に飛び乗る局が臨時でフルネットとしたり、「第0部」も臨時ネットする場合がある。 番組開始初年度の11:55 - 12:00は、新聞上は本番組に内包扱いされたが制作するミニ番組『』放送のため、本番組は一旦中断となっていた。 は本番組ブランドを用いた『』と『』を放送したが、3月26日で『バンバンバン』が終了し、同年9月24日で『そらナビ』も終了した。 歴史 番組開始当初 - 2010年春 初代総合司会は『』から続投で本枠3度目の登板となるの、初代アシスタントは2009年3月に終了した『』からが起用された。 開始当初は、ビデオリサーチによる関東地区・世帯・リアルタイムの「午後」の視聴率が2-4の間を行き来していた。 夏季休暇期間の2009年7月20日に再改編を実施して月 - 木曜の「午後」は全局13時53分終了になった。 、、、など一部の系列局は再改編を待たずに2009年7月2日、テレビ山口は6月25日に月 - 木曜14時台の放送を打ち切り、およそ3週間だけ13時55分までの飛び降り編成となった。 この改編で空いた14時台は、夕方の『』が移動する。 2009年7月20日以降、月 - 木曜14時台の後継番組扱いとして『サカスさん』をネットする局数は11局となる。 7月17日まで『サカス���ん』に内含されていた『』は月 - 木曜16時43分から16時53分枠、金曜16時45分から16時53分枠に移動し、『THE NEWS』が単独番組として放送され、14時台内のコーナー『ひるおび! コレクション』は『買いドキッ! 』として独立した。 この再改編では本番組立ち上げを機に終了した2番組、『ピンポン! 』のと『2時っチャオ! 』のTBSアナウンサーが再度出演し、両者は過去に担当していた企画を再び担当することになる。 2009年7月22日は日本各地で部分、を中心としたでは皆既のが観察されることから、『』と『もうすぐひるおび! 』を枠交換して10時5分から11時に扱いで通常より前倒し、一部地域を除いてでもし、「午前」を通常フルネットしていない地域の一部でもネットされた。 2009年9月28日から「午後」の開始を5分前倒し、月 - 木曜は11時55分から13時50分に、金曜は11時55分から12時50分の放送となり、中部日本放送が制作する『そらナビ』も10月2日より5分繰り上がって12時50分から13時50分となる。 日替わりで出演していた石黒賢ら4人が降板する替わりに、が月 - 木曜のメインパーソナリティ兼スペシャルコメンテーターとして新レギュラーに起用。 番組内容は「いま起きている事に最大限こだわる生放送」として、『ピンポン! 』に近い放送時間へ変わり、内容も報道色を強めた企画を中心としたものになった。 中部日本放送が制作する『ひるネタ! おとなの教室』は『』に番組名を変更して13時50分へ移動し、「午前」と「午後」の間の一時中断は解消された。 新聞の番組欄上では『おとなの教室』『そらナビ』『バンバンバン』が独立番組として表記されているため、『ひるおび! 』TBS制作部分は月 - 木曜版が13時50分で、金曜版が12時50分で各々終了することになる。 この改編に合わせて直前ミニ番組『もうすぐひるおび! 』が2009年9月25日で終了した。 当番組内のショッピングコーナー「ひるしょぴ! 」は『』として独立している。 2010年春・秋 2010年4月2日から、TBSが制作する『ひるおび! 』金曜版も月 - 木曜同様13:50まで放送する。 ニュースパートは小川から伊藤に変更、タイトルが『THE NEWS』から『JNN NEWS』へ「ニュース」も含め英語表記に変わり、金曜午後の全国ニュース枠も現行の12:41頃から月 - 木曜同様13:41頃に変わる。 スタジオセットとテロップが変更されて5月3日からは、オープニングの「ひるおびハテナ」で用いる左側からのようにを送出するものでトップ項目を紹介する。 6月14日からオープニングを「こだわり3分トーク」コーナーとし、3分間で出演者がトップ項目についてトークするコーナーに変更し、6月28日から「ひるおび! 100人に聞きました。 」に変更する。 毎日放送が制作する『バンバンバン』は終了し、中部日本放送が制作する『そらナビ』は2010年4月2日より13:55 - 14:55に移動して放送する。 『ひるおび! 』の冠が外れ、金曜日も13:49に本番組のENDカードが使用されたため事実上独立番組になる。 2010年10月から、金曜13:55 - 14:55放送かつ後座番組の『そらナビ』終了にともない、金曜14時台もローカル枠としてドラマ再放送枠や各局別自社制作情報番組放送枠となる。 2011年春・2012年春 3月11日の放送直後に発生したで3月14日以降特番構成となり一部のコーナーが休止となった。 後述のエンディング曲も自粛となりオープニングで流れるテーマ曲が一時期エンディング共用となった。 この春改編で日本テレビが『』を終了させ『』を開始して以降、視聴率で同時間帯の1位になることが多い。 4月19日に「午後」の平均視聴率が6. 2011年7月19日に「午後」で9. 開始当初はも検討されたが、2009年春改編でスタートした番組として唯一継続する番組である。 2012年3月26日に、再度スタジオセットとテロップを変更する。 開始当初からアシスタントを務めた小倉が2011年12月末に第2子の妊娠を発表し、2012年3月30日に降板して5月に出産した。 4月2日より2代目アシスタントとして2013年12月末まではが全曜日を担当し、隔週の月曜と水曜のみが担当した。 2014年1月からは、月曜のみ江藤が、火曜から金曜までを枡田が担当する。 江藤の登板は枡田が他の曜日のレギュラー番組と掛け持ちとなり、その収録やリハーサルなどの都合によるものとなっている。 また天気コーナーについては以前より出演しているに加え、新たにのメンバー4人が日替わりで担当する。 2012年の年間平均視聴率は「午後」に5. 2013年は5. 2014年春以降 第2代アシスタントの枡田が2014年の4月改編で『』のアシスタントへ異動したため、同年3月31日放送分から、江藤が第3代目アシスタントを務めている。 2015年3月30日より、「午前」に新たなローカル枠(11:20 - 11:30、2019年以降は11:19 - 11:30)が設定され、『(CBC版)』ネット局もこのローカル枠の差し替えを行使してフルネットが可能となった。 「午後」の放送時間は13:52まで再延長され、本番組の後続番組『』が3分番組に短縮される。 13:55に開始するCBC制作でローカルセールス枠の『 』は、TBSでの番組途中までのネット受け開始に伴い本番組の兄弟番組となる。 まで『ごごネタ! 』の冒頭30秒に、恵キャスターらと『ゴゴスマ』のキャスターが会話するを充てた。 2015年9月28日より、編成上の音声がに変更された。 当初はで放送されている現状は変わっていなかったが、2017年10月2日から『JNN NEWS』のパートのみフルステレオ放送になった。 2016年4月1日より、前日をもって本番組後続のミニ枠『』が終了したため、『午後』がさらに3分後拡大の11:55 - 13:55の放送となり、『ゴゴスマ』と直結。 これに伴い、『ゴゴスマ』との接続もステブレレスに変更。 2016年10月3日より「午前」の前の10:25 - 11:00に「第0部」を設け、番組全体の開始時間を10:25に前倒した。 また、同日より「第0部」・「午前」のコメンテーターとしてが登板。 TBSの発表前は、視聴率が低迷する8 - 9時台の『』の救済を目的に開始時刻を10時頃に前倒しするとの報道もあったが、結果的には『』が組まれた。 各局の枠切りが異なるため、「午後」との同時間帯比較はできないが、2018年6月第2週(6月11日 - 17日)以降、フジテレビ『』(月 - 金曜日11:55 - 13:45)が時間帯1位となる日も現れていると報道されている。 ただし現時点(2018年7月)では、本番組が概ね1位を保持している。 2018年度(2018年4月2日~2019年3月29日)の午後の部(午前11時55分~午後1時55分)が平均視聴率で6. 2019年9月30日から、『ビビット』・『おびゴハン! 』に代わって『』(TBSでは月曜日-木曜日は8:00-10:25・金曜日は8:00-9:55)の放送を開始するとともに、志らくが『グッとラック! 』のメインMCに就任。 ただし、当番組「第0部」・「午前」枠のコメンテーターも引き続き担当するため、TBSでは放送上3時間半(金曜日は通算3時間)にわたって両番組へ出演している。 なお、11:55以降の「午後」枠では、一般観覧者をスタジオに招いての公開放送を実施してきた。 しかし、2020年の初頭から日本国内でが広がっている影響を踏まえて、同年2月27日(木曜日)以降は放送中の一般観覧を暫定的に休止。 4月以降は全編にわたって、スタジオへの出演者を最小限にとどめながら、コメンテーターやゲストの出演をTBS局内の別室や自宅などからの生中継方式へ切り替えている。 同年6月1日から立川志らくが、6月22日から八代英輝が、それぞれリモート出演からスタジオ出演に 戻った。 2020年6月10日は午後の部の視聴率争いにおいて、『バイキング』や『』に敗戦し、時間帯民放3位となった。 金曜日13・14時台 番組開始当初、金曜日13 - 14時台はが13時台を、が14時台をそれぞれ担当して番組を制作し、以下の番組を放送する。 金曜日のTBS制作パートは12時台で終了した。 『 』 - それまでとして放送されていた『』をリニューアルし、全国ネット番組に昇格する。 放送時間は12:55 - 13:55、2009年10月2日からは12:50 - 13:50、2010年4月2日から同年9月24日までは13:55 - 14:55である。 2010年9月24日に終了する。 『 』 - の。 で放送されている情報番組『』の中継コーナーを分離・独立させ全国ネット化したもの。 放送時間は13:55 - 14:55で、2010年3月26日に終了する。 翌々週から『ちちんぷいぷい』の金曜中継が関西ローカルで復活し、板東も1年ぶりに『ちちんぷいぷい』レギュラーに復帰した。 放送時間の変遷 ネット局• 〇…同時ネット(TBSテレビ以外の局では「午前」のローカル枠を2枠とも差し替えを行使)• 以下時間表記はすべてとする。 これに伴い、2017年9月まで存在した午前11時の「飛び乗りポイント」は事実上廃止された。 「午前」のローカル枠の1枠目(11:19 - 11:30)では主にCBCテレビ制作版の『』ネット局において、それへの差し替えを行うが、2017年10月2日からは同番組の非ネット局でも通常編成の時点でそれ以外の番組への自社差し替えを行う局がある。 「午前」を臨時フルネットする場合も同様であるが、2017年9月29日以前もそれ以外の番組へ自社差し替えた局がある。 「午前」を11:30飛び乗りとする局の対応• 「午前」内包の「JNN NEWS」に引き続き、「午後」の開始時刻である11:55にテーマソングと右上に「ひるおび! (改行)日付」を表している。 かつて11:00の飛び乗りポイントでは右上にロゴが表示されるのは同じだが、それはCMアイキャッチと同じアニメーション方式でその下に日付表示があった。 その時間帯は新聞紹介の途中などであったために、途中で話を少し区切って改めて概要を触れるかVTRの切り替えポイントとしていた(当初はその配慮はなかった)。 その他• 扱いまたはそれに相当する内容で放送される場合は、放送時間の拡大や、のでも本番組の一部をネット受けすることもある。 また、2019年4月1日は9:55 - 12:55に新元号発表関連のJNN報道特別番組を放送したため「第0部」・「午前」を休止、「午後」のみ65分繰り下げ・短縮(13:00 - 13:55)し放送。 2019年4月30日・5月1日は9:55 - 11:30に前者が前天皇(現:上皇)退位関連、後者が天皇即位関連のJNN報道特別番組を放送したため「第0部」は休止、「午前」は30分繰り下げ・短縮し11:30開始(内包番組『JNN NEWS』のみ放送)となった。 出演者(2020年5月現在) 総合司会• () - 『』より続投。 主に番組進行。 () - 2013年3月までは月 - 木曜日のメインパーソナリティー兼スペ��ャルコメンテーターだったが、2013年4月1日から総合司会に昇格。 同時に金曜日も正式にレギュラー出演している。 また、総合司会昇格後も番組内ではコメンテーターも兼任。 アシスタント• () - 2012年4月2日から2013年12月までは、原則毎日担当していたが他の収録番組との兼ね合いで出演できない場合(原則として隔週月・水曜日)に出演。 さらに、2014年1月6日から3月24日までは、毎週月曜日にレギュラーで出演。 枡田が平日午前中の情報番組『』のアシスタントに起用されたことを機に、同年3月31日から月-金曜日まで担当。 また、から月曜日は『』を兼務。 (落語家・映画監督・評論家、2016年9月までは不定期で出演) - 『』(前枠の生放送番組)でメインMCを務める2019年9月30日以降も、同番組に続いて出演。 月曜日• (・)• (元ラグビー選手・) 火曜日• (・論説委員、かつては金曜「午後」の部にも出演) 水曜日• (タレント・女優) 木曜日• -(タレント・小説家、『』から続投) 金曜日• (フリーアナウンサー・教授、主に第3週目で出演) 午後(11時55分 - 13時55分) 月曜日• (元TBSアナウンサー、2012年3月までは火曜日担当)• (ジャーナリスト、『』から続投)• (お笑い芸人()) 水曜日• (ミュージシャン・相撲ジャーナリスト、『』から続投)• (フリーキャスター・客員教授、『』にも出演。 2011年3月までは金曜日に不定期出演。 2013年3月までは隔週出演) 木曜日• (広報宣伝アドバイザー)• (長距離ブロック・同大学教授、主に第3週目・他不定期で出演) 金曜日• (気象予報士)- 『THE NEWS』から続投。 気象予報士。 「ひるトク! 」「ひるおびハテナ? 」などで気象現象や気象に絡む話題を扱う場合は、曜日にかかわらず出演し解説を担当している。 ワタナベガールズメンバーが担当していた「ひるおび! 天気」の13時台を、2016年3月28日以降、事実上引き継いだため、11時55分から13時台のJNN NEWSの前までの間に気象現象や気象に絡む話題がなかった場合は、エンディングトークが「お天気解説」となり出演する。 ニュース解説• (元) リポーター• (元アナウンサー)• (元アナウンサー)• (元アナウンサー)• (元アナウンサー)• (元アナウンサー) この他、兄弟番組として直後の時間帯に一部系列局で放送されている『』(制作)のリポーターであるが応援の形で中継リポートを行うことが稀にある。 」も担当した。 - 火曜日「ひるトク! 」担当。 2014年3月までは「ひるおびハテナ? 」を担当していた。 2014年4月から2016年3月まで木曜日に「ひるトク! 」を担当。 2009年7月20日から加入• (タレント・俳優)- 「業界初! 飛び出す新聞バン! 」担当。 2011年3月までは、「ワイドショー講座」も担当した。 現在は「第0部」および「午前」のみの出演。 2013年4月1日から加入• そのスジのイチ番人気! 」担当。 以前はコメンテーターとして出演。 2014年3月31日から加入• - 火曜日「ひるおびハテナ? 」担当。 - 水曜日「ひるトク! 」担当。 2019年7月から9月までは木曜日「ひるおびハテナ? 」も担当。 2016年4月から加入• - 金曜日「ひるトク! 」担当。 月・火曜日は『JNN NEWS』を担当。 - 月・木曜日「ひるトク! 」担当。 2017年4月から加入• 」を担当する。 2017年4月から9月までは月曜日の、2017年10月から2018年3月までは月・火・金曜日の、2018年4月から2019年3月までは月・水・金曜日の「第0部」午前枠を担当。 2018年10月から2019年3月までの木・金曜日には、13時台の『JNN NEWS』も担当。 金曜日には、「第0部」のプレゼンターと兼務する場合があった。 水 - 金曜日に『あさチャン! 』でスポーツキャスターを務める2019年4月以降も、当番組への出演を継続。 2019年4月から加入• - 木曜日に「第0部」午前枠を担当。 水 - 金曜日に『あさチャン! 』でサブキャスターを務める2020年1月以降も、当番組への出演を続けている。 2019年7月からは水曜日「ひるおびハテナ? 」も担当。 2019年10月から加入• - 水曜日に「第0部」午前枠を担当。 - 木曜日「ひるおびハテナ?」担当。 JNN NEWS(2019年4月1日から) 特記のない人物はTBSアナウンサー メインキャスター• - 2016年3月28日より月・火曜日担当。 『』に移動になったと入れ替わり。 金曜日は「ひるトク! 」、2017年9月までは、月 - 水曜日は『JNN NEWS』を担当。 - 2014年10月8日より水 - 金曜日担当。 2010年4月から2011年9月まで担当して以来、3年ぶりに復帰。 2016年4月から2017年9月までは木・金曜日を担当。 2018年10月以降の木・金曜日には、13時台の『JNN NEWS』を兼務することもある。 - 2018年10月1日より月 - 水曜日担当。 13時台の『JNN NEWS』と兼務。 - 2019年4月1日から木・金曜日担当。 同年5月までは13時台の『JNN NEWS』にのみ出演。 13時台の担当者は、2015年11月以降の『ゴゴスマ』でも、TBS報道局からの生中継方式でニュースを伝える。 天気予報• (気象予報士) - 2015年1月より加入。 月曜日の0部、午前のみ担当。 2016年3月までは月 - 水曜日を、2016年4月から2019年3月までは月・火曜日を担当。 2017年4月から、朝の『』の天気コーナー「まや天」も担当していた。 (同上) - 2019年4月2日より加入。 火曜日の0部、午前のみ担当。 村木祐輔(同上)- 2019年4月3日より加入。 水曜日の0部、午前のみ担当。 (同上)- 2019年4月より加入。 木曜日の0部、午前のみ担当。 (同上)- 2020年4月より加入。 金曜日の0部、午前のみ担当。 ひるおび! 天気 に所属しているワタナベガールズメンバーが担当している。 2016年3月25日までは11時台と13時台の2回とエンディングに出演していたが、2016年3月28日から「午後」のお天気コーナーが森朗の担当となったため、「午前」(全国と関東地方の天気、2015年3月30日から2018年10月までは11時20分 - 11時30分の間に放送)のみの出演となった。 尚、11時20分からはローカルセールス枠に移行する関係で飛び降りる放送局もある為、11時台の同コーナーが放送されない地域もある。 当該地域の放送局では13時台のみの放送。 2009年4月〜• ()- 不定期担当。 2012年4月〜• (AKB48)- 原則水曜日担当。 - 原則月曜日担当。 2019年5月〜• ()- 原則火曜担当 出演曜日が定まっていないため2014年5月までは、前週土曜日または日曜日に「」で1週間の出演予定が告知されていた。 3人が活動スケジュールの関係で出演できない場合は江藤が担当する。 2016年3月までは11時台のみ出演する場合もあった。 なお、柏木は2011年8月頃から多忙により出演機会が少なくなっている。 2013年9月23日〜2017年3月の間は、お天気担当が5人未満のため、週によって1週間に2〜5回担当するメンバーもいた。 2017年4月からは、0部、午前のみで、柏木・大家・倉持・谷は原則として月 - 水曜日の担当となっている。 2017年4月〜、0部、午前のみ。 - 木・金曜日担当。 2012年3月まで出演してた以来、5年ぶりのAKB48メンバー(OG)以外での担当となる。 2020年春期は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、出演を見合せ、当面は江藤が担当する 過去の出演者 TBSアナウンサー• (アシスタント)• (JNNニュース、報道記者兼任、2011年10月3日から2014年10月3日) - 『』にも出演。 降板後、夕方の『Nスタ・第2部(通称:ニューズアイ)』に移動。 なお、佐古不在時は・・が代行。 (JNNニュース、月 - 水曜日、2010年4月から2014年10月1日) - 「THE NEWS」から続投。 13時台の「JNN NEWS」と兼務。 2014年3月28日までは平日全曜日を担当。 長岡不在時は・が代行。 (JNNニュース、月・火曜日、2014年10月6日から2016年3月22日) - 2006年10月2日から2008年9月28日まで同時間の『』の『JNNニュース』を担当して以来、6年ぶりに復帰。 降板後、夜の『』に移動。 (JNNニュース、木・金曜日、2014年4月3日から2018年9月28日まで) - 13時台の『JNN NEWS』と兼務。 2014年4月から同年9月までは、月曜日に「ひるトク! 」、水曜日に「ひるおびハテナ? 」を担当。 (JNNニュース、木・金曜日、2018年10月4日から2019年5月31日)- 高畑から午前分の担当を引き継ぐ一方で、13時台の『JNN NEWS』には出演しなかった。 駒田の後任扱いで『news23』のサブキャスターへ異動することに伴って降板。 (月・火曜日) - 2010年以降は不定期。 (水 - 金曜日)• (水曜日「ひるおびハテナ? 」担当)• 2019年4月より復帰し、水曜日に「第0部」午前枠を担当。 『グッとラック! 』で「芸能デスク」を担当するため2019年9月25日をもって降板。 小川知子(「THE NEWS」担当) - 2014年4月よりコーナー司会者として再度出演中。 (TBSアナウンサー)- 木曜日「ひるトク! 」担当。 2014年3月28日までは火曜日から金曜日まで担当し、2014年4月から2014年9月までは、火曜日のみ担当し、2014年10月から2016年3月まで金曜のみ担当。 (金曜日『YGP〜山本"G"プロジェクト〜』担当。 2014年3月までは、月曜日から水曜日の「ひるおびハテナ? 」も担当していた。 同年3月31日からは『』に出演することになったが、「YGP-」のみ継続して担当していた。 (水曜日)- 2014年4月から2017年3月まで「ひるおびハテナ? 」担当で2016年3月までは月・金曜を担当。 降板後、月〜木曜日の『Nスタ』に移動。 2019年10月から、当番組の前に放送『グッとラック! 』に出演。 (TBSアナウンサー)- 2010年3月29日から2012年3月30日まではアシスタントを担当。 2014年10月6から2年半ぶりに復帰し、火曜日の「ひるトク!」を担当。 2016年4月から2017年9月までは木曜日の「ひるおびハテナ? 」を担当。 第3子妊娠に伴い降板。 (2017年8月時点月曜日。 出演期間中はTBSアナウンサー)- 番組開始当初より出演。 2009年5月15日までは、「新聞そーなんだ! 」も担当した。 木曜日は「ひるおびハテナ? 」を、月曜日は「ひるトク! 」を担当。 2014年3月28日までは、月曜日に「ひるトク! 」を、金曜日に「ひるおびハテナ? 」を担当。 2014年4月から2014年9月までは、金曜日に「ひるトク! 」を、木曜日に「ひるおびハテナ? 」を担当した。 2016年4月から月曜日に「ひるトク! 」を担当。 2017年4月以降は月曜日担当。 2018年3月、TBS退職に伴い降板。 (TBSアナウンサー)- 2015年4月から木・金曜日「ひるおびハテナ? 」担当。 2016年3月まで水曜を担当。 2017年4月より、木曜日「第0部」午前枠にも出演。 2019年3月をもって、産休に伴い降板。 (出演期間中はTBSアナウンサー)- 2018年4月から火曜日に「第0部」午前枠を担当。 2019年3月、TBS退職に伴い降板。 (出演期間中はTBSアナウンサー)- 2017年4月から火曜日に「第0部」午前枠、金曜日に「ひるおびハテナ? 」を担当。 2017年10月から2018年3月までの産休をはさんで、2018年4月より水・木曜日の「ひるおびハテナ? 」を担当。 2019年3月までは金曜日も担当。 2019年6月で降板した後に、TBSテレビ広報局への異動を経て退職。 コメンテーター• (月曜日:女優・タレント)• (隔週金曜日:毎日新聞論説委員)• (金曜日:タレント) - ゲスト出演していたが2011年1月より2012年3月まではほぼレギュラーで出演していた。 (隔週水曜日:元水泳選手・スポーツコメンテーター)- 開催時にスペシャルコメンテーターとして出演。 以降正規コメンテーターとして出演。 (隔週水曜日:女優)• (隔週木曜日:お笑い芸人) - 2012年ロンドンオリンピック開催時にスペシャルコメンテーターとして出演。 以降正規コメンテーターとして出演。 2013年4月以降は水曜日の新コーナーひるおび不動産のレポーターとして出演していた。 (月1回金曜日:タレント) - 『午後』のみの出演。 (月曜日:。 2010年11月8日 - 2014年3月24日)• (月1回水曜日:女優・タレント) - 2013年3月までは隔週出演。 2013年4月から2014年2月まで最終週のみ出演。 (隔週木曜日:化学者・明治大学名誉教授。 2011年10月27日 - 2014年3月27日)• (隔週金曜日:タレント・漫画家。 2011年4月 - 2014年3月)• (隔週木曜日:元ラグビー選手・教育者)• 内野雅一(火曜日:『』編集長) - 『ピンポン! 』から続投。 山田道子(木曜日:『』編集長)• (水曜日:タレント) - 『ピンポン! 』から続投。 (木曜日:元TBSアナウンサー) - 2014年2月26日に79歳で急逝。 当番組では、翌27日(木曜日)放送分の『午前』冒頭で訃報を伝えた。 (隔週金曜日:政治評論家) - 『』から続投。 (不定期:元TBS報道局解説・専門記者室長) - 2015年12月にTBSを退社し、2016年7月ので初当選。 (不定期:前・前)• (不定期:歌手・タレント) - 『』から続投。 (木曜日:元・・)• (タレント・ミュージシャン、月1レギュラー。 2011年8月 - 2018年3月)• (タレント、2012年3月までは月曜日担当。 2010年9月 - 2020年3月) コーナー担当• (女優・歌手、『ひるコレ! 』担当)• (お笑い芸人、同上)• (タレント、『もうすぐひるおび! 』内『ひるしょぴ! 』担当)• (お笑い芸人、同上)• (フリーアナウンサー、同上)• (タレント・美容家、月曜日「IKKOの美HAPPYクッキング」)• (タレント、火曜日「美的生活おジャマします」) - 『』から続投。 (水曜日『クイズどっちがお得? 』担当、当時TBSアナウンサー)• (・・・・)(おとりよせ47に週代わりで出演)• (経済ジャーナリスト、水曜日「クイズどっちがお得? (タレント、水曜日『ファッションチェック委員会』)• (フリーアナウンサー)• (同上)• (同上)• (同上) 主なコーナー 業界初! 飛び出す新聞バン! 番組開始時から11時台前半は新聞記事を紹介するコーナーである。 2009年7月17日までは「 新聞そーなんだ! 」のタイトルで放送され、12時台にも放送されていた。 コーナー名のとおり、フリップ送出装置から新聞記事を貼ったフリップが画面左手から高速で飛び出してくるのが特徴で、そのフリップを小森谷が右手で止めてから紹介している。 『ピンポン! 』同様に記事に紹介された商品の実物を紹介する「 現物入手! 」を行っている。 2016年10月に時間枠が拡大されてから、コーナー名が使われていない。 ひるトク! 特集コーナー。 トップ項目などその日もっとも注目する話題を独自の取材などで取り上げていく。 最初にVTRで報じた後にボードを中心に使って詳細な内容を紹介していく。 」となった。 また「ひるおびハテナ? 」同様コーナー名が右上に表記される。 最近 [ ]はコーナー名が使われない日も少なくない。 ひるおびハテナ? 番組開始時からのコーナーであり、政治や経済・社会問題など疑問に感じる一つのテーマを取り上げ、3人の当事者やエキスパートへのインタビューを交えて掘り下げていく。 『ピンポン! 』でも同様の企画を放送。 コーナーの名物として、フリップ送出装置が使用されている。 2012年頃からは「3人に聞きました」の名称がなくなり、事実上「ひるトク! 」のおまけ版という扱いになっている。 また、最近 [ ]はコーナー名がほとんど使われない。 八代英輝の解決! ジャッジマン 木曜日に放送。 2016年に入り、時事ネタ等に絡んだ放送をしている、放送しない週も少なくない。 (13時台) 報道フロアまたは『ひるおび! 』のスタジオから伝える。 テロップ類は通常のJNN NEWSに準拠しているが、2010年度からは名前テロップがひるおび! 仕様となった。 過去のコーナー• 常識クイズ! どっちがホント? 2015年ごろまで火曜日に放送。 そのスジのイチ番人気! 水曜日に放送。 その後に1つ別のコーナーがあったが、2015年頃から水曜日のコーナーが無くなっている。 不祥事・本番組に対する批判• 2017年7月3日、2016年8月にのがのと挨拶時に川井が握手を拒否したと報じたが、実際に握手が拒否されたのは写真撮影の時であったため撤回した。 テーマ曲 オープニング・番組テーマ曲• 番組開始 - 2009年7月17日 - 「Heath Wind」• 2009年7月20日 - 現在 - コーニッシュ「play Heath Wind」 同じテーマ曲をCM前後のジングルに使用しているが、深刻かつ重大な出来事が発生した際には、別な音源を使用する場合がある。 歴代エンディング曲 2009年• 4月期 「愛のタネ」• 5月期 「愛の歌」• 6月期 「わすれない〜約束〜」• 7月期 「幸せな日」• 8月期 「心の旅(ver. 2009)」• 9月期 「」• 10月期 「エデンの雨」• 11月期 「つないでfeat. 12月期 「」 2010年• 1月期 with 「」• 2月期 「素顔のきみへ」• 3月期 「」• 4月期 「0時前のツンデレラ 〜Piano Ver. 5月期 「春よ来い」• 6月期 「IT'S ALL RIGHT」• 7月期 「夢への地図」• 8月期 「 feat. 10月期 「HOME」• 11月期 「やさしさを考えてみる」• 12月期 「MEMORIES」 2011年• 1月期 「涙が止まらない」• 2月期 「ふるさとの木の下で」(2月14日放送分から)• (3月14日から6月30日までは、()報道により、エンディング曲は自粛)• 7月期 「The Road」• 8月期 ザ・ジェイド「リヴァイブ」• 9月期 「おかえりがおまもり」• 10月期 「日本は一つ 地球も一つ」• 11月期 「」• 12月期 「蛍」 2012年• 1月期 「」• 2月期 「You make me blue」• 3月期 「」• 4月期 「カシオペア」• 5月期 「」• 6月期 「なんかいいこと」• 7月期 「」• 8月期 「歩幅」• 9月期 スターダストレビュー「晴れのち雨時々曇り」• 10月期 「MESSAGE」• 11月期 「」• 12月期 リュ・シウォン「Season〜君がいる景色の中で〜」 2013年• 1月期 山本雅也「Power of Friends」• 2月期 「セレナーデ」• 3月期 「」• 4月期 「Fly to the Rainbow」• 5月期 「ANSWER」• 6月期 「」• 7月期 DEEP「」• 8月期 「二人の時間。。 feat. TSUGUMI from SOULHEAD)」• 9月期 東方神起「Disvelocity」• 10月期 「雪もよう」• 11月期 「DanDanでいいよ」• 12月期 「希望の歌~交響曲第九番~」 2014年• 1月期 「BEST FRIEND」• 2月期 「」• 3月期 東方神起「Good Days」• 4月期 「ENDLESSLY」• 5月期 「ファンファーレ」• 6月期 ベリーグッドマン「コンパス」• 7月期 「」• 8月期 スターダストレビュー「この恋なくしての恋なんて恋じゃない」• 9月期 「心配症な彼女」• 10月期 「ギフト」• 11月期 DEEP「ラスト・グッバイ」• 12月期 東方神起「Believe in U」 2015年• 1月期 ベリーグッドマン「冬が終わる頃に」• 2月期 「虹色のアーチ」• 3月期 「Your Number」• 4月期 「いまさらサーフサイド」• 5月期 「24時間」• 6月期 木村竜蔵「落蕾~ラクライ~」• 7月期 「music」• 8月期 「Brand New Day」• 9月期 「愛の詩」• 10月期 「はじめての笑顔」• 11月期 「Luz」• 12月期 藤澤ノリマサ「Brand New Day」 2016年• 1月期 「Brand-New Day」• 2月期 「愛はいつも偶然じゃない」• 3月期 「サクラ」• 4月期 「ゆらぎの月」• 5月期 ZYUN「かげおくり」• 6月期 「ミラーボール」• 7月期 「With You ~10年、20年経っても~」• 8月期 藤澤ノリマサ「何でもいいのさ~to tell you the truth~」• 9月期 「Backstage」• 10月期 「泣いたロザリオ」• 11月期 「」• 12月期 「everlasting snow」 2017年• 1月期 「絶対的幸福論」• 2月期 「僕のまじめなラブコメディー」• 3月期 「ゴールはみえた」• 4月期 「」• 5月期 「Here I Stand」• 6月期 「」• 7月期 「バトン」• 8月期 「メロディー」• 9月期 「」• 10月期 「月になる」• 11月期 「街路樹」• 12月期 「また逢う日まで」 2018年• 1月期 「Jazzclub」• 2月期 「Good Time」• 3月期 JUJU「あなたがくれたもの」• 4月期 「一人じゃない」• 5月期 「Horololo」• 6月期 「Keep in touch」• 7月期 「たった一度の歌」バンド with 農業合唱団ナレッジ��ステープル・シンガーズ「永遠の川」• 8月期 「マリンスノーの花束を」• 9月期 須澤紀信「はんぶんこ」• 10月期 「TOKYO WONDER GIRL」• 11月期 「」• 12月期 「Suddenly」 2019年• 1月期 「CHU-LIP」• 2月期 AK-69「THE RED MAGIC BEYOND」• 3月期 鈴木雅之「愛のFunky Flag」• 4月期 「」• 5月期 「限りなき挑戦 -OPEN GATE-」• 6月期 「」• 7月期 「決意」• 8月期 「FOR THE WORLD」• 9月期 「THIS IS LOVE」• 10月期 アリス「DAY BREAKER -解放-」• 11月期 「Tears」• 12月期 デーモン閣下「」 2020年• 1月期 w-inds. 「DoU」• 2月期 キム・ヒョンジュン「月と太陽と君の歌」• 3月期 「Again」• 4月期 「Dear My Friend」• 5月期 「君を求めて」• 6月期 「Other Views」 スタッフ• 監修:刑部志保• オープニング曲:コーニッシュ「play Heath Wind」• エンディング曲:マルシア「エデンの雨」• TM:小澤義春、金澤健一• TD:望月 隆、伊東 修、橋場照幸、斉藤哲也、山田賢司、藤田栄治、宮崎慶太、井上久徳、上村信夫、中野 啓、川俣 充• VE:姫野雅美、佐藤公幸、鈴木昭平、對間敏文、野上正樹、高橋康弘、荒井秀訓、平子勝隆、粂川高広、宇都宮勝、平井郁雄、宮本民雄、菅沼智博• カメラ:中島文章、荻野祐也、斉藤哲也、井上久徳、廣岡達之、橋場照幸、北林良一、水崎雄太、江浦友樹、大政則智• 音声:森和 哉、角田彰久、山﨑和敏、樋口晋作、朝日拓郎、宇野仁美、浜崎 健、渡邊 学、小岩英樹、山羽 稔、田中信孝、稲津貴之、小沢冬平、鈴木誠司• 照明:小尾浩幸、夏井茂之、大村泰一、紺野淳一、矢作和彦、床井弘一、永田泰二、出村紗紅、篠原秀樹、西彩 乃、鈴木英敬、半田 圭• 美術プロデューサー:中嶋美津夫• 美術デザイン:古川雅之、宇野宏美• 美術制作:宮本 旭• 大道具:岡野浩典• 装置:胡子忠志、桜井和則• メカシステム:庄子泰広• 電飾:金坂雅之• 植木:猿山利昭• 花装飾:儀同博子• 化粧:菱沼佳子• 編成:中谷弥生、杉本 篤、岡野 保、曺琴 袖• TK:岸田純子、葛貫朋子、伊藤佳加、三浦涼子、飛田亜也、鈴木裕恵• AP:小池由起、吉澤由美子、神在綾香、船原とも子• デスク:若菜絵美• 公開:齋藤絵里子• フロアディレクター:近野裕樹、山下智之、池田圭祐、羽賀理博• サブチーフ:古場裕之、遠藤 了、萩原亮太郎、相楽充広、土橋禎久、嶋瀬暁弓、森下智己、植松直子• 企画チーフ:菅野朋彦、秋山一彦、鈴木哲也、阪本千歳、長野 超• コーナーチーフ:佐藤剛一、三杉雪江• チーフディレクター:石田 武、木村幸一、前嶌浩幸、吉田宏昌、竹本勝和、福田滋固、木下太志、藍澤和広• プロデューサー:寺沢俊哉、増山 賢、白石 学、佐々木圭一、富岡裕一、山脇伸介、進東泰典、福島諒子、東出 諭、山脇伸介、吉田映一郎、中野匡人、武井達明、疋田 智、荒牧克久、佐藤朋子、岡崎吉弘、寺田裕紀、中山佳子、王堂健一、真下 淳、西岡浩太郎、山根孝之• 報道プロデューサー:佐藤夏実• 制作プロデューサー:松添美徳、志賀 順• 製作著作:TBS 脚注 [] 関連項目• (金曜版13時台の位置付けだったが、2010年4月からは独立番組となった)• (金曜版14時台の位置付け。 2010年3月終了)• (CBCテレビ制作。 2015年3月30日からTBSテレビのネット受け開始に伴い、本番組の兄弟番組として扱われる)• (同じスタジオを使用している) 外部リンク• - 番組公式サイト•

次の

価格.com

宇内 梨沙 ひる おび

,ORICON STYLE,2016年8月31日• スポーツニッポン. 2016年8月31日. 2016年8月31日閲覧。 ただし、最終回のエンディングでは最初の半年間を切り離し「2年半ありがとうございました」と表現されていた。 一例として、2017年3月23日放送分は『ひるおび! ・拡大』(9:55 - 10:25)のため、同月27日3:30 - 3:50(26日深夜)に臨時枠移動。 結果、同月27日は早朝(臨時枠移動分)と昼前(当初予定通り)の2回放送した。 本来の放送時間帯には(枠移動前の)自社制作番組『』(月曜 - 金曜9:55 - 10:50)を放送していた。 TBSテレビで2016年11月22日放送分が()関連の報道特別番組放送のため、急遽休止となった(参考: 2016年11月27日, at the. TBSテレビ 番組公式ホームページ 2016年11月27日閲覧。 ・ 長崎放送 2016年11月27日閲覧。

次の

2016年07月13日のテレビ番組表(和歌山・地上波2)

宇内 梨沙 ひる おび

Content• TBSの番組を見ていて、 「江藤愛アナって誰?めちゃくちゃかわいい!」 「江藤愛アナの画像がもっと見たい!」 「江藤愛アナって結婚してるの?」 といったことが気になって検索する人が増えています! それもそのはず。 こんなかわいい女子アナ見たら気になっちゃいますよね。 江藤愛アナは2009年TBS入社の女子アナで、いまや様々な番組に引っ張りだこのエースアナウンサーとなっています。 スタイル抜群で笑顔が最高にかわいいと視聴者を魅了していますよね。 そこでこのページではそんな江藤愛アナについて、管理人が厳選したかわいい画像とともに、江藤愛アナの気になるカップや身長などについて紹介します! これはちょっと反則・・・ もう書いてるだけで惚れそうです(笑) 現在は主にひるおび!に出演していて、その他にも報道やバラエティ問わずたくさんの番組に出演しています。 TBS上層部もほんと助かってるでしょうね。 これだけ好感度の高いアナウンサーはめずらしいです。 あまり目立ってないんですが、隠れファンはかなりの数がいるようです。 しかもなんとなく江藤愛アナの系統の美人顔はどちらかというとぽっちゃり系の人が多いんですが、かなりスタイルがいいんですよ。 どうですか? めちゃくちゃスタイルいいですよね。 この顔でこのスタイルはほんと反則ですよ・・・ しかもまだ結婚しておらず、独身なんです。 まだまだ仕事の方が楽しいのかもしれませんね。 確かに番組を見てると笑顔が多くてほんとに癒されます。 趣味はパン作りで自宅でもよく作っているそうです。 イメージにピッタリですよね。 好きな食べ物は鰻、焼き芋、ソフトクリームと語っています。 今後の活躍に期待ですね! 江藤愛アナの経歴は? 江藤愛アナは大分県の出身です。 高校は地元の大分県立日田高等学校で、高校生までは地元の大分で暮らしていました。 そして大学は青山学院大学で、大学生から東京に上京しています。 これだけの美人ですから、学内でも目立っていたでしょうね。 その証拠に美人が多いと評判の青山学院大学のミスコンで準ミスに輝いた経歴を持っています。 ミス青山はミス慶應と並んで女子アナの登竜門となっていますね。 この頃から本気で女子アナを目指すようになります。 元々中学生のころから当時人気だったフジテレビの木佐彩子アナの笑顔に毎日励まされていたためアナウンサーに興味を持っていたようです。 木佐アナは青学の先輩にあたりますしね。 日テレ学院のアナウンスコースやTBSのアナウンススクールにも通っていました。 同期の田中みなみアナとはこの頃からの仲らしいですね。 大学も学部も学科、さらにゼミまで一緒のようですよ。 そして2009年に念願かなってTBSに入社します。 その後は持ち前の笑顔と度胸で順調に経験を積んでいきます。 現在はお昼の情報番組である「ひるおび!」などに出演して人気となっています。 いまやTBSのエースアナウンサーとなりましたね。 今後もさらに活躍してくれるでしょう。 江藤愛アナの出演番組情報 TV-.

次の