抗 が ん 剤 治療 コロナ。 【新型コロナウイルス、治療薬、抗血清、モノクローナル抗体治療薬、アビガン...

新型コロナの有望薬「アビガン」「レムデシビル」ってどんな薬?:日経ビジネス電子版

抗 が ん 剤 治療 コロナ

中国・武漢の赤十字病院で治療を受ける男性(写真/AFP=時事) 新型コロナウイルスの感染で持病の有無が重症化するかのカギを握っていることを示唆するデータがある。 WHOと中国を含む25か国の専門家が2月25日付でまとめた報告によれば、中国での新型コロナウイルス感染者のうち、併存疾患がない人で死亡したのは1. 4%にとどまった一方で、心・血管系疾患のある感染者では13. 2%が、糖尿病を抱える感染者では9. 2%が死亡していた。 さらにそれに続いて、高血圧を患っている感染者では8. 4%が死に至っていたのだ。 こうした持病とともに注意しなくてはならないのが、服用している「薬」の影響である。 重症化リスクが指摘される「免疫抑制薬」は、その名の通り免疫を抑制する薬で、手術後に身体が免疫反応で炎症を起こすことなどを防ぐ。 銀座薬局代表薬剤師の長澤育弘氏が解説する。 「免疫とは、人間の体内に侵入するウイルスなどの異物に抵抗し、生命活動を維持する働きのことです。 ウイルスに感染した人が免疫抑制薬を服用していると、体内で増殖するウイルスを抑制する働きが低下するため、結果としてウイルスが増えて重症化する可能性があります」 免疫を抑制するはたらきを持つ薬は、幅広い疾患に対して処方されることがある。 「骨折などで強めの炎症が生じた場合や、痛風やリウマチを患った人が痛み止めとして飲むことの多いステロイド(プレドニゾロンなど)には、免疫を抑制する効果があります」(長澤氏) もうひとつ重症化リスクが指摘されているのが「抗がん剤」だ。

次の

新型コロナウイルス-がん患者が知っておくべきこと【NCI編】

抗 が ん 剤 治療 コロナ

4円(1錠) 「アビガン」は、抗インフルエンザウイルス薬。 富士フイルムホールディングス傘下の富士フイルム富山化学が開発し、2014年に製造・販売の承認を得た。 ただし、国が新型インフルエンザの流行に備えて備蓄する特殊な治療薬で、一般に流通はしていない。 国は現時点で200万人分の備蓄を持ち、「タミフル」など既存のインフルエンザ治療薬が効かないような新型インフルエンザウイルスが流行した時に、初めて国がアビガンの投与開始を検討する。 流通していないため、薬価も設定されていない。 なぜ、このインフルエンザ治療薬が、新型コロナウイルスに対して有効だと考えられているのか。 インフルエンザウイルスは、(1)人の粘膜に吸着して細胞内に侵入し、自身の膜を破って細胞中にウイルスの設計図であるRNA(リボ核酸)を放出する。 これを「脱殻」という。 (2)放出されたRNAが、細胞内でさらにウイルスを生む。 これを「複製」という。 (3)そのウイルスが酵素の力を借りて細胞の外に出る。 これを「遊離」という。 これらのどの段階を阻止するかで、薬の種類が異なる。 このうちアビガンは、「複製」を助ける「ポリメラーゼ」と呼ばれる酵素の力を阻害する「RNAポリメラーゼ阻害薬」。 新型コロナウイルスもRNAの複製によって増殖するため、同様の阻害効果が期待されているわけだ。 厚労省によれば、2つの医療機関で投与の具体的な準備に入り、うち1つの機関で22日から投与を開始した。 アビガンのメリットは、条件付きではあるが国の承認が既に得られている点だ。 効果が確認され、新型コロナウイルスに対する承認が得られれば、すぐにでも投与が可能になる。 富士フイルムホールディングスは「アビガンの増産に関する検討要請が政府から来ているのは事実。 現在、検討中だ」としている。 ただし、アビガンは胎児に副作用があるため、妊婦には使用できない。

次の

【最新】がん治療とコロナウイルス対策

抗 が ん 剤 治療 コロナ

「Getty Images」より 新型コロナウイルスに感染した場合、症状緩和にはどんな薬がいいのか。 最近では、新型インフルエンザ治療薬「アビガン錠」や、エボラ出血熱への候補薬である抗ウイルス薬「レムデシビル」などの投与試験が始まり、急性膵炎の治療薬「フサン」の効果も研究が進みつつある。 2月17日には、中国政府機関の一部門である中国国家中医薬管理局は、新型コロナ対策として中医薬の「清肺排毒湯」が効果的だと発表した。 中医薬とは、いわゆる漢方薬である。 すでにインフルエンザ治療での「麻黄湯」などがよく知られているように、感染症に対する漢方薬の可能性が注目されている。 感染症の特効薬がないときに、どう乗り切るか 東京・渋谷にある漢方外来を専門とする金王坂クリニックでは、このほどインフルエンザや新型コロナウイルスなどを視野に入れた「免疫強化外来」を始めた。 西大條文一院長は、これまでのインフルエンザ、ノロウイルス治療の経験をもとに、細菌学・免疫学の知識と漢方医学の知見を融合させ、自己免疫力を増強する漢方薬を中心に、症状に応じて西洋薬も組み合わせ、治療法の確立されていない未知の感染症への処方を実践するという。 新型感染症の特効薬の入手ができない場合に、どのような対応ができるのか。 西大條院長には、こんな経験があるという。 「私が老健施設の施設長をしていた時、入居者に感染症のような症状が出たことがありました。 ノロウイルス様の嘔吐や下痢も頻発していました。 数日間の休日が続き、血液検査もインフルエンザの迅速検査もできない。 抗インフルエンザ薬のタミフルもなく、薬も限られている状態下で、施設内での感染爆発は絶対に防がなければならない。 こういった状況で漢方薬をうまく併用して、一切の感染を出さずに乗り切った経験が何度かあります」 具体的には、どんな漢方薬を使うのだろうか。 「たとえば、気を補う補気剤として有名な補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、六君子湯(りっくんしとう)などは貧血、食欲不振、疲労倦怠など慢性疾患による体力低下に使用されますが、補気剤は免疫賦活作用を有していて、種々の病態の改善に効果があると考えられています。 そもそも漢方薬には、症状だけでなく、年齢、性別、体型、体質、ライフスタイルに従って、数百種類の処方がありますが、診察のなかで、一人ひとりにもっとも適した処方を組み立てていきます。 何より、自己免疫力の増強をはかることこそ、感染症に打ち勝つための大きな目的です」(西大條院長) 西洋薬では、「エリスロマイシン」など14員環系の抗生剤、「ビオフェルミンR」などの整腸剤に「ムコソルバン」「ムコダイン」などの去痰剤などを加える。 さらに、解熱が必要な場合は「アセトアミノフェン」その他の解熱剤を処方するという。

次の