お年玉 切手シート。 お年玉切手シートの使い途は?

お年玉切手シートの使い途は?

お年玉 切手シート

お年玉切手シートは、お年玉年賀状の景品でもらえる年賀切手の小型シートです。 昭和25年から現在まで発行されており、お年玉切手シートは景品としてもらうことができますが、当選確率が非常に高いためお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そんなお年玉切手シートは、古ければ古いほど価値が高くなり、買取価格も上昇します。 そこで本記事では、これまでに発行されたお年玉切手シートの買取相場を詳しく紹介していきます。 お年玉切手シートの価値<一覧> 昭和25年お年玉切手シート 応挙の虎 の価値 買取相場(1枚) 〜5,000円 買取相場(5枚シート) ~5万円 額面価格 2円 発行年数 1950年 応挙の虎切手(5枚綴り)は発行枚数が約90万枚弱と少なく非売品ということもあり、 最大で5万円ほどで買取してもらうことが可能です。 また5枚綴りでなく、1枚だけでも価値が高く、最大で5,000円ほどで買取してもらうことができます。 切手の状態によって買取価格は変わりますので丁寧に保管し、5枚綴り切手の場合は絶対に切り離さないようにしましょう! お持ちの円山応挙の虎切手の買取価格が気になった方は、下記より無料査定してもらうことをおすすめします。 買取価格 昭和35年 〜1,000円 昭和36年〜昭和40年 〜1,000円 昭和40年〜昭和64年 〜500円 平成元年〜平成15年 〜500円 平成16年〜平成31年 〜500円 ここまでお年玉切手シートの買取相場について詳しく説明してきました。 お年玉切手シートは、昭和34年以前に発行された切手シートであれば高額買取が期待できます。 日本で初めて発行されたお年玉切手シートである「応挙の虎」は、最も価値の高いお年玉切手シートで、美品であれば5万円ほどでの買取が期待できます。 そのほかにも、「少女と兎」、「三春駒」、「だるま」など高額で買取が期待できる切手シートはたくさんあります。 また、本記事で紹介した買取相場はあくまでも相場であってお持ちのお年玉切手シートの状態によってはさらに高値での買取も期待できます。 もしお持ちのお年玉切手シートの買取価格が気になる方は、ぜひ一度無料査定してもらうことをおすすめします。 ・人気すぎて、土日など予約が取ることが難しい おすすめ理由:お年玉切手シートの買取価格の高さが業界No. 1 バイセルは切手の買取価格の高さが業界No. 1で、非常に高値で買取をしてもらえます。 月間20,000件の買取実績から生まれる鑑識眼で、お年玉切手シート本来の価値をより正確に査定してもらうことが可能です。 買取価格以外にサービス内容など全てにおいて日本トップレベルの実績があるからこそ、 バイセルは安心して査定依頼できる業者です。 お年玉切手シートの買取をお考え中の方へ お年玉切手シートの買取相場を詳しく紹介しましたが、額面価格以上で買取が期待できる切手です。 お年玉切手シートの買取を希望する方は、ぜひいますぐ買取してもらうことをおすすめします。 切手コレクターの減少によって、今後買取相場が減少すること可能性もあります。 さらには、切手の汚れ、折れ等で買取価格は大幅に下がってしまいます。 そうならないように、お年玉切手シートをお持ちの方はいますぐ買取してもらいましょう。 汚れ・傷が目立つし価値なんてないだろう・・・• どうせ高い値段なんてつかないし、査定に出すのは面倒・・・• こんな1枚の切手のために買取に来てもらうのは迷惑・・・ 確かにこのような不安を抱くもの分かります。 しかし、買取相場や先ほど紹介した高値のつく条件は一例であって、実際査定してもらうと相場以上の価値があるなんてこともあります。 私自身、「最初は価値がなさそうな切手1枚のためにと…」、査定依頼するのをためらっていましたが、無料で査定依頼できるとのことでダメもとで依頼しました。 実際依頼してみると、たった1枚の切手が100万円で買取してもらえた経験があります。 ネットに書かれている相場などを全て信じるのではなく、あなた自身で価値を確かめるべきです。 もし今、買取依頼をするか迷っているのであれば、無料で査定してくれるのでぜひ査定依頼してみてください。 査定から買取まで一切費用はかかりませんし、もし買取額に満足できなければ、キャンセルすれば良いだけです。 もちろんキャンセル料もかかりません。 是非バイセルに、査定依頼してみてください!.

次の

お年玉切手シートの使い途は?

お年玉 切手シート

こんにちは、Dr. なんくるないさーです。 皆さんは2018年の年賀状、お年玉くじは当選しましたか? 僕は、3等の切手シートが数枚当たりました。 今回は郵便局に行ったついでに交換したのですが、今時の切手シートってこんなにオシャレで可愛いの?って思ったので紹介したいと思います。 2018年戌年の切手シートのデザインはこちら。 62円切手がチワワで、82円切手はシェパード的なやつです。 こんなに可愛いと使わないでシートごと取っておきたくなりますね。 数年前まではいかにも切手って感じのデザインだったけど、年々デザイン性が高くなっていってる気がします。 ちなみに星山理佳さんという切手デザイナーの方が書かれた作品みたいです。 この星山理佳さんは、昨年の酉年の切手もデザインしていて、実は今年の切手シートの背景に移っている鳥の絵は昨年の切手なんですよ。 気付いた人もいるかもしれませんが、切手の下の方の切り取り線がリボンの形になってます。 細かいところまで凝っていてすごい! 来年のお年玉くじの切手シートも楽しみだわ。 2018年の切手シートは、とても可愛いデザインだったので来年の亥(いのしし)の切手シートも楽しみです。 最近はシールタイプの記念切手とかも沢山種類があるみたいで、久々に郵便局に行ったら何だか楽しめました。 最後まで読んで頂いてありがとうございます。

次の

【楽天市場】日本の切手 > 年賀切手 > お年玉小型シート:大和文庫・楽天市場支店

お年玉 切手シート

お年玉記念切手シートはいくらの価値? お年玉の3等である切手シートは切手が2枚台紙に貼ったものです。 金額的には、52円切手と82円切手が1枚ずつ貼ってあるシートなので、金額は 134円です。 これを金券ショップで売るとなるとだいたい、買取価格は 92円程度になります。 切手シート一枚では、このような金額ですが、お年玉切手シートは約3割りの確率で当たるとも言われているので、10枚、20枚となればいい金額になってきます。 さらに切手の魅力としては、今は現実的な金額ですが、しばらく保存しておいて価値があるるのを待つ。 いわゆるプレミアム化を待つ方法もあります。 お年玉記念切手シート価値もさまざま ところで、 お年玉記念切手は年賀状に使う特殊切手として存在しているので、日本での お年玉記念切手は1935年12月1日に発行されたものが第一号になります。 このお年玉記念切手は世界遺産登録が行われた富士山が描けている、朱色の額面1銭5厘切手で、現代のように小型シートはなく、1シート20枚構成になっています。 この切手がいったい、いくらで売れるのか?知りたい時に便利なのが、毎年発行が行われている 切手カタログです。 切手カタログには過去に発行が行われた日本切手すべてが収録されており、カタログには 売る時や買う時の目安になる金額が記載してあります。 切手は、ハガキや封書に貼り付けて利用することになるものですが、郵便局で受け付けを行うと消印を捺印します。 記念切手には消印! 捺印されたものは使用済みの取り扱いになるわけですが、小型シートや通常シートなどの場合、 消印があると価値が高くなる特徴を持ちます。 この場合の消印は使用済みと言う意味での捺印ではなく、郵便局の窓口で購入した時の日付をスタンプして貰うものです。 日本初のお年玉記念切手の場合、単品での価格は 5,000円、これの使用済みは60円程度にしかなりませんが、シート状態では 18万円、消印が行われている場合には 19万円もの価値になるなど、切手カタログを見ることで分かります。 もちろん、お店の鑑定士が切手の状態などを加味して買い取り価格を決めることになりますが、価値が下がっていると言っても、高価な値段で売ることが出来るものもあるのでまずは査定を利用するのがお勧めです。 お年玉記念切手シートはいくらの価値?まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、 お年玉記念切手シートはいくらの価値?について紹介してきました。 お年玉切手シートは、すぐに現金化してしまうと、買取価格は 92円程度 になりますが、もしかしてプレミアム化すれは・・・と切手は古いものでも一気に価値が上がるので夢があります。 時に近年は東京オリンピック関係の限定切手も発売予定なので、そのような記念、限定切手の価値は後々になってから大きく変動するのが楽しみですね。 この情報があなたのお役に立てれば幸いです。 カテゴリー• 257• 114• 163•

次の