ダーク サイダーズ ジェネシス。 DARK SIDERS GENESIS [ダークサイダーズ ジェネシス]

『Darksiders Genesis』銃と剣ですべてのものをなぎ倒すアクションアドベンチャーRPGのPS4版が2月21日に発売決定!

ダーク サイダーズ ジェネシス

ダークサイダーズジェネシスについて語るメンバー紹介 私 管理人 1979年生まれ 男性 既婚(娘5歳) 趣味:ゲーム、楽器 職業:企画職 好きなゲーム:JRPG全般、レトロゲーム等、メジャー寄りのややミーハー気質 プレイ中のゲームはSwitch版ペルソナ5スクランブルと、刀神。 ダークサイダーズシリーズは、洋物パッケージの抵抗感から未プレイ。 もちろん洋ゲーやりまくってますが、海外のゲームは大味だよねという考えが奥底に眠る古いタイプの人なのかもしれませんね、私って。 まよねーずプロフィール 1983年生まれ 男性 未婚 趣味:ゲーム、音楽 職業:WEB広告制作会社勤務 好きなゲーム:メトロイドヴァニア系を中心にメジャーインディージャンルも問わない雑食プレイヤー メジャーからインディーまで幅広くプレイ。 得意ジャンルはメトロイドヴァニア。 シリーズ新作のダークサイダーズジェネシスについて、乾燥を聞いてみました。 並行してプレイ中のゲームはSwitchのメトロイドヴァニア「3000th duel」と、同じくメトロイドヴァニアの「ダンダラ」。 全国的なウイルス対策の影響でテレワーク中。 ゲームの誘惑と戦いながらリモートワーク。 注意、ダークサイダーズジェネシスはハクスラ系RPGにあらず! 私「どうでしたか?ダークサイダーズジェネシス」 まよねーず 以下「ま」 「3 ダークサイダーズ が中途半端過ぎて心折れそうになりながらもクリアしてやっとこさ始めた感じだったんですが、3より全然おもしろいです」 私「2とどっちが面白かったですか??」 ま「自分は2ですね」 私「そこは超えられないか」 ま「2を超えられないのは、多分開発が違うのもあるのかなと。 一応GUNFIREも関わってるんですけど、Airship Syndicateっていう開発がメインで作っていて。 作りはすごく丁寧なんですけど、ディアブロタイプだから非常に見辛くて…。 あと、ステージクリア型になったのもあって、物足りなく感じちゃうっていうのがありますね。 2は何となくオープンワールドみたいな所があったので」 私「ディアブロと比べるとどうですか??」 ま「そもそもハクスラではないので。 見た目はディアブロで中身は従来通りというか」 私「ハクスラ要素無いんですね!前に けど。 確かにハクスラについては全然言われていなかったかも。 でも敵はワラワラ出てきてバッサバッサ倒していく感じですか?」 ま「敵もそこまでワラワラ出てこないです。 DMCみたいに決まった場所で出現して、バッサバッサ倒す感じです」 私「イメージと全然違ったかも。 もうあの見下ろし視点見るとついディアブロを想像してしまう…」 ま「確かにそうなんですよね。 あの視点って、絶対ハクスラじゃないですか(笑)ハクスラの定義自体がこれまた曖昧なのであるにはあるんですが、レア度の高い装備を取ったり…っていうトレハン要素はないですね」 私「ちょっと前にHow to surviveとかっていう見下ろし型アクションのゾンビゲーがあったんですけど、そんな感じなのかしら。 他に似たゲームってありますか?」 ま「見た目は見下ろし型なんで、ディアブロとかHow to…とかなんですけど、ゲーム自体はアクションなんで、DMCとか、昔のゴッドオブウォーに似てます」 私「確かに昔のGOWって見下ろし視点だったかも」 ダークサイダーズジェネシスの難易度はそこまでシビアではない。 ローカルマルチプレイが楽しい! 私「難易度はどうでしたか?カジュアルなプレイヤーでも楽しめるのだろうか」 ま「全然高くないです、むしろ易しい方だと思います。 3がダークソウルでいうパリィ前提のつくりだったのに比べれば全然良心的です」 私「それこそGOWとかDMCに比べても簡単…?」 ま「そうですね。 自分のプレイ感覚もあるにはあるんですが、シリーズ内でも簡単な方じゃないかと」 私「パリィ前提はマジきつかったですからね」 ま「ダークソウルはまだマシなんですけど、ダークサイダーズ3は最悪でした。 3からはパリィ避けみたいな機能が入って、雑魚だろとボスだろうと火力高くて、だからパリィしないと全然勝てないんですよ。 シリーズ3作目にしてやらかしちゃったなぁ、ってホント思いました。 ジェネシスはそういう無駄な機能はないし、1人で難しければマルチでやれば良いので全然大丈夫ですよ!ただちょっと視点が斜め見下ろしなのもあって高低差が分かりづらいですね。 よくジャンプして柱に掴まろうとして失敗します…」 私「そうだった、マルチプレイは良いですよね。 マルチって野良プレイヤーともできるんでしたっけ?」 ま「フレンドのみできる感じなんで、ギスギスしたのまったくなしです!ローカルマルチもできるみたいです」 私「あー、ローカルマルチは絶対楽しいわ」 ま「あくまでも協力プレイなんで、問題ないかなと思います」 ダークサイダーズジェネシスの楽しさ、システムの魅力は? ま「シリーズの中で1番キャラのカスタマイズができるゲームだと思いますね。 クリーチャーコアっていうシステムなんですけど、敵を倒すと敵の顔が書いてあるアイテム手に入る事があって、それを使うことでキャラクターを強化できるんです。 強化画面はスキルツリーみたいになってて、そこにコアをあてがっていく、みたいな感じです」 コアは何回も取得できるんで、持ってる数だけそのモンスターのコアが強くなる、みたいな仕組みです」 私「面白そう!」 ま「だから強化要素はシリーズで1番楽しいです。 ちゃんと構成考えたりできるんで」 私「ツリー状になっているということは、たとえばメタルスライムのコアを取る前にはぐれメタルのコアを取ってしまったら、はぐれメタルのコアは使う(装備?)することができない、みたいな感じなのかしら…?」 ま「ボスから獲得できるメインコアは付けられる場所が決まってたりするんですけど、他はそういう制限ないです!ただ数珠繋ぎになってないと強化が発動しなかったりします。 数珠繋ぎは別として、数増やせばその分強くなるみたいな感じか。 装備できるコアのスロットに上限とかあるんですか??」 ま「一応それで全部ですね。 付けられる数はこれが最大かと。 スロットが増えたりもなさそうです」 私「てことは増やせば増やしただけメキメキ強くなっていくわけか、凄く良い!」 ま「ですです」 私「そして鍛えれば俺tueeプレイも可能…!?」 ま「いけると思います!」 私「最高ですね、買ってしまいそうだ。 経験値&レベルの概念ってありましたっけ??」 ま「経験値とレベルはないんですけど、その代わりにクリーチャーコアがあるって感じです。 全体的にどのシリーズよりも丁寧な作りをしてるな、って思います。 280ビュー• 189ビュー• 156ビュー• 146ビュー• 134ビュー• 131ビュー• 126ビュー• 120ビュー• 114ビュー• 107ビュー• 104ビュー• 101ビュー• 95ビュー• 89ビュー• 89ビュー 【通りすがりのゲーマーさんたちのコメント】• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に Inteli7PC より• に ゲーマー より• に ゲームを隠された人 より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より• に 通りすがりのゲーマーさん より 【カテゴリー】•

次の

日本語PS4版「Darksiders Genesis」の発売日が2020年2月21日に決定、ストライフとウォーの共闘を描くハクスラスピンオフ « doope! 国内外のゲーム情報サイト

ダーク サイダーズ ジェネシス

ついに登場する「黙示録の四騎士」の最後の騎士「ストライフ」。 同じ四騎士が一人「ウォー」と共に、悪魔と天使、そしてすべてのものを銃と剣でなぎ倒し、地獄へと冒険する。 また、本作ではシリーズで初となる「2人協力プレイモード」を実装。 『Darksiders』シリーズ第一作目よりも以前に起きた出来事をたどる前日譚で、四騎士「ストライフ」の活躍を追う。 Developed by Airship Syndicate. All rights reserved. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

『Darksiders Genesis』は今までと見た目は変わっても『Darksiders』としての魅力がそこにある!【PCゲームレビュー】

ダーク サイダーズ ジェネシス

THQ Nordicが3Dとして作品を展開している『Darksiders』シリーズ。 今作はナンバリングではないものの、1作目の前日談として描かれる作品なので、シリーズファンだけでなく今作から興味を持った人でもぜひチェックしてみてほしい。 ゲームジャンルとしてもトップダウンビューのライクな3Dとなり、シリーズ初の二人協力プレイが実装されている。 PC版が先行して2019年12月6日に発売されていたが、国内ではNintendo Switch版(2020年2月14日発売)とPlayStation 4版(2月21日発売)もリリース。 調和を司る四騎士のなかで唯一、どんな活躍をしていたか詳細がいまだに語られていなかったストライフが、今作にて初のプレイアブルキャラクターに。 また、彼に協力する形で『Darksiders』の主人公のウォーも参戦。 どこかふざけた感じのあるストライフと任務に対して真面目なウォー、性格の合わない二人が互いに文句や冗談を言い合いつつも協力し合う姿は、バディものの映画のようで今作の良さのひとつになっている。 『Darksiders』シリーズといえば三人称視点の3Dアクションだ! という声もあることだろう。 しかし、その不安は実際にプレイしてもらえれば払拭できる。 そう言い切れてしまうくらい、今作は『Darksiders』の要素をしっかりと含みつつ、協力アクションへと昇華されている。 シリーズ作品によってその比重は違えども、その豪快かつ暴力的なアクションと繊細かつ解けると楽しい謎解きが『Darksiders』におけるゲームプレイの魅力となっていた。 今作においてもその魅力は十二分に発揮されており、2丁拳銃「マーシー」と「リデンプション」による遠距離攻撃を中心としたストライフと、様々な属性に変化する大剣「カオスイーター」による近接攻撃に特化したウォーが通る道には破壊と調和の跡が続いていく。 たとえ悪魔だろうと天使だろうと(そして用意された謎解きでさえも)跡形もなく葬り去られるのだ。 遠距離攻撃を主とするキャラクターが増えたこと、そしてトップダウンビューのゲームとなったことで、ツインスティックシューター的な要素も加わっている。 必殺技やアビリティ使用、変身などプレイヤーが行えることが多すぎてキーバインドが複雑になっているが、画面上で常にキーヒントは出ているので安心だ。 マップ中にある謎についても、戦闘のしすぎで頭が固くなってしまうタイミングにちょうどいい塩梅の難易度で あったり、解けるとスッキリするものが多い。 手に入れた能力を使って謎を解いていく楽しみと気持ちよさは、従来作品と同じ感覚で味わえることだろう。 特定のイベントシーンはスタイリッシュなアメコミ風のムービーによって物語が展開し、ストライフやウォーをはじめ、サマエルやアバドンなどシリーズに登場する人物たちをより色濃く描き出している。 コミックにおいても前日談やサイドストーリーが展開されている『Darksiders』シリーズのため、こうしたシーン演出でも違和感なく見ることができた。 サイドクエストやキャラアップグレードなどやり込み要素も充実 今作のやり込み要素として、敵を倒すことで入手できるソウルとマップに落ちているコインを消費したキャラクターのアップグレードはもちろん、敵からのドロップ品やマップ内に隠された宝箱、チャプターごとに発生するクエストやアリーナの報酬など多岐にわたっている。 こうしたやりこみ要素はプレイヤーのプラスになることだらけなので、メインストーリーにすこし詰まってしまった、もしくは進めるのにちょっと疲れてしまったときに気軽にやることをおすすめしたい。 クリアしたチャプターにはそれぞれ収集可能なアイテムの総数が記録され、アイテムがもとあった場所にも取得済みのマークが出現するので取り逃がしがあってもわかりやすい。 途中でどこまで拾ったかわからなくなることが多い私にとってありがたい仕様だった。 チャプターごとにサイドクエストも用意されており、特定条件を満たすことで報酬がもらえるというシステムも存在している。 クエスト内容もバリエーションが多く、不利な状況でボスを倒したり、マップのどこかに隠れているレアな敵を倒したりと、探索やゲームをやりこむことへの楽しみをより強めてくれる要素になっているのだ。 また、キャラクターの能力値をアップさせるためのクリーチャーコアというシステムも、要素として成り立っている。 これは倒した敵に応じてさまざまな能力が付与できるアイテムが存在しており、ランダムではあるものの、ほぼすべての敵からクリーチャーコアを入手することができる。 装着にデメリットがありつつも、その分ステータスの増加量は多いといったものもある。 加えて、コアにはそれぞれ属性が決まっていて、スロット側の属性と合わせることにより体力や攻撃力などといった能力値にボーナスが入ることもある。 このクリーチャーコアは同じ種類のコアを集めていくことでレベルアップしていく。 コアによっては微々たる変化なものもあれば飛躍的に強化されるものもある。 どのマップにどの敵が出現するかもチャプター選択で確認できるので、気に入った効果を見つけ次第、その敵を重点的に倒していくことが可能だ。 配置の仕方、コア自体のレベル・能力によってプレイヤー好みのストライフとウォーを作り上げることができるので、RPGが好きなプレイヤーたちにも気に入ってもらえる要素のひとつであるはずだ。 不満を感じる仕様、バグの存在も ナンバリングタイトルとはちがって、トップダウンビューの形式をとっていることもあり、敵がいまどれだけいるかといった状況を把握しやすくなっている。 それはゲームプレイにおいてこそ利点ではあるのだが、そのぶん敵味方問わずキャラクターモデルが小さく表示されがちで、画面全体が寂しく感じてしまうことがあった。 ズームイン・アウトも自由に行えないために、必殺技を使用する際、敵へとどめを刺す際など、せっかくの格好良いシーンがアップで見れない点も。 キャラクターの造形やデザイン、モーションが素晴らしい分、そして今作でようやく動かせるようになったストライフを近くで見せてほしいと思っていた分、その不満がより高まってしまう。 こうした仕様により、キャラクターが壁に隠れてしまう際は水色の透過表示によって場所がわかるようになっているのだが、戦闘中敵とともに壁に隠れてしまうと相手の体力ゲージやフィニッシャーのタイミングを知らせるUIも一緒に見えなくなってしまう。 なによりひどいのは、その水色の透過表示さえ行われないことがある点だ。 条件はわからないのだが、おそらくカメラワークの悪さが一因となっているのだろう。 柱や壁の向こうで何が起こっているのかがわからないまま戦闘が進むのは非常に困ってしまう。 そして極めて残念なことに、今作を遊ぶにあたり、バグの存在も避けて通れないものになっている。 ダッシュ中地形に引っ掛かり、その場でダッシュをし続けたり、敵キャラが勝手に地面の中に埋もれて死んでしまうなど、なかなかの頻度で起こりうるコリジョンバグが興を削いでしまう要因となっている。 なかでも地形の引っ掛かりはどこで起こるかが非常に把握しづらく、さまざまなチャプターで起こっていたので、戦闘中をはじめ危険な状況に面している際にこのバグが起こり、気分が悪くなってしまうことがあった。 このようなバグはゲームプレイの障害となるのはもちろんのこと、プレイヤーのモチベーションにも関わる内容なので、早急に修正してほしい。 四騎士にまた会える日が待ち遠しい クリア時間としてはおそらく10時間ほどが目安となるが、アップグレードや収集要素をすべて集めたり、アリーナでのスコアアタックなどを含めるとプレイ時間はもっと増えることだろう。 私自身メインストーリーをクリアした後、ストライフとウォーがどれだけ強化できるかを、マップ探索やアリーナ攻略などを行い時間の許す限り進めていた。 見過ごせないバグや仕様の不満はあるものの、根本のゲームプレイとしては比較的上質なものとなっている。 こうした強化やアップグレードが多い作品にありがちな、序盤はやれることが少なく、プレイとしてもつまらなさが強いという問題もあるにはあるが、それも2,3チャプターを過ぎたころには戦闘や謎解き、探索やストーリー展開といった『Darksiders』がもつおもしろさがどんどん押し寄せてくる。 私自身、プレイ開始当初はゲームプレイのカメラ視点が違っていたり、キャラクターの切り替えもしくは二人で協力して遊ぶアクションということもあって、違和感を覚えたことは確かだ。 しかし、主人公二人に課せられた任務をともに追いかけていくうちに、そしてキャラクターの能力がアップグレードされていくたびに、次第にゲームのやめ時が見つからなくなっていった。 ゲーム後半にいたっては物語の展開、そして彼ら二人の騎士の行く末が気になり、時間を忘れクリアまで一気に遊んでしまったほどだ。 今作をプレイしたことにより、『Darksiders』の作品世界がより広がっていったのと同じくして、本シリーズにおけるゲームジャンルの広がりを感じた。 今後、次回作が作られるとして、ナンバリングタイトルと同じような三人称視点の3Dアクションであっても、今作のようなトップダウンビューの協力アクションであっても私はプレイすると心に決めている。 そしていつか、あの四騎士が一堂に会し、ともに戦える日がくる。 その予感を感じながら、私はきっとまたシリーズをプレイし直すのだろう。 私の『Darksiders』への熱量をふたたび呼び覚ますまでに至った、素晴らしい作品に仕上がっていた。 All rights reserved. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners. Darksiders Genesis Darksiders Genesis Steam THQ Nordic.

次の