トイ プードル 平均 体重。 トイプードル 体重 推移 【2匹目】

【トイプードルの大きさは?】平均体重と月齢毎の体重推移の一覧表

トイ プードル 平均 体重

トイプードル子犬の成長はいつまで続くのか? まず結論から先にお伝えしますと、一般的にトイプードルの子犬は 生後6ヶ月頃まで急激に成長します。 生後7ヶ月頃からは体の変化にようやく落ち着きを見せ始めるため、体重の増加もほとんど見られなくなるのが特徴のようです。 そのため、生後7~8ヶ月頃までは体重が増えるものだと思った方がいいかもしれませんね。 もちろん個体差はありますが、成犬時のサイズがおおよそ決まってくるのも生後8ヶ月を過ぎた頃だと言われています。 体重が増えることに不安を覚える飼い主さんも少なくありませんが、 成長時期に体重が増えることは健康的に育っている証拠でもあるので安心して下さい。 トイプードル子犬の体重推移の目安 成犬時の体重 2. 5kg 3. 0kg 4. 0kg 生後2ヶ月目 0. 8kg 1. 0kg 1. 3kg 生後3ヶ月目 1. 2kg 1. 5kg 2. 0kg 生後4ヶ月目 1. 6kg 2. 0kg 2. 6kg 生後5ヶ月目 2. 2kg 2. 6kg 3. 7kg 生後6ヶ月目 2. 3kg 2. 8kg 3. 8kg 生後7ヶ月目 2. 4kg 2. 9kg 3. 9kg 生後8ヶ月目 2. 5kg 3. 0kg 4. 0kg こちらの表の見方は「成犬の時の体重が3. 0kgだったら生後2ヶ月目の体重は約1. 0kgであることが多いですよ」という風に見ていただければと思います。 ちなみにこの体重推移表はあくまでも目安じゃ。 個体差によってバラつきがあるから、すべてのトイプードルに当てはまるとは限らんぞ。 目安として参考にしておこう。 トイプードルは平均体重よりも【体高】を重視! トイプードル成犬の平均体重は、一般的に 3~4kgだと言われています。 ところが、トイプードルに体重の規定はありません。 つまり「〇歳だから〇kg」といった規定がなく、その代わり 「体高」を基準として平均のサイズを決めています。 これは、プードルが体高(大きさ)によって名称が変わるためです。 ちなみにJKC(ジャパンケンネルクラブ)で定められたトイプードルの体高は 24~28㎝となっています。 成犬時の体高によるプードルの種類 こちらが、JKCで定められた成犬時の体高によるプードルの種類です。 成犬時の体高 種類 60~45cm スタンダードプードル 45~35cm ミディアムプードル 35~28cm ミニチュアプードル 28cm~24cm トイプードル さらに小さくなると、今大人気の 「タイニープードル」と 「ティーカッププードル」と呼ばれるようになります。 しかし、タイニーとティーカッププードルについてはJKCで公認を受けていないため、体高についてはとくに明確な基準は設けられていません。 成犬時の平均体重 そしてこちらは、それぞれの成犬時の平均体重になります。 種類 平均体重 スタンダードプードル 15~19kg ミディアムプードル 8~15kg ミニチュアプードル 5~8 kg トイプードル 3~4kg タイニープードル 2. 1~3kg ティーカッププードル 2kg 先ほどもお伝えしたように、 体重に関してはあくまでも目安になります。 あまりこの体重にこだわってしまうと、本当はもう少し成長するはずのトイプードルの成長を妨げることになり兼ねません。 実際に「ティーカッププードルです」と言われてブリーダーから引き取ったものの、成長したらトイプードル並みになったという事例もあります。 これはブリーダーさんが「ティーカッププードル」と嘘をついていたという理由の他に、飼い主さんが体重を管理できていなかったことなどが原因だったようです。 それと、わんちゃんによっては骨太で筋肉がしっかりついている子もいます。 すると当然ながら体重も増えるので、平均体重に近づけさせようと無理にダイエットさせてはいけません。 子犬の時に成犬の体重を知る方法! おおよそではありますが、トイプードルの子犬の体重から成犬になった時の体重を予測することができます。 とくにタイニーやティーカッププードルを入手する場合、親犬については必ず確認しておこう。 実はトイプードルだった…なんてこともよくある話だから、あとでトラブルにならないためにも確認は必須じゃぞ! 愛犬に合った適正体重を知りたいなら動物病院へ 「体重測定だけで動物病院へ行っていいの?」と変に気にする飼い主さんも多いですが、もちろん体重測定だけのために動物病院へ行ってもOKです! なぜかと言うと、 個体差によって適正体重が変わるからなんです。 わんちゃんによっては体脂肪で重くなっていることもあるし、あるいは筋肉で重くなっていることだってあります。 だからネットの情報だけで愛犬の体重管理を行うのではなく、 健康のためにも必ず専門家のアドバイスを受けながら体重管理を行いましょう。

次の

トイ・プードル犬の年齢加算表

トイ プードル 平均 体重

運動は外でしっかりさせてあげて、お家では静かに過ごせるようになると生活のメリハリができてとても良いです。 ライフステージとしては、赤ちゃんから幼児になるくらいの時期になります。 体力がついてきて運動量もどんどん増えていきます。 特にトイプードルはやんちゃ・おてんばな子が多く、じっとしていることがほとんどないくらい元気です。 一人遊びをさせておくと思わぬ怪我につながることもあるので、お散歩や遊びで上手に運動させてあげましょう。 混合ワクチンについて 混合ワクチンはその名の通り、いくつかの病気に対する成分が一本の注射になったものです。 最初の年は十分に効果が出るように何回か接種します。 また、何種類の病気を予防するかによって、5種混合や8種混合など様々なものがあり、地域によって必要なワクチンは異なります。 最終の混合ワクチンを接種してから7〜10日経つと十分に免疫ができてくるので、それから散歩に行ったりシャンプーをすることができるようになります。 ワクチン接種後にまれに副反応がみられることがあります。 ぐったりしてしまう、吐いてしまうなど、ワクチン接種後におかしい症状がみられた場合には、すぐに動物病院を受診してください。 お腹いっぱい食べたほうがいい時期はまだまだ続きます。 しっかり食べさせることを意識しましょう。 生後3ヶ月のトイプードルに適した餌の量と回数 餌の量 生後3ヶ月のトイプードルの 平均体重が1. 5〜2キロですので、 必要カロリーは345〜390kcalになります。 メーカーによってカロリー量は変わります。 ドッグフードのパッケージに月齢と体重に適した量が書かれているので、それを目安にすると簡単です。 餌の回数 この時期は1回に食べられる量はあまり多くありません。 また、 1回に大量に食べると下痢をすることもあるため、トイプードルの場合、 生後3ヵ月でも4回くらいに分けてあげるのが理想です。 スポンサーリンク 遊ぶ時の注意点は? 基本的な考え方は「失敗したら怒る」のではなく、「うまくできたら褒める」です。 これはこの先にも共通する考え方です。 この時期にみなさんが悩まれるのがトイレトレーニングです。 トイレを覚えるまでに時間がかかる子もいますが、根気よく練習しましょう。 トイレに行きたそうな素振りをしたらトイレに連れて行き、上手にできたら褒めたりご褒美をあげてください。 トイレ以外で排泄してしまったら、怒らずにすぐに片付けてください。 これをできるまで繰り返すのがトイレトレーニングのコツです。 知っておくべき追加「豆知識」 トイレトレーニングのコツ トイレのしつけを成功させるためには、まずトイレの認識を子犬にさせることが重要です。 犬のトイレには様々な種類や大きさがありますが、体に対してあまりにもサイズが大きいトイレはNG。 すぐ成長するから、と大きすぎるトイレを用意してしまうと、子犬のトイレトレーニングが遅れてしまうかもしれません。 犬のトイレは小さすぎてもよくありませんが、体のサイズに対してあまりに大きい商品も不向きなのです。

次の

トイプードルの大きさや平均体重・体重推移をご紹介!【子犬・成犬】

トイ プードル 平均 体重

そもそもトイプードルは元は大型犬ということはご存知でしょうか。 トイプードルの元となるスタンダードプードルの体高は45~60cm、体重は20kgを超える犬種です。 はるか昔は水猟犬としても活躍していました。 そこから交配を重ね、現在のトイプードルのサイズになったとされています。 そのため、サイズに個体差が出やすいのではないかと言われています。 スタンダードの下には、ミディアムプードル、ミニチュアプードルというサイズがあり、その次にトイプードルがきます。 また、近年ではトイプードルよりさらに小さいタイニープードルやティーカッププードルと呼ばれるプードルも作られていて全部で6種類のプードルがいることになります。 ただし、タイニーやティーカップは大きさにより分類されているだけで、犬種としては確率されていません。 愛犬は大切な家族です。 大きくても、小さくても健康でいてくれれば問題ありませんよね。 中には小さいほうがかわいいからと言って、食事を制限してしまう方もいますが、それでは愛犬の健康は守られません。 また、骨格の大きさは生まれたときにほぼ決まっています。 食事を制限しても、小さい犬にはなりません。 ガリガリの大きい犬になるだけです。 もし子犬が平均体重より大きいからといって、大切な成長期である時期に食事を制限してしまうと、貧相で不健康、栄養不足のため病気になりがちな犬になってしまいます。 ですから、特に半年くらいまでの幼齢期にはしっかりと食事を与えてあげましょう。 逆に太りすぎにも注意が必要です。 トイプードルは関節疾患になりやすい犬種。 肥満になると足への負担が増え、関節を痛めやすくなってしまいます。

次の