共通 類語。 「共通」に関連した英語シソーラスの一覧

共通するの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

共通 類語

スポンサーリンク 「心苦しい」の意味と使い方は? まず最初に 「心苦しい」の意味と正しい使い方について見ていきましょう。 「心苦しい」は、名詞の「心」と形容詞の「苦しい」が融合した語で、人の心情を形容する言葉の一種です。 同じように「心」に形容詞を連ねた、心情を言い表す言葉には、 「心憎い」、「心細い」、「心強い」など他にも多くの例があります。 その中でも「心苦しい」は奈良、平安時代から文献などによく見られる古くからある表現です。 有名な作品では源氏物語、枕草子、竹取物語などにも登場しています。 奈良時代などに、この言葉が現れた当初は、 「自分の心が痛む」「自分の気持ちがつらい」と自分自身の内面を表す意味合いが主な用法でした。 しかし、平安時代以降には次第に、自分の目から見て、相手の心情を察して 「さぞつらいのではないか」「何か気を悪くしているのではないか」と慮ったり、身の上を案じる用法にも広がっていきました。 当時は、肉親の間の関係を語る文脈などで使われる例が多かったとされます。 さらに近世から現代にかけては、主として 「人に迷惑をかけたり、自分だけがいい思いをしているのではないかと申し訳なく思う」という使い方が主流となっていきました。 自分の行動を顧みて、 「実はそれが他人に嫌な思いをさせているのではないか」、「ほかの人の遠慮を招いているのではないか」と心配になり、気遣う表現だともいえます。 いずれにしても、古来から現代にいたるまで、人間の見えない心のうちをあれこれと思い悩む、といった意味では共通しており、いかにも日本人的な繊細な心理表現の言葉の一つだといえるでしょう。 「心苦しい」は、ビジネスシーンにおいては、何かを相手に要望する際に、へりくだって様子をうかがう前提の文としても使われます。 例えば 「お忙しい中まことに心苦しいのですが、ぜひ来週の記念式典にお越しくださいますよう、お願い申し上げます」などと招請する言い方です。 また 「大変心苦しいのですが、諸事情によりご要望には応じかねます」と、申し出を断るような場面でも使われます。 「心苦しい」の類語と敬語、例文は? スポンサーリンク 続いては 「心苦しい」の類語と敬語、そして例文について見て行きましょう! 「心苦しい」の類語には次のようなものがあります。 つらい• 切ない• 気がとがめる• 気の毒だ• 気がかりだ• 申し訳ない• いたわしい• すまない• 心が痛む• 悪いと思う• 「心苦しい」の類語は以上となります。 「心苦しい」の敬語表現は、接頭辞の「お」をつけて「お心苦しい」、あるいは「心苦しいです」となります。 あるいは「心苦しゅうございます」、「心苦しく思います」などと言うこともできます。 「心苦しい」の例文には次のようなものが挙げられます。 私ばかりが楽な思いをしているようで、なんとも心苦しい。 こんなに親切にしていただいて、むしろ心苦しいほどです。 彼が経験してきたつらさを思うと、本当に心苦しいよ。 これまで何もお役に立てていないのではないかと考えると、心苦しい限りです。 「心苦しい」の例文は以上となります。 類語や例文を見てみるとより一層分かりやすいですよね。 「心苦しい」の言い換え方とは? 最後に 「心苦しい」の言い換え方を見ていきましょう。 前述したように、ビジネスシーンでのメールや招待状などの文書での前置き文としては、「心苦しいのですが~」という言い方は、そのまま「」や「」、「申し訳ございませんが~」と言い換えることができます。 実際に相手の心情を察する場合に使う際は、「おいたわしく思う」、「悲しみに暮れている」、「心が痛む」、「お察しする」、「居ても立っても居られない」、「残念でならない」などと表現することも可能です。 言葉の意味や正しい使い方をしっかりと理解して、相手に誤解を与えないように使いたいものですよね!.

次の

曖昧は矛盾の類語に含まれますか? この2つの言葉に何か共通点はあり

共通 類語

「認識」の敬語表現 「ご認識」で敬語 「認識」を敬語で言い表すときは「 ご認識」となります。 「ご認識」の「ご」は、 尊敬をあらわす接頭語になります。 「ご認識」は主に「ご認識ください」「ご認識の通りです」など尊敬語として使用します。 「ご認識ください」「ご認識の通り」は上から目線に感じることも 上記で、「ご認識」は敬語であると説明しましたが、 ビジネスシーンや目上の人に対して敬意を表し「ご認識ください」「ご認識の通り」と使用する場合は注意が必要です。 「ご認識ください」は、そもそも「分かってください」といったニュアンスがあり、命令のように思い、上から目線に感じてしまう可能性があります。 「〇日の期日までにお支払いいただけない場合は、法的処置をとらせていただきますことをご認識ください」といったように、 相手に督促する場合以外での使用はさけたほうが良いとされています。 このような場合は、「ご了承のほどお願い申し上げます」「ご承知賜りますようお願い申し上げます」などを使用したほうがいいとされています。 「ご認識の通り」も、「わかっていると思いますが」というように上から目線に感じてしまうニュアンスがあります。 「当たり前のこと」なのであれば口にださない、若しくは「ご承知のこととは存じますが」というような言葉に言い換えるといいでしょう。 例えば、「私は今出ている報道は事実ではないと認識しています」というように使用すると、「私はこの報道は事実ではないを解釈しています」という意味になります。 例文 「私は、彼が世界一のボクサーであると認識していた」 「2号店は、来年に春に隣町に移転するという認識でよろしいでしょうか」 「彼はまだ入社してきたばかりだと認識しているので、丁寧な指導を心掛ける」 「認識の相違」は捉え方や意見が一致しないこと 「認識の相違」とは 絶え方や意見が一致しないときに使用する言葉です。 「相違」とは、「 二つの物・事柄に間違いがあること」をいいます。 つまり、「認識の相違」は「 認識していた内容に間違いがあるということ」です。 「開催場所について認識の相違があったようで、大変申し訳ありません」というように、 ビジネスシーンでの謝罪文で用いられることもあります。 例文 「来月から行われるイベント内容について、認識の相違があるようなので今一度ご説明させていただいてもよろしいでしょうか」 「認識の相違がないよう、改めて確認させていただきたいのですが・・・」 「~ということで認識いたしました。 認識の相違がございましたらお申し付けください」 「認識に齟齬」は解釈に食い違いが生じ噛み合わないこと 「認識に齟齬」は、「 にんしきにそご」と読みます。 「齟齬」は「 物事がうまくかみあわないこと・食い違ってうまくいかないこと」をいう意味です。 「 解釈に食い違いが生じ噛み合わない」という場合に「認識に齟齬がある」というように使用します。 「認識に誤りがある」ということをへりくだった言い方をすると「認識に齟齬」という事になります。 使いかたは、例文を紹介しますので参考にしてください。 例文 「認識の齟齬をなくす為にも一度直接ご説明させていただければと思うのですが、お時間いただけますでしょうか」 「認識の齟齬がございましたら、ご指摘ください」 「認識の齟齬が生じるような説明をしてしまったようで、誠に申し訳ございません」 「認識を新たにする」「認識を改める」は考え方を柔軟にし意見や解釈を変えること 「認識を新たにする」「認識を改める」は、 考え方を柔軟にし意見や解釈を変えることです。 ビジネスなどで 考え方や意見や解釈を変えるという意味合いで使用されます。 例えばプロジェクトが行き詰まったときや、取引先との相違があった場合に「認識を新たにして一度考えを改めなおそう」という場合に用いられる言葉です。 例文 「新入社員の斬新な意見は、これまでの商品に対する認識を新たにするものだった」 「取引先との認識に相違が生じていることが判明したので、一度認識を改めることにした」 「自信をもって売りだした商品ではあるが、売りあげをあげる為にも認識を改めて更に改良していくことが決定された」 「反対意見だった部長も、熱意あるプレゼンに認識を改めたようでやっと賛成してくれた」 「共通認識」は同じ見識を持ち同じように理解すること 「共通認識」とは、「 同じ見識を持ち同じように理解すること」という意味です。 つまり、「 共通の意識をもつ」という意味になります。 良く使う言い回しとしては ・共通認識を持つ ・共通認識を高める ・共通認識を図り ・共通認識の下 などがあります。 使い方は例文を参考にしてください。 例えば、「彼を認識する」ということを例に挙げて説明すると、 「彼を認識する」は、「 彼の事を理解すること」 「彼を認知する」は、「 彼の存在を認める」 「彼を意識する」は、「 彼のことを気にかけている」ということを言い表しています。 同じような意味合いではありますが、 「理解すること」「認める」「気にかける」という状態の違いがあるということがわかります。 「認知」の意味は「ある事柄をはっきりをはっきりと認めること」 「認知」は「 にんち」と読みます。 「認知」の意味は「 ある事柄をはっきりを認めること」です。 例えば、「この会社は去年あたりから社会的に認知されだした」というような使いかたをすると、「この会社は去年あたりから、っ社会的に認められだした」ということになります。 「認識」と「認知」はとても良く似ている言葉ですが、 「認知」は「認めること」であり、 「認識」は、「その事柄についての意義や本質を理解する」という意味合いが含まれています。 「意識」とは、「 自分のいある状態や、周囲の状況などを認識できている状態のこと」をいいます。 例えば「彼女のことを意識する」というような使いかたをすると、「彼女を気にかけている」という意味になります。 また、「仕事に対する意識が高い」というような使いかたをすることで、「関心や態度、強い自覚がある」といった意味合いにもなります。 例えば、「彼女の考えを認識した」という言葉で説明すると、「納得した」という言葉を使用した場合「 彼女の考えの本質や意義を理解した」という意味になります。 「彼女の考えを理解した」とすると、「 彼女の考えの正しい道理がわかった」となります。 「納得」という言葉を使用すると、「 彼女の考えを認めた」という言い表し方になり、「受容」という言葉を使用すると、「 彼女の考えを受け入れた」という意味になります。 「理解」の意味は 「理解」の意味は、「 物事も通りがわかり、意味・内容などを正しく判断すること」です。 「 物事の道理や筋道が正しくわかること・意味内容をのみこむこと」を「理解する」というように言い表します。 例えば、「彼女の考えを理解する」というような使いかたです。 「理解」は「他人の気持ちや立場を察する」という意味でも使用され、「彼を理解できるのは私だけだ」というような使い方をすることもできます。 例文 「理解力がないので、説明書を読んでも使用方法がわからないということがしょっちゅうある」 「あの上司は部下たちの性格をよく理解して、モチベーションがあがるように彼らを導いている」 「子どもの頃は理解できなかったが、大人になった今は親の伝えたかったことがよくわかる」 「納得」の意味は「他人の考えや行為を認めること」 「納得」の意味は「 他人の考えや行為を認めること」です。 「納得」とは「 他人の考や行動などを十分に理解して恵心すること」をいいます。 例えば、「母親を納得させる」というような使い方をすると、「母親に説明等、何か手段をとって認めてもらう」という意味になります。 例文 「出来上がりに納得がいかず、結局最初あら作り直した作品だ」 「両親に、大学進学を認めてもらえず結局奨学金を借りて入学をするということで納得してもらった」 「さて、どうしてこうなったのか納得いくように説明してもらおうか」 「認識」の類語 わかる 「わかる」は、漢字で書くと 「分かる」「解る」「判る」と三種類に分けられます。 しっかり区別すること となります。 「解る」「判る」は「分かる」に置き換えることができるので、 どれを使えばいいか迷った時は「分かる」を使いましょう。 例文 「様々な会社から格安SIMがでているけど、どれも違いが分からないなあ・・・」 「飲食業のことであれば、経験があるので基本的なことであれば解りますよ」 「小さいうちから善悪が判る人間になるように教育をしておきたいものだ」 気付く 「気付く」の意味は「 それまで意識になかったことに、思いが及ぶこと」です。 なんとも思っていなかったことをふと感じたり、思い出すことを「気が付く」といいます。 また、「気が付くと病院のベットの上にいた」というように、「意識を取り戻す・正気を取り戻す」という意味でも使用される言葉です。 例文 「駅まできたところで、お財布を忘れてきたことに気が付き走って家に戻った」 「離婚してはじめて、配偶者の存在の大きさに気付くことになった」 「本を読むことに夢中になりすぎて、ふと気付いた時には下車する駅をとっくに通りすぎていた」 感知 「感知」は「 かんち」と読みます。 「感知」の意味は「 感じとってきづくこと」です。 匂いなど、外観的な変化を感じとることを「感知する」といい、例えば「火災感知器」は火から出ている煙で火事ががおきていることを感知する機械です。 例文 「このエアコンは人の体温を感知して風向きを自動で調節する機能がついている」 「金属感知器が反応してしまい、搭乗するまでに時間がかかってしまった」 「イルカは、人間には感知できない超音波を発して会話をしていると言われている」 satti 察知 「察知」は「 さっち」と読みます。 「察知」の意味は、「 推測して知ること」です。 例えば、「 起き得る危険を事前に推測する」という意味で、「危険を察知する」というような使い方をします。 例文 「動物は人間よりもはるかに、危険察知能力に長けている生き物だ」 「彼はすでにあの時、自分の運命を察知していたのかもしれない」 「運転手は、事故の危険を察知し、ハンドルを右に大きくきって前方の車を避けた」 識別 「識別」は「 しきべつ」と読みます。 「識別」の意味は「 物事の相違を見分けること」です。 例えば、「赤と青を識別する」というように、 いくつかある中から特定の対象物を選択したり、わけたりすることを「認識」といいます。 例文 「この工業地帯は上空からでも識別可能なほど、とても大きい敷地である」 「私の息子は3歳になってもなかなか色を識別することができなかった」 「目がとても悪いので、遠くからだと人の顔を識別することができない」 アメリカに来てはじめて寿司が西洋でも人気であることを認識した。 脳科学などの「認知」は「cognition」 似た英単語に「cognition」があります。 「cognition」は、日本語では「認知」になります。 「認知」とは「事象について知識を得ること」です。 「認知」は「認識」を内包します。 「認知」は事象を認識した上で、より抽象度の高い性質を論理的に知ることを指します。 ちなみに「認知科学」は、形容詞形「cognitive」を使い、「cognitive science」といいます。

次の

共通するの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

共通 類語

スポンサーリンク 「心苦しい」の意味と使い方は? まず最初に 「心苦しい」の意味と正しい使い方について見ていきましょう。 「心苦しい」は、名詞の「心」と形容詞の「苦しい」が融合した語で、人の心情を形容する言葉の一種です。 同じように「心」に形容詞を連ねた、心情を言い表す言葉には、 「心憎い」、「心細い」、「心強い」など他にも多くの例があります。 その中でも「心苦しい」は奈良、平安時代から文献などによく見られる古くからある表現です。 有名な作品では源氏物語、枕草子、竹取物語などにも登場しています。 奈良時代などに、この言葉が現れた当初は、 「自分の心が痛む」「自分の気持ちがつらい」と自分自身の内面を表す意味合いが主な用法でした。 しかし、平安時代以降には次第に、自分の目から見て、相手の心情を察して 「さぞつらいのではないか」「何か気を悪くしているのではないか」と慮ったり、身の上を案じる用法にも広がっていきました。 当時は、肉親の間の関係を語る文脈などで使われる例が多かったとされます。 さらに近世から現代にかけては、主として 「人に迷惑をかけたり、自分だけがいい思いをしているのではないかと申し訳なく思う」という使い方が主流となっていきました。 自分の行動を顧みて、 「実はそれが他人に嫌な思いをさせているのではないか」、「ほかの人の遠慮を招いているのではないか」と心配になり、気遣う表現だともいえます。 いずれにしても、古来から現代にいたるまで、人間の見えない心のうちをあれこれと思い悩む、といった意味では共通しており、いかにも日本人的な繊細な心理表現の言葉の一つだといえるでしょう。 「心苦しい」は、ビジネスシーンにおいては、何かを相手に要望する際に、へりくだって様子をうかがう前提の文としても使われます。 例えば 「お忙しい中まことに心苦しいのですが、ぜひ来週の記念式典にお越しくださいますよう、お願い申し上げます」などと招請する言い方です。 また 「大変心苦しいのですが、諸事情によりご要望には応じかねます」と、申し出を断るような場面でも使われます。 「心苦しい」の類語と敬語、例文は? スポンサーリンク 続いては 「心苦しい」の類語と敬語、そして例文について見て行きましょう! 「心苦しい」の類語には次のようなものがあります。 つらい• 切ない• 気がとがめる• 気の毒だ• 気がかりだ• 申し訳ない• いたわしい• すまない• 心が痛む• 悪いと思う• 「心苦しい」の類語は以上となります。 「心苦しい」の敬語表現は、接頭辞の「お」をつけて「お心苦しい」、あるいは「心苦しいです」となります。 あるいは「心苦しゅうございます」、「心苦しく思います」などと言うこともできます。 「心苦しい」の例文には次のようなものが挙げられます。 私ばかりが楽な思いをしているようで、なんとも心苦しい。 こんなに親切にしていただいて、むしろ心苦しいほどです。 彼が経験してきたつらさを思うと、本当に心苦しいよ。 これまで何もお役に立てていないのではないかと考えると、心苦しい限りです。 「心苦しい」の例文は以上となります。 類語や例文を見てみるとより一層分かりやすいですよね。 「心苦しい」の言い換え方とは? 最後に 「心苦しい」の言い換え方を見ていきましょう。 前述したように、ビジネスシーンでのメールや招待状などの文書での前置き文としては、「心苦しいのですが~」という言い方は、そのまま「」や「」、「申し訳ございませんが~」と言い換えることができます。 実際に相手の心情を察する場合に使う際は、「おいたわしく思う」、「悲しみに暮れている」、「心が痛む」、「お察しする」、「居ても立っても居られない」、「残念でならない」などと表現することも可能です。 言葉の意味や正しい使い方をしっかりと理解して、相手に誤解を与えないように使いたいものですよね!.

次の