リッツ カールトン 沖縄 レストラン。 優雅な食事を楽しむ「ザ・リッツ・カールトン沖縄のレストラン」おすすめ3選

レストランだけはいまひとつ

リッツ カールトン 沖縄 レストラン

レストランの様子 「GUSUKU(グスク)」は、朝食はビュッフェメニューが楽しめるレストラン。 ランチやディナータイムは、沖縄料理がお手頃価格で頂けます。 グスクの天井はとても高く、窓が多く使われているのでとても明るく開放感のあるレストラン。 18時過ぎに入店。 まだお客さんはほとんどらず、もう一組小さいお子さん連れのファミリーも近くのテーブルにいたので安心。 朝食の明るい感じとは変わり、外もうっすら暗くなり始めて、落ち着いた雰囲気に。 テーブルに置かれた小さいお花とろうそくがとてもいい感じですね。 席の間隔も広く作られており、ゆったり食べられます。 レストランでは、ベルト付きのハイチェアーも借りられます。 まだ1歳半のミニミーはベルトが必須なのでベルト付きお願いしました。 (レストランで写真を取り忘れたので、ルームサービスのときに借りたハイチェアー(レストランと同じ)) ランチ&ディナーのメニュー 沖縄料理はしゃぶしゃぶのコース料理をはじめ、ゴーヤチャンプル、うちなーやきそば、沖縄そば、タコライス、ジューシーセットなど沖縄料理がたくさん揃っています。 裏面には、バンガーガーやカレーライス、パスタと洋食メニューも揃っており、使い勝手はいいですね。 子供のメニューは、ルームサービスのリッツ・キッズと同じメニューがレストランでも頼めました。 ただ、ルームサービスは2歳までは無料なのに対して、レストランでは有料なので、意外とルームサービスの選択肢もありかと。 詳しくは、公式HPにもあるのでそちらを。 沖縄そば 迷わずオーダーしたのが、沖縄そば。 とてもスッキリとしたお出汁で美味しいです。 大きめの香ばしく焼かれたスペアリブが美味しいのなんのって。 ルームサービスでもリピートしました。 野菜たくさんソーミンチャンプル たくさんあるメニューの中から、迷って選んだ野菜たくさんソーミンチャンプル。 ゴーヤやキャベツ、人参、パプリカ、玉ねぎなど野菜もたくさん。 素麺もこうやって食べると美味しいですね。 ただ、思いの外油っこい。 沖縄県産野菜入り 島豆腐と野菜のしゃぶしゃぶ クマとミーコおすすめが島豆腐と野菜のしゃぶしゃぶ。 薄いお出汁でしゃぶしゃぶしただけで、野菜の味が楽しめます。 島豆腐も美味しい。 本当は1人1個食べられる量ですが、お値段的に1人1個は高いので、みんなでシェア。 野菜好きのミニミー(1歳半)も美味しそうに食べていました。 もう少し、野菜の量がたくさん入っていると嬉しいかな。 お子様メニュー そーめんちゃんぷるセット 1歳半のミニミー用には、リッツ・キッズの中から、そーめんちゃんぷるセットをオーダー。 そーめんちゃんぷるとご飯、お漬物のセット。 大人のそーめんちゃんぷるとは違い、豚の角煮もゴロゴロ入っていて、なかなかのボリューム。 正直、有料なら大人メニューからの取り分けで十分だったかな。 では、リッツ・キッズのメニューはレストランでも無料だったので、てっきり無料と勘違いしてオーダーしてしまいました。 子供連れだとレストランはやっぱり大変 沖縄旅行の時、ミニミーは1歳半で離乳食が終わり、幼児食に移行したタイミング。 一応、スプーンやフォークを使って自分で食事をできるようになっていましたが、そもそも長い時間じっと座っていられない。 10分座っていられれば、上出来なくらいなので。。。 クマもミーコも食事に関してはなかなか決められないタイプなので、オーダーで10分くらいかかり、その時点でミニミーは我慢の限界。 オーダーが終わると、クマがミニミーをレストランの外に連れ出してホテル内を散策。 グスクの前は海が見えるテラスになっているので、気分転換にはもってこい。 お手々をつないでお散歩して、ミニミーの料理が届いたらレストランに戻り、ミニミーの食事スタート。 ミニミーの食事が終わったら、ようやく親のご飯。 本の付録に付いてた、ウレタン製のアンパンマンのブロックを渡し、夢中に遊んでいる間に急いでご飯。 ウレタン製なら投げても音もしないし危なくないので、レストランには必須アイテムになっていました(たぶん今はもう効果ない気がする)。 結局、急いで食べるので、なかなか味わって食べられない。 その点、ルームサービスなら、部屋の中なら自由に遊ばせておけるので、結局夕食のレストラン利用はこの1度きりに。 (三線ライブの日も行きましたが、満席で入れなかったので) もう少し成長すれば家族みんなでレストランも楽しめるので、それまでの辛抱ですね。 SPGアメックスで15%オフ を保有しているとのゴールドエリートに。 ゴールドエリートだと、ランチやディナーが15%割引に! レストランで15%割引は大きいのでかなり助かります。 10:30~21:30(ラストオーダー) ランチとディナーは、通し営業(同じメニュー)。 予約推奨 冬の閑散期平日であれば、予約なしでも問題なく入れました。 夏の繁忙期や、土日、三線ライブが行われる日は、事前予約必須! 閑散期にも関わらず、三線ライブが行われる日にかなり早めにレストランを訪れたものの、予約で一杯で入れず。 子供連れだと時間が読めず予約は大変ですが、利用するなら早めの予約を。 まとめ ザ・リッツ・カールトン沖縄のグスクは、沖縄料理がたくさんあり、店内の雰囲気もよくお勧めのレストラン。 なにより、子供連れでも気兼ねなく利用できるのが嬉しい。 街のレストランに比べるとかなり割高ですが、リッツカールトン内のレストランでこの雰囲気とサービスで美味しい沖縄料理が食べられることを考えるとリーズナブルです。

次の

リッツ・カールトン沖縄の宿泊記

リッツ カールトン 沖縄 レストラン

Contents• ザ・リッツ・カールトン沖縄 鉄板焼レストラン「喜瀬」は3階ロビーフロアの贅沢で寛ぎのある空間 ザ・リッツ・カールトン・沖縄には、3つのレストランと、バーやラウンジがあります。 「喜瀬」のお隣にあるイタリアンの「ちゅらぬうじ」は未就学児は19:30と限定されていますが、 「喜瀬」はどの時間帯でも子連れOKです。 これはありがたいですね。 (リッツカールトン沖縄公式サイトより拝借) 3つのレストランの中では、 最も席数が少なく人気なので、 事前予約をするのがオススメです。 私達は3名で19:00に予約。 17:00までたっぷりプールで遊んだ後、お風呂に入って一休みし、準備万端のお楽しみディナーです!! 予約の時間帯に「喜瀬」に伺うと、担当のシェフが出迎えてくれました。 席に座ると、カウンター席にはエプロンが用意されています。 ライオン形をしたのがクリップで、2匹のライオン付きチェーンが首にかける紐になり、エプロンを挟むようになっているんですよ。 (写真がなくてスミマセン) 喜瀬のコース KISE喜瀬、KEION迎恩、RYUKYU琉球の違いは?(2019年夏) 喜瀬のコースは3つ、その他にアラカルトも用意されています。 喜瀬のメニューは、で確認することができます。 季節ごとに食材やメニューが変わり、旬の美味しさを楽しめますよ。 さて、私がいただいた2019年夏メニューの3つのコースを比較してみました。 KISE喜瀬 KEION迎恩 RYUKYU琉球 冷製茶碗蒸し 雲丹 ー ー 和牛寿司 本山葵 ガスパチョ 車海老 鮪 ココナッツ フォアグラ パイナップル やんばる島豚フィレ カチョカバロ 県産若鶏シークァーサー 活イセエビ 県産魚ブイヤベース 活鮑 もずく 近海鮮魚アーサー 沖縄県産黒毛和牛 サーロイン とフィレ 沖縄県産黒毛和牛 サーロイン またはフィレ 沖縄県産黒毛和牛 サーロイン 鉄板で炊きあげる窯炊きジューシーまたはガーリックライス 鉄板で炊きあげる窯炊きジューシーまたはガーリックライス 鉄板で炊きあげる窯炊きジューシーまたはガーリックライス クレマカタラーナとマンゴー ココナッツパンナコッタとメロン 沖縄県産フルーツシャーベット お好みのコーヒー または紅茶 お好みのコーヒー または紅茶 お好みのコーヒー または紅茶 27,000円 ペアリング3グラス36,000円 ペアリング4グラス39,000円 23,000円 19,000円 KISE喜瀬のみ一品多いです。 主な違いは、食材とお肉ですね。 KISE喜瀬は サーロインとフィレの両方を楽しめます。 KEION迎恩はサーロインとフィレのどちらかから選択、RYUKYU琉球はサーロインのみです。 伊勢海老か鮑かで悩む方がいらっしゃると思います。 (私も悩みました) ですが、心配無用です。 KISE喜瀬のお魚は、伊勢海老を鮑に変更することが可能です。 この2019年夏メニューの場合、「フォアグラ」が食べたいかも決め手になるかと思います。 私は、カチョカバロのチーズがあるKEION迎恩にも惹かれつつも、KISE喜瀬のコースを選びました。 フォアグラと伊勢海老があるって最高じゃないですか! ワインはペアリングではなく都度オーダーにしました。 当初はシャンパンと赤ワインで合計2杯でいいかな?と思っていましたが、結局はシャンパン・白ワイン・赤ワインの3杯いただいたので、ペアリング3グラスの方がお得だったかもしれませんね。 喜瀬のオススメコース「KISE喜瀬」 高級食材に舌鼓。 シェフとの楽しい会話がプライスレス では、2019年夏メニューの「KISE喜瀬」コースの全貌と、一緒にいただいたワインをご紹介します。 最初はどんな時もシャンパン(笑) NV Perrier Jouet Grand Brut さて、宴の始まりです。 都度、シェフからの食材の説明があります。 フォアグラと、お寿司に使われる和牛です。 奥にシャリが見えますね。 冷製茶碗蒸し 雲丹 最初からビックリ!! 茶碗蒸しに雲丹のせ。 キャビアものっていて気分があがります。 ご飯もお米の状態から、この鉄板で炊きあげます。 和牛寿司 本山葵 でてきました〜。 肉はレアな状態。 山葵がぴりっときいて美味しい!! (私にとってメインの)伊勢海老のご紹介です。 フォアグラ パイナップル 個人的にこれは予想外。 伊勢海老の調理が始まりました。 手前には食パンの上にガーリックチップ。 余分な油をパンの上で落としているそうです。 (写真にはのっていませんが)ガーリックチップの隣には、先ほど食べたフォアグラが置いてありました。 フォアグラに火を通した後、一度パンの上で冷ますという 一手間が美味しさの秘訣とか。 樽香の強いシャルドネ。 冷えている時はシャルドネ独特の華やかさが少なかったのですが、温度があがってくると美味しくなる〜!• 活イセエビ 県産魚ブイヤベース 幸せすぎるぷりっぷりの伊勢海老。 ブイヤベースも魚介の旨みが凝縮されていて美味しい。 もしパンがあったら、このブイヤベースとパンでいくらでも食べれそうです笑 いよいよお待ち兼ねのお肉です。 沖縄県産黒毛和牛 サーロインとフィレ フィレとサーロイン、そして季節のお野菜、ガーリックチップスが添えてあります。 薬味は3種類。 左から、塩、ポン酢、梅とこんぶの練り物です。 美味しい〜!お肉、とろけます〜。 喜瀬でお肉を食べる予定の方は、ぜひ、この薬味を試してみてくださいね。 もちろん、赤ワインもオーダーしてますよ。 2015 La Vite Lucente イタリア トスカーナのメルローのフルボディ赤ワイン。 「オーパスワン」の醸造家ロバート・モンダヴィと名門フレスコ・バルディがタッグを組んで生まれたスーパータスカン。 KISE喜瀬コースのペアリングワインには含まれていませんが、イタリアン「ちゅらぬうじ」では、お肉のフィレとともにペアリングで提供されているようです。 「喜瀬」で提供されているグラスワインは、イタリア産の赤ワインが多く、ソムリエの方がこちらをオススメしてくれました。 鉄板で炊きあげる釜炊きジューシー または ガーリックライス 鉄板焼きの締めといえばガーリックライス。 あんなに沢山食べたのに、どうして一膳のご飯が入ってしまうんでしょう笑 ここでシェフとはお別れです(涙) 思い返してみると、食材や調理方法の話から、なぜシェフになったのかという興味深い話まで、たくさんお話してくれました。 酔っ払った私を見て、娘が「お母さん、とっても楽しそう」と言ったのを覚えてます。 美味しいお食事だけでなく、楽しい会話もできて、 (しかも旅先といえどホテル内なので安全で、)本当に幸せな時間でした! さて、デザートは、カウンター席の後ろ、壁際にあるソファー席でいただきます。 クレマカタラーナ マンゴー 可愛い盛り付け。 クレマカタラーナ(焼きプリン)とは一見わからないですね。 (どうしたことだか、この味だけは思い出せません。 お好みのコーヒーまたは紅茶 私はカフェオレをオーダーしました。 ミルクの入ったグラスに、目の前でコーヒーを注ぐというパフォーマンスつき。 ランチは日曜のみ。 30限定の喜瀬バーガー 通常はディナータイムのみ営業の「喜瀬」ですが、 日曜のみ、12:00〜15:00でランチも営業しています。 ランチメニューは1つ。 沖縄県産黒毛和牛のパティを使った喜瀬バーガーです。 私達は土曜宿泊だったので、この喜瀬バーガーをいただくチャンスがあったのですが、琉球プレミアム・エクスペリエンスでランチビュッフェがついていたため、諦めました。 そしたら、昨晩の「喜瀬」のシェフから嬉しいお届けモノが!!! こちらの記事もご覧ください。 ザ・リッツ・カールトン沖縄 鉄板焼レストラン「喜瀬」で小学生と未就学児が食べたキッズメニューとは? 子供達のメニューについて、事前にザ・リッツ・カールトン沖縄にメールで相談していました。 「喜瀬」にはキッズコース(6000円)があります。 んむすーぷ(soup) いまゆー バター焼き(okinawan fish) トマトとチーズの手作りハンバーグステーキ ご飯 味噌汁 お漬物 フルーツと自家製シャーベット スープ・魚・お肉・ご飯・デザートのフルコースですね。 小学2年生の娘には少し量が多いかもと思いましたが、大食い夫婦の子供だからかなりの大食い、こちらを選ぶことにしました。 5歳の息子には、 各レストラン共通のキッズメニューのご案内をいただきました。 リッツキッズにて提供している 小さい子向けのワンプレートでドリンク付き、価格も和食1300円、洋食1800円とリーズナブルです。 オールダイニングの 「グスク」で調理したものですが、館内のレストランのどこでもいただけます。 1日1食は麺を食べたい息子は、自ら「そーめんちゃんぷるセット」を選びました。 喜瀬のキッズコース 大人も食べたくなるハンバーグは感動の味 よく食べる小学生向け では、「喜瀬」のキッズコースの全貌をご紹介します。 ガスパチョ メニューには「んむすーぷ potato and leek soup)」と書いてあり、「ヴィシソワーズ」のことですが、 季節によりメニューが変わる可能性があるとのことです。 今回は夏野菜のトマトを使ったガスパチョでした。 子供にも食材のお披露目。 この後これがどのように調理されるのか娘も興味津々です。 (安全を考慮してなのか、焼くのは私の目の前でした。 いまゆー バター焼き 沖縄産の魚に、夏野菜のナスとオクラです。 ちょうど私の伊勢海老とステーキの間のタイミングで、子供のメインのハンバーグも焼き始めます。 トマトとチーズの手作りハンバーグステーキ こちらが、旅行後も娘が「美味しかった」と言い続けたハンバーグです。 子供が好きなチーズにトマトソース。 組み合わせとしても最高ですよね。 あまりに「美味しい」と言うので一口いただきたかったのですが、もちろん娘が完食しました。 ご飯 味噌汁 お漬物 大人のガーリックライスはメインのお肉の後に提供されますが、子供のご飯はハンバーグと同時に提供されました。 会話をしながらも、絶妙なタイミングで料理を提供できるシェフは本当にすごいですね。 フルーツと自家製シャーベット 各レストラン共通のキッズメニュー ワンプレートの和食と洋食あり 未就学児に最適• そーめんちゃんぷるセット 年中の息子にはこちら。 ちょうど保育園の給食か、それより少しボリュームがあるくらいの量でしょうか。 こちらは一口いただきましたが、子供向けの薄味で美味しかったです。 「喜瀬」の最上コースKISE喜瀬は27,000円。 大人2名のコースと子供達の食事、ワインなどの飲み物を合計すると、ビックリするような金額になりますよね。 同じ料理、同じサービスをしていただくなら、少しでもお得にしたいと思いませんか? お得にできる方法があるんです。 対象レストランはで確認できます。 アジア太平洋地域の2,800軒以上のレストランが対象です。 ザ・リッツ・カールトン沖縄の鉄板焼「喜瀬」はもちろん、イタリアン「ちゅらぬうじ」、オールダイニング「グスク」なども割引対象になりますよ。 SPGアメックスというクレジットカードを作ると、レストランの割引だけでなく、他にもいろいろメリットがあります。 今回、私は マリオットボンヴォイのポイント宿泊というものを利用し、 無料 で宿泊しました。 さらに、SPGアメックスを持つと自動的に付与されるゴールドエリート会員の恩恵を受け、一番安いデラックスルームから、 高層階のベイデラックスルームへアップグレードしていただきました。 宿泊代をおさえた分、お食事代などに費やすことができて、お得ですよね。 さて、そのマリオットボンヴォイのポイントですが、SPGアメックス(年会費31,000円+税)に入会することで、効率的に貯めることができますよ。 まとめ 鉄板焼「喜瀬」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 私達にとっては贅沢すぎる鉄板焼。 とろけるお肉や伊勢海老などの高級食材と季節のお野菜を合わせた極上の料理はもちろん、シェフとの会話も楽しめて、とっても思い出に残るディナーになりました。 キッズコースも、大人のコースと同様、目の前で焼くというパフォーマンスがあり、長いディナー時間を退屈することなく過ごせたのはとてもよかったです。 次回、ザ・リッツ・カールトン沖縄に宿泊する際にも、また利用したいと思います。

次の

【リッツカールトン沖縄】滞在中のレストランでの食事代の目安をレポート!高級リゾートの気になる食費は?

リッツ カールトン 沖縄 レストラン

「喜瀬」の文字の刺繍が鮮やかな銀色の糸でされており、そこにはリッツのライオンがついています。 これはエプロンを留める金具でクリップとなっています。 オシャレすぎます! まずはじめに・・・ 近海魚のカルパッチョ! お魚はカンパチで身はプリプリしていてとても美味しかったです。 しかしソースの詳細を忘れてしまって覚えていないのです・・すみません。。。 カルパッチョを食べ終えると本日の食材について紹介いただきました。 これを見ると鉄板焼きって最高だなって思う瞬間です! 食材の紹介が終わるとニンニクの下ごしらえを華麗に行っていただきながら、担当してくれるシェフと会話を楽しみます。 すでにこの段階で目の前にはフォアグラが調理されているので高揚感がマシマシです。 そして・・・ フォアグラと牛蒡ソース! こちらも絶妙な火加減でビールがかなり進みました!そして付け合わせの牛蒡ソースも絶品です! おそらく人生で初めて牛蒡のソースをいただいたと思いますが、フォアグラとの相性は抜群です! ちなみに妻は贅沢にもフォアグラが苦手なためKEIONコースの やんばる島豚フィレハーブに交換してもらいました。 こちらも付け合わせのオレンジの皮が添えてあるのでとても爽やかであっさりとして美味しかったです。 そうこう味わっているうちに目の前ではアイツが踊らされています! ひとつめのメインとなる伊勢海老の登場です! こんなの見せられては目のやり場に困りますし、お酒もどんどん進んでしまいます! そんな私の気持ちを見透かされたかのようにここで優しい 茶碗蒸しの登場です。 中にはこれまたプリプリの大きな鶏肉と椎茸が入っていて、アクセントに色鮮やかな赤と黄色の電照菊が添えられています。 電照菊とは照明を当てて栽培する菊の名称のようで、沖縄県は愛知県についで全国2位の年間出荷量があるようです。 この茶碗蒸しで心も舌も落ち着きを取り戻すると・・ 伊勢海老はやってきました。 はじめはシークアーサーソースを添えた尻尾の部分です。 表現が乏しいのですが、プリプリでプリプリでプリプリです!!笑 とにかく美味しいということが言いたいのです! また本体の部分は濃厚なみそとトマトベースのソースが濃厚でエビもそうですが、パスタにして食べたいくらいでした! これだけでも十分すぎるコースなのですが、忘れてはいけないのがお肉ですよね! 「お好きな焼き加減は?・・ミディアムレアで!」と言いたいだけの私はいつもミディアムレアでお願いしています。 またこの頃からシメのガーリックライス用のお米を釜を使って炊き始めています。 お肉は当然ながら 沖縄県産黒毛和牛のサーロインとフィレ!! お肉はもう本当に最高です!そのままでも美味しいですし、ガーリックと一緒も相性抜群、塩・玉ねぎと梅肉・鰹ダシのきいた紅葉おろし入りポン酢どれを使ってもやっぱり最高です! 私はサーロインも好きですがフィレが大好きです! なぜか子供はガーリックフライが気に入ったようでボリボリ食べていました・・笑 最後は釜で炊き上げた ガーリックライス・あおさのお味噌汁・ゴーヤと大根のお漬物です! ここまでで比較的お腹も満足しているのですが、普通にペロりです! ガーリックライスってなんでこんなに美味しいですかね?ゴーヤのお漬物もとても美味しかったです! これだけ食べて飲んでかなり満足なんですがこの後はデザートです。 ちなみに飲み物はビールやワインやシャンパンなど様々なものが用意されていて、 ワインペアリングなどもあります。 それではデザートに向けてお席をソファー席に移動です! カウンター席の後方に2テーブル用意されているのでゆっくりしながらデザートを楽しむことができます。 KISEコースの デザートはココナッツとグアバのムースをホワイトチョコレートのコーティングで固めたものです。 もったいないですが全て崩して混ぜてから食べるようで、全てが絶妙なバランスでちょうどいい甘さでした。 また妻がココナッツがダメなので、妻は冬瓜の寒天とレモングラスのアイスをいただいていました。 私はアイスを少しもらいましたが、個人的にはこちらの方がさっぱりとしていて好みでした。 正直8品全てが大満足で本当の意味で満腹でもありますし、気持ち的にもお腹いっぱいな贅沢コースでした! 喜瀬は子連れでも大丈夫なのか・・? さてこれだけの高級レストランに小さな子供が一緒でも大丈夫なのか? じっとしてられなくて走り回らないかな?子連れのご両親は特に心配ですよね? 結論として 子連れでも大丈夫です!! もちろんですが走り回ってもいいという訳ではなく、最低限のマナーは必要かと・・。 ここでいう「大丈夫」は お子様が入店NGではないという意味での大丈夫です。 お店を予約する際に子供も一緒であることは必ず伝えておけば、座席などの配慮はしてくれると思います。 また料理提供間隔も子供の状態に応じて早めてくれたりもしてくれますのでご安心を。 また 予約時間も17:30や18:00を選択されるといいと思います。 というのもこの時間帯は他のお客様が少なく、概ね19:00以降から多くなる印象です。 提供できるお子様向けのお料理もリッツカールトンは豊富で、喜瀬に限らず全てのレストラン共通のメニューが選択できます。 うちの子はパスタが食べたいとのことでしたがパスタではなくミートソースのペンネしかなく、シェフに相談したら快くミートソースのパスタに変更いただきました。 このように柔軟に対応いただけるのも親としてはありがたいポイントですよね。 当然ながらなんでもリクエスト可能という訳ではなく、あくまでも可能な範囲でということですが・・。 ちなみにこのミートソースのパスタは大人が食べても非常に満足のいくお味でしたので子供にはもったいないくらいです。 喜瀬にはランチで喜瀬バーガーも食べられる!• 営業時間:毎週日曜日12-15時のみ• それがマリオットボンヴォイ会員限定の割引です。 割引額に関しては以下の通りです。 夫婦で27,000円のコースとアルコール少々に子供の料理で合計70,000円くらいだったのが55,000円くらいの請求でした。 プラチナエリートは年間50泊必要なのでかなりハードルが高いですがゴールドエリートならあなたもすぐなる方法があります! 条件である年間宿泊実績25泊は必要ありません。 年間25泊となると安くても35万くらいは最低必要になると思うのでそれに比べればかなり安いですが・・・。 しかしこのカードは 年会費以上の価値を提供できるポテンシャルがありますのでかなりおすすめです!• マリオットボンヴォイのゴールドエリートになれる• 更新時にマリオット無料宿泊券がもらえる• 通常100円決済で3ポイントもらえる• ポイントでマリオット系ホテルに宿泊可能• アメックスカード独自の特典も付与 などなど年会費以上の特典が得られますので非常におすすめです。 詳細については「」という記事で紹介していますのでご参考にお読みください! ぜひマリオット系ホテル内のレストランなどを利用の際は最低限でもマリオット会員登録を! よりお得に割引されるならSPGアメックスカードの発行を検討してみてください! まとめ 今回は リッツカールトン沖縄にある 鉄板焼きレストラン喜瀬のKISEコースをご紹介しました! 店内の様子やコース内容など全てにおいて最高の時間を過ごすことができました。 KISEコースは8品27,000円と安くはないコースですが、それ以上の体験をできるのは間違いありません! 記念日などの特別な日や特別な方との大切な時間をぜひ喜瀬にお任せしてみてはいかがでしょうか? きっとあなたも最高のときを過ごすことができると思いますのでぜひ沖縄にご旅行の際には検討してみてください。 その際はぜひ マリオット会員登録や SPGアメックスカード発行などでお得に利用することをおすすめします。

次の