デロイトトーマツコンサルティング 離職率。 アクセンチュア・BIG4(デロイト・KPMG・PwC・EY)・アビームの「年収・給与・ボーナス・残業代・福利厚生」

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社ってブラックなの?IT系求人はここを見ろ!!

デロイトトーマツコンサルティング 離職率

給与水準:新卒の場合は最初「ジュニアスタッフ」の肩書きがつき、給与は一般の大企業より若干多いくらいです。 中途は交渉次第の給料、職位になります。 その後、毎年4000円~(JS,Sの場合)の昇給があるが抜本的な給与上げはやはり昇進時です。 一方で、SSに上がったあと、次の段階(マネージャー、管理職)にあがらないで40代まで停滞するメンバーも多く見かけます。 ここは年功序列が効かないイメージです。 給料の上げ下げは昇給に強く紐づいています。 ボーナスは年に3回、秋・冬は1か月の固定、9月は個人・事業・ユニットの業績に応じた分配の形で1か月半分です。 入社初年度は半年はボーナスがなく、後半には在籍日数に相応の金額が入ります。 若いうち月収を一番一番左右する要素は「残業代」です。 そこまで豊かな生活を送ることもできないかもしれませんが、スタッフ以上の級は少ないものではありません。 昇進の前に昇給上げ下げの機会はほぼないため、転職者は入所時の交渉が大切です。 一方で高くもらって降格になるケースは珍しくないです。 口コミ投稿日:2020年01月 4日.

次の

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)の真実〜コンサル転職・激務情報〜

デロイトトーマツコンサルティング 離職率

金融機関名は公表されていないが、米ニューヨーク証券取引所に上場するとみられる。 三菱UFJが2015年にSECに提出した資料で、トーマツ幹部の預金残高が限度額を超え、独立性ルールに抵触していたと開示していた。 天野氏は同年7月末にトーマツのCEO職を辞任した。 SECのルールでは会計監査の独立性を保つために、監査法人の幹部や監査チームのスタッフが、監査担当企業の銀行口座に一定水準を超す金額を預けないように求めている。 日本企業の場合、預金保険機構の保険限度額(1千万円)がこの水準に当てはまる。 天野氏は三菱UFJ傘下の銀行に口座を持ち、預金額が一定期間、1千万円を超えていたとみられる。 この間、三菱UFJはトーマツの監査報告書を添付してSECに財務書類を提出していた。 SECによると天野氏の違反は14年3月にトーマツ内で発見されたが、監査先の金融機関に伝達されたのは15年に入ってからだった。 さらに別の調査によってトーマツに所属する計88人が「独立性ルール」に違反していたことが判明したという。 SECはトーマツの違反発見後の対応のまずさや、ずさんな監督体制を問題視し、今回の重い処分につながった。 トーマツは「品質管理態勢への影響はない。 今後とも監査品質の向上に最善を尽くす」とコメントした。

次の

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社ってブラックなの?IT系求人はここを見ろ!!

デロイトトーマツコンサルティング 離職率

就職市場において絶大な人気を誇るコンサルティング会社。 商社・メガバンの人気が落ち、コンサルティング会社の人気は近年うなぎ登りです。 東大生の人気企業ランキングでも上位はコンサルが大半を占める形になりました。 マッキンゼー、デロイト、アクセンチュア… ここら辺の企業は耳にしたことがある方も多いはず。 コンサル会社は難易度の高さからトップ就活生が受けることでも有名ですね。 そのためか入社難易度の議論が尽きない。 そこで生まれたのが 就職偏差値。 今回はまずコンサルティング会社の就職偏差値を紹介していきます。 それに加えてコンサル会社の大まかなグループ分けも説明してるので是非最後までご覧ください。 では早速見ていきましょう! ・外資系戦略コンサル ・日系戦略コンサル ・Big4(会計コンサル) ・シンクタンク系 ・IT系コンサル それぞれ詳しく見ていきましょう。 1.外資系戦略コンサル マッキンゼー・ボストンコンサルティンググループ・ベインアンドカンパニー…etc 言わずと知れたコンサル界のトップ達。 コンサル会社と言えば戦略のみを指すという方もいるくらい。 ずば抜けて賢い人が多い。 日系大手のような学歴フィルターをかけることはないが、自然と高学歴のみに偏る。 東大が当たり前の世界。 業務内容は戦略策定など案件の上流部分を担当する。 2.日系戦略コンサル DI(ドリームインキュベータ)・IGPI(経営共創基盤)・CDI こちらは日系の戦略コンサル。 ネームバリューで外資系戦略コンサルに劣るが、内定者レベルは外資系に引けを取らない。 業務内容は上記の外資系戦略コンサルと同じ。 ただDI・IGPIはコンサルだけでなく、事業投資も行う。 ベンチャーキャピタルみたいなことも行っている面白い企業。 3.Big4(会計コンサル) デロイト・PwC・EY・KPMG すべて外資系の企業で監査法人を源流とする。 世界的に見るとどの企業もトップレベルのコンサルティング会社である。 ただ日本の市場においては別物という認識が必要。 デロイト・PwCは日本でもある程度事業の拡大に成功しており、新卒を育てる文化もある。 一方、EY・KPMGは日本ではまだベンチャー程度の規模である。 新卒でも即戦力が求められる。 業務内容は戦略策定からシステム導入まで多岐に渡る。 これがなんでも手掛ける総合系と言われる理由である。 big4は業界内でも比較的志望者の多い層だと思うので、別途「 」という記事にまとめました。 4.シンクタンク系 野村総研・三菱総研・大和総研・日本総研…etc シンクタンク系又は総研系と言われたりもする。 コンサルに加えリサーチも重点的に行う企業達。 普通のコンサルティング会社に比べ官公庁を相手に仕事をする機会が多い。 業務の特性上内定者の院生率が他のコンサル会社よりも高く、研究者体質の学生が好まれる。 ただ野村総研のみはかなりの体育会という噂も。 5.IT系コンサル アクセンチュア・アビームコンサルティング・IBM(コンサル)…etc Big4と同格レベルで業務がIT寄りのコンサルティング会社。 アクセンチュアなんかは就職人気企業ランキングの常連。 主にITシステムの導入を業務とし、パッケージに強みを持っている。 (アビームコンサルティングであればSAPと戦略提携を交わしている。 ) ただそういう案件ばかりでなく、戦略系の案件も豊富にある。 こんな感じでコンサル系は大きく5つに分類されています。 コンサルの役職や日常については「 」に詳しくまとめたので参考にしてください。 コンサル業界就職偏差値ランキングの概観 皆さんは就職偏差値ランキングにどのような印象を受けるでしょうか? コンサルティング業界の難易度の傾向として 戦略>それ以外 が挙げられます。 コンサルティング業界志望者で戦略と総合の違いを悩んでいる人がいますが、要するに難易度です。 総合の方がより現場に近いという分け方も出来ます。 ただ、戦略もどんどん現場に出ているのでそれほど有効な違いは見いだすことが出来ません。 戦略コンサルといえば、就活では外資系金融と双璧をなします。 「 」の記事でも触れていますが、戦略コンサルでも厳密に言えばMBBレベルのトップティアから日系の独立戦略コンサルなど入社難易度も様々です。 余談ですが、個人的にコンサル業界のスライドは芸術品だと思っています。 コンサルのジョブやインターンではスライドを披露する機会が多くあります。 ただ、 「コンサルで実際に使われたパワポって見たことないな…」ってことで コンサルのコンペで使われた 【実際のスライド】をまとめてみました。 個人的にはデロイト・野村総研あたりのスライドが見やすくて好きです 笑 自分に合ったコンサルティング会社を選ぼう ここまで散々難易度について説明してきました。 ただ難易度の高い企業にいくことを勧めているわけではありません。 むしろ無理して、戦略コンサルを志望するのはおススメしません。 某外資系戦略コンサルでは入社してから2週間試用期間があります。 その試用期間の内に内定者の半分が切られたという噂もあるくらいです。 上記の業務内容なども参考にしつつ、自分に合う企業を探すのが一番です。 余談にはなりますが、コンサル志望はESに力を入れるといいですよ。 就活界隈では有名な話ですが、 コンサル志望者のESって結構質が低いことが多いので、質の高いものがあると面接官の印象に残りやすく、そのあとの面接もスムーズにいくことが多いです。 特にコンサル志望者は早期に動き出し、はじめは周りに就活生も少なく手探りの状況でESを出すことになると思うので、 とか使って内定者のESを参考にするといいと思います。 内定者ESの文章テンポって読み込むことでしか理解できないと思うので、是非参考にしてください。 他の業界もコチラの記事と同様にまとめてみました。 記事を見ればその業界の概要がすぐに分かるようになっているので、興味のある方はチェックしてみてください。

次の