ゴースト リコン ブレイク ポイント 評価。 【ゴーストリコン ブレイクポイント】Vol.2~敵に気付かれないように~

ソロでも十分楽しい‼おすすめ設定、難易度でゴーストリコンブレイクポイントを楽しむ! 楽しみ方を伝授します!

ゴースト リコン ブレイク ポイント 評価

20点 『ゴーストリコン ブレイクポイント』は敵地で孤立した兵士の感情を正確に表現した初めてのゲームかもしれない。 「絶望」。 『ゴーストリコン ブレイクポイント』は悲惨な経験だ。 世界を移動するのは面倒で、ミッションは鈍くて反復的。 はっきりさせておくと、私は多くの問題を抱えた『ゴーストリコン ワイルドランズ』のファンではなかった。 しかし、前作にかすかな光があったのは事実であり、『ゴーストリコン ブレイクポイント』での改善を願っていたのだが、残念ながらそうはならなかった。 『ゴーストリコン ブレイクポイント』メタスコア メタスコアは 前作『ゴーストリコン ワイルドランズ』 と比較すると、 59点 や 53点 に近い今作のメタスコアは衝撃的な数字です。 バグや課金が嫌われているのは当然としても、多くのメディアが「これまでのUbisoftゲームでお馴染みの要素がごちゃまぜになって調和せずに詰め込まれている」と酷評しています。 いわゆる「UBIオープンワールド」はテンプレ的だと揶揄されながらもその物量や美しいグラフィックが人気を集めてきましたが、「出来の悪いテンプレ」への不満が今作で爆発してしまったようです。 gamesindustryのUBI CEOによれば、Ubisoftは今後もオープンワールドゲームを作り続けるということです。 オープンワールドの規模が大きくなるにつれて必要とする開発費と人材の規模も大きくなりますが、同時に多くのユーザーを惹きつけることができるようになり、また必然的に長期化するプレイ時間の中で提供されるDLCや課金誘導が収益に繋がる、というわけです。 まさにこうしたやり方が批判の対象になっているように見えますが…。

次の

ソロでも十分楽しい‼おすすめ設定、難易度でゴーストリコンブレイクポイントを楽しむ! 楽しみ方を伝授します!

ゴースト リコン ブレイク ポイント 評価

シリーズ物だが前作との方向性が違い過ぎて別タイトルに思える• UIが最適化されておらず、操作性と快適さが悪い• アイテムのジャンク指定ができない• トレハン要素によってマルチでのテンポが悪化• ストーリーが短く不完全燃焼• メインクエストのみで進むとボリューム不足• サバイバル要素が中盤以後機能しなくなるなど、落とし込み方が甘い• グラフィックが前作よりも荒い• コスチュームの種類が少なく、前作よりもカスタムの幅が狭い• 実用系の課金アイテムが多すぎる• 非常にバグが多い 総合評価:60点 前作と方向性が全く異なる作品となったため、賛否両論の嵐となっている本作。 正に名の通りのブレイクポイント 分断点 となりました。 しかし、私としては非常に楽しめたかなという印象です。 ソロ・マルチどちらもプレイしましたが、遊び幅も多くこれ1本で色々な楽しみ方ができるなぁと思いました。 ブレイクポイントの良さと改善点 確かに面白く、自由で密度はあった。 但し、どこか中途半端で詰めが甘い。 では、そんな評価に至った理由を解説していきましょう。 ワイワイ系ステルスゲーム 方向性をガラリと変えてきた本作。 私の印象としては、PSPソフト「メタルギアソリッド:ピースウォーカー」のような、Co-opでワイワイ楽しむ潜入ゲーに仕上がっているのは非常に良かったと思っています。 フレンドと一緒にドンパチしたり、ヘリでドッグファイトしたり、無理やり崖から飛び降りたりと、ふざけたプレイで潜入する楽しみは十分にあります。 前作の高難易度の理不尽さは改善され、撃ち合いをするとこちらが即死するようなことはなくなりました。 なのでステルスでもドンパチでも攻略できる自由さは楽しかったと思います。 また、シンクショットが実質回数制限になったため、ドローンカメラで指示するだけのゲームになっていないことも高評価。 逆に言えばソロが若干難しいかな…という気もしなくもないですが、Co-op前提として設計されている節があるので、誰かと一緒に楽しむきっかけになるのは良い事ではないでしょうか。 ギアスコア制度も導入され、ゴリ押しを防ぎ、武器を乗り換えないといけない状況に追い込んで現地調達感を出しているのも楽しかったです。 この手のハクスラゲーが好きな人には、苦も無く楽しめるし、無心で装備厳選できるでしょう。 今後、装備トレードやUIの改善が来れば、Co-opでより快適に楽しめるのではないかと思っています。 ストーリー重視ではなくなった分、サイドクエストは非常に充実。 デイリーイベントも多くあります。 装備を集めるという理由が生まれたことにより、ストーリーを無視して自由に探索・潜入する楽しみは前回よりも広がっている気がします。 いきなりストーリーをやるもよし、ギアスコアを限界値まで引き上げてから、俺TUEEEEEモードでストーリーを攻略するのもよし…と、選択の幅が広がったのは良かったです。 事実、筆者はGS200以上になるまで一切ストーリーをやらず、片っ端からロケーション周りをして楽しんだほどです。 自主性・能動性のあるプレイヤーには、かなりツボだったかと思います。 装備集めゲームなのにジャンク指定が出来ず、1個ずつ装備を分解したり、1個ずつアイテムをクラフトしたりする点が非常に不満でした。 おかげでアイテム整理の時間が長引くことでCo-opで人を待たせなければならず、大きな欠点です。 ゲームデザインに置いて、自由な時間を奪うデザインは排除されねばなりません。 UIデザインを得意とするUBIにしては、恐らく歴代最も最悪のUIであり、相当に詰めが甘いと思いました。 そして、肝心のストーリーは非常に短く未完結であり、消化不良感は凄まじくあります。 前作はストーリー進行型ゲームだった分、物語のボリュームは非常に富んでいましたのでこれはマイナスポイントかと。 原作者は既に他界し不在ですが、ポリティカルなストーリーがトム・クランシーシリーズの代名詞だと思うので、もう少し頑張ってほしいところです。 愛国者たちはMGSの世界を牛耳っている裏の組織。 更に言えば、ハクスラ・トレハン要素によって、前作のようないきなり強武器のあるエリアに突撃して、ボスをなぎ倒すようなRTA的プレイがし辛くなったのも残念な点。 極めつけは、散々ウリにしていたサバイバル要素がおまけ程度であり、ほとんど機能していませんでした。 よって「メタルギアソリッド3」のようなイメージを持ってプレイするとガッカリするという点もあげられます。 今後、更に高難易度を追加し、食事と水、睡眠を定期的に取らないと死ぬといった要素を追加し、より現地調達・よりサバイバルな要素を増やした方が楽しめると思いました。 フルプライスでゲームを購入するタイトルなのにもかかわらず、基本無料MMOゲームのような課金制度は個人的に賛同しかねます。 コスチュームも前作より幅は狭く、カスタマイズ要素も劣化しています。 キャラクリのやり直しがいつでもできないのもマイナスです。 前作ワイルドランズの方がキャラクターカスタマイズに関して圧倒的に優れています。 更に、グラフィックは前作より荒いので、要求スペックのわりにどこかのっぺりしています。 欠点を補う楽しさは確かにありましたが、期待されたゴーストリコンシリーズとしてはまだまだ不出来だとおもいます。 発売延期をしてでも詰めるべきだったと思います。 総評:色々惜しい! 以上の結果から、「面白いが詰めが甘いゲーム」という総評になりました。 ブレイクポイントはUBISOFTのここ10年の集大成と言える作品に仕上がっていますが、多くの要素をごった煮で詰め込み過ぎたせいで、かえって器用貧乏なゲームになってしまってる印象もあります。 同社製ソフトである「ディビジョン2」と方向性が被り、自社競合している点も非常に惜しいと思いました。 開発側はもう少し企画を練り、デバッグをしっかりしてから発売してほしかったと思います。 ストーリーもメタルギアっぽさが非常に強く、UBISOFTがMGSのミームをしっかり受け継げるかが今後の楽しみです。 というわけで…今後はワイルドランズのような遊びやすいタイトルになるよう改善してほしいです。 色々実験したくなることも多くあります。 フリーロームは無限に遊べる楽しさと密度があります。 それは間違いありません。 ハイテク化され密度の高い、アウロア島の大小様々なロケーションの数々。 ゴースト部隊の生き残りノマドとなって、敵拠点を片っ端から壊滅させてみませんか? 以上ボウマン、アウト。

次の

『ゴーストリコン ブレイクポイント』レビュー

ゴースト リコン ブレイク ポイント 評価

ゴーストリコンブレイクポイント評価感想まとめ!メタスコアは? まずは、ゴーストリコンブレイクポイントのメタスコアを見てみましょう!• メタスコアは 56点• ユーザースコアは 2. 6点 かなりひどい点数ですねw メタスコアの評価をまとめると• もっと面白くなったんじゃないの?• 課金要素が良くない• いろいろな要素を詰め込み過ぎてる• オープンワールドのゲームとして 「つまらない」わけではないけど、 前作から比べて 「良さがなくなってない?」という評価。 ユーザースコアがここまで悪いのは 「課金要素」が原因です。 フルプライスのゲームなのに「課金・課金・課金!」とかなり評判悪いです・・・。 海外での反応はこんな感じですが、 今度は日本の評価を見てみましょう! ゴーストリコンブレイクポイント評価感想まとめ!全体的な評価まとめ! 評価を一通り見てみましたが、まとめると以下の通り! 前作と、良くも悪くも、大きく変わった!前作のがよかった?• RPG要素が多くなり「ディビジョンぽい」という意見も。 全体の評価としては「賛否両論」• UIがわかりづらい• 課金は不評• ソロではキツイ• coopは楽しい• オンライン専用にはしないでほしかった。 バグが多すぎ! この作品は前作『ワイルドランズ』の続編にあたるものなのですが、 評価の多くは 「前作のほうがよかった、かも?」というもの。 日本のユーザーの評価はそれほどダイレクトにひどいものが少ないですが、 明らかに「クソ」と評価する人もいるので、 海外の評価と合わせてもいい評価とは言えませんね。 銃のレベル要素、課金要素、そして「オフライン」でできない、バグが多いなど、 ゲームとして全体的には悪くないものの、 悪い点がかなり多くなってしまっているので、 評価が下がっているという様子。 ゲームとしては面白いのに、もったいないという雰囲気ですね。 まだ発売したばかりですが、この評価だと、これからもっと下がるような予感も・・。 ゴーストリコンブレイクポイントの評価感想まとめ!前作と、良くも悪くも、大きく変わった! この作品『ゴーストリコンブレイクポイント』は、前作「ワイルドランズ」の続編。 登場人物もストーリーも、前作を引き継いでいる設定です。 しかし、ゲーム性やユーザーインターフェース、 武器の仕様などの変更点が多くて、 前作が好きだった人からは不評。 でも反対の高評価をしている人も多くいます。 賛否が分かれてる!という印象ですね。 「ワイルドランスとは違うよね〜色々。 わたしは ブレイクポイントのが動きやすくて好きだけど、ワイルドランスしてた人の意見聞くとほんと半々」 「ワイルドランズの正統進化」 「ブレイクポイント、確かに前作からかなり変わったけど個人的に好きや…!!w」 「ゴーストリコンのオープンベータやったんだけど、明らかに前作とは比べ物にならないくらい進化してて、めちゃくそ楽しかった」 という雰囲気です。 前作が「好きすぎる!」「超ハマった!」という人には、 もしかしたらお気に召さないかも知れませんね。 ゴーストリコンブレイクポイントの評価感想まとめ!レベル制RPG要素が「いらない」? 今回、前作と違い、装備にレベル制が導入されているのですが、 それが「不評」な様子。 好きな人もいるみたいですが。 」 「現時点ではWLに比べてグラ劣化UI劣化余分なアイテムレベルとかいうRPG要素追加と褒めるところがあまり見つからない」 「銃のハクスラ要素マジいらねー」 RPG要素が悪いわけではないけど、 「なんか、他のゲームっぽい」という評価や感想が多かったです。

次の