横浜市 bcp。 1.1 BCP(事業継続計画)とは

川崎市:BCP(事業継続計画)の策定について

横浜市 bcp

ESRは7月16日、は神奈川県横浜市金沢区幸浦に敷地面積9万280m2・延床面積19万5270m2の4階建てマルチテナント型物流施設「ESR 横浜幸浦ディストリビューションセンター1」(横浜幸浦 DC1)を2022年1月末竣工に向け着工したと発表した。 <「ESR 横浜幸浦ディストリビューションセンター1」完成イメージ > <位置図> 横浜幸浦 DC1 は、横浜市金沢区幸浦の東京湾に面した立地で、首都高速道路湾岸線「幸浦 IC」より 1km、横浜港より15km、羽田空港より30km、東京港より40km、横浜中心部に近く、東京都心まで 45km、と日本の物流・国際貿易・経済にとり大変重要なエリアに位置。 需要の勢いが増すe-コマースや輸出入を伴う工業製品の高いニーズに対応できる希少な立地となっている。 さらに、2025年に開通予定の圏央道・横浜環状南線(戸塚IC〜栄JCT〜釜利谷JCT)により圏央道に直結し、東名高速道路他、主要幹線道路へのアクセスが格段に向上するため、首都圏のみならず全国広域への物流拠点として強みを有している。 最寄り駅は、横浜シーサイドライン「並木北」駅から700m・徒歩9 分と通勤に便利で、横浜市及び近郊の豊富な労働人口を背景に雇用確保にも優位な立地。 同敷地内に物流施設2棟を建設する計画で、第2期は2021年6月着工・2023年1月末竣工、敷地面積9万282m2、延床面積19万5000m2を予定している。 総投資額は1期・2期合計で約1000億円を見込んでいる。 建物は、物流オペレーションの効率性と安全性を重視した建築計画としている。 上り・下り専用のランプウェイを結ぶ中央車路・バース式によって、各階にワンウェイでアクセスでき、物流効率性と安全性を重視した建築計画としている。 荷物の積み下ろしのためのトラックバースは、1階南側は低床式、北側は高床式、2・3・4 階は高床式とし、1階55台分、2~4階各 50台分、合計205台分を配置する。 1階低床バースのシャッターはウィング車(側面の扉が開き荷物を両サイドから積み下ろし出来るトラック)のオペレーションにも対応できるよう、高さ5. 3mを確保している。 また、敷地内に港からのコンテナ需要に対応できる大型トレーラー待機場54台、トラック待機場4台も完備する。 倉庫部分は有効面積を広く活用でき、より効率的な保管と作業を可能にする設計にした。 最小賃貸区画は約920坪(3036m2)、小割フロアも設け、最大34テナントへの分割が可能。 重量のある大型荷物にも対応できるよう、1階は2. 5tのフォークリフトが走行可能。 1mと使い勝手を考えたワイドスパンを実現。 事務所は車路を通行せずに外部から直接アクセスできるように南北のセンターに配置し、安全な人の導線を確保している。 特別高圧電力の供給により、ロボティクス、マテハン、人用空調、ハイスペックなシステム導入など多様なニーズに応えることができる。 また、女性のためのアメニティとして、個別ブースを備え座ってメイク直しなどができるパウダールームも数か所に配する。 さらにドライバー休憩室やシャワー室も完備し、多目的スペースも設置する予定。 <庫内配置図> さらに、環境への取り組み、BCP(事業継続計画性)対策では、再生可能エネルギーを積極的に活用し、省エネルギーで将来を見据えた持続可能な設備計画をしている。 CASBEE Aの基準を満たし、認証も取得予定で、全館LED照明、トイレ・喫煙室・共用部に人感センサーを設置し不使用時は消灯するなど環境配慮型照明システムの導入や、屋上に太陽光発電システムを設置する計画だ。 また、敷地北側にはこの地で30年余たくましく育ってきた豊かな樹木と池を保存するビオトープエリアを設置。 これはESRの自然と共生する物流施設の実現への取り組みで、ABINC認証も取得予定。 BCP対策として、非常用自家発電設備を設置し、停電時でも一定時間、防災センター、人用エレベーター、トイレ等が使用可能。 また、免震構造により、従業員と荷物を地震発生時のリスクから守る。 横浜幸浦 DC1は ESRにとって全国で25件目、神奈川県ではは「レッドウッド生麦DC」、「ESR 川崎夜光 DC」(2021年4月末竣工予定)、「ESR 茅ヶ崎 DC」(2021 年6月末竣工予定)に次ぎ、4件目の着工となる。 ESRのスチュアート・ギブソン代表取締役は「「横浜幸浦 DC1はESRとして初の免震構造の施設。 より快適に過ごしていただけるよう、託児所、ラウンジ、スカイデッキ、ショップなど充実したアメニティに加え、日本の経済成長とともに、30 年以上生き抜いてきた豊かな植栽に引き続き息吹を与え、季節の移ろいも楽しんで頂ける空間も作る。 また、近隣地域の雇用創出などで地域経済にも寄与し、地域との共生も目指す」とコメント。 さらに「6月末にアジア最大の尼崎 DCが竣工したばかりだが、ESRグループ内でも最大規模の横浜幸浦 DC1を着工できたことは大変喜ばしいこと。 さらに進化する物流施設の完成にご期待を」と述べている。 (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日).

次の

BCP(事業継続計画)

横浜市 bcp

お知らせ• 外来・入院• 入院のご案内• 外来のご案内• 専門外来• センター・診療科・部門• センター• 診療科• 看護部のご案内• 診療サポート部門のご案内• 人材開発センター• TQM• 高齢者総合ケアチーム• スキルトレーニングセンター• 治験管理室のご案内• 東部病院の採用• 当院について• 東部がんセンター• 最先端医療の提供• 東部病院とは•

次の

1.1 BCP(事業継続計画)とは

横浜市 bcp

この記事の内容• 横浜市新市庁舎の概要について 横浜市新市庁舎は、みなとみらい21エリアと関内エリアの中間に位置しています。 施設概要は、以下のようになっています。 新横浜市庁舎に隣接している「横浜アイランドタワー」の高さは120m。 このビルとの連続性が出るように、新横浜市庁舎の高層棟は140mと155mに分割されています。 外装の色は微妙に違うさまざまな白で構成されており、方向によって見え方が変わるので、まるでシルクのような質感です。 建物の周りにはたくさんの緑と歴史的遺構を配置 新市庁舎の建物の周りには下記のように、たくさんの植物が植えられています。 敷地の四隅にはシンボルツリー(タブノキ、イチョウ、ケヤキ、アラカシ)を配置• 道路沿いには、街路樹に合わせた樹木を配置• アトリウムのガラス壁面に沿って緑を配置• 行政棟と議会棟の谷間に階段上の緑の丘 また、建設地から出土した下記のような古い建物などの遺構も展示されています。 大岡川石積み護岸• 航路標識管理所倉庫基礎など• 横浜銀行集会所建物基礎• 関東大地震で隆起した地層• 旧本町小学校の基礎 敷地内では、上記のような明治時代の建物の一部や関東大震災で倒壊した建物の基礎などを見ることができます! 横浜市新市庁舎のBCP対策は? BCPとはBusiness Continuity Planningの略で、事業継続計画のことです。 地震などの自然災害が発生したときに、建物機能の損害を最小にとどめ、事業が継続できるようにする、またはすみやかに復旧できるように計画することを指します。 新横浜市庁舎は、国内最高クラスの耐震性能を備えていて、地震・構造モニタリングのシステムも導入されています。 このシステムは地震が起こる前に揺れの予測を行い、エレベーターを自動で最寄りの階に停止させ、自動放送も行われます。 また、地震発生後も建物の状況が計測され被害状況をすぐに把握できるので、建物のダメージを正確に把握し避難誘導をスムーズに行うことができるということです。 耐震性能は、免震と制振を組み合わせた「ハイブリッド免震」が採用されています。 免震……免震装置が左右にゆっくり変形することにより、地震の揺れが建物に伝わりにくくなります。 制振……制振装置が地震のエネルギーを吸収し、建物のダメージを抑えます。 ハイブリッド免震が採用されたビルは、震度6強〜震度7程度の大きな地震でも、建物のダメージや什器の転倒を防止し、業務が継続できます! 大地震で業務が継続できるのであれば、弱い地震だったら気付くこともないのかもしれませんね。 さらに行政棟の屋上には約100kWの太陽光パネルやヘリポートが設置され、災害時に利用できるように計画されています。 横浜市新市庁舎の環境性能は最高ランク 新横浜市庁舎の建物には、さまざまな環境技術が取り入れられています。 通常高層ビルの窓は開けられませんが、新横浜市庁舎の窓には自然換気専用のパネルが設けられているので空調機器を使う頻度を抑えることができます。 また、輻射空調で省エネと同時に快適なオフィス空間が作られます。 さらにDHC(地域冷暖房)、地中熱空調、燃料電池も採用されています。 輻射空調とは? 輻射空調とは、天井裏の細い配管内に冷水や温水を流すことにより、じんわりと室温の調整を行う空調方法を指します。 風を使用しないので快適です。 DHC(地域冷暖房)とは? DHC(地域冷暖房)とは、周辺エリアの複数の建物で使用する空調のための冷水や温水を1カ所の熱供給プラントで作り出し、共有するシステムです。 省エネルギー効果が高く、環境に優しいのが特徴です。 地中熱空調とは? 地中熱空調とは、その名のとおり「地中熱」を利用した空調システムです。 地中の温度は1年を通して安定しています。 そのため地中を通した循環水は、夏は冷やされ冬は温められます。 この循環水を空調に利用することにより、外気温を利用するより使用電力は少なくなります。 新横浜市庁舎では、1階の屋根付き広場(アトリウム)などで利用されるということです。 燃料電池とは? 燃料電池とは水素と酸素で発電する発電システムです。 発電効率が高く、排出物は水で大気汚染の元となる二酸化炭素や窒素酸化物もほぼ排出しないので、環境に優しいのが特徴です。 太陽光発電や風力発電のように、天候や環境に左右されず安定しているのもポイント。 宇宙船でも燃料電池が採用されているそうです! 新横浜市庁舎では、200kWの電池が導入され、市庁舎内で使用する電力の約10%がまかなわれます。 横浜市新市庁舎のフロア構成は? 新横浜市庁舎は、地上32階、地下2階の高層ビルです。 フロア構成は以下のようになっています。 8〜32階 行政機能 5階〜8階 議会機能 1階〜3階 市民利用施設 LUXS FRONT (ラクシスフロント) 地下2階〜地下1階 駐車場 6階〜8階には3層吹き抜けの議場が配置され、親子傍聴席や授乳室も配置。 また、5階には委員会室があり、各室に一般傍聴席と記者席が設けられています。 3階はグランドロビーで、議会と行政のエントランスがあります。 また、議会エントランスの先には市会図書館や市会PRコーナーが配置されています。 低層部の商業施設には、市民協働のスペース、飲食、物販、サービスなどが入居するということなので、にぎやかな雰囲気になりそうです。 低層部横にはアトリウムが設けられ、さまざまなイベントが行われる予定です! 他にも水辺広場や橋詰広場が大岡川沿いに配置されます。 ちなみにこのビルは、逆打(さかうち)工法が採用され、工期が短縮されているということです。 逆打(さかうち)工法とは? 逆打工法は、建物の地上と地下の工事を同時に進めていく工法です。 地下の工事が終わったあとに地上の工事が開始される一般的な工法とくらべて、工期が短縮されるのが特徴です。 地下鉄に直結したアトリウム アトリウムは、横浜アイランドタワーと行政棟の間に位置した屋根付きの広場です。 1階〜3階の吹き抜けとガラス張りの天井が広々とした空間を演出し、晴れた日には光がたっぷり入り込む気持ち良い空間です。 1階には270インチの大型モニターがあり、スポーツ観戦などを楽しむことも。 地下鉄馬車道駅の地下2階に直結していて、エスカレーターで移動することができます。 横浜市新市庁舎の仮囲いアートについて 新横浜市庁舎の工事現場の仮囲いには、「仮囲いアート」が展示されています。 テーマは「横浜・水・未来」。 横浜美術大学の学生による作品で、大岡川沿いで鑑賞することができます! 横浜市新市庁舎のコンセプトは? 横浜市新市庁舎の施設コンセプトは、「市民とつながる市庁舎づくりにより、横浜市民共有の財産として活用」することです。 下記の機能を持たせることを目的としています。 水辺や都市の結節点にあるという立地を活かし、施設の環境に反映させる• 横浜の街をつなげて、あらたなネットワークを作り出す• 横浜の文化や歴史を発信する• 食などの生活インフラを整える• ビジネスサポートの機能 LUXS FRONT(ラクシスフロント)の施設コンセプトや事業者は? LUXS FRONT(ラクシスフロント)の施設コンセプトは、 「YOKOHAMA PREMIUM PUBLIC (横浜市民が共有する付加価値の高いパブリックスペース)」。 開業日の6月29日(月)には、 4店舗がオープン、残り15店舗は今年夏頃のオープン予定です。 フロアマップはこちら。 フードホールには下記のテナントが入居します。 店舗名 ジャンル 開業日 もとまちユニオン ミニスーパーマーケット 横浜市場食堂 洋食・和食 シュマッツ・ビア・スタンド モダンドイツ料理 フレッシュネスバーガー バーガーカフェ 横浜中華そば 維新商店 中華そば Le mitron(ル・ミトロン) ベーカリー アクセス・駐車場情報について 横浜市新市庁舎は、みなとみらい線の「馬車道駅」と地下で直結しています。 駐車場は地下1階で、約180台駐車することが可能なようです。 また、議会や公用車用の駐車スペースは地下2階に別で配置されます。 横浜市新市庁舎のオープン時期は? 横浜市新市庁舎の全面供用開始とLUXS FRONT(ラクシスフロント)のオープンはともに2020年6月29日(月)です! ただし、LUXS FRONT(ラクシスフロント)では 4店舗がオープン、残り15店舗は今年夏頃のオープン予定です。 まとめ 横浜市新市庁舎の施設概要、コンセプト、LUXS FRONT(ラクシスフロント)について紹介しました。 敷地内には多くのみどりが配置され、レストランやカフェも入居するようなので、市役所としての機能だけでなく憩いの場としても賑わいそうですね! サトウ 13年間の社畜生活を経て2014年独立した広告屋。 Webを中心としたマーケティング全般に携わっています。 IT・Web・ガジェット大好き。 キッズにお金がかかる今は「安くて上質」をモットーに。 女性としてもママとしても楽しい人生を送っていけるよう、節約しつつほどよく消費して、いい感じの30代を送っていけたら幸せです。 カテゴリー• 112• 131•

次の