市立 川越 高校 野球 部。 市立川越高校

川越市立川越高校(埼玉県)の情報(偏差値・口コミなど)

市立 川越 高校 野球 部

上條将希投手(現伏木海陸運送)を擁して2014年夏の埼玉大会で準優勝を果たした川越市立川越高校。 その後も、2017年秋に関東大会出場(県大会準優勝)、昨年も春夏と県大会ベスト8に進出しており、激戦区埼玉でコンスタントに好成績を残している。 そんな市立川越の5月の練習を取材した。 1年生には無理をさせない 市立川越は1926年、埼玉県川越商として創立。 その後複数の校名変更があり2002年に現在の名称となった。 一時は高等女学校だったこともあって現在でも全体の7割が女子生徒だが古くから野球部も力があり、川越商時代の1989年には夏の甲子園にも出場。 巨人と中日で活躍した仁村薫選手や、長く社会人野球の鷺宮製作所でエースとして活躍し現在はコーチを務めている岡崎淳二投手は同校のOBである。 そんな市立川越だが公立高校ということもあって選手の全員は自宅生であり、この春のレギュラーも中学時代は学校の軟式野球部に所属していた選手が大半である。 そんな環境だからこそ、入学してくる1年生にはまず故障することなく高校生活、硬式野球に慣れることに何より気を使っているとチームを指導する新井清司監督は話した。 「うちに来る選手は普通に受験して入ってきますから、中学3年の夏の時期と比べても体(筋肉)が萎んだ状態で入部してくるんですね。 だから入学してから今の時期はとにかく無理はさせません。 今日も来週からテスト期間が始まりますから、授業が終わってからも勉強の時間にして、その後1時間くらい練習するだけで終わるのも早くしています」 普段の練習は授業が終わった後の15時30分頃にスタートするが、新井監督の話の通り、その時間にグラウンドに集合したのは2年生と3年生だけ。 勉強を終えて合流した1年生はまずトレーニングメニューを消化した後に、ボールを使ったゴロ捕球のドリルを行い、その後も早々に着替えてグラウンドを後にしていた。 翌日の土曜日は他校のグラウンドで練習試合が組まれていたが、1年生は学校に集合して勉強の時間にあてているそうだ。 またこの日行っていたトレーニングについても、動きについては上級生と同じものを行っていても、負荷は軽くしているという。 「うちは(鉄製の)プレートを持ったトレーニングをよくやるんですけど、1年生の最初のうちはグラウンドに置く(プラスチック製の)マーカーを持たせてやっています。 最初から重いものを持たせてやると故障に繋がりますので、まずはトレーニングの形、動きをしっかり覚えるという意味で軽いものを持たせた方がいいとトレーナーの方が言うのでそうしました」.

次の

【市立川越】コンスタントに好成績を残す公立校の取り組みと監督の考え

市立 川越 高校 野球 部

部活名 成績 野球部 平成30年度• 春季埼玉県高校野球大会 ベスト8• 全国高校野球選手権南埼玉大会 ベスト8 平成29年度• 春季埼玉県高校野球大会 第3位• 秋季埼玉県高校野球大会 準優勝• 秋季関東地区高校野球大会出場 平成28年度• 全国高校野球選手権埼玉大会 ベスト8 ソフトボール部 平成29年度• 全国高等学校選抜大会埼玉県予選 ベスト16• 関東公立高校大会出場 平成28年度• 西部支部新人大会 準優勝(県新人大会出場) バレーボール部 平成30年度• 関東大会埼玉県予選 ベスト8• インターハイ埼玉県予選 ベスト8• 全日本高校選手権埼玉県予選 ベスト8• 埼玉県新人大会 優勝 平成29年度• 関東高等学校女子バレーボール大会出場(43年連続44回目)• インターハイ埼玉県予選 ベスト8• 全日本高校選手権埼玉県予選 ベスト8 平成28年度• 関東高等学校女子バレーボール大会出場(42年連続43回目)• インターハイ埼玉県予選 優勝(インターハイ出場)• 全日本高校選手権埼玉県予選 準優勝 バスケットボール部(女子) 平成30年度• 関東大会埼玉県予選 ベスト8• インターハイ埼玉県予選 優勝(インターハイ出場)• 東海インターハイ1回戦突破(全国ベスト32)• ウインターカップ埼玉県予選 3位• 埼玉県新人大会 4位 平成29年度• 西部支部新人大会 優勝• 埼玉県新人大会 優勝• 関東高等学校新人大会全日本高校選手権埼玉県予選 ベスト8 平成28年度• 西部支部新人大会 準優勝• 関東高等学校新人大会全日本高校選手権埼玉県予選 ベスト8 体操部 平成30年度• 関東大会埼玉県予選 男子団体6位・女子団体10位• インターハイ埼玉県予選 男子団体7位・女子団体9位 平成29年度• 埼玉県高等学校新人大会 団体5位 平成28年度• 埼玉県高等学校新人大会 男子団体7位・女子団体8位 柔道部 平成30年度• 埼玉県新人大会 女子団体戦ベスト8• 関東大会埼玉県予選 女子団体3位• 埼玉県高校柔道選手権 女子団体戦ベスト8 平成29年度• 関東高等学校柔道大会埼玉県予選 女子団体3位・個人3位(2名)• 関東高等学校柔道大会 女子団体出場 平成28年度• 西部支部春季大会 女子団体3位• 県新人大会 男子個人無差別級優勝 山岳部 平成30年度• 国民体育大会山岳競技ボルダリング 個人優勝 平成29年度• 国民体育大会山岳競技ボルダリング・リード 個人3位 チアダンス部 平成30年度• 全国高校ダンスドリル選手権大会 関東大会3位・全国大会6位• 全日本チアダンス選手権大会 関東予選2位・全国大会3位 平成29年度• 全日本チアダンス選手権大会 関東予選3位・全国大会5位 平成28年度• 全日本チアダンス選手権大会 関東予選7位・全国大会7位 写真部 平成29年度• 関東大会出場 OA部 平成30年度• 全国高等学校情報処理競技大会 個人全国大会出場 平成29年度• 全国高等学校情報処理競技大会 個人全国大会出場• 全国高等学校情報処理競技大会 個人3位・Bクラス団体3位 平成28年度• 埼玉県高等学校ワープロ競技大会 3位• 関東地区高等学校ワープロ競技大会 団体日本語3位・英語優勝 吹奏楽部 平成30年度• 西部地区吹奏楽コンクール 金賞 平成29年度• 埼玉県吹奏楽コンクール 金賞• 東日本学校吹奏楽大会高等学校Bの部 金賞.

次の

市立川越

市立 川越 高校 野球 部

川越市立川越高校は、埼玉県川越市にある市立高校です。 通称は、「市立川越」。 学科は、「普通科」「情報処理科」「国際経済科」が存在しています。 普通科では、基礎学力と共に大学受験に対応できる能力育成を図っています。 情報処理科は、1人1台のコンピューターを利用してITを意識した教育をしています。 国際経済科は、埼玉県で唯一設置している学科です。 国際的なビジネスで活躍できる知識の習得を図ります。 部活動においては、運動部の活躍が目立っています。 女子バレーボール部は県内有数の強豪で、野球部も甲子園に出場した実績があります。 その他の部活動も県大会で上位に入賞する活躍を見せています。 出身の有名人としては、俳優の市村正親、女優の櫻井淳子などがいます。

次の