自殺 方法 簡単。 「自殺は悪いこと?」自分を殺すとなにが起きるのか

「自殺は悪いこと?」自分を殺すとなにが起きるのか

自殺 方法 簡単

質問一覧• 自殺は日本国内では違法なので教えることが出来ません。 仮に自分がするならどの方法でしますか? 」 というのに、私の記憶が正しければ「首吊り」と著者は答えたそうですが、その理由は何ですか?... 間も質問させていただきました、高校生です。 母に、わたしの気持ちなんてわからないのに…ほっといてよ!と言ってしまいました。 そうしたら、じゃあ言えばいいじゃん!と言われました。 しかし、たくさん理由があること、そし... 閲覧できる方法を教えてください 自殺したいとかではないのでお願いします... 王道の首吊りです。 欲が収まらず自殺方法を調べたり確実に死ねそうな場所を探す ・部屋が散らかっているのに片付けをする気がおきない ・食器洗いも洗濯もする気にならず溜めてしまう ・過去の辛い経験が頭から離れず早く消えたいと思う ・自分は... 無くなりたいです。 でも子供や親、仕事のことを考えると今は死ねません。 でも、自分が悪いのですが、この状況 から今すぐ逃げ出して無になりたいです。 でも今は出来ません、いざ死のうとしても色々方法を考えてもスタンダードな... 自殺方法をたくさん調べてしまいます。 彼のことが大好きだったので、これから先、恋愛なんてできる気がしません。 もう全部比べてしまって。 楽しい思い出がたくさん浮かんできて、毎日涙が止まりません。 私はこれから先ど...

次の

自殺

自殺 方法 簡単

生というのは死と間逆にあるものではありません。 生きていれば、人間確実に死にます。 死は生の延長線上にあります。 だから、貴方ばかりが死いついて、悩んで、苦しまなくても その時が来れば貴方は自分で決断しなくても死にます。 辛くて、悲しくて、苦しくて、それを理解して貰えない。 他の人は貴方ではないから、完全にそれを理解はしてもらえません。 それが貴方という固体であり自我です。 今考えているモヤモヤは大声を出して、若しくは自分の好きな事、例えば本や映画を読んでその世界に浸る事、スポーツでもなんでもいいです。 とにかくその頭の中身でグルグルしていることを全て汗や涙や声で出してみてください。 膿は全部出し切ると中々スッキリしますし、治りは早いです。 10年経とうが、20年経とうがこの先、貴方の悩みは 多くは貴方のことを9割ぐらい理解してくれる人が現れて、確実に解決します。 真剣に悩んだ人を、ずっとほって置くほど世の中は腐ってませんし、貴方には存在意義があります。 私は貴方のことは知りませんが、貴方には生きていて欲しい。 精一杯、生きて死んで下さい。 Q 自殺するのならば、 A.苦しまない B.失敗しない C.他人になるべく迷惑をかけない D.実現可能である。 E.恐怖感が少ない。 と言うのがベストだと思いますが、メジャーな自殺方法には大抵欠点が存在します。 例) 投身:Cが当てはまらず、外見が最悪。 そもそも痛そう 飛び込み:Cが当てはまらず、外見が最悪。 下手したら生き残る。 首吊り:高確率で苦しむ。 練炭:高確率で苦しむ、下手したら生き残る。 服毒:危険な薬物ほど入手難、よく生き残る。 また、苦しむ。 混ぜるな危険:高確率で周囲まで危険にさらす。 拳銃で頭を打ち抜く:拳銃の入手が難しい。 自傷:そう簡単には死ねない。 苦しむ。 何でこんな自殺方法がメジャーなのか、理解に苦しみます。 無味無臭、非可燃性のガスを使う方法が流行らない理由を教えて下さい。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー >苦しくないそうです。 妙に強気で断言されていますが、まさか経験があるわけではないでしょう? 窒素吸入による酸欠死ですか…。 確かに窒素中毒には他幸感があるらしいから、「苦しさ」の少なさ(推定)は魅力なのかもしれませんね。 しかし、「窒素を充満させた密室状態」を作るのは、「一酸化炭素を充満させた密室」を作るのと同様に難しそうですね。 (でもその詳細を述べていただくことは結構です。 万が一実行する人が現れても困りますからね)ただ、質問の答えとしては、少なくとも多くの自殺者が、自殺の方法や窒素吸入に対して私程度の知識とイメージしかもっていない、ということなのでしょう。 ちなみに、私は、A・B・Dの理由から、自分が自殺する時は首つりか飛び降りだな、と考えています。 じゃあ、何故首つりや飛び降りがA・Bに該当すると考えられるかですが(Dについては判り切っているので省略します)、まず「首つり」についてですが、柔道の「絞め技」の例にあるように、失神するまでの時間は数秒程度ですし、中には、「慣れてしまうと気持ちがいい」なんて人もいます。 また、飛び降りについてですが、ある程度以上のの高さから飛び降りたら、どう考えても「即死」です。 苦しむ時間は短いでしょう。 しかし、実際のところ自分は経験したこともないし、実験による検証も不可能です。 自分が現在得ることができる知識から「比較的に楽そうだ」と推測しているだけで、実際自分がその方法で自殺を試みたら「うわ~! 苦しいじゃんか! 騙された~~~(泣)」と思いながら死んでいくのかもしれません。 さて、多くの自殺者にとって、AやDはともかく、B・C・Eはそれほど重要でしょうか。 死にたいぐらいに悩んでいる、いわば正常な思考状態に無いような人が「なるべく人の迷惑にならないように…」と論理的で冷静な思考をいつも持ち得るでしょうか。 死にたい…死にたい…死にたい…とリフレインのように繰り返す思考の中で、ピークに達したその場所がたまたま駅のホームで、通過列車のアナウンスが流れたら、電車が止まって何万人の人に迷惑を…とか考える余裕もなく、発作的に飛び込んでしまうこともあるかもしれません。 また、いわゆる睡眠薬自殺や、リストカットによる自殺を繰り返すようなタイプには、「死」という目的より、「死にいたる過程を自覚すること」でむしろ生の実感を得ようとする未遂者が多いような気がします。 彼らにとって、むしろ「確実性」は自殺の方法として魅力的ではなく、むしろ、無意識な「迷い」から「引き返せるものなら引き返せる」不確実な方法の方が自殺の手段として魅力的なのでしょう。 誰にも迷惑をかけない自殺なんて存在しません)スーパー自殺方法をご存じというなら、その方法はそっと胸に秘めて、自分が実行なさる時のとっておきにしておいていただくことをお勧めいたします。 >苦しくないそうです。 妙に強気で断言されていますが、まさか経験があるわけではないでしょう? 窒素吸入による酸欠死ですか…。 確かに窒素中毒には他幸感があるらしいから、「苦しさ」の少なさ(推定)は魅力なのかもしれませんね。 しかし、「窒素を充満させた密室状態」を作るのは、「一酸化炭素を充満させた密室」を作るのと同様に難しそうですね。 A ベストアンサー お呼びですか。 ハングマンズというのは結び方の事だと思いますが、要するに引っ張ると輪が縮む結び方ならば、全面から締められるので、血管の逃げ場がなくなり、落ちます。 落ちる、とは、柔道で言うところの「落ちる」であって即死という意味ではありません。 意識を失うという事です。 その状態で脳に血流が再開しなければ死亡します。 もやいのように輪が縮まらない場合は、先のとおりで、失敗する可能性もあるわけです。 例えば柔道で締め技で落ちますが、その時、手が自由なら引き手を掴んで首を廻すだけで血管が逃げる隙間が出来て締めが決まらなくなります。 理屈はこれと同じです。 もちろん、もやいでも、うまく血管を逃がさないように締まるような姿勢になれば落ちます。 但し、実際の首吊りでは、血管が締まって死ぬより、全体重が首にかかって頚椎離断で死亡する事の方が多いらしいです。 その場合は結び方は関係ありません。 A ベストアンサー あまり首の凝らない人にはなじみがないでしょうが、コリが酷くなると首が肩にめり込んでいるような感じになって、首を思いっきり引っ張ってもらいたいと思う事があります。 なんだかジャバラ付きストローを引っ張ったような感じになるんじゃないかと思うのです。 整体術では首にタオルを掛けて引っ張り上げる施術をする治療院もあります。 実際には顎と後頭部にかけて引くのですが、治療院にいけない場合など、自分でもタオルをかければ出来るんではないかと考えたりします。 一方首吊りはドアノブでも十分に出来ます。 詳細は書けませんが、ためしに壁に後頭部と肩だけをつけて寄りかかり、後頭部を壁から離さずに起き上がってみて下さい。 かなり苦労すると思います。 手が床ギリギリまでしか届かなければ、起きるのはかなり困難になるはずです。 彼は多分、顎にタオルを引っ掛けて、首を引っ張っているうちに、タオルが滑って首にかかってしまったのではないでしょうか。 自殺だとすればかなり知識がなければ思いつかないでしょうし、「ワザワザドアノブで?」とも思います。 慌てず腰を引いて壁につければ、多くの場合は助かるのですが、きっとパニックに陥ったのだと思います。 あまり首の凝らない人にはなじみがないでしょうが、コリが酷くなると首が肩にめり込んでいるような感じになって、首を思いっきり引っ張ってもらいたいと思う事があります。 なんだかジャバラ付きストローを引っ張ったような感じになるんじゃないかと思うのです。 整体術では首にタオルを掛けて引っ張り上げる施術をする治療院もあります。 実際には顎と後頭部にかけて引くのですが、治療院にいけない場合など、自分でもタオルをかければ出来るんではないかと考えたりします。 一方首吊りはドアノブでも十分に出来...

次の

【閲覧注意】絶対に行ってはいけない10の自殺の名所【死への誘い】

自殺 方法 簡単

自殺をどのような概念としてとらえるか、またその法律上の扱かわれ方は、時代・地域・宗教・生活習慣などによって異なっている。 欧米などキリスト教圏では伝統的に自殺は罪と見なされ、忌避されてきた。 現代世界における自殺を統計的に分析すると、たとえば2000年の統計を見ると世界で100万人が自殺している。 各国で、自殺は死因の10位以内に入り、特に15 - 35歳の年代では3位以内になっている。 自殺が、自殺者の家族や社会に対して及ぼす心理的影響・社会的影響は計り知れないものがある。 自殺が1件生じると、少なくとも平均6人の人が深刻な影響を受ける。 学校や職場で自殺が起きる場合は少なくとも数百人の人々に影響を及ぼす。 自殺は様々な要因が複雑に関与して生じる、とWHOは分析している。 ただし世界保健機関 WHO は調査の結果、2003年に「自殺は、そのほとんどが防ぐことのできる社会的な問題である」と明言し、適切な防止策を打てば自殺が防止できるとした。 自殺の名所の類型としてよく見られるのは、断崖絶壁や深山幽谷といった観光地である。 これらの場所では、仮に誤って転落や遭難したとしたら、生存の可能性はほとんどないような場所にいとも簡単に近寄れる。 このような場所を本能的に恐怖を覚えたり忌避する人もいるが、そうであるがゆえに、逆に自殺志願者にとっては「確実に死ねる場所」として格好の立地条件となってしまう。 これらの観光地は本来の意味でも「名所」であるために、もともと人が集まりやすく、その場所で自殺が多発して「自殺の名所」として有名になると各地から自殺志願者を引き寄せてくる悪循環が生じてしまう。 これをウェルテル効果といい、マスメディアの自殺報道に影響されて自殺が増える事象を指し、これを実証した社会学者のPhilipsにより命名された。 特に若年層が影響を受けやすいとされる。

次の