遺族 年金 シュミレーション。 何度聞いても分からない遺族年金(遺族基礎年金、遺族厚生年金)を今度こそ知りたい

遺族厚生年金(受給要件・支給開始時期・計算方法)|日本年金機構

遺族 年金 シュミレーション

年金加入者が死亡したとき、生計を維持されていた家族には遺族年金が支給されます。 遺族年金の種類は、• 遺族基礎年金• 遺族厚生年金 があります。 遺族基礎年金は国民年金に相当するもので、遺族厚生年金は厚生年金に相当するものです。 遺族年金も二階建てになっています。 遺族基礎年金 生計を維持されていた 子 死亡した人からみた続柄 がいる場合に支給されます。 子供三人目以降は一人につき74,800円• 子供三人目以降は一人につき74,800円 となっています。 ただし、厚生年金の加入月数300に満たない場合は、300月 25年 加入したとみなされます。 また、遺族厚生年金には、40歳以上65歳未満の妻で、子供が居ない場合に584,500円加算されます。 遺族基礎年金の支給対象者が子供ありに限られるので、その補填だと思われます。 中高齢寡婦加算と呼びます。 子供ありの場合の遺族年金.

次の

共働き夫婦の遺族年金は要注意!夫と妻で貰える金額は違う

遺族 年金 シュミレーション

遺族共済年金の受給資格 遺族共済年金は組合員が死亡したときにその遺族に受給権が発生します。 組合員の死亡といっても、組合員期間が短い場合もあれば長い場合もあるでしょう。 また障害共済年金の1級や2級に該当しているかもしれません。 これらは遺族共済年金の金額に違いがあります。 また、組合員期間でなくても、退職後に初診日から5年以内に死亡した場合も受給資格が得られます。 この場合、初診日において組合員でなければならず、そのときの傷病が原因で死亡している必要があります。 では、遺族共済年金は誰に支給されるのでしょうか。 次の項目を参考にしてください。 受給資格がある人は以下の通りです ア 組合員が、死亡したとき イ 組合員であった者が、退職後に、組合員であった間に初診日がある傷病により当該初診日から起算して5年を経過する前に死亡したとき ウ 障害等級の1級または2級に該当する障がいの状態にある障害共済年金の受給権者が死亡したとき エ 退職共済年金の受給権者が死亡したとき オ 組合員期間等が25年以上ある者が死亡したとき (出典:地方職員共済組合HP) 3. 遺族共済年金の受給権者 遺族共済年金は、遺族厚生年金と同様、組合員が亡くなった時に生計を維持されている必要があります。 その上で、受け取る順番が決まっています。 第一順位 配偶者及び子 第二順位 父母 第三順位 孫 第四順位 祖父母 例えば第一順位である配偶者及び子が該当すれば、第二順位以降が該当しても、受給権はありません。 第一順位で該当者がいない場合に第二順位、第三順位と判定していきます。 また、年金でいう子や孫は、18歳になった日以降の3月31日に達するまでの人をいいます。 では実際の受給額の計算方法を見てみましょう! 4. 遺族共済年金の計算方法 遺族共済年金の計算方法について解説します 遺族共済年金の計算方法は、平成27年9月30日までの加入期間があるかどうかにもよります。 まずは、遺族厚生年金と同じ部分を見ておきましょう。 厚生年金相当部分 まず厚生年金相当部分ですが、これは制度改正 年金一元化の改正ではない の影響で、平成15年3月31日以前と平成15年4月1日以降で異なります。 ですので、別々に計算し合計する算式となっています。 つまり、老齢厚生年金の額の4分の3を遺族年金として受け取れることになります。 次に、「平均給料月額」と「平均給与月額」の違いについてです。 給与とは、給料に加え諸手当や賞与を含めたものをいいます。 つまり平成15年3月31日までは、年金の計算に諸手当や賞与が除外されていたことになります。 このため、平成15年3月31日以前と平成15年4月1日以降では計算式が異なります。 中高齢寡婦加算 「ちゅうこうれいかふかさん」と読みます。 「かふ」とは夫を亡くした妻のことをいい、要件に合えば次の金額が支給されます。 平成28年度の中高齢寡婦加算の額 585,100円 要件が少し複雑ですが、夫に生計維持されていること、夫の死亡時に子のない妻が40歳以上であることなどの要件があり、要件にあえば、40歳から65歳まで支給されます。 <中高齢寡婦加算> (出典:地方職員共済組合) 7. 職域加算相当部分 最後に、公務員独自の給付である職域加算部分です。 これは厚生年金相当部分と数値が異なるだけで計算式は同じです。 125」が「1. 425」になっている点です。 125=0. 2」となるので、遺族厚生年金と比べて2割増加することになります。 では最後に平成27年10月1日以降の職域加算部分の取り扱いについて見ておきましょう。 また65歳以降年金受給中の方が、平成37年10月1日以降に死亡した場合、30分の1ずつ引き下げられ、平成46年10月1日以降は2分の1となります。 例えば経過的職域加算で20万円を受け取っていた場合を見てみましょう。 あくまで職域加算相当部分であり、厚生年金相当部分は4分の3のままです。 まとめ 年金の仕組みは複雑ですが、基本的な仕組みだけおさえておくと、相談やライフプランニングの際に役に立ちます。 実際に遺族共済年金 現在は遺族厚生年金 の金額を計算したい場合、次の情報が必要になります。 ・平成15年3月31日までの平均給料月額と組合員期間 ・平成15年4月1日以降の平均給与月額と組合員期間 平成15年4月1日から現在までの組合員期間と平均給与月額を計算すれば、現時点での遺族年金を算出することができます。 中高齢寡婦加算はその時になってみないとわかりませんので、除外しておくといいでしょう。 なお、組合員期間は最低でも300月 短期要件 とすることができます。 最後に300月で計算する場合の算式を紹介して、今回は終わりにしたいと思います。 <厚生年金相当部分 300月 の計算式> 300月とみなす場合、上記の計算で算出された金額を組合期間の総月数で割って、300でかけます。

次の

共働きの場合の遺族年金は不公平?夫が死亡・妻が死亡の場合

遺族 年金 シュミレーション

その金額は、現在の生活費の70%が一つの目安になっています。 世帯主に万一のことがあった場合、残されたご家族の生活費を現在の生活費から算出します。 ただしマンションなどの場合、管理費や駐車場代などの費用は、その後も支払いが続きます。 遺族年金支給額(概算額)早見表 平成27年10月版 単位:万円 平均標準 報酬月額 配偶者のみ 配偶者+子1人 配偶者+子2人 配偶者+子3人 年額 月額 年額 月額 年額 月額 年額 月額 自営業者(遺族基礎年金) 月収にかかわらず一律 0 0 約100 約8 約122 約10 約130 約10 会社員 ・公務員(遺族基礎 年金 +遺族厚生 年金) 20万円 約32 約2 約132 約11 約154 約12 約162 約13 25万円 約40 約3 約140 約11 約162 約13 約170 約14 30万円 約48 約4 約148 約12 約171 約14 約178 約14 35万円 約56 約4 約156 約13 約179 約14 約186 約15 40万円 約64 約5 約164 約13 約187 約15 約194 約16 45万円 約72 約6 約172 約14 約195 約16 約202 約16 50万円 約80 約6 約180 約15 約203 約16 約210 約17• 本早見表では中高齢寡婦加算は考慮していません。 本表の年金額は平成27年10月時点の支給額で算出していますが、単位を万円とし、万円未満は切り捨てで表示しています。 遺族厚生年金の金額表は、平成16年の年金制度改正後の法律が定める計算式で算出していますが、賞与が一定割合(年間3. 6か月分)支給される前提においては「平均標準報酬月額」で近似値が求められるため、簡易的に「平均標準報酬月額」のみで算出しています。 現役会社員・公務員死亡時の遺族厚生年金については、加入期間300月が最低保障されているため、本表について300か月加入の前提で年金額を算出しています。 また、各年金の年額・月額は、計算上の値のそれぞれ万円未満を切り捨てで表示している参考値のため、月額を12倍しても年額と合致しないこともあります。 厚生年金と共済年金が一元化されたため、公務員がなくなった場合も遺族厚生年金が支給されますが、経過措置により過去の加入期間に応じた旧職域加算に対応する年金が支払われるケースもあります。 実際の年金の支払いは、年額を6等分した金額が2か月ごと(偶数月)に、端数は最終支払月(2月)にまとめて支給されます。

次の