マクドナルド ポテト。 マクドナルドのポテトの値段|最もお得なサイズは何?

マクドナルドがポテトのクーポンを出さない理由wwwwwww: GOSSIP速報

マクドナルド ポテト

マックフライポテト(S)・・・約20円 マックフライポテト(M)・・・約20円 マックフライポテト(L)・・・約18円 このようになり、 1番お得なのはマックフライポテトのLサイズという結果になりました。 SサイズとMサイズの10グラムあたりの料金は、ほとんど差がありませんでした。 みんなでシェアしたり、お腹に余裕のある時はマクドナルドのポテトはLサイズを選んだほうがお得ということになりますね。 マクドナルドのポテトのLサイズは高い!そんな時は・・・ マクドナルドのクーポンがもらえるアプリはもっていますか。 マクドナルドの公式アプリでは、一週間に一度マクドナルドのクーポンが配信されます。 クーポンの種類は毎回30種類ほどのクーポンが配信されます。 その中に、 マックフライポテトLサイズ190円のクーポンがよく配信されます。 このクーポンがある時は、とてもお得にマックフライポテトLサイズを食べることができます。 もっとお得な時は、 マックフライポテト全サイズ150円のクーポンがある時です。 マックフライポテト全サイズ150円は、クーポンだけでなくマクドナルドがキャンペーンをしている時もあります。 マクドナルドがキャンペーンをしている時は、クーポンは不要です。 全サイズ150円のクーポンが出たり、キャンペーンをしている時はポテト好きなら迷わずLサイズを選びたいですね。 マクドナルドでは、バリューセットには50円追加するとマックフライポテトをMサイズからLサイズに変更することができます。 ただし、クーポンのセットメニューは、ポテトのサイズを変更することはできませんので注意してくださいね。 しかし、お得にマクドナルドのポテトが食べたい時は、Lサイズを選んだ方がいいですね。 食べられない時は、家族や友達とシェアして食べましょう。 もっとお得にマクドナルドのポテトのLサイズを食べたいと言う時は、マクドナルド公式アプリのクーポンもチェックしてみてくださいね。 この記事が、マクドナルドのポテトの量やどのサイズがお得なのか気になった方の参考になれば幸いです。

次の

おすすめ

マクドナルド ポテト

ポテトを揚げてから7分しか販売しないから• 調理方法がかんたんで、マニュアルが統一されているから• 徹底的なポテトの基準があるから ポテトを揚げてから7分しか販売しないから マクドナルドのポテトがおいしい理由の1つ目は、ポテトを揚げてから7分しか販売しないからです。 この理由が、 マクドナルドのポテトがおいしい理由の半分以上を占めていると言っても過言ではありません。 どんなものでもやっぱりできたてっておいしいですよね。 7分経ったポテトはどうすると思いますか? 答えは、地球に優しくはありませんが廃棄します(マクドナルドでは廃棄をウエストといいます) ちなみに、マクドナルドのポテトも時間が経つとおいしくなくなります。 買ってすぐに食べてもおいしくなかったら、それはタイムアウト(時間切れ)のポテトを売られたと思って下さい。 もちろん、ポテトが冷めてるとクレームを出せば、交換してもらえます。 調理方法がかんたんで、マニュアルが統一されているから 2つ目の理由は、調理方法がかんたんで、マニュアルが統一されているからです。 冷凍のポテトをフライヤー(油槽)に入れて、タイマーを入れるだけで、ポテトは揚がります。 油を切って、塩をふって、ポテトのバック(入れ物)に入れるだけ。 小学生でもできるような、かんたんな内容になっています。 そのため、 クルーが作ってもマネージャーが作っても、おいしいポテトができあがるんです。 あ!あなたは、「塩をふる」場面で人それぞれ量がバラバラになってると思っていませんか? ここはマクドナルドの使っている器具の優れているところで、ソルトディスペンサー(塩缶)は誰が傾けても一定の量しか出なくなっています(今はアキューディスペンサーだったかな…) よって、誰が作っても均等な塩味のポテトが提供されます。 徹底的なポテトの基準があるから 最後の理由は、徹底的なポテトの基準があるからです。 マクドナルドのポテトは、大きくわけて• アピアランス(見た目)• 温度・食感• 味 の3項目の基準があります。 例えばアピアランスなら、「ポテトはまっすぐで、さまざまな長さに均一にカットされており、折れたものが少ない。 表面に塩粒が見られる」など。 温度なら、「外側の食感は程よくカリカリ。 内部はホクホクで、しっとり感がありベイクドポテトのような食感」など。 味なら、「調理したてのフライドポテト、きれいなフライオイルと塩味が調和した風味」などです。 上記の基準に加えて、 ポテトが揚がる度に味覚チェックしています(つまみ食いじゃないですよ、味覚チェックですよ) よって、マクドナルドのポテトはおいしく提供されているのです。 スポンサーリンク マクドナルドのポテトをさらにおいしく食べる方法 マクドナルドのポテトがおいしい理由がわかったら、なんだかポテト食べたくなってきませんか?笑 そんなあなたに、マクドナルドのポテトをさらにおいしく食べる方法を教えちゃいます。 これを知ったら、もうポテトは普通に注文できなくなっちゃうかも?! 揚げたてで食べる 「そんなん当たり前だろ!」 ……… ツッコミありがとうございます。 でも、シンプルですが 揚げたてを食べるということは、本当にポテトをおいしく食べる理由です。 では、どうすれば「揚げたて」のポテトを食べれるか? その答えもシンプルで、注文するときに「ポテトを揚げたてにしてください」と伝えること。 時間はかかりますが、確実に揚げたてのポテトを食べれます。 ちなみに、ポテトは揚がってから3分ぐらいまでが1番おいしい状態です。 持ち帰りにしたときは、ポテトは家につく前に食べちゃいましょう(笑) 冷めてたら交換してもらおう あなたはポテトを注文して、こんなん食えないよ!ってぐらい冷めたポテトにあたったことありませんか? 心の中で「最低」「もう二度とこの店にこない」「お金ムダにした」と嘆くのもいいですが、せっかくなら新しいポテトに交換してもらいましょう。 ポテトが食べれないぐらい冷めている原因は、• 揚げてから15分以上経過している• バギングステーション(ポテトの保温器)のヒートランプが切れており、きちんと保温できていない 上記2つのどちらかです。 せっかくマクドナルドに来ているので、おいしいポテトを食べましょう。 ケチャップやナゲットのソースにつけて食べる ポテトは塩味もおいしいですが、ケチャップをつけてもおいしいんですよね。 ほとんどの人が知っていると思いますが、マクドナルドでは、 ポテトを注文するとカップケチャップが無料でもらえます。 加えて、ナゲットのバーベキューソースやマスタードソースにつけて食べるのも美味。 ナゲットのソースは、ナゲットを注文していれば無料でもらえますが、していない場合は20〜30円で購入できます。 僕は、ナゲットの期間限定ソースにつけて食べるのが大好きです(チーズとかタルタルとか) 機会があれば、ぜひ試してみてください。 スポンサーリンク まとめ|マクドナルドのポテトがおいしい理由 今回の記事のポイントをまとめます。

次の

おすすめ

マクドナルド ポテト

Sサイズ: 150円 Mサイズ: 270円 Lサイズ: 320円 『マックフライポテト』の豆知識 じゃがいもの産地はどこ? 『マックフライポテト』には、アメリカで育てられた「じゃがいも」が使われています。 また、収穫から最終加工まですべてアメリカの工場で行われており、その後日本に輸送されたのち各店舗で販売されています。 油は安全? 『マックフライポテト』を揚げるために使用されているのは、牛脂とパーム油のブレンド油 フライオイル です。 また、このフライオイルは毎日試験紙を使って酸価を判定されており、酸価が一定以上となると交換されるようです。 安全性については問題ありませんね。 youtube. もっともお得なサイズは何? S、M、Lサイズと3種類ある『マックフライポテト』のサイズのうち、もっともお得なのは何サイズなのでしょうか。 1gあたりの価格を比較して考えてみましょう。 まず、各サイズの標準製品重量 公式 は以下のようになっています。 フライドポテトS• 価格:200円• 重量:80g• 1gあたり: 2. 価格:300円• 重量:160g• 1gあたり: 1. マクドナルドのポテトを比較すると、『フライドポテトS』は高く感じてしまいますね。 しかし『フライドポテトL』は、ポテト1gあたりの価格が『マックフライポテトL』と同じになっています。 両社ともにポテトの量も大差ないので、特別マクドナルドのポテトの価格を高いとは言えないでしょう。 フレンチフライポテトS• 価格:220円• 重量:90. 1gあたり: 2. 価格:300円• 重量:150. 1gあたり: 1. Sサイズ、Lサイズともにポテト1gあたりの価格は比較的高いですね。 ポテトの量としては、比較的Sサイズは多いが、Lサイズは少ない印象を受けます。 おそらく、『フレンチフライポテトL』は他社と比べてポテトの重量が小さいので、1gあたりの価格が相対的に高くなっているのではないでしょうか。 こちらもマクドナルドのポテトと比較した場合、特別マクドナルドのポテトの価格を高いとは言えないでしょう。 それどころかむしろ、マクドナルドの『マックフライポテト』の方がお得だと言えます。 まとめ マクドナルドが誇る『マックフライポテト』の製造から販売までの過程や、他社のポテト商品と比べた場合の値段についてまとめてみましたが、いかがでしょうか。 他社と比べた場合でも、 『マックフライポテト』は特別値段が高いとは言えないことが分かりますね。 そして、マクドナルドに限らず、 もっともお得なポテトのサイズはLサイズだということも分かりました。 どのフードチェーンのポテトも、大量生産によって製造されていますから、これは当然の結果と言えるでしょう。 しかし、上でも述べましたが、これは必ずしも『マックフライポテト』はLサイズを買うべきという話ではありません。 ポテトの量と比べてもっとも価格が安いのはLサイズですが、その時の食欲や摂取カロリーなども考えて、注文する『マックフライポテト』のサイズを決めるように心がけましょう。

次の