どうかご理解ください 英語。 「あしからず」の意味、使い方、類語、英語!ビジネスでは「ご了承ください」をつける

「ご容赦ください」の意味・正しい使い方・英語を例文で解説!

どうかご理解ください 英語

明日でちょうど震災から3か月となって、それで復旧に向けた資金需要というのも少なからず出てきているのかなと思うのですけれども、被災地での金融情勢の現状のご認識を 教えていただきたいのですけれども。 3か月たって、企業側も今まで蓄えていたお金もだいぶはき出して、これからまさに新しいお金というか、ニューマネーが必要になってくる中で、銀行がきちんとそういう需要に応えられているのか どうかという点について 教えて ください。 will since the occurred. for are strong. What your? when have used their need , are such? - 金融庁 ただ一方で、昨年末に政府・与党が合意した税制改正大綱では、その株式配当に適用している軽減税率10%を本則の20%に戻すと、2008年末で廃止すると明記されており、租税法の専門家からの間からも金融所得の一体課税など課税の中立性の観点から税制を複雑にするといった指摘もあがっていますが、税は政治と言いますけれども、財務省と金融庁、この要望側とそれをどうするか判断する側、両方を所管される大臣として、まさにこの問題にどう取り組んでいかれるかというあたりをお伺いしたいのが1点と、2点目は簡潔に、人事のあり方として、副大臣、政務官人事についても兼務するのが相応しいとお考えか どうか、この点について 教えて ください。 , the , and the , that the 2008. , some have the would the and , the income. politics. both the , which tax-related , and , which , the? will this - the and and? This applies worldwide. u-page. so-net. Copyright C Arthur Conan Doyle 1892, expired. Copyright C Kareha 2000-2001, waived.

次の

ビジネス英語で「ご確認ください」をメールでどう表現すればいい?

どうかご理解ください 英語

「あしからず」の使い方・注意点 「あしからず」は許可を得るときや予定変更などを伝えるときに使う 「あしからず」は、「悪気はないのですがご意向やご期待に添えない場合があります」「悪いとは思うけど、やむを得ず」という意味合いで、不都合なことが起きた場合に使います。 「あしからず」の使用場面としては、 許可を得るとき・やむを得ない事情での予定変更・中止を伝えるとき・断りを伝えるときなどになります。 「あしからず」を使うことによって申し訳なく思っている気持ちを表すことができます。 基本的には「すでに起きている事」「覆すことが難しい事」について使用します。 ただ、本当に悪い事をした場合や自身の手抜かりによって謝罪するような場合には使いません。 「今回は都合がつきそうにありません。 どうぞあしからず」「今日は残業となりますが、どうぞあしからず」といったように、「あしからず」で文章を終わらせます。 しかし、「あしからず」で文章が終わると「失礼」「一方的」と受け取られることがあります。 誤解を招かないためにも「あしからず」で終わる文章は、親しい間柄の相手にだけ使用するのが無難でしょう。 ・出張のため出席できませんが、どうぞあしからず。 ・あいにく先約があるため伺えませんが、何卒あしからず。 ・広告の商品は売り切れとなりました。 どうぞあしからず。 ・悪天候のため急なスケジュール変更となりましたが、どうぞあしからず。 このように「あしからず」は、少々強引な意味合いが含まれるため、相手によっては「不自然な感じ」「上から目線な印象を受けたり、「むかつく・感じ悪い」と思われる可能性もあります。 したがって 目上の相手の対しては、「あしからずご了承ください」「あしからずご容赦ください」といったように省略しない文章で使います。 「あしからず」のビジネスシーンでの使い方・例文 「あしからず」だけでも意味は通じますが、「あしからず」の後に「ご了承・ご容赦・ご承知」を付けて使用することが一般的です。 特にビジネスシーンでは、「あしからず」だけで使うことはほとんどありません。 いくつか「あしからず」の言い回しを紹介します。 「あしからずご了承ください」は「どうかご理解ください」といった意味で使われる 「ご了承ください」は「どうかご理解いただき、受け入れてください」といったように、相手に了解・納得を得るために用いられる丁寧な言い回しです。 「ご了承ください」はまだ始まっていないことや、これから始める段階のことに対して許しをもらうときに使う言葉です。 つまり「あしからずご了承ください」は、 「今後この事はあなたにとって好ましくない状況になるかもしれないが、悪く思わないでください」というニュアンスになります。 ・ご返品はお受けしかねますので、何卒あしからずご了承ください。 ・電話でのお問い合わせにはお答えいたしかねますので、あしからずご了承ください。 ・こちらの商品は数量限定のため、即刻売り切れることがあります。 あしからずご了承願います。 「あしからずご容赦ください」は「大目に見てください」といった意味で使われる 「容赦(ようしゃ)」は「許すこと」「許容する」という意味になります。 「ご容赦ください」といった場合は「過失に対して大目に見て欲しい」という意味が込められます。 「ご了承」と似ていますが、意味は全く違います。 「ご了承」は「こちらの言い分について理解して受け入れてください」という意味に対して、 「ご容赦」は「こちらの過失について強く反省しているので許してください」という意味になります。 「あしからずご容赦ください」は、 「すでに起きてしまった事に対して、許しをください」というニュアンスになります。 例文 ・ご注文いただいた商品は既に完売いたしました。 あしからずご容赦ください。 ・飛行機の空席状況によっては、約束の時間に間に合わないことも考えられます。 あしからずご容赦ください。 その間、お問い合わせには対応しておりません。 皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、あしからずご容赦くださいますようお願いいたします。 ・お客様には大変ご不便をお掛け致しますが、あしからずご容赦下さいますようお願い申し上げます。 「あしからず」の類語・言い換え 「あしからず」の類語・言い換えについて紹介します。 申し訳ありませんが 「申し訳ない」は 「相手にすまない気持ちで、弁解のしようがない」という意味になります。 「申し訳ありませんが」は、丁寧な謝罪をするときに使う言葉になります。 「申し訳ありませんが、もう少々お待ちください」といったように、相手に対して失礼があったり、迷惑をかけた場合に使います。 「申し訳ございませんが」という言い方もあります。 「申し訳ございませんが」の方がより丁寧な表現になりますが、「申し訳ありませんが」の方がよく使われます。 例文 ・誠に申し訳ありませんが、お電話いただけますでしょうか。 ・お忙しいところ申し訳ありませんが、ご対応のほどお願いいたします。 ・申し訳ありませんが、その日は外せない用事があり伺うことができません。 ・申し訳ありませんが、先ほどの件再度ご確認していただいてもよろしいでしょうか。 せっかくですが 「せっかく」は 「力を尽くす」「苦労する」という意味です。 「せっかくですが」は相手がしてくれたことに対して、その価値を認めながらも断るときに使う言葉です。 「せっかくですが」を使うことによって、遺憾の気持ち・残念に感じている気持ちを伝えることができるので、相手に不快な思いにさせることなく丁重に断ることができます。 例文 ・せっかくですが、その件についてはお引き受けすることはできません。 ・せっかくのお申し出ですが、ご遠慮申し上げます。 ・せっかくですが、お気持ちだけ頂戴いたします。 ご希望に添えず恐縮ですが 「恐縮」は 「相手に迷惑をかけたり、厚意を受けたりして申し訳なく思う」という意味です。 「恐縮です」といった場合は「ありがとうございます」と感謝を表す言葉として使いますが、「恐縮ですが」といった場合は「申し訳ありませんが」と謝罪を表す言葉として使います。 「恐縮ですが」を前につけることによって、相手に対する敬意を強調することができます。 例文 ・ご希望に添えず大変恐縮ですが、今回の件は辞退させていただきます。 ・ご希望に添えず恐縮ですが、今回の採用は見合わせたいと存じます。 ・ご希望に添えず恐縮ですが、同品は現在品切れとなっております。 お気になさらずに 「気にする」は、 「心に留めて不安に思うこと」「心配すること」という意味です。 「お気になさらずに」は、気にかけないよう相手に丁寧に伝える・相手の配慮を優しく断る表現です。 「気にしないでください」をより丁寧にした言葉になります。 「お気になさらずに」を使う場面としては、 ・謝罪に対して許しの意味を込めて使われるとき ・解決したからもう心配しなくてよいと伝えるとき ・相手が自分に気遣ってくれたとき などになります。 「大丈夫です」「問題ありません」という意味を込めて、「お気になさらずに」と使用します。 例えば、相手から謝罪を受けたときにも「滅相もないです。 どうぞ、お気になさらずに」と使うことができます。 例文 ・せっかくのお誘いですが、欠席させていただきます。 どうぞ、お気になさらず、楽しい時間をお過ごしください。 ・突然お邪魔してしまい申し訳ありません。 どうかお気になさらないでください。 ・(相手から謝罪された時)いえいえ、どうぞお気になさらないでください。 お含みおきください 「お含みおきください」は、相手に対して事情をよく理解して心にとめておいて欲しい時の敬った表現です。 「お含みおきください」は、 「これは知っておいた方が良い」「これを知っていただけるとありがたい」というニュアンスを持ちます。 「お含みおきください」は、ビジネスシーンで用いることが多く、目上の相手に対して使える表現になります。 例文 ・万一ご欠席なさいましても、ご予約料の返金は致しかねますのでお含みおきください。 ・その件につきましては、下記のとおりとなりましたことをお含みおきください。 ・本日は悪天候により、運行状況が悪くなっております。 目的地まで所要時間がかかってしまうことをお含みおきください。 どうぞ・何卒 「どうぞ・何卒」は、「あしからず」の言い換え表現として使うことができます。 「どうぞ・何卒(なにとぞ)」は、 相手に強く願う気持ちを表す語です。 例えば、「あしからずご了承ください」は「どうかご了承ください」と言っても「何卒ご了承ください」と言っても意味は通じます。 また「何卒」は書き言葉として使われることが多いですが、「どうぞ」は口語でよく使われる表現です。 例文 ・大変恐縮ですが、どうぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。 ・この度はご迷惑をおかけしまして、お詫びの言葉もございません。 深く反省いたしておりますので、何卒ご容赦下さいますようお願い申し上げます。

次の

「どうする?」は英語で?そのまま使える便利フレーズ7パターン

どうかご理解ください 英語

「ご容赦ください」の語源 「ご容赦ください」は、 尊敬語である「ご」に「受け入れる」を意味する「容」、「罪を許す」を意味する「赦」、丁寧語の補助動詞である「ください」が組み合わさった言葉です。 「容赦」という言葉自体は、自分や相手の動作に対して、第三者的な立場からも使うことができます。 2.「ご容赦ください」の正しい使い方 ビジネスシーンでの「ご容赦ください」は、主にメールや文書の本文中で用いられます。 事前の許しを乞う際に使える便利な表現ですが、 使い方を間違えると相手に失礼な印象を与えてしまう恐れがあります。 ここでは「ご容赦ください」の正しい使い方について詳しくご説明します。• 2-1.目上の人に対して使う まず、冒頭でも申し上げたように「ご容赦ください」は尊敬語にあたります。 尊敬語は目上の方や社外のお客に使用するのが適しているため、後輩や部下に使うと過剰にな印象を与えてしまいます。 そのため、「ご容赦ください」は目上の方や社外のお客様に対して、使うようにしましょう。 また、一般的には口語(会話)では用いることが少ないため、あくまでメールなどの文章で使用するようにしましょう。 2-2.事前の断りを入れる時に使う 「ご容赦ください」は、将来的に起きる可能性のある過失に対して、事前に断りを入れておく意味を持ちます。 過失が発生する前に相手に伝えておくことで、いざ過失が起きた際の悪いイメージを抑える働きがあります。• 2-3.過失をした後には使えない 「ご容赦ください」は、実際に過失が発生した際のお詫びとしては不適切であるため、絶対に使うことは避けましょう。 実際に過失が起きた際に「ご容赦ください」と記入するのは、過失に対する対応や責任から逃れようとしている風に伝わってしまいます。 過失が発生してしまった場合は、まっすぐに「申し訳ございませんでした」という表現で謝罪の意を伝えるようにしましょう。 3. 「ご容赦ください」の例文 それでは、「ご容赦ください」を使用した例文をいくつかご紹介します。 ビジネスシーンでは、より丁寧な印象を相手に伝えるため 「ご容赦くださいますよう〜」「何卒ご容赦ください」「ご容赦くださいませ」といった表現で使われることが多いです。 3つの表現は同じ文脈で使用することができますので、例文はビジネスシーンでよく使われる内容に統一しております。• <例文>• (本日の営業は終了となります。 ご容赦ください。 I caused you unpleasantries, but please pardon me. (お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご容赦ください。 I will take a paid vacation for three days. (3日間の有給休暇を取らせていただきます。 ご容赦ください。 <例文>• The draw for the lottery is 18 pm. Please excuse us. (抽選の締め切りは午後18時までです。 ご容赦ください。 We can not assume any responsibility as our company so please excuse us. (弊社としては一切の責任を負いかねます。 ご容赦くださいますようお願いします。 Our shop is self-service. Please excuse us. (当店はセルフサービスとなっております。 ご容赦ください。 ) まとめ 記事でご説明したように 「ご容赦ください」は、「大目に見てください」を意味し、事前に相手の了承や許しを乞う際に使用される敬語表現です。 一般的にはメール等の文書で使用され、目上の上司やお客様に対して用いられます。 事前の了承を得たい場合には適していますが、実際に過失が起きた際に使用すると、失礼な印象を与えてしまいますので注意が必要です。 「ご容赦ください」は社会人ならば、で知っておいたほうがよい表現ですので、正しい意味を理解して、適切なシーンで使ってみてください!.

次の