心斎橋 インプラント 値段。 インプラントの費用・料金の比較|インプラントの料金で検討されている方はIK医科歯科クリニックまで

あんしんインプラント:全国展開のインプラント治療ネットワーク

心斎橋 インプラント 値段

インンターネットで検索するとインプラントの値段は1本数万円のものから数十万円のものまであります。 安すぎるのも不安ですし、高すぎても困る、妥当な値段はいくらなのか知りたいですよね。 だいたい インプラントの構造はどうなってるのでしょうか? 皆さんご存知でしょうか?インプラントにはフィクスチャーと呼ばれる狭義のインプラント つまり骨の中に埋まってる 家でいうと基礎の部分 そしてアバットメントと呼ばれる中間の部分 家でいうと大黒柱 そして歯の部分これは上部構造と言います。 この3点があってはじめて インプラントが完成されます。 中にはフィクスチャーとアバットメントが一体型のものもあります。 体に埋めてからいきなり大黒柱が出ています。 これは本来なら良く無い技法といわれます。 少なくとも大学病院では選択しないでしょう。 大学病院では 一本あたり40万円くらい。 一般的には30〜40万円くらいと言ったところです。 インプラントは一部を除いて保険診療ではできない治療です。 そのため歯医者ごとに費用が変わります。 また、他の治療に比べてトラブルも多い治療です。 せっかく行ったインプラント治療をまたやり直すなんてことはできれば避けたいものです。 そのためには、自分納得の行く説明や、 症例の多さ、患者の流れ 待合スタッフの雰囲気などが大切です。 つきっきりになって診療してくれるのは有難いことですが、実際はそのような回転率では病院は赤字です。 かといって、患者が多すぎてもまた、薄い仕事しかできません。 それぞれのクリニックの方針がありますから、まずは自分の感覚と合う先生を見つけることです。

次の

インプラント大阪料金格安最安値比較

心斎橋 インプラント 値段

インプラントとは?構造や種類について解説 インプラントとは、医療器材を人の体に埋め込むことの総称です。 心臓のペースメーカーや人工関節、美容目的で入れるシリコンなど、これらもインプラントの一種なのです。 歯科で使用されるインプラントは 「歯科インプラント」「デンタルインプラント」などと呼ばれますが、歯科インプラント治療が普及してきたことにより歯科インプラントを「インプラント」と呼ぶことが一般的になりました。 インプラント治療は、ブリッジや入れ歯と比較して残っている周りの歯を削ったりすることがないので審美的・機能的にも優れている治療で、第2の天然歯なんて呼ばれることもあります。 ここでは、インプラントのこと、インプラント治療のことを知りたいかた、インプラント治療を検討しているかたに知っておいてほしいことをまとめましたのでチェックしてみてください。 インプラントの歴史 歯科におけるインプラントの歴史はとても古く、ヨーロッパで紀元前3世紀ごろに栄えた古代ローマ帝国時代の人骨に鉄製のインプラントが埋め込まれているのが発見されています。 このときすでにインプラントを利用した治療が試されていたと推測されます。 そのほかにも南米で紀元前7世紀ごろに栄えたマヤ文明時代の人骨に貝殻で作られたインプラントが埋め込まれているのが発見されています。 かなり昔から歯を治療するための技術が進んでいたのかもしれません。 1901年には、歯科医師のグリーンフィールドが白金インジリウム製の円錐台上で格子造りの鳥かご状骨内インプラントを考案しました。 そして、1913年に円筒状に改良した構造が、近代インプラントの始祖として評されています。 現代の安定した治療として確立されているインプラントの原型は、1950年代にスウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士の研究チームによって、チタンと骨が拒否反応を起こさず結合 オッセオインテグレーション することが発見され、その後の研究を経て1960年代から人に対して応用が始まりました。 インプラントの形態は大きく2つのタイプに分けられ、歯根(=歯の根っこ)の形態に似た「ルートフォーム」と、板状の「ブレードタイプ」があり、「ルートフォーム」が現在の主流になり、開発・普及しています。 インプラントの構造 1.歯を失ったあごの骨の部分に埋め込む人工歯根 フィクスチャー 2.その上に取り付けられる土台 アバットメント 3.歯の部分に相当する人工歯 上部構造 この3つを組み合わせ、上図のように歯を失った場所を補うのがインプラントです。 あごの骨に埋め込むインプラント、アバットメントの素材ですが、多くの歯科メーカーでチタンもしくはチタン合金という金属が採用されています。 身体との親和性が高く、金属アレルギーが起こりにくい素材です。 現代の安定した治療として確立されているインプラントの原型は、1950年代にスウェーデンのブローネマルク博士らによってチタンと骨が結合することが発見され、その後の研究を経て1960年代から人に対して応用が始まりました。 インプラントの種類 現在ではインプラントシステムは全世界で100種類を超え、日本国内でも、販売が認可されたメーカーは国内外で30社を超えているといわれています。 その数あるインプラントメーカーのなかでも、歴史と実績、品質と信頼度が高いといわれている代表的なインプラントメーカーは以下の4社です。 ・京セラメディカル社 ・アストラテック社 日本国内では主にこの6社のインプラントメーカーのインプラントシステムを使用している歯科医院が多いでしょう。 そして、近年ではジルコニアという素材を使ったインプラントが開発、使用され始めてきており、金属を全く使わない「メタルフリー診療」をうたった歯科医院も出てきています。 このように現在進行形で歯科治療ならびにインプラント治療は進化を続けているのです。 2.インプラントとブリッジ・入れ歯の違いは? 歯を失った本数や場所も人それぞれ異なり、お口の中の状態によって治療法は変わってきます。 ほんの一例ですがイラストとともに、インプラントとブリッジ・入れ歯の違いを見ていきましょう。 ブリッジ 歯を失った場所の両隣の歯を大きく削って支台歯とし、そこに連結された被せ物を接着する治療のことです。 被せ物が橋 ブリッジ 渡しのような状態になっています。 ブリッジは支台歯と被せ物を接着剤で固定するので、取り外しができる入れ歯より違和感が少なく安定し、しっかり噛むことができます。 しかし、イラストのように支台となる歯を大きく削らなければならないこと、2本の支台で3本分の歯を支えるため、過度な負担がかかると支台となっている歯を痛めてしまい支台歯や被せ物が割れてしまうことがあります。 そのようなトラブルが起こると、ブリッジが使えなくなってしまい、ブリッジの再製作や他の治療法を行わないといけないリスクがあります。 入れ歯 イラストのように歯を失った場所は歯ぐきだけになってしまいます。 そこに人工歯が並べてあるプラスチックでできた入れ歯を装着し歯を補う方法です。 入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があります。 部分入れ歯であればクラスプという歯に引っかける針金があり、総入れ歯は大きいため、インプラントやブリッジと比較すると装着した時の違和感・異物感は強いでしょう。 部分入れ歯の多くはクラスプを残っている歯に引っ掛けて主に安定させます。 クラスプをかけた歯は大きな負担がかかる上、クラスプ周囲が虫歯になりやすいため、早くダメになってしまう可能性があります。 総入れ歯は歯が1本も残っていない場合や歯の根っこが残っている(残根の)状態で使用される入れ歯です。 歯ぐきや粘膜の形にピッタリと合う 吸着する 入れ歯を作ることで、維持・安定させます。 逆に入れ歯が合わないと外れやすく、物が噛めずに痛みがでるなどの問題が生じてしまいます。 インプラント インプラントはブリッジ・入れ歯とは違い、大きく歯を削ったりクラスプをかけたりする必要がないので、健康な歯への影響や負担が少ない治療法です。 インプラント治療は歯を失ったところにインプラントを埋め込み、独立した歯として機能するので、見た目も自然で自分の歯と同じような感覚で噛むことができると言う患者さんもいます。 入れ歯を入れたときに患者さんが訴える異物感や味覚障害になりにくいのは大きなメリットでしょう。 また、インプラントと入れ歯を接続できる装置 アタッチメント を利用すれば、入れ歯を安定させることができるので、外れやすい・噛めないという問題も解決してくれる役割を果たしてくれます インプラントオーバーデンチャーといいます 、ここではインプラントとブリッジ・入れ歯の違いを説明してきましたが、インプラントがいいことづくめでメリットしかない理想的な治療法に見えるのではないでしょうか。 しかし、インプラントにも知っておかなければいけないデメリットがあります。 次はインプラントのデメリットを紹介していきましょう。 インプラントのデメリット 理想的な治療法に見えるインプラント。 どんな治療法にもメリット・デメリットがあります。 デメリットも把握し、理解を深めたうえで治療に臨むことが、後悔しない歯科治療をしてくうえで大切なことでしょう。 保険がきかない ブリッジや入れ歯と違い一般的にインプラントは公的医療保険が適用されない治療で全額自己負担の自費診療となってしまいます。 平均でもインプラント1本あたり400,000~500,000円が相場といわれています。 失った歯にはそれと同等またはそれ以上の価値があるということですね。 決して手頃な値段ではないのでお財布としっかり相談することが重要です。 麻酔を打つので手術中に痛みを感じることはありませんが、麻酔の切れた術後に痛みや腫れ、内出血を伴うこともあるでしょう。 そして、手術を行うということは失敗するというリスクも考えられます。 血管を傷つけてしまうことで大量の出血を起こす、神経を傷つけてしまい麻痺が残るなどの可能性は決してゼロではないのです。 また、歯周病があればインプラントの成功率も下がります。 術前の診査・診断がとても重要なので歯科医師からしっかり説明を受けましょう。 全身疾患がある方は注意 前述したとおりインプラントは手術を伴います。 そのためどうしても身体に負担がかかるので全身疾患をお持ちのかたはインプラント治療ができない可能性があります。 特に糖尿病、高血圧、骨粗鬆症のかたは注意が必要です。 飲んでいるお薬や全身状態によって、インプラント治療を受けることのできない場合もあります。 このような全身疾患をお持ちのかたは、歯科医師に必ず申し出てインプラント治療が可能かどうかをしっかりと確認しましょう。 治療期間が長い 埋め込んだインプラントと骨の結合(オッセオインテグレーション)を待たないといけません。 骨と結合する期間だけでも、およそ3~6ヵ月かかります。 骨の量が少ない場合は骨を増やす手術も行わないといけないのでさらに時間がかかります。 最終的な人工歯を被せるまでに1年近くかかってしまうこともあるのでしょう。 ブリッジや入れ歯は型取りから数週間でできることを考えると、治療期間がとても長く感じますね。 定期的なメインテナンスが必須 インプラント、人工歯は虫歯になることはありません。 しかし完成したらそこで治療は終了、一生使える…というわけにはいきません。 インプラントを埋め込んだ部分のお手入れが不十分だと歯周病 インプラント周囲炎 にかかってしまうことが多々あります。 せっかく高いお金を払って入れたインプラントが長持ちしないなんてことになりかねません。 普段のセルフケアが必要なのはもちろんですが、歯科医院でのプロによる定期的なメインテナンスが必須です。 これはインプラントだけではなく天然歯にも言えることですが、トラブルが起きる前の「予防」が歯において一番大切なことだと思います(病気になって行く医科との大きな違いです)。 インプラント周囲炎は治療が難しいので、インプラント周囲炎になる前に定期的にチェックを行い「予防」を心がけましょう。 インプラントの手術方法 インプラントを埋め込む手術には1回法と2回法の二つに分けられます。 数字の通り、手術が1回で済むのが1回法で、手術が2回必要なのが2回法です。 お口の中の状態、治療計画によって手術法が決められます。 では、1回法と2回法はどのような違いがあるのかこちらもイラストとともに手術の過程を見ていきましょう。 1回法の特徴 ・手術が一度だけなので、身体への負担が少ない ・インプラントを埋め込むために十分なあごの骨の量が必要 ・2回法で行うよりも治療期間が短い 2回法の特徴 ・手術を2回行うため、1回法と比べ身体への負担は多い ・歯ぐきを縫合し蓋をしてインプラントと骨の結合を待つため、感染の可能性が低い ・1回法で行うよりも治療期間が長い 5. インプラントの気になるお値段 インプラント治療を考えるうえで一番気になるのがやはり費用ではないでしょうか。 たくさんあるホームページの中から少しでも費用を抑えて安くできるところを探しているかたも少なくないでしょう。 しかし、歯科医院によって費用が大きく異なり、表記もバラバラでわかりにくいと思いませんでしたか?インプラント1本〇万円!なんて安さに魅力を感じるかもしれませんが、そこには大きな落とし穴があるかもしれません。 ここでは、費用の内訳や注意すべきポイントを解説していきます。 歯科医院によって費用が異なるのはナゼ? まず、歯科治療は公的医療保険が適用「される」保険診療と、公的医療保険が適用「されない」自由診療に分けられます。 インプラント治療は公的医療保険が適用されない自由診療になります(一部例外あり。 そのためインプラント治療の料金は歯科医院ごとに自由に価格設定ができるため費用が大きく異なるのです。 自由に価格設定できるからといってここまでバラツキがあるのにはいくつか理由があります。 歯科医師による手術の技術料 インプラント手術は難易度が高く、計画通りに行う専門性が必要です。 その技術に加え、手術をする専用のオペ室、専用の器具、全身麻酔を行う設備などが整っているほど費用は高くなるでしょう。 インプラントを埋め込む場所 インプラントを埋め込む場所により難易度が異なります。 特に、上顎の奥歯は骨が少なく、インプラントを埋め込む難易度が高いです。 さらに上あごの前歯は、歯並びや見た目が最も重要視される場所なので費用を高く設定する医院もあります。 医院が採用しているインプラントメーカー 前述した通り、歴史と実績、品質と信頼度が高いものを採用し使用していれば価格が高くなるので費用も高くなります。 被せ物の種類 人工歯の素材もいくつかの選択肢があります。 金属のみやハイブリッドセラミックを使用すれば費用を抑えられますが、セラミックやジルコニアなどを使用すれば費用が高くなります。 インプラント1本につき400,000~500,000円が一般的です。 ただし、都市部は全国平均より少し高く設定されていることがあります。 インプラント治療にかかる費用は、大きく二つに分けられます。 ・ 仮歯の費用…最終的な人工歯が入るまでの期間に取り付ける仮の人工歯です ・ 全身麻酔(静脈内鎮静法)にかかる費用…インプラント手術に対する不安や恐怖心などストレスに感じないよう、リラックスした状態にするために鎮静薬を静脈に点滴する精神鎮静法です ・ 骨造成の費用…インプラントを埋め込む箇所の骨の高さや幅が少ない場合に高さや厚みを増す手術です これに加えてメンテナンスの費用なども別途かかることも事前に確認、把握しておくことがインプラント治療にかかる費用を正確に知るための重要なポイントとなるでしょう。 格安インプラントの理由 料金表記は歯科医院によって異なります。 上記で紹介した治療にかかる費用の内訳が細かく明示されていれば分かりやすいのですが、なかには1本〇万円でできる格安インプラントと宣伝している歯科医院もあります。 このように表記している場合の多くは費用の一部だけということもあり、最終的には追加料金が上乗せされ想像以上にお金がかかってしまうなんてこともあるので注意する必要があります。 それだけではなく、価格が安い理由はほかにも考えられますので、表記されている料金以外にも確認しておくべきポイントをいくつか紹介します。 ・事前の精密検査や診断、治療計画を立ててくれるか ・使用するインプラントメーカーや種類 ・インプラント治療の設備が整っていない ・人工歯 上部構造 が金属のみと限定されている ・インプラント治療の保証がない、保証期間が短い ・歯科医師の経験、技術の不足 対策としては気になった歯科医院から2~3医院ほど選び無料のカウンセリングを受け、表記されている料金と差異がないか、環境や設備が整っているか、ご自身に合った治療法を提案してくれるかなどを比較検討し選択するとよいでしょう。 インプラントの寿命 高いお金と長い時間をかけて入れたインプラント、できることなら長持ちさせたいですよね。 ここでは、インプラントの寿命やどうすれば長持ちさせることができるのか詳しく解説していきます。 10年後の生存率は90% 生活習慣や、お口の中の環境は個人差がありますが、インプラントを入れてから 10年後、一般的な生存率は90%を超えています(ただし、インプラント周囲炎に感染しているものや機能していないものも含みます)。 これは、ブリッジの平均寿命7~8年、入れ歯の平均寿命4~5年と比べても寿命が長いといえますね。 インプラントを入れてから亡くなるまでの41年間、同じインプラントを使い続けることができたなんてケースも報告されています。 インプラントの寿命を延ばすための重要なポイント インプラントを10年以上使い続けていくためにはご自身でのケア、歯科医院でのプロフェッショナルケアがとても重要です。 インプラントは虫歯になることはありませんが、天然歯と同じようにメインテナンスをしなければ、インプラントの周囲が歯周病のようになってしまいます。 虫歯や歯周病にかかり歯を失ったことがあるかたは、メインテナンスがいかに重要か痛感しているはずです。 ご自身で行うセルフケア インプラントを入れてからは、トラブルの有無に関わらず歯科医院でのメインテナンスが必須となります。 経過観察によるトラブルの早期発見、歯科衛生士が行うインプラントや天然歯のクリーニング、プロフェッショナルケアを定期的に行う必要があります。 セルフケアでは限界があり、プラークや歯石、バイオフィルムなどはどうしても取り切れません。 専門的なお掃除でそれらを除去してもらい、きれいな状態を維持していきましょう。 7.インプラントのまとめ ここではインプラントがどんなものか基本的なところをご紹介させていただきました。 インプラント治療についてもっと詳しく知りたい、検討してみようのきっかけになりましたか? ブリッジや入れ歯に代わる治療として注目されているインプラントを選択することで得られるメリットはたくさんあります。 ご自身で興味を持ち、理解を深めることがインプラント治療を成功に導く第一歩だと思います。 そして、インプラントを入れたらゴールではなく、長期間使い続け、維持していくためには、ご自身や歯科医院でのケアが重要であることを今回の記事を通じて理解していただければ、うれしい限りです。

次の

インプラント治療の費用相場~前歯・奥歯の値段、平均は?

心斎橋 インプラント 値段

インプラントとは?構造や種類について解説 インプラントとは、医療器材を人の体に埋め込むことの総称です。 心臓のペースメーカーや人工関節、美容目的で入れるシリコンなど、これらもインプラントの一種なのです。 歯科で使用されるインプラントは 「歯科インプラント」「デンタルインプラント」などと呼ばれますが、歯科インプラント治療が普及してきたことにより歯科インプラントを「インプラント」と呼ぶことが一般的になりました。 インプラント治療は、ブリッジや入れ歯と比較して残っている周りの歯を削ったりすることがないので審美的・機能的にも優れている治療で、第2の天然歯なんて呼ばれることもあります。 ここでは、インプラントのこと、インプラント治療のことを知りたいかた、インプラント治療を検討しているかたに知っておいてほしいことをまとめましたのでチェックしてみてください。 インプラントの歴史 歯科におけるインプラントの歴史はとても古く、ヨーロッパで紀元前3世紀ごろに栄えた古代ローマ帝国時代の人骨に鉄製のインプラントが埋め込まれているのが発見されています。 このときすでにインプラントを利用した治療が試されていたと推測されます。 そのほかにも南米で紀元前7世紀ごろに栄えたマヤ文明時代の人骨に貝殻で作られたインプラントが埋め込まれているのが発見されています。 かなり昔から歯を治療するための技術が進んでいたのかもしれません。 1901年には、歯科医師のグリーンフィールドが白金インジリウム製の円錐台上で格子造りの鳥かご状骨内インプラントを考案しました。 そして、1913年に円筒状に改良した構造が、近代インプラントの始祖として評されています。 現代の安定した治療として確立されているインプラントの原型は、1950年代にスウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士の研究チームによって、チタンと骨が拒否反応を起こさず結合 オッセオインテグレーション することが発見され、その後の研究を経て1960年代から人に対して応用が始まりました。 インプラントの形態は大きく2つのタイプに分けられ、歯根(=歯の根っこ)の形態に似た「ルートフォーム」と、板状の「ブレードタイプ」があり、「ルートフォーム」が現在の主流になり、開発・普及しています。 インプラントの構造 1.歯を失ったあごの骨の部分に埋め込む人工歯根 フィクスチャー 2.その上に取り付けられる土台 アバットメント 3.歯の部分に相当する人工歯 上部構造 この3つを組み合わせ、上図のように歯を失った場所を補うのがインプラントです。 あごの骨に埋め込むインプラント、アバットメントの素材ですが、多くの歯科メーカーでチタンもしくはチタン合金という金属が採用されています。 身体との親和性が高く、金属アレルギーが起こりにくい素材です。 現代の安定した治療として確立されているインプラントの原型は、1950年代にスウェーデンのブローネマルク博士らによってチタンと骨が結合することが発見され、その後の研究を経て1960年代から人に対して応用が始まりました。 インプラントの種類 現在ではインプラントシステムは全世界で100種類を超え、日本国内でも、販売が認可されたメーカーは国内外で30社を超えているといわれています。 その数あるインプラントメーカーのなかでも、歴史と実績、品質と信頼度が高いといわれている代表的なインプラントメーカーは以下の4社です。 ・京セラメディカル社 ・アストラテック社 日本国内では主にこの6社のインプラントメーカーのインプラントシステムを使用している歯科医院が多いでしょう。 そして、近年ではジルコニアという素材を使ったインプラントが開発、使用され始めてきており、金属を全く使わない「メタルフリー診療」をうたった歯科医院も出てきています。 このように現在進行形で歯科治療ならびにインプラント治療は進化を続けているのです。 2.インプラントとブリッジ・入れ歯の違いは? 歯を失った本数や場所も人それぞれ異なり、お口の中の状態によって治療法は変わってきます。 ほんの一例ですがイラストとともに、インプラントとブリッジ・入れ歯の違いを見ていきましょう。 ブリッジ 歯を失った場所の両隣の歯を大きく削って支台歯とし、そこに連結された被せ物を接着する治療のことです。 被せ物が橋 ブリッジ 渡しのような状態になっています。 ブリッジは支台歯と被せ物を接着剤で固定するので、取り外しができる入れ歯より違和感が少なく安定し、しっかり噛むことができます。 しかし、イラストのように支台となる歯を大きく削らなければならないこと、2本の支台で3本分の歯を支えるため、過度な負担がかかると支台となっている歯を痛めてしまい支台歯や被せ物が割れてしまうことがあります。 そのようなトラブルが起こると、ブリッジが使えなくなってしまい、ブリッジの再製作や他の治療法を行わないといけないリスクがあります。 入れ歯 イラストのように歯を失った場所は歯ぐきだけになってしまいます。 そこに人工歯が並べてあるプラスチックでできた入れ歯を装着し歯を補う方法です。 入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があります。 部分入れ歯であればクラスプという歯に引っかける針金があり、総入れ歯は大きいため、インプラントやブリッジと比較すると装着した時の違和感・異物感は強いでしょう。 部分入れ歯の多くはクラスプを残っている歯に引っ掛けて主に安定させます。 クラスプをかけた歯は大きな負担がかかる上、クラスプ周囲が虫歯になりやすいため、早くダメになってしまう可能性があります。 総入れ歯は歯が1本も残っていない場合や歯の根っこが残っている(残根の)状態で使用される入れ歯です。 歯ぐきや粘膜の形にピッタリと合う 吸着する 入れ歯を作ることで、維持・安定させます。 逆に入れ歯が合わないと外れやすく、物が噛めずに痛みがでるなどの問題が生じてしまいます。 インプラント インプラントはブリッジ・入れ歯とは違い、大きく歯を削ったりクラスプをかけたりする必要がないので、健康な歯への影響や負担が少ない治療法です。 インプラント治療は歯を失ったところにインプラントを埋め込み、独立した歯として機能するので、見た目も自然で自分の歯と同じような感覚で噛むことができると言う患者さんもいます。 入れ歯を入れたときに患者さんが訴える異物感や味覚障害になりにくいのは大きなメリットでしょう。 また、インプラントと入れ歯を接続できる装置 アタッチメント を利用すれば、入れ歯を安定させることができるので、外れやすい・噛めないという問題も解決してくれる役割を果たしてくれます インプラントオーバーデンチャーといいます 、ここではインプラントとブリッジ・入れ歯の違いを説明してきましたが、インプラントがいいことづくめでメリットしかない理想的な治療法に見えるのではないでしょうか。 しかし、インプラントにも知っておかなければいけないデメリットがあります。 次はインプラントのデメリットを紹介していきましょう。 インプラントのデメリット 理想的な治療法に見えるインプラント。 どんな治療法にもメリット・デメリットがあります。 デメリットも把握し、理解を深めたうえで治療に臨むことが、後悔しない歯科治療をしてくうえで大切なことでしょう。 保険がきかない ブリッジや入れ歯と違い一般的にインプラントは公的医療保険が適用されない治療で全額自己負担の自費診療となってしまいます。 平均でもインプラント1本あたり400,000~500,000円が相場といわれています。 失った歯にはそれと同等またはそれ以上の価値があるということですね。 決して手頃な値段ではないのでお財布としっかり相談することが重要です。 麻酔を打つので手術中に痛みを感じることはありませんが、麻酔の切れた術後に痛みや腫れ、内出血を伴うこともあるでしょう。 そして、手術を行うということは失敗するというリスクも考えられます。 血管を傷つけてしまうことで大量の出血を起こす、神経を傷つけてしまい麻痺が残るなどの可能性は決してゼロではないのです。 また、歯周病があればインプラントの成功率も下がります。 術前の診査・診断がとても重要なので歯科医師からしっかり説明を受けましょう。 全身疾患がある方は注意 前述したとおりインプラントは手術を伴います。 そのためどうしても身体に負担がかかるので全身疾患をお持ちのかたはインプラント治療ができない可能性があります。 特に糖尿病、高血圧、骨粗鬆症のかたは注意が必要です。 飲んでいるお薬や全身状態によって、インプラント治療を受けることのできない場合もあります。 このような全身疾患をお持ちのかたは、歯科医師に必ず申し出てインプラント治療が可能かどうかをしっかりと確認しましょう。 治療期間が長い 埋め込んだインプラントと骨の結合(オッセオインテグレーション)を待たないといけません。 骨と結合する期間だけでも、およそ3~6ヵ月かかります。 骨の量が少ない場合は骨を増やす手術も行わないといけないのでさらに時間がかかります。 最終的な人工歯を被せるまでに1年近くかかってしまうこともあるのでしょう。 ブリッジや入れ歯は型取りから数週間でできることを考えると、治療期間がとても長く感じますね。 定期的なメインテナンスが必須 インプラント、人工歯は虫歯になることはありません。 しかし完成したらそこで治療は終了、一生使える…というわけにはいきません。 インプラントを埋め込んだ部分のお手入れが不十分だと歯周病 インプラント周囲炎 にかかってしまうことが多々あります。 せっかく高いお金を払って入れたインプラントが長持ちしないなんてことになりかねません。 普段のセルフケアが必要なのはもちろんですが、歯科医院でのプロによる定期的なメインテナンスが必須です。 これはインプラントだけではなく天然歯にも言えることですが、トラブルが起きる前の「予防」が歯において一番大切なことだと思います(病気になって行く医科との大きな違いです)。 インプラント周囲炎は治療が難しいので、インプラント周囲炎になる前に定期的にチェックを行い「予防」を心がけましょう。 インプラントの手術方法 インプラントを埋め込む手術には1回法と2回法の二つに分けられます。 数字の通り、手術が1回で済むのが1回法で、手術が2回必要なのが2回法です。 お口の中の状態、治療計画によって手術法が決められます。 では、1回法と2回法はどのような違いがあるのかこちらもイラストとともに手術の過程を見ていきましょう。 1回法の特徴 ・手術が一度だけなので、身体への負担が少ない ・インプラントを埋め込むために十分なあごの骨の量が必要 ・2回法で行うよりも治療期間が短い 2回法の特徴 ・手術を2回行うため、1回法と比べ身体への負担は多い ・歯ぐきを縫合し蓋をしてインプラントと骨の結合を待つため、感染の可能性が低い ・1回法で行うよりも治療期間が長い 5. インプラントの気になるお値段 インプラント治療を考えるうえで一番気になるのがやはり費用ではないでしょうか。 たくさんあるホームページの中から少しでも費用を抑えて安くできるところを探しているかたも少なくないでしょう。 しかし、歯科医院によって費用が大きく異なり、表記もバラバラでわかりにくいと思いませんでしたか?インプラント1本〇万円!なんて安さに魅力を感じるかもしれませんが、そこには大きな落とし穴があるかもしれません。 ここでは、費用の内訳や注意すべきポイントを解説していきます。 歯科医院によって費用が異なるのはナゼ? まず、歯科治療は公的医療保険が適用「される」保険診療と、公的医療保険が適用「されない」自由診療に分けられます。 インプラント治療は公的医療保険が適用されない自由診療になります(一部例外あり。 そのためインプラント治療の料金は歯科医院ごとに自由に価格設定ができるため費用が大きく異なるのです。 自由に価格設定できるからといってここまでバラツキがあるのにはいくつか理由があります。 歯科医師による手術の技術料 インプラント手術は難易度が高く、計画通りに行う専門性が必要です。 その技術に加え、手術をする専用のオペ室、専用の器具、全身麻酔を行う設備などが整っているほど費用は高くなるでしょう。 インプラントを埋め込む場所 インプラントを埋め込む場所により難易度が異なります。 特に、上顎の奥歯は骨が少なく、インプラントを埋め込む難易度が高いです。 さらに上あごの前歯は、歯並びや見た目が最も重要視される場所なので費用を高く設定する医院もあります。 医院が採用しているインプラントメーカー 前述した通り、歴史と実績、品質と信頼度が高いものを採用し使用していれば価格が高くなるので費用も高くなります。 被せ物の種類 人工歯の素材もいくつかの選択肢があります。 金属のみやハイブリッドセラミックを使用すれば費用を抑えられますが、セラミックやジルコニアなどを使用すれば費用が高くなります。 インプラント1本につき400,000~500,000円が一般的です。 ただし、都市部は全国平均より少し高く設定されていることがあります。 インプラント治療にかかる費用は、大きく二つに分けられます。 ・ 仮歯の費用…最終的な人工歯が入るまでの期間に取り付ける仮の人工歯です ・ 全身麻酔(静脈内鎮静法)にかかる費用…インプラント手術に対する不安や恐怖心などストレスに感じないよう、リラックスした状態にするために鎮静薬を静脈に点滴する精神鎮静法です ・ 骨造成の費用…インプラントを埋め込む箇所の骨の高さや幅が少ない場合に高さや厚みを増す手術です これに加えてメンテナンスの費用なども別途かかることも事前に確認、把握しておくことがインプラント治療にかかる費用を正確に知るための重要なポイントとなるでしょう。 格安インプラントの理由 料金表記は歯科医院によって異なります。 上記で紹介した治療にかかる費用の内訳が細かく明示されていれば分かりやすいのですが、なかには1本〇万円でできる格安インプラントと宣伝している歯科医院もあります。 このように表記している場合の多くは費用の一部だけということもあり、最終的には追加料金が上乗せされ想像以上にお金がかかってしまうなんてこともあるので注意する必要があります。 それだけではなく、価格が安い理由はほかにも考えられますので、表記されている料金以外にも確認しておくべきポイントをいくつか紹介します。 ・事前の精密検査や診断、治療計画を立ててくれるか ・使用するインプラントメーカーや種類 ・インプラント治療の設備が整っていない ・人工歯 上部構造 が金属のみと限定されている ・インプラント治療の保証がない、保証期間が短い ・歯科医師の経験、技術の不足 対策としては気になった歯科医院から2~3医院ほど選び無料のカウンセリングを受け、表記されている料金と差異がないか、環境や設備が整っているか、ご自身に合った治療法を提案してくれるかなどを比較検討し選択するとよいでしょう。 インプラントの寿命 高いお金と長い時間をかけて入れたインプラント、できることなら長持ちさせたいですよね。 ここでは、インプラントの寿命やどうすれば長持ちさせることができるのか詳しく解説していきます。 10年後の生存率は90% 生活習慣や、お口の中の環境は個人差がありますが、インプラントを入れてから 10年後、一般的な生存率は90%を超えています(ただし、インプラント周囲炎に感染しているものや機能していないものも含みます)。 これは、ブリッジの平均寿命7~8年、入れ歯の平均寿命4~5年と比べても寿命が長いといえますね。 インプラントを入れてから亡くなるまでの41年間、同じインプラントを使い続けることができたなんてケースも報告されています。 インプラントの寿命を延ばすための重要なポイント インプラントを10年以上使い続けていくためにはご自身でのケア、歯科医院でのプロフェッショナルケアがとても重要です。 インプラントは虫歯になることはありませんが、天然歯と同じようにメインテナンスをしなければ、インプラントの周囲が歯周病のようになってしまいます。 虫歯や歯周病にかかり歯を失ったことがあるかたは、メインテナンスがいかに重要か痛感しているはずです。 ご自身で行うセルフケア インプラントを入れてからは、トラブルの有無に関わらず歯科医院でのメインテナンスが必須となります。 経過観察によるトラブルの早期発見、歯科衛生士が行うインプラントや天然歯のクリーニング、プロフェッショナルケアを定期的に行う必要があります。 セルフケアでは限界があり、プラークや歯石、バイオフィルムなどはどうしても取り切れません。 専門的なお掃除でそれらを除去してもらい、きれいな状態を維持していきましょう。 7.インプラントのまとめ ここではインプラントがどんなものか基本的なところをご紹介させていただきました。 インプラント治療についてもっと詳しく知りたい、検討してみようのきっかけになりましたか? ブリッジや入れ歯に代わる治療として注目されているインプラントを選択することで得られるメリットはたくさんあります。 ご自身で興味を持ち、理解を深めることがインプラント治療を成功に導く第一歩だと思います。 そして、インプラントを入れたらゴールではなく、長期間使い続け、維持していくためには、ご自身や歯科医院でのケアが重要であることを今回の記事を通じて理解していただければ、うれしい限りです。

次の