アイス ブレイク チャレンジ。 簡単にできるアイスブレイクネタ20選

【高齢者向けアイスブレイクゲーム10選】簡単&面白いネタ集!!自己紹介ネタなど!

アイス ブレイク チャレンジ

「アイスブレイク」という言葉を聞いたことはありませんか。 アイスブレイクを知っておくと、会議や研修など複数のメンバーが集まるシーンで重宝します。 また、企業の社内研修や会議などで行われるかもしれません。 アイスブレイクの意味やメリットをご紹介します。 「アイスブレイク」とは? 「アイスブレイク」は、初めて出会った人同士や、会議の緊張をほぐすことでコミュニケーションを円滑にし、出席者が目的に応じた積極性を発揮できるようにする手法です。 会議や研修の冒頭に、5~10分程度行われることが一般的です。 なお、アイスブレイクは、初対面の人だけで用いられる手法ではありません。 場の雰囲気を和ませて発言しやすい空気を生み出したり、お互いを知ることで能率を高めたりするために用いられます。 そのため、職場や学校、ワークショップや歓迎会など、様々な場で活用されています。 「アイスブレイク」4つのメリット アイスブレイクの目的と効果を理解しておくと、使うべきシーンが明らかになります。 ビジネスシーンにおけるアイスブレイクのメリットをご紹介します。 緊張を和らげる 普段、会話することの少ない参加者が出席している会議では、まず参加者の緊張をほぐさないと、議論が進まない可能性があります。 気軽に意見を出す雰囲気を作り出すために、アイスブレイクの時間を持つことで、場の緊張感を和らげることができます。 コミュニケーションを円滑にする アイスブレイクのひとつに、自己紹介や指の体操などといった、出席者が簡単なゲームに参加する方法があります。 全員が一緒に行うことで、親しくない人とも無理なくコミュニケーションを図ることができます。 相互理解を深める 研修やワークショップなどの場合、年齢も価値観も異なる人が一堂に会することもあります。 決められた時間内により良い成果を生み出すためには、相互理解がとても重要です。 アイスブレイクを活用することによって、効率的にお互いを知ることができるでしょう。 会議への積極的な参加を促進できる 会議やプレゼンテーションの中には、出席者が意見を出し合うことが求められるケースも多いものです。 ただし、静かな会議で参加者とのコミュニケーションも浅い状況では、積極的に発言することは容易ではありません。 アイスブレイクを利用し話しやすい雰囲気を作ることで、出席者の積極的な参加も可能となるのです。 簡単に始められる!「アイスブレイク」3選 アイスブレイクには様々な方法がありますが、簡単に始めることができてお互いを知ることができる、3つの方法をご紹介します。 「他己紹介」と「実は自己紹介」 アイスブレイクの手法の代表的なものに、自己紹介があります。 単なる自己紹介だけではなく、「実は」というフレーズを用いて、「実は、私……です」という形式で発表する「実は自己紹介」や、参加者をペアにして、ペアになった相手のことを紹介していく「他己紹介」などの方法もあります。 「ヒーローインタビュー」 「他己紹介」と似ていますが、参加者がペアになって片方がヒーロー、片方がインタビュアーとなって、その人が一番活躍したときのことを聞き出していきます。 聞き役のほうは多少大げさなくらいにリアクションをとると、場の雰囲気が盛り上がるでしょう。 ヒーローの側は話をしやすくなりますし、聞き手も積極的なコミュニケーションを取ることに抵抗がなくなります。 「チェックイン」 研修などで活用できるのが、5人前後のグループを組んで、1人ずつ短い時間で自己紹介をしていく「チェックイン」という方法です。 話す内容は事前に決めておきます。 何度も開催される会議の場合は、自己紹介ではなく「最近、気になったこと」などをテーマにすると、話題を出しやすくなります。 なお、チェックインで気をつける点は2つあります。 1つ目は、話をしているときは、他の人は質問や突っ込みをせずに黙って聞くこと。 2つ目は、話し手をテンポよく切り替えていくことです。 この2つを守ることで、話をすることへのプレッシャーを減らし、円滑なコミュニケーションを行う下地ができるのです。 ビジネスにおけるアイスブレイクは、緊張した場の雰囲気を和らげ、個々人が力を発揮できるための環境を整えるといった目的があります。 5分程度で行える手軽な方法なので、様々なバリエーションに挑戦してみましょう。

次の

朝日奈央・JOY ・ユージ、巨大な氷の塊を割って「コカ・コーラ」を取り出す アイスブレイクチャレンジ体験!

アイス ブレイク チャレンジ

起源 [ ] 慈善運動のための資金調達の方法として氷水をかぶるという運動は以前より行われているが、起源については複数の説はあるもののはっきりしていない。 そのひとつとして、2013年から2014年の冬の間、「コールド・ウォーター・チャレンジ」 cold water challenge と呼ばれる運動がアメリカのソーシャルメディア上で人気となった。 そこには冷たい水に飛び込むか、がん研究のための寄付をするかのどちらかを選ぶという指示が含まれていた。 日本でも2014年6月までに「アイスウォーターチャレンジ」として紹介されており、愛好者の間で広まっていた。 そこでは、アメリカのローライダー・カー・クラブ Lowrider Car Club が発祥と紹介されていた。 その頃、アメリカでは7月にゴルファーのクリス・ケネディが友人の指名を受け氷水をかぶり、米 ALS 協会を寄付先に選び、ALS 患者を夫にもつ彼の従姉妹を次に氷水をかぶる人物として指名した。 そこから患者を含む ALS コミュニティに関わる人物を中心に徐々に広まっていった。 そして、ともに ALS 患者である元大学フットボール選手のコーリー・グリフィンと元ヨーロッパのプロ野球選手のピート・フレイツの2人がこれを行い動画を公開したことにより、爆発的に広まった。 氷水はアメリカのスポーツ界では「祝福」を意味し、フレイツを元気付けたいという思いからフレイツの父親が氷水を頭からかぶった。 フェイスブック社の調査によると、この運動はを中心に広がった。 8月18日現在、フェイスブックでの投稿やコメントなどを通してキャンペーンに参加した人は2,800万人以上、シェアされたビデオは240万本に達する。 また、参加人数の多い国はアメリカが1位で、以下、、、と続いている。 ルール [ ] の選手・関係者たちがアイス・バケツ・チャレンジを行う映像。 最初に「誰々から指名されてチャレンジを受ける」旨宣言して氷水を浴び、最後に次の人物を指名して終わる様子が一人一人撮影されている• まず「アイス・バケツ・チャレンジ」を受けることを宣言し、続いてバケツに入った氷水を頭からかぶり、そして次にこのチャレンジを受けてもらいたい人物を2人から3人程度指名する。 この様子を撮影した動画をフェイスブックやなどのソーシャルメディアで公開してチャレンジ完了となる。 指名された人物はチャレンジを受ける場合、氷水をかぶる、または100ドルをALS協会に寄付する、あるいはその両方を行うのいずれかを24時間以内に選択する。 ただし、氷水を頭からかぶることや寄付をすることは強制ではなく 、日本ALS協会も公式サイトや報道を通じて「無理はしないように」と要請している。 影響と運動の拡大 [ ] この運動は全米で大きな反響を呼び、各界の著名人も積極的にこの運動に関わっている。 フェイスブックCEOより指名された元会長はこのために氷水をかぶる装置を制作、それを使い氷水をかぶる様子を動画に公開した。 また20名以上のが一斉に氷水をかぶった際、その中の一人エセル・ケネディ(の妻)は次に氷水をかぶる人物として大統領のを指名。 オバマは氷水をかぶる代わりに寄付をすることを表明した。 そのほか多数の人物が氷水をかぶり、そして寄付をしたことにより、米ALS協会は7月29日からの3週間で1,330万ドルの寄付金を集めた。 前年同時期の同協会への寄付額は3万2,000ドルだった。 これに対し、米ALS協会では「ほとんどの人はALSについて認識が乏しく、資金集めはとても困難だった」「こんな奇抜な方法で支援の輪が広がるとは、感激だ」と述べた。 日本国内では、8月16日にがチャレンジを行ったことを発表した 頃から著名人のチャレンジが相次ぎ、やなどが氷水をかぶるなど、広がりを見せている。 日本ALS協会には8月18日から22日の間に、前年1年間の募金額に匹敵する394万円の募金が集まった。 またその年を象徴する言葉を選出する「」の候補50語に選出された。 日本ALS協会は公式サイトによると、「アイス・バケツ・チャレンジ」で約3755万円(14年11月末現在)の寄付が集まり、同協会への寄付金は過去20年で約7688万円であることから、この活動により過去20年間の半分近くの金額が集まったことになる成果があったとしている。 一方で、運動が拡大するにつれてパフォーマンスとしての奇抜さを競う者たちが出現し、事故を招いた事例もある。 アメリカでは消防車を利用して水を浴びるパフォーマンスを行った活動に協力していた消防士4人が誤って電線に接近して感電し 重体だった1名が翌月死亡した ほか、イギリスでは18歳の少年が崖から池に飛び込み死亡した。 スペインでは51歳の男性が用の航空機から1,500リットルの散水を受けるパフォーマンスを行ったが重症を負い、病院に搬送された。 8月22日には、の党首が氷水をかぶった動画を投稿したが、その中にが写っていたことから波紋を呼んだ。 ドイツでは一部例外を除き、大麻の栽培は違法だが、緑の党は大麻解禁を主張しているため、確信犯ではないかと指摘された。 2015年、俳優のが、この活動による支援の継続を目的として、1年遅れでチャレンジしたことを自身のインスタグラムとツイッターで報告した。 派生した運動 [ ] この運動が広まるにつれて、チャレンジ内容や目的に変化を加えたものが登場するようになった。 によってされているでは、水も、氷を作る電力も不足しているため、のアイマン・アルールは、イスラエル軍の攻撃によって破壊された家屋のがれきを頭からかぶるチャレンジを行い、への連帯を訴えた。 アルールは次のチャレンジャーを指定しなかったが、これに共感したの人々によって、がれきチャレンジは広がっている。 に苦しむでは、氷水をかぶる代わりにバケツ一杯分のを集め、必要としている人に寄付する運動「」や災害で家を失った人にバケツ1杯の物資を支援する「フィル・ザ・バケツ・チャレンジ」が始まっている。 南アジアにおいてはアイス・バケツ・チャレンジは水の無駄遣いであると批判されていたが、ライス・バケツ・チャレンジの考案者は「(ライス・バケツ・チャレンジなら)食料を必要な人に届けることができる上、水を無駄にすることもない」としている。 賛否 [ ] 賛成 [ ] アメリカのニュースサイト『』の元編集者での専門家でもあるニートゼン・ジマーマンは「ネットのチャレンジ好きな特性とチャリティ活動を結びつけた」ことを評価している。 アイス・バケツ・チャレンジ自体は ALS の周知活動ではあるが、なかなか話題にならない他の難病()に目を向けてもらう契機にもなりうるとの評価がある。 反対 [ ] アイス・バケツ・チャレンジに対しては、氷水をかぶることは単なる「社会貢献ごっこ」に過ぎないという批判 や、有名人や企業が自らの宣伝や売名のために参加しているだけで ALS 治療への貢献にはつながっていないという声 もある。 やは、チャレンジの趣旨に理解を示しつつも自らはチャレンジへの参加を拒否した。 または、寄付はするが次の指名はしないことを表明した。 2014年の夏に深刻な水不足になっているなどでは、チャレンジは水の無駄であるという意見も出ており 、カリフォルニア州政府はチャレンジへの参加は水の無駄遣いであるとして1人あたり500ドルの罰金を科した。 准教授のは ALS の認知度を高めるという趣旨には同意しつつも、社会的意義がある行為を拒否することは難しく、このチャレンジを頼まれた者は断りづらくなると評している。 は、在外の大使や外交官に対し、チャレンジに参加することを禁じる通達を出した。 この通達では、や、・・、さらになど、ALS 以外の疾病に対しても国として支援を行っていることを挙げ、政府高官という立場の者がこれらの中で ALS だけを特別扱いすることには問題があると指摘している。 また、同様の理由では全ての軍人および職員に、は所属議員に、それぞれチャレンジに参加しないよう求めた。 の法人は自社の防水スマートフォンに氷水を浴びせ、など他社製の防水でない端末を次のチャレンジ者として指名したが、チャリティ活動を単に自社の広告のために利用したと批判されている。 成果 [ ] この運動によって集まった資金でプロジェクトMinEというALSの研究プロジェクトが立ち上がり、プロジェクトMinEによって () NEK1 というALS治療における重要な遺伝子が発見された。 脚注 [ ] []• Lost Coast Of New Zealand 2014年7月9日. TVNZ. 2014年8月20日閲覧。 Cancer Society Auckland. 2014年8月20日閲覧。 Iris Perez 2014年6月25日. MyFox Twin Cities. Fox Television Stations. 2014年8月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年8月20日閲覧。 株式会社ONPAJAPAN. 2014年6月18日. の2014年8月21日時点におけるアーカイブ。 2014年8月20日閲覧。 GQ JAPAN. 2014年8月20日. の2014年8月21日時点におけるアーカイブ。 2014年8月20日閲覧。 日本語. 2014年8月23日. 2014年8月23日閲覧。 CNET Japan. 2014年8月20日. 2014年8月25日閲覧。 SankeiBiz. 2014年8月18日. 2014年8月20日閲覧。 日本語. 2014年8月22日. の2014年8月24日時点におけるアーカイブ。 2014年8月22日閲覧。 日本ALS協会. 2014年8月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年8月21日閲覧。 ロケットニュース24. 2014年8月20日. 2014年8月20日閲覧。 ギズモード・ジャパン. 2014年8月15日. 2014年8月20日閲覧。 2014年8月19日. 2014年8月22日閲覧。 2014年8月20日. 2014年8月22日閲覧。 ロケットニュース24. 2014年8月20日. 2014年8月20日閲覧。 毎日新聞 毎日新聞社. 2014年8月22日. の2014年8月23日時点におけるアーカイブ。 2014年8月22日閲覧。 2014年11月19日. 2014年11月19日閲覧。 2015年10月20日. 2015年10月20日閲覧。 2014年8月25日. 2014年8月26日閲覧。 2014年8月22日. 2014年8月26日閲覧。 CNN. 2014年9月22日. 2014年10月13日閲覧。 2014年8月25日. の2014年8月26日時点におけるアーカイブ。 2014年8月26日閲覧。 47NEWS. 2014年8月25日. 2014年8月26日閲覧。 The local The local. 2014年8月26日. 2014年8月30日閲覧。 2014年8月30日. の2014年8月30日時点におけるアーカイブ。 2014年8月31日閲覧。 2014年8月27日. の2014年9月1日時点におけるアーカイブ。 2014年8月30日閲覧。 2014年8月26日. 2014年8月30日閲覧。 2014年8月26日. 2014年8月30日閲覧。 ハフィントン・ポスト. 2014年8月23日. 2014年8月26日閲覧。 日本語. 2014年8月25日. 2014年8月26日閲覧。 Emily Steel 2014年8月21日. 日本語. 週刊東洋経済. の2014年8月23日時点におけるアーカイブ。 2014年8月22日閲覧。 日本語. 日本版. 2014年8月20日. の2014年8月22日時点におけるアーカイブ。 2014年8月22日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2014年8月22日. 2014年8月22日閲覧。 大分合同新聞社. 2014年8月26日. 2014年8月29日閲覧。 2014年8月23日. 2014年8月29日閲覧。 日本語. シネマトゥデイ. 2014年8月20日. 2014年8月22日閲覧。 The Daily Current. 2014年8月15日. 2014年8月26日閲覧。 2014年8月21日. 2014年8月22日閲覧。 日本語. 47NEWS 共同通信社. 2014年8月23日. 2014年8月26日閲覧。 CNET. 2014年8月22日. 2014年8月24日閲覧。 日本語. 2016年7月30日. 2016年8月27日閲覧。 関連項目 [ ]• アイス・タイキック・チャレンジというパロディ企画が放送された。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (日本ALS協会).

次の

ここぞというときに使いたい!アイスブレイクネタ&テク集

アイス ブレイク チャレンジ

【高齢者向け】介護現場でおすすめ!! 自己紹介の一環ではありますが、「好きな食べ物は?」「好きな芸能人は?」など答えやすいけど、自己紹介ではなかなか自発的には発表しないプロフィールを伝えることにもなり、共通の話題で盛り上がりやすくなります。 ルールも簡単で、代表を一人決めておき、その代表は片方の手のひらを正面に向けます。 もう片方の手を上下に動かし、代表の手が重なったタイミングで参加者は手を叩きます。 代表のフェイントに引っかからないように注意です。 代表者に注目しながら同じ動作を行うことで一体感が生まれます。 メンバーの名前をすぐに覚えられるようになりますね。 高齢者の場合は座ってやるのが望ましいので、スティックバルーンのように柔らかい棒状のものを用意してリーチを伸ばしたり、少人数で円を小さくしてやると良いでしょう。 その後、「せーの」の掛け声で一斉に事前に指定しておいた勝ち・負け・あいこになる手を出すゲームです。 息を合わせて行う脳トレとも言えるでしょう。 このワンテンポ置くというのが一体感を生むのに一役買ってはいますが、普段のじゃんけんの勢いで咄嗟に出してしまうこともあるでしょう。 そういったことも含めて楽しんでみてはいかがでしょうか。 この応用として「頭」「肩」「膝」等と指定した体の部位をタッチするようにしても良いでしょう。 また、先ほどの体の部位にタッチする指示を番号制にしてみましょう。 例えば「1」と言えば「頭」、「2」と言えば「腰」といった具合です。 その番号での指示の中に「右隣の人の肩」「左隣の人と手をつなぐ」等の指示を組み込んでみるとゲームとしての幅も広がって面白いですし、思ったよりも難しいとそれが逆に笑いを呼んで雰囲気がより和やかになるなんてこともあります。 そのお題に当てはまる人でペアを作るゲームですが、高齢者の場合は動き回って集団を作るのはなかなかスムーズには行きません。 代わりにお題は選択制で4択程度に収まる物にします。 そして集まる代わりに色紙などで作った旗を用意し、選択肢ごとに色を指定します。 お題に対し指定された色の旗を揚げましょう。 その場では集まれなくても共通点のある利用者同士であることは分るので、話のネタにもなるのではないでしょうか。 共通点がある利用者さん同士を職員が把握できれば、席の配置などの参考としても良い情報になるのではないでしょうか。 次の人は「 Aさんの隣の Bです」そして次の人は「 Aさんの隣の Bさんの隣の C」です。 と徐々に覚えるべき名前の人が増えていくゲームです。 高齢者の場合は普段の席の1テーブル程度の人数はだいたい4~6名程度になるかと思うので、その位の人数でやると周囲の人の名前も憶えやすく脳の刺激にもなりますね。 名前と年齢以外の項目はあらかじめ「好きな食べ物」「出身地」等の言いやすい物をいくつか指定しておくとやりやすいでしょう。 お互いの自己紹介が終わったら他のペアと合流し、自分のペアの紹介を行います。 相手のことをすぐに覚えられるきっかけになりますね。

次の