デジモンアドベンチャー last evolution 絆 感想。 「デジモン大好きな人間の感想。」デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 TAIさんの映画レビュー(ネタバレ)

【ネタバレあり】デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 【感想】|Just go my way

デジモンアドベンチャー last evolution 絆 感想

デジモンの映画見てきたから感想と考察書く。 忘れてそうな設定も合わせて解説していく。 ネタバレ注意。 最初出てくるオーロラ。 あれはデジタルワールドとつながったときに発生する現象。 そのあとパロットモンとグレイモンの戦闘。 手をガッチリ組んで取っ組み合いするのは、映画版デジモンアドベンチャー(太一と光が子供のころの話)のオマージュ。 ちなみにパロットモンは完全体である。 ……そう、映画のグレイモンは成熟期にして完全体を倒しているのである。 なお映画のアグモンとTVアニメのアグモンは別個体とされてる。 完全体を倒せるほどの高個体値アグモンだった。 ……か、あるいは最初の設定だとパロットモンは成熟期だったか。 ホエーモンもTVアニメだと成熟期だったけど、のちに完全体バージョンが出てきてる。 外見は一緒。 そんな感じに成熟期個体と完全体個体が両方存在する説もある。 今回の敵役であるエオスモンも進化しても名前変わらないし。 (究極体だけ、まだ名前が明かされてない) しかし、アグモンが別個体という話だが、どうにもTVアニメ1話でアグモン(コロモン)が太一をすでに知っているようなフシがある。 そうしてはじまりの街で転生した……と。 同じことはエオスモン(モルフォモン)にも当て嵌まる。 メノアはモルフォモンを蘇らせようと肉体のデータ(という表現が正しいかはわからんが)を用意したけど、デジモンにはならなかった。 しかしオーロラが現れた日(デジタルワールドとつながったとき)にデジタマが現れた。 そうして、エオスモンが生まれた。 だからラストでエオスモンからモルフォモンの気配を感じさせたシーン、あれは演出とかメノアの思い出補正とかじゃなく、本物のモルフォモンだったんじゃないかなーと。 そして、アグモンが「最初に会ったときのこと覚えてる?」と尋ね、太一が「もちろん」と答えた場面。 詳しく言及しなかったのは、映画とTVアニメ1話のどちらもが最初の出会いだといえるから(どちらかだと確定させないため)だと思われる。 さて、こっからは疑問や感想がメイン。 最初、太一がゴーグルじゃなくて光子郎作のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)になってるの見たとき、めっちゃテンション上がった。 なんだったんだろうねアレ。 キービジュアルとして出しちゃった手前、出さないわけにはいかない。 でもシナリオに組み込むのムリだった……みたいな感じやろうか? ワープ進化(ウォーグレイモン、メタルガルルモンへの進化)も使わなかった。 俺はこれ絶対に伏線じゃん! と思った。 あとでワープ進化は使うから取っておこう、って。 映画公開前の画像で、新たなグレイモンとガルルモンの進化が出てくるのは予想できてた。 オメガモンみたいに合体した1体ではなく、2体。 だから、それの前段階としてワープ進化を最後に使うんだと思ってた。 ……結局出てきませんでしたねウォーグレイモンとメタルガルルモン。 あのツメ、『勇気の絆』の姿だと出し入れ可能。 やっぱり爪あるとカッコいい。 え? ガブモンの『友情の絆』の姿が完全にヴォルフモンだって? ヴォルフモンだったな!(思考停止) ぶっちゃけ反論が思いつかん。 でも人型にした理由なら予想つく。 多分アレは太一と大和が大人になることを選んだから。 大人になった2人の姿を反映してるんとちゃうかな。 だから、ハイブリッド体みたいにすごく人間らしい。 それに『友情の絆』もイラストで見ると全然べつのデジモンなんだよなぁ。 映画だと演出の関係か、色が青に見えるけど実際はもっと濃い色っぽい。 デザインもまるっきりちがう。 ……え? 「スマホにした意味あったんですか」「最初からデジヴァイスだけでよかったんじゃないですか」ですって? えーっと、なんでだろうね?(白目) スマホ向けのアプリか、スマホっぽい形の新しい液晶玩具を出すから? その販促? あるいは続編に向けた伏線? デジヴァイス使えなくなっちゃったからその代わりの? でもそれならデジヴァイス自体を使った展開のほうが熱いしなぁ……。 んー、わからん! ぼくらのウォーゲームでは電話を、ディアボロモンの逆襲で携帯電話をうまく使ってたから、今度はスマホの要素を取り入れてシナリオ書いてと要望入れられてムリヤリぶっ込んだとか? 現状、俺もいらんかったとしか思えん! ラスト直前。 ミミがベッドで目を覚ましたシーン。 完全にあそこで『Butter-fly』流れると思ったわ……。 TV版ラストの帽子が飛ぶシーンと同じく、最後はミミで締めるんかなーと。 これは又聞きした話やけど、『Butter-fly』(チョウチョ)のOPからはじまったからモルフォモン(チョウチョ)で終わろうとした説があるらしい。 めっちゃ好き。 エモいな。 空は……悲しいほど空気だったね。 前日譚でメイン張ったし、出番削られたんだろうか……(汗 戦わないって言ってたけど……でもまさか、本当に戦わないとは思ってなかった(汗 あるいは、太一と別れて大和に乗り換えたから、気まずくてみんなが集まる場には顔出せないとか……? さすがにこれはないな。 ……ないと信じたい。 焼肉屋で太一と大和が空について話すシーン、いたたまれない……。 胃がキリキリした。 店内BGMとして流れてた、TV版デジモンの2期エンディング曲『Keep On』だけが癒しだった。 正直、ラストはハッピーエンドになると思ってた。 02ラストに関してはあまり劇中では言及しなかったものの、否定はなるべくしないように進行してた。 だから、太一が大人になったときにアグモンがそばにいる流れになるのは必然。 最後は別れずに済む結末になる……と予想してたんやが。 ……そのまま、お別れしちまった。 最後とは言いつつ終わらない物語は世の中にあふれているわけで。 続編で再会の物語が描かれることを期待する。 今回の事件から02ラストまでは、まだ時間があることだしね……。 デジモンアドベンチャー(初代)のリメイクもされるし、そのあとにでも作られるんやろうか。 そのときはぜひ、太一には空と末永く幸せになっていただいて……。 光が太一にガチ恋してるという裏設定、すこすこ。 総評としては、めっちゃよかった。 ガチで泣いた。 すべての選ばれし子供たちとパートナーデジモンが敵に回ったときの絶望感が最高。 メノアも敵ながらきちんと理があって共感できる。 いい悪役だった。 今んとこ書きたいのはこのくらい。 だれか、ほかにも考察とか反論とかあったらコメント欄に書き込んでくれ。 情報交換求ム。 ちなみに、入場特典は京&ホークモンだった。

次の

【みんなの口コミ】映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』の感想評価評判

デジモンアドベンチャー last evolution 絆 感想

あらすじ 太一とアグモンらがデジタルワールドを共に大冒険したあの夏から、10年以上もの年月が経ちました。 デジモンの存在が当たり前のように認知され、成長した太一たちは大学生となり、それぞれの進路や将来に悩みながら、歩き始めています。 そんな中、世界中の「選ばれし子どもたち」の身の回りで、とある事件が発生しました。 その一連の事件の元凶である「エオスモン」との戦いのために再集結する太一たちは、その戦いの中でアグモンたちの進化に異変が起こっていることに気づきます。 そして、選ばれし子供達が大人になったら、パートナーデジモンは消失してしまうという衝撃の事実を知ってしまうのです。 「エオスモン」の脅威に立ち向かうために戦わなければならないのに、戦闘を重ねるとパートナーとの別れが近づく・・・そんな宿命との葛藤の中、彼らが辿り着いた答えとは? 「デジモンアドベンチャー last evolution 絆」のネタバレ 本作はデジモンたちが繰り広げる戦闘シーンがメインのバトルアニメということで、それぞれの戦闘シーンに沿って物語のご紹介をしていきます。 冒頭バトル 劇場版デジモンアドベンチャー グレイモンvsパロットモン戦をまた観たくてリピートしてしまった。 この映画のグレイモンは何度見ても飽きないし、まさに獣同士の死闘と言っていい戦闘シーンは実写の怪獣映画・モンスター映画が顔負けしそうな位のリアルさがある。 敵のパロットモンもいい。 デジタルワールドへ送り返すために、太一、ヤマト、タケル、ヒカリの4名でこの対応にあたり、街中での戦闘となりました。 OPテーマ曲 Butter-fly 事件を無事に解決して、それぞれの生活に戻る彼ら 昔のような大冒険の日々は遠い過去になり、それぞれの道へ進まなければならない太一とヤマトは自分の進路に悩んでいました。 そんな現状の中、ヤマトは 「いつまでも昔のままじゃいられない」と言います。 本作のテーマ曲の歌詞の中に、 「無限大な夢のあとのなにもない世の中」というフレーズがありますが、まさにこのテーマ曲に沿った展開で進んでいきます。 エオスモン襲来 世界中で選ばれし子どもたちがこん睡状態に陥る事件が発生。 突如出現した未知の蝶型デジモン「エオスモン」が引き起こしていました。 New Digimon confirmed for : Eosmon! 太一たちはこのエオスモン相手に、最初からオメガモンで対抗します。 ところが、勝利目前にして、オメガモンが急停止し、合体が解除されました。 その後エオスモンは逃亡します。 子どものときのような未来に広がる無限大の選択肢という可能性と成長そのものをパワーの源としているデジモンたち 就活などで進路に悩む太一たちは、子どものときの気持ちを忘れかけているため、着実に別れが近づいているのでした。 カウントダウン デジモンウェブにてカウントダウンが来てますね。 この針が全て消えたとき、デジモンも姿を消してしまうという事実を突き付けられる太一たち。 一緒にいられる時間が残り少ない中、世界を救うために戦わなければならないのに、戦いや進化を続ければこのカウントダウンの針が進んでしまうことに強い葛藤が生まれます。 アグモンとガブモンの後押しもあり、苦渋の選択の末、覚悟を決める太一とヤマトでした。 黒幕メノア・ベルッチ 共に戦ってきたタケル、ヒカル、光子郎、ジョウ、ミミがこん睡状態になり、彼らのパートナーも行方不明になってしまいます。 残された選ばれし子どもで戦えるのは太一とヤマトだけになりました。 一連の事件の真犯人は依頼主の 井村だと考え、追い詰めたヤマトでしたがその正体は、FBIの人間でした。 本当の黒幕の メノアを捕まえるために潜入捜査をしていたのです。 光子郎はこのメノアが真犯人であることに気づいたところで倒されていたのでした。 自分と同じような思いをさせないために、他の子どもたちには、こん睡状態のまま永遠にデジモンたちと一緒に過ごさせるという歪んだ目的を持ったマッドサイエンティストになってしまいます。 デジヴァイスのカウントダウンの針も残りわずかになり、絶望する太一とヤマトにアグモンとガブモンが励まします。 二人が覚悟を決めると、アグモンとガブモンがそれぞれ最終進化を遂げ、新しい人型のような姿のデジモンになりました。 激しいバトルの末に、見事勝利した太一たち・・・。 メノアは井村によって逮捕され、こん睡状態になっていた者やそのパートナーたちも無事に復活しました。 ?まさか4月から始まるデジモンアドベンチャー:でパートナーの進化先が変化するってウォーグレとメタガルリストラでアグモンとガブモンの最終進化がこれになってしまうのか。。。 太一とヤマトはそれぞれのパートナーであるアグモン・バグモンと残りの時間を過ごしていきます。 パートナーの「明日なにするの?」の問いかけに振り返り答えようとする二人 しかし、そこにはアグモンたちの姿はなかったのです。 以上が、本作のストーリーとなります。 「デジモンアドベンチャー last evolution 絆」の感想 デジモンの進化と共に、子ども達も進化(成長)をしている姿が描かれている本作 20年前の一作目から見ていて同じように成長されている視聴者の方も、劇場で登場人物と自分をリンクさせて、感じるものが色々あったのではないでしょうか? ニコニコ動画などの投稿サイトを中心に絶大な人気アニメソングとなった 和田光司さんが歌う 「Butter-fly」がテーマ曲になっていますが、本作のテーマソングの歌詞を辿るようなストーリー展開をみせる本作は、 子どもの時に持っていた純粋な気持ち、それこそ歌詞にあるような無限大な夢を大人になって諦めてしまっていないか、というメッセージ性の強い作品になっております。 限界を超えて成長し続ける太一やデジモンたちが繰り広げる進化したバトルも必見ですので、是非劇場に足を運んでみてください。

次の

デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 感想(ライト版)

デジモンアドベンチャー last evolution 絆 感想

デジモンラスエボ絆はオープニングから感動の嵐!細田守監督の劇場版「デジモンアドベンチャー」が再現 舞台は2010年。 異常気象が起きる中、東京にデジモン「パロットモン」が出現。 これを太一とアグモン(グレイモン)が迎え撃つ! 巨大なパロットモンとグレイモンが街中で取っ組み合うシーン。 どこかで見たことありますよね? そうです。 TVアニメ デジアド無印の放送直前に公開された、細田守監督による劇場版「デジモンアドベンチャー」そのものではないですか! うおおお!現実世界のデジモンでかい!中野の町が壊れる!だがそれがいい! エンジェモン、エンジェウーモンも相変わらずのカッコよさ。 序盤からグイグイ引きこまれます。 デジモンラスエボ絆は進化シーンもだるくない。 見せるべきところで見せる アグモンがグレイモンに進化するシーンは無印の再現ですよ。 これには昔からのファンたちも感動です。 旧デバイスではなくて光子郎が開発したスマホで進化できちゃうところが今っぽくて良いですね。 何度が戦闘シーンはありますけど、毎度アホみたいに進化シーンをダラダラと見せられることも無く。 triで視聴者から多く出ていた不満点は解決されています。 デジモンラスエボ絆の主題歌は「バタフライ」バタフライは至高で永遠! パロットモン戦が決着してから流れるButter-Fly。 20年前の原曲がそのまま使われています。 何年経ってもカッコイイですよね。 マジ神曲。 天国から和田光司さん、水谷 優子さんも観ているかしら。 デジモンラスエボ絆の登場キャラは太一とヤマトが中心 劇場版作品なので長くても120分に納めないといけません。 無印、02の子供達全員に焦点を当てていると全然時間が足りないですねw 天才ジーニアス光子郎をサポートメンバーとして使いながら、主人公各の太一とヤマト、アグモン・ガブモンに焦点を当てたのは良いやり方ですね。 02組、D3メンバーがあまり活躍できなかったのは残念ですけど仕方無しかな。 個人的には賢が「京さん、大丈夫?」と気づかっていたシーンが印象的でした。 02の最終回では「ええ!この二人が!!」とビックリでしたからねw デジモンラスエボ絆で空はほとんど出番なし。 彼女は戦わない道を選んだ 今作で空はほとんど出番がありません。 「私は太一たちと戦わないと決めた」という台詞の通り、みんなの安全を祈っているだけです。 でも、それも空自身がきめた決断なんですよね。 言葉に出して自分が揺れないように戒める。 「選んだその先で生きなきゃいけない」太一もそういっていましたね。 空も選んだんですよ。 自分の道を。 必見ですよ。 デジモンラスエボ絆はストーリーも文句なし 「選ばれし子供も大人になる過程でパートナーデジモンとさよならする時がくる」という主軸の設定を上手く使ったな、という印象です。 太一やヤマトは残された時間で葛藤しながら戦う姿。 ラスボスキャラがどうして暴走してしまったのか。 一本の筋が通っているので安心して見ていることができました。 大人でも子供でも楽しめるレベルに落としこまれていますし、tri 6作を見ていなくても十分についていける内容でしたね。 デジモンラスエボ絆は作画も素晴らしく tri 難民は成仏できるよ! 最初に安心したのは作画ですね。 15周年のtriを最初に見た時は、成長したとしてもちょっと顔が変わりすぎなのでは… と感じましたけど。 今作はそんなことも無く、大人になった太一やヤマトとして以前に受け入れることができました。 tri に不満を持っていた人は全員本作を見るべきですよ。 俺たちの最後の進化だ!デジモンラスエボ絆はラストバトルがカッコイイ 最後の戦いで最終進化を遂げるアグモンとガブモン。 太一がホイッスルを吹くシーンの伏線回収が泣ける 無印の前に公開された細田守監督の「デジモンアドベンチャー」ってみんな見てますかね?あのヒカリのホイッスルが本作で活かされるとは思いもしませんでしたよ。 20周年記念作品らしさがあって、こうやって話を作ってくれると感動的ですよね。 02の最終回を知っているから安心。 なのかな? 最後に消えてしまったアグモンとガブモン。 「絶対会いに行くからな!」で話は終わりますが、02の最終回を知っているオールドファンとしては不安要素はないですよね。 だってヤマトとガブモンは一緒に宇宙に行くんですから。 ここから彼らが更に大人になっていくことを想像すると、なんだか涙がこぼれそうです。 私たちが子供の時に見ていたアニメが今でも続いている。 サザエさんやどらえもん、ポケモンは年を取らないけど、デジモンアドベンチャーのキャラ達は成長していて。 良いことも悪いこともある中で決断して、前へ進んで行く。 明日のことはわからないな。 だけど、私たちはデジモンとずっと一緒だもんね! 最高に素敵な作品をありがとう! アニメ「デジモンアドベンチャー」 動画を無料で視聴する方法 最後にまとめです。 デジモン作品の多くはで視聴することができます。 最初に一言。 「デジモンアドベンチャー ラストエボリューション絆 」はアニメの1作目「デジモンアドベンチャー(無印)」・2作目「デジモンアドベンチャー02」のキャラ達が中心の話です。 動画配信サイトU-NEXTで無料で見れるのでチェックしておきましょう。

次の