アップル 丸の内。 アップル丸の内|テレ東NEWS:テレビ東京

アップル、丸の内に国内最大の直営店 報道陣に公開 :日本経済新聞

アップル 丸の内

手前からiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max。 iPhone 11は国内では7万4800円〜という、かなり手頃感のある価格に設定された。 撮影:伊藤有 数年前の騒然とした発売当日早朝の雰囲気を思うと、ずいぶんと落ち着いたムードで発売日に朝がはじまった。 予約販売が中心となりつつあるなかで、行列のほとんどは「当日販売分」狙いの人たちだから、ある意味では当然の光景ともいえる。 アップル丸の内店内はiPhone11発売にあわせてディスプレイが一斉に変更されている。 展示方法で目をひくのは、iPhone11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxを横並びでスタンドに立てた展示方法。 たしかこれまでは「比較」に見えるような展示スタイルはあまりとっていなかった気がする。 報道陣の取材に応じた購入客の男性。 iPhone 11 Pro Maxの新色「ミッドナイトグリーン」を購入。 いつも最新iPhoneの新色を発売日に買っているとのこと。 撮影:伊藤有 報道陣の取材に応じた購入客の会社員の男性は、iPhone 11 Pro Maxの新色「ミッドナイトグリーン」を購入。 毎年新色のiPhoneを購入していて、いちはやく触りたかったから、と答えた。 「10月1日の消費増税前だから、というのはありますか」ある報道関係者が質問したが、男性は「特にそういうことはありません」と答えた。 アップルファンの人たちは、とにかく早く欲しいのだ。 このあと、アップル丸の内の2階に行き、その場で環境移行をするそうだ。 Apple Watchは「チタン」「セラミック」のほか未発売品も展示あり 新型Apple Watchの中で、唯一発売日が2週間遅いApple Watch NIKEの実物展示もあった。 撮影:伊藤有 またApple Watchの中で唯一、発売が2週間先の「Appple Watch NIKE」(価格4万2800円〜)も、発売前にもかかわらず実機展示があった。 独自のウォッチフェイス(文字盤)のデザインを確認しつつ、今すぐノーマルモデルを買うのか、NIKEを待つのか決められる。 アップルはこの日、リニューアルを行っていたアップル表参道も改装オープン。 都内では渋谷、新宿、銀座、表参道、丸の内の5店舗で販売開始した形だ。 新型の売れ行きがどの程度好調なのかは、今後プレスリリースや、決算発表の場で明らかになっていくだろう。

次の

新しいApple直営店は「丸の内」にオープン決定。都内で5店舗目

アップル 丸の内

もくじ• アップルストア丸の内の場所 まずはその場所ですが、東京駅を丸の内側に出て左手の方にある「JPタワーKITTE」の向かい側にあるビル「三菱ビル」にあります。 なので手っ取り早いのは「JPタワーKITTE」を目指すのが分かりやすいですね。 まずはKITTEを目標に設定して移動するといいかと思います。 そして、行き方としては地上から行くのと、地下から行くのと2パターンありますので、それぞれ解説します。 東京駅の「丸の内南口の改札」を目指します。 改札を出て外に出ると、目の前に「JPタワーKITTE」が見えます。 KITTEの前を右へと通過します。 1本目の道を左へと曲がれば、右斜め前に「アップルストア丸の内」が見えるはず! というように非常に簡単で分かりやすいですね。 かなり近いので地上から行くのがオススメではありますが、雨の日や丸ノ内線で地下から行くのがよい場合もあります。 東京駅の「丸の内地下南口」を目指します。 改札を出たら、左斜め前の方へと進みます。 するとすぐに「JPタワーKITTE」の地下入り口が見えてきます。 そこで入らずに右へ進みます。 すると左斜め前の方に「三菱ビル」の入り口があります。 そこから入り、階段で上にいけば1階にいけます。 KITTE側にビルを出れば、アップルストア丸の内が見えるはず。 アップルストア丸の内の営業時間は「10時から21時まで」 営業時間は朝の10時から、夜の21時まで。 東京駅のすぐ近くにあり、しかも日本最大級の大きさということで大勢の人が訪れることになりそうですね。 三菱ビルには駐車場も アップルストア丸の内のある三菱ビルの地下には、駐車場もあります。 なので東京駅のすぐ近くという立地なのに車で来店することも可能ということになります。 または近くの「丸の内二丁目ビルガレージ」も使用可能です。 施設情報:アップルストア丸の内• 営業時間:10時〜21時 こちらもオススメ!東京駅・丸の内の人気記事 ほかにもJPタワーKITTEへの行き方など、東京駅・丸の内エリアの人気記事はこちらで!•

次の

アップル、丸の内に国内最大の直営店 報道陣に公開 :日本経済新聞

アップル 丸の内

外観は世界のアップルストアの中でも初めてという「ヴィトリン(Vitrine)スタイル」を採用。 1階から2階までをつらぬく高いガラスで囲い、店全体がショーウインドウのようなデザインに。 そしてディスプレイの部分には日本産の竹を活けて、爽やかさを演出しています。 さらに、三菱ビルヂングの丸みを帯びた小窓が連続するファサードにマッチするよう、Apple 丸の内のガラスを支えるアルミニウムはなめらかな3次元の曲面加工が施されています。 この金属加工は数々のデザイナー建築に携わる菊川工業が担当しています。 店内は他のアップルストアと同様に、開放的な作り。 天井には木材を取り入れた温かみのある雰囲気を演出しています。 店内中央には高さ7. 4mもの吹き抜けを配置し、Today at Appleのセッションも開催される、店舗の中心的なスペースとなっています。 1階正面にはボードルームとして、Appleとビジネスを検討する企業や開発者とのミーティングのスペースを設置。 大企業の本拠地が集中する丸の内という土地柄に応じ、Apple 丸の内のボードルームは日本のアップルストアでも最大規模となっています。 2階へとつながる階段は、白塗りのアルミニウムを用いて、なめらかな形状に成形。 2階も1階と同じような広がりのある空間設計で、ジーニアスバーの技術サポート用のスペースや、Today at Appleのプチセッションでも使えるスペースを用意します。 最新のアップルストアのデザインを踏襲し、店内の随所にアップル製品が並べられていますが、目立つところに価格表のようなものは存在しません。 商品の価格はiPhoneやiPad、Macのアプリから確認できるようになっています。 そしてレジの機能も、ストアスタッフが持っているiPhoneで行うようになっています。 ちなみに、丸の内エリアでは、QUICPayが地域限定のキャッシュバックキャンペーンを9月30日まで実施中。 7日に新規オープンするApple 丸の内も、このキャンペーンの対象店舗に含まれています。 キャンペーンでは1万円以上をApple Pay(QUICPay)で支払うと、1000円がキャッシュバックされます。 9月7日のオープン時には、来店客にをあしらった記念品を配布予定です。 配布方法や限定数などは明らかにされていませんが、これまでの店舗オープンの事例では先着順での配布となっていました。 また、Apple 丸の内では9月に特別なToday at Appleセッション「TOKYO CREATIVE GUILD」を、全12回で開催します。 参加者のクリエイティビティを刺激する90分の講座で、最先端のクリエイティブシーンで活躍するアーティストなど8人が講師となっています。 報道公開日にはこのTOKYO CREATIVE GUILDを制作したアーティストJun Sudo氏が登壇。 iPad Proでのイラスト制作の一端を体感するプチセッションを実施しました。 アップルは店舗としてほかに、9月下旬に「Apple 福岡天神」を移転オープン予定。 また、年内に日本で、もう1店舗の開店を予告しています。

次の