オシャレ な 壁紙。 オシャレな輸入壁紙が危ない!?人気の裏側に隠された事実とは?

【画像大量】キャサリン・フルボディのオシャレでカッコいい壁紙集【PC用】

オシャレ な 壁紙

外壁・屋根塗装の費用を知りたい方はこちら! 1.事前に知っておきたい壁紙DIYの基礎知識 壁紙DIYにチャレンジしよう!と決意したものの、そもそもDIYはできるのか?費用や時間は?失敗しない?等、疑問も多いのではないでしょうか。 まずは、壁紙DIYについての基礎知識を学びましょう。 1-1.そもそも壁紙DIYはできるのか? 壁紙のDIYは可能です。 最近では、ホームセンターやネットで様々な壁紙が売られており、必要な道具がセットとなっているものもあります。 しっかりと方法を覚えていれば、誰にでもおこなうことができます。 また、貼ってはがせる壁紙もありますので賃貸でも安心してDIYすることができます。 ただし、DIYをおこなう上でのメリット・デメリットや注意点をしっかりと把握した上でおこないましょう。 1-2.メリット・デメリット <メリット>• 業者に頼むより費用を抑える(約3分の1)ことができる• 腕さえあれば自分のイメージ通りに仕上げることができる <デメリット>• 業者に頼むより、手間と時間がかかってしまう• 慣れていない作業の為、失敗してしまう恐れがある 1-3.費用・時間・施工例 具体的にかかる費用や施工時間、施工例を紹介します。 <費用> 壁紙は、大体幅92cmのロール状となっています。 長さがどれだけ必要かによって、金額もかわってきます。 必要な道具もセットとなっているものだと、ネットで1万円前後で購入することができます。 <時間> 壁紙のDIYは、基本的に下地処理をしてから壁紙を張ります。 部屋の大きさや下地の具合にもよりますが、早くて2時間で済ませることができます。 6畳の部屋の場合、半日は見ていたほうが無難でしょう。 2.壁紙の種類について 壁紙には、様々な種類があります。 自分にあった壁紙を選びましょう。 2-1.国産壁紙と輸入壁紙の違い 国産壁紙と輸入壁紙の違いについて、説明します。 2-2.壁紙タイプ別、施工方法ガイド それぞれの壁紙に対して、いろんな施工パターンがあります。 その施工方法と仕上り、難易度を一覧化しました。 下地を剥がさない場合でも、のりで施工する方法が簡単でおすすめです。 3.DIYの前に!下地処理の方法 壁紙を張り替える前に、うちの壁紙はそもそも張り替えができるのか?!と不安になる方もいるでしょう。 基本的には、一般的な壁紙は張り替えることができます。 より綺麗に仕上げる為には、下地処理をする(既存の壁紙を剥がす)必要があります。 代表的な壁紙の紹介と、その下地処理の方法を紹介します。 3-1.必要な道具 下地処理に使用する道具についてまとめました。 道具名 説明 パテベラ パテをのばしたり、余分なパテを取り除く パテ 下地の段差を埋め、平坦に整える 紙やすり パテと下地をならす、つるつるした面をやする ジョイントコーク 剥がれかかっている下地を補修する 3-2.壁紙下地(クロス)の場合 一般的な壁紙は、このタイプです。 下地を剥がす場合と剥がさない場合、それぞれ施工できます。 カッターで横に切り込みを入れ、壁のつなぎ目部分と垂直に交わっているところから剥がしていきます。 薄い裏紙が壁に残るように剥がします。 段差の部分のみパテを入れるようにします。 <下地壁紙を剥がさず貼る場合> 下地壁紙を剥がさず、上から貼ることもできます。 ただし、仕上りは剥がして施工したほうがきれいです。 3-3.木下地・石膏ボードの場合 凹凸の無いベニヤ板や木下地、石膏ボード等、表面がざらざらしている素材は 特に処理せずそのまま壁紙を貼ることができます。 3-4.凹凸のないつるつるした壁の場合 ペンキで塗装されている壁や化粧合板下地等、つるつるしている壁の場合はしっかり接着させるためにヤスリで表面を粗くした後、貼り付けます。 基本的に、他の素材も同様の流れとなります。 表面がつるつるしているものはヤスリ等でざらざらにさせて、段差はパテで埋め、平坦にします。 4.【実践】壁紙DIYの流れ 実際の壁紙DIYの手順を紹介します。 4-1.必要な道具 壁紙DIYする上で必要な道具を紹介します。 道具名 説明 なでバケ 画像出典: なでバケで壁紙をなで、空気を抜きながら貼り付ける 竹べら 画像出典: 壁紙の隅に折り目をつける 地ベラ 画像出典: 壁紙のカット時に使用する ジョイントローラー 画像出典: つなぎ目の圧着に使用する マスカー 画像出典: 汚したくない床をカバーする コーキング剤 画像出典: 壁紙のつなぎ目を補修する その他、脚立やカッター等の一般的な工具が必要です。 便利なセットも販売されています。 4-2.生のりつき壁紙の貼り方 生のりつきの壁紙の貼り方、必要な道具を紹介します。 <必要な道具>• なでバケ• 竹べら• カッター• 地ベラ• ジョイントローラー• スポンジ• コーキング剤• マスカー• メジャー• はさみ• 5円玉・糸• ドライバー• えんぴつ• バケツ• <壁紙裁断> 1.マスカーで床をカバーし、その上に壁紙を広げる 2.天井高+10cmの長さでカットする 3.フィルムをめくる <じゃばら状にたたむ> 壁紙裏側ののり面同士を合わせて、折り目がつかないようにたたみます。 剥がすことができるため、賃貸の家でも施工可能です。 <必要な道具>• ホッチキス(180度開くもの)• 両面テープ• 定規、メジャー• カッター• ハサミ• 参考: 様 5.失敗しないポイント ここまで、DIYの実践的なことを紹介しました。 ただ「失敗するかもしれない」という不安は、まだまだあるかと思います。 この章では、失敗しないためのポイントを紹介します。 5-1.不安な人は貼ってはがせるタイプがおすすめ のりなしタイプの壁紙を貼ってはがせるのりで施工することで、施工後イメージが違ったり仕上りが汚くなった為やり直したい場合も綺麗に剥がすことができます。 また、既存の壁紙を剥がさず施工できるので、賃貸の部屋でも安心して施工することができます。 5-2.部分的にはじめてみる 初めてのDIYでいきなり壁全面を張り替えるのは、体力も必要ですしリスクがあります。 まずは、トイレや洗面台、キッチン等狭い部屋の壁であったり、壁の一部分のみDIYしてみて作業に慣れてみたほうがよいでしょう。 1度DIYをおこなうことで作業方法やコツを掴めるので、全面的にDIYすることを考えている人は練習も兼ねて部分的にDIYをおこなってみてはいかがでしょうか。 5-3.なるべく一人でのDIYは避けましょう これまで「一人」でおこなうことを前提に説明してきましたが、なるべく二人以上でおこないましょう。 天井から床面まで壁紙を貼り付けたり、壁紙を引っ張ったりと、一人でおこなうには大変な作業です。 手伝ってもらえる人がいる場合は手伝ってもらい、一人での作業は避けたほうが無難です。 5-4.十分な時間を確保しておこないましょう 施工時間は施工サイズによって変わってきますが、半日はかかると見ておいたほうが良いでしょう。 また、施工中に道具が足りないという事態にならないよう、事前準備は万全にしましょう。 壁紙の施工は、キリのよいところまで施工しないと中断することはできません。 自分のペースに合わせて、無理のないように施工してください。 まとめ いかがでしたか?壁紙のDIYは、手軽にできるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。 今流行りな部屋にしたい、部屋へのこだわりがある、という方は輸入壁紙で好みの柄を探してみるとよいでしょう。 シンプルな壁紙で良い方は、国産壁紙から選びましょう。 施工方法も、のり付き壁紙かのりなし壁紙によって変わります。 賃貸の場合は、既存の壁紙を剥がさずに貼って剥がせるタイプにしましょう。 また、下地処理はおこなわずに上から新しい壁紙を貼り付けることもできますが、既存の壁紙は剥がしたほうがより綺麗に仕上ります。 この記事を参考に、ぜひ壁紙DIYに挑戦してみてください。

次の

オシャレでハイセンスな壁紙50選!【女子向け】

オシャレ な 壁紙

女子でも簡単に貼れてお部屋のコーデができる『貼って剥がせる壁紙』。 可愛いとか是非やってみたいという反響がある中で、「でも良いことばかりじゃないんです」と語るのは前回、貼って剥がせる壁紙の記事 でインタビューさせていただいた『壁紙革命』を運営する株式会社ジュブリーの代表取締役である笹川さん。 「手軽で可愛い壁紙もきちんとした知識のもと、しっかりと選んで貼らないと最悪、健康被害をもたらす悲惨な状態になるという事実を知って欲しい」そんな笹川さんの願いのもと、今回の続編に至りました。 この記事を一人でも多くの方に読んでいただきたい、そんな思いのもとお送りします。 シックハウス症候群とフォースターマーク 今日ではマスコミにも取り上げられて、身近なものになっているシックハウス症候群という言葉。 この「シックハウス症候群」とは「室内の空気が汚染されることによって引き起こされる様々な健康障害の総称」と定義されています。 (引用:シックハウス診断士協会) シックハウス症候群の主な原因とされているVOC(揮発性有機化合物)の一つに、ホルムアルデヒドという化学物質があり、建築基準法ではホルムアルデヒドを放散する建材の使用を面積で制限しています。 「フォースターマーク」とはホルムアルデヒド等級の最上位規格を示すもので、ホルムアルデヒドの発散量から国土交通大臣またはJIS(日本工業標準調査会)が使用面積に制限なしに使用できると認定した製品に与えられるマークとなっています。 このように厳しい規制が敷かれているホルムアルデヒドですが、実は今人気の輸入壁紙はこれらの規制をすり抜けてしまっている状態なのだそうです。 でも、不織布の壁紙ってどうしてもホルムアルデヒド(以下、ホルム)が出てしまうんですね。 ホルムを単なるシックハウス症候群の原因物質の一つと勘違いしている業者が多いのですが、それはまったくの間違いです。 ホルムは他の化学物質とは違い、WHOの外部機関である国際がん研究機関により発がん性があると警告されている物質です。 ですからホルムには、建築基準法で厳しい規制があるんです。 その規制値を超えるものは貼っちゃいけませんよっていう法律があって、職人さんや家を建てる人はフォースターっていう安全・安心のマークっていうのが認定されてる建材しか使っちゃいけないんです。 壁紙も床もペンキも全部。 だけど、自分たちで勝手に輸入したものだから、もちろんそんな認定も取ってないですし、そういう数値すら測っていなかったり、規制値を超えているのを知ってて隠蔽して売っているんですね。 貼っちゃいけないよって法律はあるんですけど、売っちゃいけないよっていう法律はないので、DIYとしてやるには、購入する側の自由でしょって事なんですよ。 だから、そういうのを売っちゃいけませんよっていう法律がなかったのが当たり前なんですよね。 だけど、輸入壁紙だと話は違ってきちゃうので。 今まで輸入壁紙をきちんと扱ってきた人たちは、ちゃんとフォースターを取得してから売るっていうのが当たり前にあったんですよ。 なんですけど、それをすっとばしてやっている業者もあるんです。 要するに、だれでも壁紙屋さんになれてしまうんですよね。 やるのが当たり前な事をやってないのが現状です。 さらに販売方法も「もしかしたら法律的に貼れない可能性があるので職人さんに聞いて下さい」「業者に確認してください」っていうあいまいな言い方で販売してるんですね。 なのでもし職人さんにこれ貼りたいんだけどって言っても、数値が分からないと貼れませんって断わられるはずなんです。 でも、貼って剥せる、自分たちで出来るって謳い文句で販売している壁紙は、簡単に手に入るし自分で貼れてしまうんです。 だけど、みんなは知らないので全面に貼っちゃったりするんですよね。 そんな所にいたら、具合悪くなっちゃうぐらい危ないんですよね、本当は。 なのに、それを普通にポンポン売ってるっていう現状があるんですよ。 ホントそこら中に貼られてる壁紙で人気の商品ですらフォースターが未取得だったりしているんです。 私、実はその百貨店に一般人のフリして聞きに行ったんですね!笑 「これってホルムどれくらいでてるんですか~?」って。 そしたら、店員さんは「ワカリマセン」って。 「わからないのモノを売っても大丈夫なんですか~?」って聞いたら、 「いや、この業者さんは日本にも何店舗もあるんで安心です」って店員が言ったんです!! こりゃいかん!!!!!って。 それに百貨店だったら安心だって思いますよね、普通。 そうなんです。 そういうものが今普通に売られてる状況なんです。 でも、もうどうしようも出来ない状況で。 結局何も縛れるものがないから、「もしかしたら、貼れないものかもしれませんよー」っていうあいまいな書き方でもOKになってしまっているんです…。 もちろん、きちんとしたモノも沢山あります。 売る側がちゃんと見極め方をユーザーに伝えるべきだと思うんです。 フォースターを取れてるものがもちろん安全だし、ホルムの数値っていうのが一番大切だから、それがちゃんと表記されていないものは、確認して欲しい。 それが0. 2以下の数値であれば安全ってのを一般の方にももっと分かってほしいんです。 2以下じゃないとダメなんですか? ダメって事はないんですけど、例えば0. 8あったとしても、「この壁紙は0. 8あります。 それ以上貼ってしまうともしかすると健康に害があるかもしれません」ってそこまできちんと言うべきだと思うんです。 ちゃんとした検査機関に出さないといけないので。 今までは売る側が数値を表記する、もしくはフォースターのマークを付けるっていうのが当たり前だったんですけど、私達みたいな新しい事をしてる人達が、「売れれば関係ない」みたいな感じでやっちゃってる感じなんです。 いや本当に怖い事だと思いますよ。 フォースターの認定を取るには、お金も時間もかかってしまうんですね。 輸入壁紙に関しては、弊社は全部マークが取れてるのしか取り扱いません!って決めていますし、オリジナルの商品のものは、今認定取得中で今年中にはフォースターマークが全部とれるんです。 なので、現状では数値のみはしっかり表示させて頂いてる状態ですね。 フォースターはまだ下りていないけど、数値は安心の数値を表示しているんです。 弊社の輸入してる商品は、全部安心といってもらって問題ないと思います。 ただ、他社で販売している輸入商品は危ないのがあるって事ですね。 イヤ、ほんっっとうにそうですよ。 それこそ、輸入壁紙=危ないってなっちゃうと、今までちゃんとやってきた人たちまでダメになってしまうんで、それだけは絶対に避けたいので、どうにかこの状態を皆様に知ってもらいたいと思ってるんです。 「素人が壁紙をいじるのは危ない!」じゃなくて、「きちんと知って楽しく壁紙をいじって欲しい」って言うのを伝えたいですね。 そして、販売者はちゃんと表記すべきだと思うんですよね。 お酒とかたばこみたいに。 壁紙も一緒で、0. 8だよってしっかり言って下さいって思うんですよね。 それで選ぶ人が自分で判断すればいい訳だし。 分からないように言葉巧みに販売するから、おかしいんですよ。 今流行りなのもあって、僕たちにも売らせて下さいって人が沢山出てきてるので、規制値を満たしていない商品を売ってる所が全国でどんどん増えてきちゃってるんですよね。 世界中には何万種類っていう壁紙があって、オシャレなのもたっくさんあって、私も取り扱いたい物は沢山あるんですけど、フォースターを取れないものに関しては売らない!っていうスタンスでこれからもやっていきます!• 輸入壁紙の未来のために….

次の

タイル風壁紙でオシャレな空間を作る!お部屋別参考アイデア

オシャレ な 壁紙

外壁・屋根塗装の費用を知りたい方はこちら! 1.事前に知っておきたい壁紙DIYの基礎知識 壁紙DIYにチャレンジしよう!と決意したものの、そもそもDIYはできるのか?費用や時間は?失敗しない?等、疑問も多いのではないでしょうか。 まずは、壁紙DIYについての基礎知識を学びましょう。 1-1.そもそも壁紙DIYはできるのか? 壁紙のDIYは可能です。 最近では、ホームセンターやネットで様々な壁紙が売られており、必要な道具がセットとなっているものもあります。 しっかりと方法を覚えていれば、誰にでもおこなうことができます。 また、貼ってはがせる壁紙もありますので賃貸でも安心してDIYすることができます。 ただし、DIYをおこなう上でのメリット・デメリットや注意点をしっかりと把握した上でおこないましょう。 1-2.メリット・デメリット <メリット>• 業者に頼むより費用を抑える(約3分の1)ことができる• 腕さえあれば自分のイメージ通りに仕上げることができる <デメリット>• 業者に頼むより、手間と時間がかかってしまう• 慣れていない作業の為、失敗してしまう恐れがある 1-3.費用・時間・施工例 具体的にかかる費用や施工時間、施工例を紹介します。 <費用> 壁紙は、大体幅92cmのロール状となっています。 長さがどれだけ必要かによって、金額もかわってきます。 必要な道具もセットとなっているものだと、ネットで1万円前後で購入することができます。 <時間> 壁紙のDIYは、基本的に下地処理をしてから壁紙を張ります。 部屋の大きさや下地の具合にもよりますが、早くて2時間で済ませることができます。 6畳の部屋の場合、半日は見ていたほうが無難でしょう。 2.壁紙の種類について 壁紙には、様々な種類があります。 自分にあった壁紙を選びましょう。 2-1.国産壁紙と輸入壁紙の違い 国産壁紙と輸入壁紙の違いについて、説明します。 2-2.壁紙タイプ別、施工方法ガイド それぞれの壁紙に対して、いろんな施工パターンがあります。 その施工方法と仕上り、難易度を一覧化しました。 下地を剥がさない場合でも、のりで施工する方法が簡単でおすすめです。 3.DIYの前に!下地処理の方法 壁紙を張り替える前に、うちの壁紙はそもそも張り替えができるのか?!と不安になる方もいるでしょう。 基本的には、一般的な壁紙は張り替えることができます。 より綺麗に仕上げる為には、下地処理をする(既存の壁紙を剥がす)必要があります。 代表的な壁紙の紹介と、その下地処理の方法を紹介します。 3-1.必要な道具 下地処理に使用する道具についてまとめました。 道具名 説明 パテベラ パテをのばしたり、余分なパテを取り除く パテ 下地の段差を埋め、平坦に整える 紙やすり パテと下地をならす、つるつるした面をやする ジョイントコーク 剥がれかかっている下地を補修する 3-2.壁紙下地(クロス)の場合 一般的な壁紙は、このタイプです。 下地を剥がす場合と剥がさない場合、それぞれ施工できます。 カッターで横に切り込みを入れ、壁のつなぎ目部分と垂直に交わっているところから剥がしていきます。 薄い裏紙が壁に残るように剥がします。 段差の部分のみパテを入れるようにします。 <下地壁紙を剥がさず貼る場合> 下地壁紙を剥がさず、上から貼ることもできます。 ただし、仕上りは剥がして施工したほうがきれいです。 3-3.木下地・石膏ボードの場合 凹凸の無いベニヤ板や木下地、石膏ボード等、表面がざらざらしている素材は 特に処理せずそのまま壁紙を貼ることができます。 3-4.凹凸のないつるつるした壁の場合 ペンキで塗装されている壁や化粧合板下地等、つるつるしている壁の場合はしっかり接着させるためにヤスリで表面を粗くした後、貼り付けます。 基本的に、他の素材も同様の流れとなります。 表面がつるつるしているものはヤスリ等でざらざらにさせて、段差はパテで埋め、平坦にします。 4.【実践】壁紙DIYの流れ 実際の壁紙DIYの手順を紹介します。 4-1.必要な道具 壁紙DIYする上で必要な道具を紹介します。 道具名 説明 なでバケ 画像出典: なでバケで壁紙をなで、空気を抜きながら貼り付ける 竹べら 画像出典: 壁紙の隅に折り目をつける 地ベラ 画像出典: 壁紙のカット時に使用する ジョイントローラー 画像出典: つなぎ目の圧着に使用する マスカー 画像出典: 汚したくない床をカバーする コーキング剤 画像出典: 壁紙のつなぎ目を補修する その他、脚立やカッター等の一般的な工具が必要です。 便利なセットも販売されています。 4-2.生のりつき壁紙の貼り方 生のりつきの壁紙の貼り方、必要な道具を紹介します。 <必要な道具>• なでバケ• 竹べら• カッター• 地ベラ• ジョイントローラー• スポンジ• コーキング剤• マスカー• メジャー• はさみ• 5円玉・糸• ドライバー• えんぴつ• バケツ• <壁紙裁断> 1.マスカーで床をカバーし、その上に壁紙を広げる 2.天井高+10cmの長さでカットする 3.フィルムをめくる <じゃばら状にたたむ> 壁紙裏側ののり面同士を合わせて、折り目がつかないようにたたみます。 剥がすことができるため、賃貸の家でも施工可能です。 <必要な道具>• ホッチキス(180度開くもの)• 両面テープ• 定規、メジャー• カッター• ハサミ• 参考: 様 5.失敗しないポイント ここまで、DIYの実践的なことを紹介しました。 ただ「失敗するかもしれない」という不安は、まだまだあるかと思います。 この章では、失敗しないためのポイントを紹介します。 5-1.不安な人は貼ってはがせるタイプがおすすめ のりなしタイプの壁紙を貼ってはがせるのりで施工することで、施工後イメージが違ったり仕上りが汚くなった為やり直したい場合も綺麗に剥がすことができます。 また、既存の壁紙を剥がさず施工できるので、賃貸の部屋でも安心して施工することができます。 5-2.部分的にはじめてみる 初めてのDIYでいきなり壁全面を張り替えるのは、体力も必要ですしリスクがあります。 まずは、トイレや洗面台、キッチン等狭い部屋の壁であったり、壁の一部分のみDIYしてみて作業に慣れてみたほうがよいでしょう。 1度DIYをおこなうことで作業方法やコツを掴めるので、全面的にDIYすることを考えている人は練習も兼ねて部分的にDIYをおこなってみてはいかがでしょうか。 5-3.なるべく一人でのDIYは避けましょう これまで「一人」でおこなうことを前提に説明してきましたが、なるべく二人以上でおこないましょう。 天井から床面まで壁紙を貼り付けたり、壁紙を引っ張ったりと、一人でおこなうには大変な作業です。 手伝ってもらえる人がいる場合は手伝ってもらい、一人での作業は避けたほうが無難です。 5-4.十分な時間を確保しておこないましょう 施工時間は施工サイズによって変わってきますが、半日はかかると見ておいたほうが良いでしょう。 また、施工中に道具が足りないという事態にならないよう、事前準備は万全にしましょう。 壁紙の施工は、キリのよいところまで施工しないと中断することはできません。 自分のペースに合わせて、無理のないように施工してください。 まとめ いかがでしたか?壁紙のDIYは、手軽にできるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。 今流行りな部屋にしたい、部屋へのこだわりがある、という方は輸入壁紙で好みの柄を探してみるとよいでしょう。 シンプルな壁紙で良い方は、国産壁紙から選びましょう。 施工方法も、のり付き壁紙かのりなし壁紙によって変わります。 賃貸の場合は、既存の壁紙を剥がさずに貼って剥がせるタイプにしましょう。 また、下地処理はおこなわずに上から新しい壁紙を貼り付けることもできますが、既存の壁紙は剥がしたほうがより綺麗に仕上ります。 この記事を参考に、ぜひ壁紙DIYに挑戦してみてください。

次の