電気 と ガス を まとめる。 【ガス自由化】中部電力と東邦ガス どっちにまとめるのがお得?

電気・ガスをまとめるなら、東京電力と東京ガスどっちがお得か比較してみた

電気 と ガス を まとめる

次は、従量電灯Bを契約している場合、どのくらい安くなるのか料金表で確認していきましょう。 その前に、念のため、料金表の各項目についてご説明しておきます。 電気使用量が1ヶ月350kwh程度の場合 1ヶ月の電気使用量が350kwhの場合、月々の電気代は9,750円(30A)~10,650円(60A)くらいです。 月々の電気代が10,000円くらいだと、安くなる金額も大きいですね! 電気使用量が1ヶ月500kwh程度の場合 1ヶ月の電気使用量が500kwhの場合、月々の電気代は14,450円(30A)~15,350円(60A)くらいです。 【水回りのトラブル】 「水漏れ」「水が流れない」「水が詰まってしまった」などです。 【玄関鍵のトラブル】 「玄関のカギを失くしてしまった」「鍵が開かないようになった」などです。 【窓ガラスのトラブル】 「窓ガラスのヒビ」「窓ガラスが割れた」などです。 トラブルが発生した際、電話をすれば専門スタッフが駆けつけてくれて、 30分以内の作業費が無料になるサービスです。 使わないに越したことはないサービスですが、24時間365日受付しているので、もしもの時は安心ですね。 2.電気料金の支払いでポイントが貯まる「パッチョポイント」 画像出典: 「パッチョポイント」とは、毎月のガスや電気料金の支払いでポイントが貯まるサービスのことです。 1,000円で15ポイント貯まるので、ポイント還元率が1. 貯まったポイントは、「楽天ポイント」「Tポイント」「WAONポイント」などに交換することができます。 3.電気トラブルサポート 画像出典: 「分電盤やブレーカーの不具合」、「スイッチやコンセントが使えない」など、電気設備に関するトラブルが発生した時に、専門スタッフが原因を調査に来てくれるサービスです。 24時間365日受け付けで、 一次対応の出張費・60分以内の原因調査費が無料になります。 東京ガスの電気プラン「ずっとも電気」に加入している方であれば利用可能です。 東京ガスの電気に切り替えたからといって、対応が後回しになるようなことはないですよ。 電気の検針票や請求は? 東京ガスで電気とガスをまとめると、検針票が1枚になります。 今まで、別々で管理しないといけなかったものが、一緒になるので管理がしやすくなりますね。 月々の請求は、電気とガスの合算請求です。 東京ガスの電気には、解約の違約金がありませんので、いつでも他社に切り替えることができます。 ですので、「 デメリットがなく、電気代が安くなるサービス」なので、シュミレーションをしてみて電気代が安くなるようであれば、契約を切り替えないと損をしてしまいますね。 結局、電気とガスを東京ガスでセットにまとめた方がお得なのか? 電力会社を変更された(される)方に理由を聞くと、ほとんどの方が 「料金が安くなった(なるから)」と答えられます。 同じ品質のものであれば、100円高いよりも100円でも安い方がいいですよね。 インターネット回線を変更する場合であれば、料金の他に、「ネットの速度が速い」とか「Wi-Fiが繋がりやすい」などの理由がありますが、 電力会社の変更の場合、そういった品質的な違いがありません。 単純に毎月の電気代が 「高くなるのか」「安くなるのか」だけです。 料金シュミレーションをしてみて、今よりも 高くなってしまう場合は、当然ですが切り替えない方がいいです。 反対に、1年で1,000円でも2,000円でも 安くなるのであれば、切り替えをしないと損をしてしまいます。

次の

電気とガスのセットプランはおすすめ?

電気 と ガス を まとめる

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか? 電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。 電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか? 電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです! インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!• 質問に答えるだけの簡単診断• 詳細な条件で比較したい方はこちら• 詳細な条件で比較したい方はこちら セットプランに申し込んだ場合の料金は?お得な特典も 電気とガスのセットプランを利用すると、どれくらいお得になるのか疑問に思っている人もいるでしょう。 ここでは東京電力と東京ガスのセットプランで比較します。 まず、東京電力エナジーパートナーを利用するのであれば、電気料金プランとガス料金プランをそれぞれに選ぶ必要があります。 従量電灯Bを利用していた家庭なら、スタンダードSプランが適用されるでしょう。 ガス料金プランは、とくとくガスプランととくとくガス床暖プランの2種類です。 ガス床暖房を利用する予定がなければ、とくとくガスプランを選択しましょう。 切り替え後の料金を試算すると、電気代は年間で約13万6,188円、ガス代は約5万7,840円です。 さらに、ガスセット割が適用され、電気代とガス代の合計額から年間1,224円オフです。 さらに、Webから申し込むと500ポイントがプレゼントされます。 貯まったポイントはTポイントやPontaポイントなど、提携先のポイントとして利用が可能です。 また、電気料金1,000円につき5ポイント付与となっています。 東京ガスで利用できるセットプランはずっともプランです。 今回例に挙げた家庭なら、「ずっとも電気1」と「ずっともガス」の組み合わせが良いでしょう。 年間の電気代は約12万9,516円、ガス代は約5万9,628円です。 ずっとも電気1・ずっとも電気2・ずっともでんき3プランで電気とガスのセット契約をすると毎月の電気代から275円割引となるサービスがあります。 また、ずっともプランに申し込むと、パッチョポイントが貯まりやすくなります。 パッチョポイントとは、東京電力エナジーパートナーのポイントのように、提携ポイントと交換できるポイントです。 毎月の電気代1,000円につき15ポイント、ガス代1,000円につき5ポイントが付与されます。 スタート割や申し込み時のポイント付与などは反映されていません。 しかし、初回の割引やポイントの付与などのその他サービスを考え自分に合った方を選択するとよいです。 ガスだけじゃない!気になるセットプランを探そう 電気とガスのセットプランだけではなく、電気と携帯電話のセット割を提供している会社もあります。 たとえば、携帯電話の会社で電気代のプランを出しているところでは電気と通信費をセットにできます。 ケーブルテレビやインターネット回線、固定電話などを提供するジェイコムでは、電力とケーブルテレビ、インターネット回線の料金をまとめるとお得になる電力セット割が利用できます。 固定費をまとめたい人は自分の契約している携帯電話やケーブルテレビなどの会社に電気のセットプランがあるか確認してみましょう。 また、ENEOSでは電気代とガス代のほか、ガソリンや灯油、軽油の料金まで安くなる特典がついています。 他にも、会社によって毎月支払っている固定費がお得になる電力サービスもあるので、気になるときはホームページで確認してみましょう。 今より安く!お得に! 電力会社変更で 電気代の変化を実感してみませんか?• \質問に答えるだけの簡単診断/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/ セット割のメリットとデメリットを知っておこう セット割を利用する大きなメリットは、支払先を1つにまとめることができる点と、月々の光熱費が安くなる可能性があるという点です。 ガスを利用している人は、電気代とガス代を、毎月支払う必要があります。 しかし、毎月の料金をチェックしたり支払いを管理したりするのは大変です。 セット割にすれば、電気代とガス代を支払う会社を統一できるため、楽に管理ができます。 また、セット割を利用することで、毎月の光熱費を安くすることも可能です。 できる限り固定費を節約したい人は、セット割への切り替えを検討してみるのも良いでしょう。 ただし、必ずしも料金が安くなるとは限りません。 電気やガスを統一しないまま、それぞれの最安プランを契約したほうが安く済む場合もあります。 さらに、光熱費がお得になるプランがあったとしても、対象となる電気料金のプランが限定されているケースもあるので注意しましょう。 セット割に乗り換えた結果、かえって料金が高くなってしまったということがないよう、契約前にセット割と最安プランの料金を計算しておきましょう。 この記事のまとめ 東京地区の東京電力エナジーパートナーと東京ガスの電気とガスのセットプランを比較すると年間の費用は東京ガスの方が安いようです。 しかし、ポイント付与やその他サービスなどを総合的に考えてどちらが自分にとってメリットが大きいか比較して検討しましょう。 電気代を家庭のその他の固定費とまとめられるかどうかはそれぞれの会社に確認してみましょう。 東京電力エナジーパートナーのセットプランは年間で1,224円の割引がある• 東京ガスのセットプランにすると電気代が毎月275円割引になる(ずっとも電気1S以外)• 電気とガスのセットだけでなく電気代を携帯電話や通信機器とセットにできる会社もある 電力の自由化が始まってから、ガス会社でも電力会社でも、セットプランの販売が盛んになりました。 適切なプランを選べば、光熱費を節約できたり、月々の支払いが楽になったりといったメリットを得られるでしょう。 ただし、「セット割に加入したほうがお得なのか」「最安値のプランに契約したほうが安く済むのか」は、家庭によって異なります。 セット割への切り替えを検討する際は、電気やガスの使い方を改めて整理したうえで、「どの契約を選べばお得になるのか」を慎重に見極めなければいけません。 現在利用しているプランよりもお得なプランを探しているのであれば、一括比較サービスなどを利用すると、より探しやすいでしょう。 電力会社の乗り換えやセット割の契約を上手に行い、料金の節約を目指しましょう。

次の

電気代とガス代はまとめるほうがお得?

電気 と ガス を まとめる

関連記事• 電気をセット契約にするメリット まずは電気と何か別のサービスをセット契約するメリットを紹介します。 選びやすくなる 電力自由化で様々な企業が新規参入しています。 当サイトで掲載しているだけでも、397社あり、選択肢が多すぎて迷ってしまうという声も少なくありません。 そんな時におすすめしたいのが、 セット契約を軸にした電力会社選びです。 自宅で契約しているガスや携帯電話などのサービスをリストアップし、それらのサービスとセット契約出来る電力会社を探すことで、選択肢をぐっと絞り込むことが出来ます。 料金が「今よりは」安くなる 例外もありますが、電気と何か別のサービスをセット契約にすることで支払う料金が割安になります。 ・電気代が安くなる ・セット契約するサービスに割引が適用される ・双方のサービスに割引が適用される 割引の仕方は様々ですが、お得になるパターンは概ね上の3通りです。 ただし、電気の使用量などの条件によっては、乗り換える前よりも割高になる場合もあります。 契約前に条件をよく確認してください。 特に電気の使用量が少ない一人暮らし世帯は要注意です。 セット契約のデメリット 続いて、見落としがちなデメリットを紹介します。 実はあまり安くない 「え?」という声が聞こえてきそうですが、実はセット割引を使わない電力会社の方が、トータルで見てお得である場合が多いです。 内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額 大ガスのガスと 関電の電気 6345円 8369円 14714円 - 電気・ガスともに大ガス 6345円 7949円 14324円 -390円 電気・ガスともに関電 5723円 8369円 14092円 -622円 大ガスのガスと 切替無し) 6345円 7482円 13827円 -887円 関電のガスと 5900円 7482円 13382円 -1332円 いずれも原料調整費などは含まず ガスは31立米、電気は348kWhで計算 2人暮らし世帯の平均 例えば関西エリアの場合、セット契約を利用せずに電気・ガスそれぞれ別々の会社と契約すると 節約額が2倍以上になります。 これは関西に限った話ではなく、関東や中部地方など他の地域でも同様です。 新電力大手イーレックスの花島専務はラジオNIKKEIの番組に出演した際、こうしたセット販売について「顧客が離脱しにくく、 他社との価格競争にも巻き込まれにくい」と語っています。 つまり、「セット割」は料金を大きく下げないための策です。 まとめるのではなく、電気料金だけで安い会社、ガス料金だけで安い会社を探した方がお得です。 電気だけで安くなるプランも多数掲載• 例えばの場合、スマホを解約するには電力も解約する必要があります(でんきはセット契約が前提) 電気だけの解約はたった500円(税抜き)の違約金で済むので簡単ですが、スマホの解約へのハードルは間違いなく高くなるでしょう。 また、 二重三重の違約金が発生するケースもあります。 例えば上のケースだと、条件によってはスマホの分と電気の分、両方で違約金が発生する可能性が高いです。 そうすると、違約金の額も必然的に大きくなります。 関連記事• 契約をまとめるならどこがおすすめ? 電気をセット契約でまとめるならどこが良いのか、397社の料金プランを把握している私が解説します。 通信会社系はおすすめできない まず、通信会社系のセット契約プランはおすすめしません。 料金が大して安くないところが多いことと、解約のハードルが上がってしまうことが理由です。 傾向として 解約条件が厳しい(違約金が高いなど)のも通信会社系の電力の特徴です。 関連記事• ガス・電気をまとめるのがおすすめ セット契約でまとめるのであれば、現在契約中のガス会社にまとめるのがおすすめです。 地域によって事情は異なりますが、概ね通信会社系よりもトータルで安くなるところが多く、また解約条件も緩いところが多いです。 大手ガス会社の場合、いつ解約しても「違約金無し」としてえいるところがほとんどです。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 関連記事• 関連記事• ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力 おいしい話には裏がある? セット割引の知られざる落とし穴とは.

次の