パフェ 由来。 6月の雑学!6月28日「パフェの日」の由来や野球との関係は?

「パフェ」と「サンデー」の違い

パフェ 由来

パフェは、 フランス語で「完全な」という意味の、 parfait(パルフェ、パフェ)からきているのだとか。 ちなみに、parfait(パルフェ)は、英語のperfect(パーフェクト)と同じ意味だそうです。 風味の多さと冷たい喉ごしのハーモニーが完璧ということから、パーフェクト・アイスクリームが省略されて、現在の「parfait(パフェ)」になったのだそう。 現在の日本でのパフェは、背の高いグラスを使って、豪華に飾りつけるデザートとして定着していますが、元々フランスで供されていたパルフェは違います。 生クリームやシロップ、卵黄で作られた濃厚なアイスクリーム状の冷菓に、甘いソースや冷やした果物を添えるデザートで、平たいクープ皿のような器に盛られて提供されていました。 それにいろんな手を加え、今の日本のパフェができたんだとか。 日本では昭和初期にフルーツパーラーが誕生し、果物を使ったさまざまなデザートが作られる中で、現在のパフェが作られてきたと言われています。 現在では、チョコレート、バナナ、ストロベリー、マンゴー、抹茶、ヨーグルト、コーヒーゼリーやフルーツなど、かなりのバリエーションのパフェがあります。 変わり種では八つ橋、トマト、納豆などがありますが、とりわけ、鯛パフェの見た目が衝撃的です。 たい焼きの口の中に生クリームやジェラートが入っているのです。 また、たい焼きのように屋外で歩きながら食べられるのも特徴です。 サンデーは、 アメリカ発祥のアイスクリームを主体としたデザートで、 sundae(サンデー)と綴られます。 アイスクリームを使い、チョコレートソースをかけるところがパフェとの共通点ですね。 その名前の起源には、諸説あるようです。 1890年代初め、アメリカのアイスクリームショップでアイスクリームにチョコレートをかけたものを、日曜日限定で販売。 評判もよかったことからサンデーと名付けられたと言われています。 しかし、キリストの安息日であるSunday(サンデー)を商品名にすることに対して教会関係者の反発が大きく、Sundae(サンデー)に綴りを変更したのだとか。 そんなサンデーですが、パフェとの大きな違いは発祥地の違いです。 パフェはフランスで生まれたことに対し、サンデーはアメリカで生まれました。 フルーツやコーンフレークなどが層状になっている豪華なパフェに比べて、サンデーはアイスクリームにトッピングをしたシンプルなものが多く、パフェよりも安価でいただくことができます。 アイスクリームショップが考案したスイーツだからこそ、アイスクリームが主体となっているのかもしれませんね。

次の

パフェとサンデーの違い。それぞれの由来と歴史を学ぶ

パフェ 由来

ピーター・ルーガー・ステーキハウス の名物デザート。 「ホーリーカウ(した)」という名は客が皆思わずあげた声にちなむという。 サンデーの起源はよくわかっていない。 また、、 と 、 () 、 ()や 、、などがサンデー誕生の地と主張している。 ウィスコンシン州トゥーリヴァースでは、アイスクリームパーラーを経営していたエド・バーナーズ Ed Berners がに、ジョージ・ハローアー George Hallauer の注文でチョコレートシロップをアイスクリームにかけたのがサンデーの始まりだと信じられている。 バーナーズは当時条例でクリームソーダを売ることが禁じられていたに5での代わりにこのデザートを提供するようになった。 また、バーナーズによると、トゥーリヴァースからそれほど遠くない同州でアイスクリームパーラーを経営していたジョージ・ギフィー George Giffy も日曜日だけサンデーを売り出したが、ある10歳の少女の希望により、毎日これを売るようになったという。 つづりが「Sunday」(日曜日)から「Sundae」に変わったきっかけは、バーナーズにガラス器を卸していたセールスマンがつづりを間違えたという説と、「主の」の名をデザートの販売名としたことに対するの反発によるという説がある。 ニューヨーク州イサカでは、にのジョン・M・スコット John M. Scott とプラット&コルト薬局の所有者 () Chester C. Platt が思いつきでアイスクリームにチェリーシロップをかけ、のシロップ漬けをのせたという。 その日が日曜日だったことから、スコットとコルトはこれをチェリーサンデーと名付けた。 事実、印刷物に現れたサンデー最古の記録は、同年同月5日付のイサカ・デイリー・ジャーナル紙に掲載されたチェリーサンデーの広告である。 プラット&コルト薬局はチェリーサンデーに続き、ストロベリーサンデーとチョコレートサンデーも発売した。 プラット&コルト薬局のサンデーの人気は大変なものだったため、チェスター・プラットはまでにアイスクリームサンデーを登録しようとした。 イリノイ州エヴァンストンは、全米でも最初()に宗教上の理由から日曜日にソーダ水を販売することを禁じる条例を可決した自治体の一つだった。 エヴァンストンの薬局や菓子屋では、クリームソーダを日曜日に販売できなくなったため、アイスクリームにシロップをかけただけの「ソーダ抜きのソーダ」を合法的に販売し、これをサンデーソーダと呼んだ。 しかしこのデザートが月曜日も販売されたため、地元の有力者がこのデザートを安息日と同じ名前で呼ぶことに反対し、発音は同じのままでつづりが変えられたという。 サンデーを背の高いガラス器(パフェグラス)に盛ると、(アメリカンパフェ)になる。 脚注 [ ].

次の

パフェの由来?

パフェ 由来

語源 [ ] で「完全な」という意味の parfait ( フランス語発音: パルフェ)から、「完全な(デザート)」という意味とされる。 「パフェ」はその英語による発音( 英語発音: パーフェイ)から。 パルフェ [ ] フランスでのパルフェ( parfait)は、にやを混ぜて、型につめて凍らせたアイスクリーム状の冷菓に、や冷やしたを添えて皿で供する。 日本のパフェとは異なるが、このパルフェにさまざまに手が加えられ、現在の日本のパフェが完成したと考えられる。 サンデー [ ] 似たデザートに、発祥の( sundae)がある。 であるに贅沢なパフェを食べることを嫌ったことから、日曜日にも売れるようにより質素に作ったサンデーが登場したという説もある。 またパフェはトッピング、これに対してサンデーはアイスクリームにトッピングが施されている。 つまり「パフェ」はフランスでの産物、「サンデー」はアメリカでの産物である。 著名なご当地パフェ [ ] 岡山のフルーツパフェ [ ] の岡山は、岡山が「王国」と呼ばれることに着目し、女性からの支持も視野に入れてフルーツパフェをとして、や観光アピールを行っている。 岡山は気候に恵まれ、フルーツ王国の異名通り、年中新鮮な各種果実が豊富に揃う。 季節ごとにいろんなフルーツパフェを楽しむことができる。 この「フルーツパフェの街おかやま」プロジェクトに賛同するホテルや飲食店、和洋菓子店など全51店舗で、岡山県産の旬の果物を主材料にしたパフェを創作・販売、「パフェの街」をアピールする [ ]。 松山のとんかつパフェ [ ] 内のある店でメニューの一つとして提供されていたものであるが、全国的に知られるようになり、をご当地グルメ・新松山名物として観光の目玉の一つとしている観光客もいる。 札幌の [ ] 食事後の締めとして食べられるパフェの事であり、で発展した。 北海道産の牛乳を使用したやを使用しているものが多く、主に日本三大繁華街として知られるにを取り扱う店舗が集合している。 主な種類 [ ] スタンダード [ ]• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ(「カフェシンフォニー」とも言う)• パフェ 変わり種 [ ]• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ• パフェ• 野菜パフェ (フレンチシェフ 津田義浩@ による考案) 画像 [ ].

次の