マイケル ポラン スキー。 「マイケル・J・フォックス・ショウ」マイケル&妻トレイシー・ポラン、15年ぶりの夫婦共演が実現

人間は料理をする・上: 火と水

マイケル ポラン スキー

番組上ではすでにボーイフレンドとガールフレンドだったふたりが、実生活でもそうなったのは、1988年公開の映画『再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ』の撮影中。 もっとも、2014年に収録されたテレビ番組のインタビューによると、『ファミリータイズ』の撮影中にキスシーンを演じたのがふたりのファーストキスだったとのこと。 ふたりが真剣に交際を始めるまでに時間はかからず、翌年の7月16日にはバーモント州のウェスト・マウンテン・イン(『ピープル』誌によると、彼らは前年にここを訪れた際、このホテルがたちまち気に入ったそう。 また、マイケルは同じバーモント州のサウス・ウッドストックに家を所有)の庭で挙式。 米国聖公会の信者であるマイケルとユダヤ教信者のトレイシーは、牧師とラビを招き、2つの宗教を組み合わせた儀式を行ったそう。 数年前のテレビ番組で、別々のバスルームとDVR(夫妻は同じ番組を視聴しない様子)が、夫婦円満の秘訣だと語ったふたり。 でも、より根本的なのは、子どもたちに対して統一戦線を張ること、なのだとか。 「私たちは子育てに関してはとても協力的なんです」とトレイシー(もっとも、マイケルいわく、上の子どもたちが、「出来上がった」現在、これはそれほど大きな問題ではなくなったよう。 ちなみに、末娘はもうすぐ16歳)。 夫妻の関係がより深まったのは、マイケルがパーキンソン病を発症した1991年(マスコミへの公表は1998年)のこと。 2002年のオプラ・ウィンフリーのインタビューに対して、「マイケルの物の見方によって私の考え方も変わりました」と答えたトレイシー。 診断を聞いたときは夫婦ともに大変ショックだったし、うちのめされたと話した上で、「彼はとても落ち着いていて、自分自身をよく受け入れているので、私も、子どもも、周囲の人たちも、やりやすくなるんです」。 ウィンフリーに対し、「トレイシーに聞くのが恐かったことがたくさんあります」と語ったマイケル。 「例えば、『僕が病気で、恐い?』とか、『病気になって好きじゃなくなった?』とか。 でも、聞きませんでした。 トレイシーの行動から、僕と一緒にいたくないという気持ちは一切読み取れなかったんです」。 ケンカをすることもあまりないそうだけど、その理由は大方の予想とは必ずしも一致しないかも。 トレイシーいわく、「私たちはケンカを始めたとしても、何についてケンカしていたか、忘れてしまうんです」とのこと。 もっとも、ケンカをするときは、大抵自分が「理解しない」ときだと認めたのはマイケル。 一方トレイシーは、何か些細なことが起きた場合、それは大抵意図的なものではないので、「お互いを信じること」が確固たる関係を築くことになります、とのこと。 『ピープル』誌に対して、「彼はよく、『僕のことはよく知ってるだろう?きみの気持ちを傷つけるようなことを僕が言うと思う?僕を信じてくれよ』って言うんです」。 「僕はしゃくに障るけど、憎めないヤツなんです。 誰にとってもそうなんです」とマイケルが語ったのは、『Daily Shot』のインタビューのとき。 「僕は、妻の売り場でクジに当たったんです」とマイケル。 さすが…!真のおしどり夫婦であるおふたり、末永くお幸せに! 翻訳/mayuko akimoto Photo Getty Images From GOOD HOUSEKEEPING.

次の

レディー・ガガ、実業家のマイケル・ポランスキーとの交際をインスタグラムで認める

マイケル ポラン スキー

経歴 [ ]• 、生まれ。 、ミンタ・を首席で卒業。 、4月~6月にブレディッヒ教授を頼って遊学。 への関心を深めた。 、卒業。 医学博士号取得。 、ブダペスト大学から化学博士号を取得。 、再びカールスルーエ大学に移籍するが、このとき第一次世界大戦勃発。 既にこの頃と文通をしていた。 、最初の恋人、スイス人ジャネットと別れた。 、後の夫人マグダ・ケミニーと出会う。 、ベルリンのカイザー・ヴィルヘルム研究所へ。 、で結婚。 、、、とともにソ連問題研究会をつくった。 、とベルリンで出会い、そのに深く傾倒。 、の人種迫害を避けて英国に亡命。 堀内寿郎らを連れてへ移った。 物理化学者として219編の論文と1冊の著書を残したが、その内容はのポテンシャル説の研究(最初の論文は1914年に書かれて50年間近く評価されなかった。 現在ではシリカゲルや活性炭等の消臭効果等で知られている)・解析との研究・の研究などと幅広い。 化学と物理学を明確に分けた論文(反応の論)を認めさせた点でも高く評価されている [ ]。 6月、突然、社会科学に研究主題を転向。 の候補者と目されていた中の転向で、物理化学者としての自分の発見の過程を整理した。 科学哲学者としてやを提示し、新たな哲学を構築した。 以外、西欧哲学とはあまり接点がない。 主任研究員等を歴任。 、大学を引退。 、の病院で死去。 84歳。 一族 [ ] 次兄は者。 息子は(度を受賞した物理化学者)である。 主要著書 [ ]• 新訳であるちくま学芸文庫版を参照したい。 『個人的知識 - 脱批判哲学をめざして』 訳、、1985年12• 『知と存在 - 言語的世界を超えて』 他訳、、1985年06• 『人間の研究』 訳、晃洋書房、1986年07• 『創造的想像力』(増補版) 訳、ハーベスト社、1986年12• 『人間について』 訳、ハーベスト社、1986年12• 『自由の論理』 長尾史郎訳、ハーベスト社、1988年05 関連図書 [ ]• 『現代思想 特集マイケル・ポランニー』 、1986年03• 『マイケル・ポラニーの世界』 長尾史郎訳、、1982• 『創発の暗黙知 - マイケル・ポランニー - その哲学と科学』 、1987年10• 『意味と生命 - 暗黙知理論から生命の量子論へ』 青土社、1988年06• 『暗黙知の領野』 青土社、1995年04• 『マイケル・ポランニー 「暗黙知」と自由の哲学』 講談社、2010年01 関連項目 [ ]• - 直接の関係はないが、ポランニーの思想とも通じる「」を提示した。 - イーガンのSF小説『オラクル』には、をモデルにした人物や、ポランニーが登場する。 外部リンク [ ] ウィキクォートに に関する引用句集があります。 (英語).

次の

ロマン・ポランスキー 初めての告白 : 佐々木俊尚 ドキュメンタリーの時代

マイケル ポラン スキー

第4回:「ロマン・ポランスキー 初めての告白」 ロマン・ポランスキーという映画監督ほど、「数奇」ということばが似合う人はいないだろう。 その人生は強烈な「数奇」にみちあふれているのだ。 その人生の遍歴を、以下のように紹介してみるだけでも凄すぎる。 ユダヤ系の家庭に育ち、第二次世界大戦中はポーランドのゲットーで過ごした。 ドイツ人によって一斉摘発される直前、父親の手助けで逃げ延び、ドイツ占領下のフランスを転々とし、検挙の恐怖に怯えながらすごす。 母親はアウシュビッツ強制収容所で死亡した。 戦後、ポーランドの映画大学に進み、20代の終わりに作った映画「水の中のナイフ」が国際的に高く評価される。 1968年にはハリウッドに進出し、オカルト映画の金字塔として知られる超怖い「ローズマリーの赤ちゃん」が大ヒットした。 ロマン・ポランスキー監督 その翌年、妻で女優のシャロン・テートが、チャールズ・マンソン率いるカルト教団に惨殺される。 シャロンは妊娠中だった。 しかしポランスキーは苦しみから這い上がり、1974年、映画史に残る傑作「チャイナタウン」を完成させた。 その3年後の77年、13歳のモデルの少女に性関係を強要した容疑で逮捕される。 もちろん、有罪判決を受ける。 ところがあろうことか、保釈中に国外逃亡。 その後二度とアメリカに戻っていない。 1979年にはアカデミー賞の候補にもなった「テス」を当時18歳のナスターシャ・キンスキー主演で製作するが、なんとポランスキーは15歳のころから彼女と交際していた……。 ようするにロリータ趣味だったということなのか。 その後も数々の映画を撮り続けるが、さすがに90年代以降は目だった作品もなく、過去の映画監督ととらえられるようになった。 しかしポランスキーはそれで終わらなかった。 さらに二転、三転。 2002年、幼少期に体験したポーランドでの戦争体験を昇華させ、圧倒的な映像とみごとな演出で描いた「戦場のピアニスト」を完成させる。 この映画はカンヌ映画祭パルムドールとアカデミー賞最優秀監督賞をダブル受賞し、映画界の金字塔的作品となった。 「戦場のピアニスト」撮影時、エイドリアン・ブロディ(左)と これでようやく幸せな余生になるかと思いきや……76歳になった2009年、チューリッヒ映画祭の生涯功労賞授与式に出席しようとスイスに入国したとたん、70年代の少女わいせつ事件の容疑でスイス当局に身柄拘束されてしまう。 こんな有為転変の人生を送った人は、世の中にはほとんどいないだろう。 彼には三つの当事者性がありえないかたちで併存している。 第一に、ドイツのユダヤ人虐殺という人類史上まれにみる犯罪、そしてカルト教団による妻の惨殺という、きわめて凶悪なふたつの犯罪の被害者であるということ。 第二に、少女を強姦するという犯罪の加害者であるということ。 第三に、圧倒的な傑作を生み出した希有な映画監督であるということ。 道を踏み外せば、ひょっとしたらまったく別の凶悪な人生を歩んでいたかもしれない。 そんなことまで思わされる人生。 この映画は、スイスで軟禁状態に置かれていた時に長年の友人がおこなったインタビューがもとになっている。 とてもシンプルな映画だ。 友人が質問し、ポランスキーがしゃべり、それに昔の映像がかぶせられる。 単調に思える構成なのに、見ていてまったく飽きない。 画面に釘付けになってしまう。 それはポランスキーの人生が数奇なだけでなく、彼のしゃべり口調が圧倒的に面白いからだ。 興奮したりドラマチックに語っているわけではない。 抑制の利いた静かな雰囲気で淡々と語っているだけである。 しかし彼の語りを聴いていると、その情景がまざまざと目に浮かんでくる。 表現力が心底ゆたかなのだ。 なんともいえず魅力的なのだ。 加害者であり、被害者であり、天才であるという重層的な人間性。 そういう重層性があるからこそ、これだけの魅力を発散させているのかと思わされる。 人間というものの深淵をのぞき込むような、不思議な映画である。

次の