乳がん あっさん。 小林麻央乳がんトリプルネガティブの生存率と抗がん剤の副作用

TOBYO : 肺がんの闘病記・ブログ 679件

乳がん あっさん

日本人のがんによる死亡原因第一位を占める肺がん。 近年増加の一途をたどる肺がん。 肺がんによる様々な経験を記録したブログを紹介します。 肺がんとは 肺がんは肺から発生するがんのことです。 腺がん、扁平上皮がん、小細胞がん、大細胞がんなどの種類があります。 現在、日本人のがんによる死亡原因の一位を占めるものが肺がんとなっています。 その原因として、浸潤性が高いことや転移しやすいがんであることがあげられます。 転移しやすい箇所として、肺、脳、骨、肝臓、などが多いのが特徴です。 そして特に小細胞がん、扁平上皮がんについては、喫煙と深く関係します。 タバコを多く吸う人、喫煙年齢が早い人ほど肺がんにかかりやすいとされています。 肺がんは、がんの種類とできた場所によって症状の現れ方が違ってくるので注意が必要です。 初期の段階から咳や淡などの症状が現れるものもあれば、初期には無症状のためにがんが進行し、転移をしてから痛みなどの症状を感じる場合もあります。 ここまで肺がんが進行してしまうと死亡率は大変高いとされ、完治は大変困難といった状況になってしまいます。 (参照:) 肺がんの治療は、特に薬物療法において大きな変化があらわれてきています。 化学療法、分子標的治療薬、免疫チェックポイント阻害剤。 これらを症状やステージに合わせて効果的に使っていくことが可能となっています。 肺がんブログまとめ 肺がんと闘い、前向きに生きる人たちのブログを紹介します。 自信を冷静に見つめながら治療に励む姿が丁寧に綴られています。 38歳の若さで肺腺がんがみつかります。 脳に転移後も治療を続けていましたが2018年3月にこの世を去ってしまったハルさんのブログです。 足の痛みから始まった闘病記。 左の肺に腺がん、大腿骨に転移があったための痛みでした。 抗がん剤による治療を続けています。 2014年に肺腺がんがみつかります。 三大療法に加え、免疫療法や温熱療法、丸山ワクチンなど様々な治療と効果が記録されています。 男性に多いとされる扁平上皮癌、ステージ4、鎖骨にリンパ節転移、遠隔転移がみつかったシングルマザーの闘病ブログです。 職場の定期健診で異常がみつかり、低分化型腺癌 肺腺癌と診断されました。 肺がんの予兆と思われる体の不調などがあったことなど詳しく記録されています。 肺がんの予防 肺がんはの予防に最も効果的であるのは、なによりも禁煙です。 喫煙年数が長いことは大きなリスクとなります。 また喫煙により、肺がんだけでなく他のがんも誘発する可能性があるということを忘れてはいけません。 そして、定期的な健診を心がけ早期発見、早期治療ができる体制を整えておくことも重要です。 ブログの中でも「去年は大丈夫だったから今年も大丈夫というわけではない。 定期的に健診を受けてください」書いている人が多くいます。 症状が出てきてからでは遅いということを教えてくれています。

次の

乳がん 人気ブログランキング

乳がん あっさん

肺がん 早期はほとんど無症状で、進行すると、 咳 せき 、 痰 たん 、血痰、発熱、呼吸困難、胸痛などの症状が出る。 右肺は三つ、左肺は二つの肺葉に分かれており、手術では、がんのある肺葉ごと切除することが多い。 がんの広がり次第で、片側の肺全部をとる全摘や、肺葉の一部だけを切除する縮小手術も行われている。 手術が難しい場合は、放射線治療や薬物療法が治療の柱になる。 集団検診での肺がん検査は、胸部エックス線(レントゲン)検査が広く普及している。 長谷川 (写真) 横浜に住んでいます。 がんが見つかったのは2010年、もう9年前になります。 当時39歳で、子供は小2と年長組。 青天の 霹靂 へきれき でした。 診断された時点で ステージ4(注1)でした。 余命も「1年ぐらい」と言われていましたが、薬がすごく効いて、何とか今、10年目にまで来ているという感じです。 治療を始めた頃は、「5年生存率が数%」と古い数字を聞いていたので、ここまで来られるとは思ってもいませんでした。 田中 肺がんがわかったのは15年6月。 今年6月で丸4年です。 3人家族で、一人娘が今年23歳。 当時は、神戸の短大に送り出して、「ああ、やれやれ」っていうときでした。 1週間ほどおなかが痛く、吐き気もありました。 その10年ほど前に胃がんで胃を半分切っていますが、胆のうは残していたので「胆のう炎かな」と思い、胃がんの手術をした病院に問い合わせました。 「2日後に来てくれ」と言われましたが、心配で2日も待てず、すぐに個人病院に行って腹部エコーを撮ってもらいました。 「肝臓付近にちょっと気になる影がある」ということで、すぐ総合病院に紹介されてCT(コンピュータ断層撮影法)を受けました。 腹部造影でしたが、肺も気になって撮ってもらい、肺がんが見つかりました。 田中 肺から副腎への遠隔転移でした。 だから、ステージ4ですね。 手術も放射線治療もできなくて、すぐ化学療法に入りました。 田中 最初の抗がん剤は結構効いて、副腎のがんは、CT上では見えなくなりました。 肺の方も半分くらいになりましたが、その後、右肺の下葉に新しくできたり、原発のがんが大きくなったりしました。 オプジーボなど、いろいろな薬を試していますが、今年1月の検査でもあまり効いていないということで、また薬を変えることになりましたが、抗がん剤治療がつらいのと、体調がすごく良かったこともあり、今はちょっと休薬して今後の治療を考えているところです。 投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。 リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。 コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。 次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。 ブログとの関係が認められない場合• 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合• 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合• 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合• 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合• 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合• 事実に反した情報を公開している場合• 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合• 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)• メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合• その他、編集スタッフが不適切と判断した場合 編集方針に同意する方のみ投稿ができます。 以上、あらかじめ、ご了承ください。

次の

乳がんになっちゃった?由里乃の乳がん日記

乳がん あっさん

スポンサーリンク 乳癌のブログまとめ11選 01. 乳がんやけど…関西の片隅で目いっぱい生きとうで~• ステージ4• ホルモン療法とは、体内のホルモンバランスを精査した上で、適切なホルモン値となるようにホルモン剤によって調整を行いながら乳がんの自然寛解を目指す治療法です。 進行した乳がんで手術や化学療法が適用できない場合の治療法として選択されます。 トトロの転移乳がん闘病記• 浸潤性小葉癌• 治療法/外科手術・放射線・化学療法 抗がん剤)・免疫療法・ホルモン療法(内分泌療法) 40代初めの2004年に浸潤性小葉癌と診断されたトトロさんのブログ。 右乳房温存手術術後、化学療法、ホルモン療法を行ないましたが、2009年に再発。 その後、免疫療法で治療を行なっていました。 「免疫療法」はがんの先進医療の一つで、患者さんから採取した血液や髄液からがん細胞を攻撃する免疫細胞を取り出して培養し、再び患者さんの体内に戻して治療するという方法です。 自分の体内から作り出す免疫細胞のため、副作用や拒否反応が少なく非常に注目を集めている治療法ですが、保険適用外のため、費用面で大きな負担がかかります。 追記:トトロさんは2016年7月3日は永眠されました。 ご冥福をお祈りいたします。 乳がん末期 闘病ブログ 碧の日記• 炎症性乳がん• ステージ/ステージ4• がん発覚時、余命一ヶ月と宣言されたものの、5年を経過したいまでも化学療法でがんと闘病中。 体調は良かったり悪かったりを繰り返しているそうです。 ブログの内容から末期乳がんの治療の大変さが伺えます。 このブログのトップにも乳がん検診の重要性が訴えられています。 「乳がん」は早期発見・早期治療ができれば十分に完治が見込める病気であることがこのブログを通じて再認識できるのではないかと思います。 35歳で乳癌• 組織型/上皮性腫瘍• ステージ/3c期• 治療法/外科手術・化学療法 抗がん剤) 乳がんは乳腺という組織から発症するタイプのがんです。 乳腺は性ホルモンを受け取るためリンパ節と接続している器官なので、一旦乳がんを発症すると年齢が若いほどリンパ節転移するリスクが高く、オーナーさんのように30代で発症すると発見された段階で、すでに後半ステージに進行しているケースも珍しくありません。 多くのがん患者さんがそうなのですが、告知を受けてから治療を開始するまでの間はまるで奈落の底に突き落とされたような気分になるのですが、乳がんは化学療法が効果を発揮しやすい病気なので、治療開始の時期になると前向きに病気と向き合えるようになります。 副作用は大変ですが、努めて明るく振舞うことで免疫力が向上し、抗がん剤の治療効果を高めるというデータも公表されています。 周囲からのサポートを得るためにも、ブログやSNSを活用するというのは良いことなのかもしれません。 おっぱいサバイバー• ステージ/2a• 現在は治療のため休職中ですが、WEBデザイナー経てWEBディレクターとして働かれていたので、ブログのデザインがとてもキレイで読みやすいのがGOOD! 乳がんを患う人は30代後半から増加傾向にあるため、20代で乳がんを患った方のブログは少ないです。 20代の乳がんブログ闘病記を探している方にはとても参考になる内容となっています。 現在治療も順調に進んでおり、経過も良好とのことで何よりです。 抗がん剤の副作用に脱毛がありますが、女性にとって見た目の症状は特に辛いですよね。 ちらさんはその状況に悲観的にならず、ウィッグでおしゃれを楽しんでいらっしゃいます。 では、写真付きでいろんなパターンのウィッグを試しているのでとても参考になると思いますよ。 NODAY BUT TODAY~まさかの多発転移 まだ見ぬ未来と出会うために~• 組織型/上皮性腫瘍• 乳がん患者さんは女性が多いのでブログに植物の写真が飾られていることが多いという特徴がありますが、このブログも記事ごとにお花の写真が飾られています。 2010年の10月に告知を受けて2011年に「左乳腺全摘術+リンパ節郭清」を受けるも、その後他臓器転移が確認され、現在転移巣については放射線療法で治療中です。 転移が多いため、抗がん剤は中止することを決意したとのことでした。 これは大変な決断だと思いますが、他臓器転移では転移したがんの部位によって使う抗がん剤が異なるため、治療を継続するにも身体的には大きな負担がかかります。 そのため、放射線治療と痛み止めによる疼痛コントロールに食事療法などを組み合わせていくという治療法も一つの選択肢となります。 「がん」という病気と向き合いながら生きていくことについて深く考えさせられるブログです。 組織型/上皮性腫瘍• ステージ/2b期• 治療法/化学療法 抗がん剤) 40歳独身Myyさんの「転移性乳がん」の闘病ブログです。 がん発見時、すでに骨転移が認められ、手術は断念。 化学療法をメインに現在闘病中。 がん治療は周囲のサポートもとても重要視されます。 特に化学療法の副作用や手術で乳房を切除してしまうことに対する精神的なダメージは大きく、メンタル面のサポートとして家族の病気に対する理解が非常に重要視されているためです。 しかし、サポートする側も人間ですから、時としてストレスに押しつぶされそうになります。 Myyさんも時々家族と衝突しながらも、懸命に病気治療に臨む姿がブログタイトル通り「ありのまま」に綴られていて、読者から多くの共感を得られています。 ユメちゃんの乳がんバイブル• 組織型/上皮性腫瘍• ステージ/不明• プロフィールには病気発覚から、治療を受けるまでのプロセスがユーモラスに綴られています。 また、同じ病を抱えながら本音で語り合える「モヤモヤの会」というオフ会の主催者でもあります。 読み進めていくと大変な治療内容であるにも関わらず、「山あり谷あり、乳がんライフですが、もうここまで来たら楽しむしかないと、今や乳がんを趣味として共存していくことにしました!! 」 とある通り、乳がんであることを前向きに捉え、日々賑やかに過ごすユメちゃんの生き方はきっと多くの乳がん患者さんの良きお手本となることでしょう。 スポンサーリンク 09. 時々休み・病は気から(だけじゃないこともある)• 組織型/上皮性腫瘍• ステージ/不明• 乳房切除を受け、その後乳房再建の形成手術を受けました。 病気に対する造詣の深さや、治療に臨む姿勢、また現在の医療に対する見識はとても広く、時に辛辣に医療に対して意見することもありますが、その意見のどれもがきちんとした理論に裏付けされていて読んでいて「なるほどね〜」と関心することしきりです。 既往歴からして、大変な治療経験をされてきたことが伺えますが、豊富な体験と知識は読み手にとってとても貴重な記録だと言えるでしょう。 Gカップ、乳がんに ~ガンのGだったか~• 組織型/NG1• ステージ/1期• 乳がんが発覚したのは2015年3月。 現在(2015年8月)乳房切除術に向かって入院中とのこと。 毎年乳がん検診を受けていたことで日頃から触診を行っていたことも早期発見に繋がったのではないでしょうか?「意識して予防する」ということの重要性を教えてくれるブログです。 悪性腫瘍• ステージ/3a• 毎年約6万人ほどの乳がん患者が確認されているわけですから、このうち、600人程度は男性患者ということになります。 女性も乳がん患者は40〜50代の割合が多いので男性もこの年代で「乳房が大きくなってきた(女性化乳房)」り「乳首が陥没してきた」場合は注意が必要ということになりますね。 男性であっても場合によっては乳がん検診を受けた方が良いでしょう。 男性の場合は「男の自分がなるわけがない」という思い込みから、特に発見が遅れがちになってしまいます。 またそれに加え、放射線治療も行なっており、副作用の全身倦怠感はあるものの、順調に治療が進んでいるようです。 同じ病気でもステージによって差がでるということを改めて感じました。 乳がんは早期発見(ステージ1〜2)で発見して手術を含めた早期治療を受けることで10年生存率は飛躍的に向上します。

次の