かにレタスチャーハン。 かにとレタスのチャーハン レシピ

かにとレタスのチャーハン レシピ

かにレタスチャーハン

滋賀県近江八幡市出身。 近江八幡近辺の女学校に通っていた。 現在独り暮らしの78歳。 姉がおり、家族構成は息子と娘が1人ずついる。 なお夫の憲一は5年前に亡くなっている。 大阪の電機メーカーに勤めていた頃に知り合った夫・憲一との結婚後は大阪府に在住。 大阪時代に憲一とお好み焼き屋でよくビールを飲んでいたのが未だに癖になっている模様で、料理と一緒にビールや日本酒を飲んだり、晩酌をする場面がよく見られる。 結婚から暫くして東京都に引越し、現在は江古田にある高円寺近辺の一戸建てに住んでいて、猫のプチを飼っている。 結婚後もフラダンスや手芸などの教室に通うなど、多趣味で活動的。 若い頃はバレーボールもやっていたらしい。 フラダンスのシーンはクイズのシンキングタイムがあるときによく流れている。 蛙が大の苦手で、プチが蛙を連れてきた時は悲鳴を上げていた。 とし子一家の食事を作ったり、洗濯物の量などから、とし子一家の家事を引き受けている模様(これはそもそも、とし子が家事を嫌って怠けるから)。 引用元:ja. wikipedia. kouenirai. 生年月日 1965年1月5日• 出身 東京都• 身長 158cm• 所属事務所 おおきな 株• 主な出演 バタコさん それいけ! kyounoryouri. jp 番組内容 すぐに使えて買い置きもできる便利な缶詰。 そんな缶詰を使っておかずを作ります。 6回目は「かに缶」を使ったレシピを紹介。 「かにたま」はかにを缶ごと卵に混ぜて美味しさを余すことなく使う。 小さめのフライパンで作ると厚みが出てふんわり焼ける。 「かにチャーハン」はレタスと卵とかに缶をご飯と手際良く炒めて出来上がり。 引用元:tv. yahoo. jp かにたまのレシピ かにたまの材料 2人分• かに 缶詰 小 1缶 50g• 卵 4コ• ねぎ 10cm• 生しいたけ 2枚• ごま油 大さじ1• 酢 大さじ1• 砂糖 大さじ1• しょうゆ 大さじ1• かたくり粉 小さじ1• サラダ油 かにたまの作り方• ねぎは斜め薄切りにし、しいたけは軸を切り落として薄切りにする。 ボウルに卵を溶きほぐす。 小さめのフライパンにサラダ油を中火で熱し、ねぎとしいたけを入れて炒める。 しんなりしたら火を止め、溶き卵のボウルに入れる。 かにを缶汁ごと加え、サッと混ぜ合わせる。 2のフライパンをペーパータオルでサッと拭き、サラダ油とごま油を入れて中火で熱し、3を流し入れる。 強めの中火にして大きく混ぜ、半熟になったらすぐに弱火にする。 ふたをし、3~4分間蒸し焼きにする。 火を止めて器に取り出す。 5のフライパンに甘酢あんの材料を入れて中火にかけ、混ぜながら煮立てる。 とろみがついたら火を止め、5のかにたまにかける。 かにチャーハンのレシピ かにチャーハンの材料 2人分• かに 缶詰 小 1缶 50g• ご飯 温かいもの 300g• 卵 2コ• ねぎ 10cm• レタス 2枚 80g• サラダ油• こしょう• しょうゆ かにチャーハンの作り方• ねぎは粗みじん切りにし、レタスは食べやすい大きさにちぎる。 卵は溶きほぐす。 フライパンにサラダ油を強めの中火で熱し、溶き卵を流し入れる。 ふんわりとしてきたら中火にし、ご飯を加えてほぐしながら炒める。 卵とご飯が混ざってきたらかにの身だけを加え、ほぐしながらサッと炒める。 ねぎとレタスを加えてサッと炒め、塩・こしょう、しょうゆを加え、混ぜる。

次の

いろいろな種類のかにチャーハンが楽しめる「かにチャーハンの店」に1週間通った

かにレタスチャーハン

こんにちは。 この連載ではそのへんにあるお店、誰でもわりと行きやすいお店を中心に紹介していこうと思います。 というわけで今回はチャーハンです。 かにチャーハンが一押しのお店なんですが…。 お店の名前が「かにチャーハンの店」と、実にシンプルでわかりやすい。 の井の頭通り。 宇田川交番で二叉に別れるところを右に行くとすぐのビル3階にあります。 メニューはほとんど「かにチャーハン」 メニューはこのとおり、半分以上が「かにチャーハン」。 メニュー番号1「かにかにチャーハン」、2番「半熟たまごのかに玉チャーハン」、そして3番も4番もかにチャーハン。 これは一週間くらい通い詰めないといけませんねぇ…。 店内はカウンター席中心でどこからも厨房が見えるようになっています。 大きな鍋を振ってチャーハンを作る姿が楽しめます。 ジャッジャッと炒める音が響き渡って、これは絶対に美味しいはず!と期待が高まります。 月曜日は「かにかにチャーハン」 この日、注文したのは「かにかにチャーハン」のセット。 かにかにチャーハン780円に、プラス120円でネギ鶏唐揚げが2個つきます。 まずはチャーハンには必ず付いてくるお味噌汁。 これがかにの出汁がきいていて、ちゃんと身も入っていてめちゃくちゃ美味い。 そしてセットの唐揚げが来て…。 かにかにチャーハン!!! こんなふうに頭頂部にたっぷりのかにが盛られています。 米はぱらっぱらに炒められているし、すごく軽い食感。 チャーハン単体としてとても完成度が高い上に、これでもかと入ったかに。 最高です。 チャーハン自体も本当にうまい。 のシャキッとした食感が新鮮で、どんどん食べてしまう。 止まらない。 唐揚げもネギソースが美味しいよ。 でもチャーハンもけっこう量があるのでちょっと苦しい。 スプーンとお箸のほかにこんなアイテムも用意されています。 お味噌汁に入ったかにの身をちゃんとほじくり出してます。 お味噌汁も完食。 かにかにチャーハン、とても美味しかったです。 ボリュームあるので単品でもかなり満足できそう。 まだこんなにかにチャーハンのメニューが。 次はどれにしようか楽しみ。 火曜日は「かに海鮮五目チャーハン」 ちょっと贅沢に「かに海鮮五目チャーハン」にしました。 かにに加えていくらなんて高級すぎるかな、と思いましたが、これはかにかにチャーハンと同じく780円。 なんかすごく安く感じる。 いくらとかにとこの絶妙に炒めたチャーハンがしっかりとマッチしていてうまい。 海鮮の旨みが大変なことになっている。 いくらだけじゃなくて、柔らかいイカもいい味出してた。 じゃこも入っていて、しっかり海鮮五目という感じです。 この日は単品で。 うーん、かに海鮮五目チャーハンも素晴らしい。 水曜日は「半熟たまごのかに玉チャーハン」 見た目が派手な「半熟たまごのかに玉チャーハン」にしましたよ。 これ、なぜか720円と安い。 まるでオムライスのような見た目。 たまごのふわふわ具合がいかにもやばそうだ。 それらを包み込むも食欲をそそる。 かに、たまご、がスプーンの上でぷるぷる。 旨みと甘みにわずかに酸味が加わったが程よいアクセントに。 これまでのかにチャーハンとはまた違った印象に仕上がっています。 一気に食べてしまった。 このふわとろっぷりは癖になりそう。 疲れたときはこのチャーハンかな。 木曜日は「かに肉とろ玉ぴり辛チャーハン」 そしてさらに進化した?「かに肉とろ玉ぴり辛チャーハン」。 前日のチャーハンに何かトッピングが載っていると思われますが、お値段は据え置きの720円。 メニュー名が長いのに安いぞ。 これがぴり辛の成分か。 うまい!ちょっと上品な感じだった半熟たまごのかに玉チャーハンが、こってり男らしくなった感じ。 がつがつ食べちゃうタイプのチャーハンになりました。 金曜日は「かにチャーハン」 「どうも、かにチャーハンです」 「味噌汁です」 ついつい食べるのを忘れていた普通の「かにチャーハン」。 店のランチタイム限定で680円。 お店で一番安いシンプルなチャーハンなんですが、これがまた良い。 かにチャーハンの原点というんでしょうか。 かにの味を引き立たせるシンプルな具、の食感、ぱらっぱらに炒められた米。 なんだか、ほっとする味です。 ちゃんと、チャーハンとして完成度が高い かにチャーハンの店は、かにの影に隠れがちですが、チャーハンにおいてもっとも大事な炒め具合もすごくいいと思う。 ぱらぱら、さらさらがいいとよく言われますが、ここのチャーハンはまさにそんな食感。 だから一瞬で食べてしまう。 このシンプルなかにチャーハンが一番好きだなーと思った。 でもたまには、海鮮五目とか半熟たまごとかにも惹かれるだろう。 そしてまだまだすごいのが残っています。 えびマヨチャーハン、鶏の唐揚香味ソースチャーハン、鉄板焼ぴり辛うまタレ豚トロチャーハン……。 このへんは皆さんの感想をお待ちしております。 なんとで創業してもう17年だそうです。 けっこう昔からあったのですね。 いまは以外にも店舗展開しています。 著者:narumi( narumi) コンビニとチェーン店を愛するグルメライター。 ブログ「Blog narumi」では主に周辺の美味しいお店について書くことが多い。 最近、超大盛りチャーハンで有名なの屋「徳萬殿」が閉店したと聞いて寂しい。 ブログ: ツイッター:.

次の

かにチャーハン by藤野嘉子さんの料理レシピ

かにレタスチャーハン

ご飯は熱いものを用意する。 卵は割りほぐす。 かには軟骨があれば除き、ざっとほぐす。 ねぎは縦に切り目を入れ、みじん切りにする。 ご飯が冷たいまま炒めると、だんご状になってしまいパラリと仕上がらない。 ご飯が冷たい場合、冷凍の場合は電子レンジにかけて熱々にすること• フライパンを温めてサラダ油大さじ2を入れ、全体になじませる。 油が熱くなったら卵を流し入れて大きく混ぜ、卵がふんわりとなったらご飯を加え、強火でパラパラに炒める。 油は多め。 卵に吸わせるようにふんわりと炒める。 ご飯を加えたら、軽くつぶすようにするとご飯が自然にパラリとほぐれる。 強火で炒めると、ご飯の甘さが引き出される。 ご飯と卵が混ざったら、かに、ねぎを加えて炒め合わせ、塩、こしょう各少々をふる。 全体に混ぜ、鍋肌からしょうゆ少々を加えて香りをつけ、仕上げにごま油少々をたらす。 最後にしょうゆとごま油を加えて香りを加える。 鍋肌からたらすと全体にむらなくなじみやすい。 しょうゆを加えると焦げやすいので手早く。 先にねぎを加えると水けが出てしまいパラリとなりにくい 切り方 小口切り 端から1〜2cm幅に切ります。 実だくさんの汁ものの具などに。 みじん切り 1 切り離してしまわないよう、斜めに細かく切り込みを入れます。 裏返して同様に切り込みを入れます。 みじん切り 2 端から細かく刻みます。 みじん切り 1 包丁の刃先で、縦に4〜6本切り込みを入れます。 みじん切り 2 広がらないよう一方の手でまとめて押さえ、端から細かく刻んで。 しらがねぎ 煮ものや汁ものの飾り、薬味として使います。 水けをきるときに、ざるなどに上げればパリッと(画像右)、ふきんなどに包んで流水の下でもみ洗いし、水分を絞ればくしゅっと(画像左)させることができます。 しらがねぎ(1) 長ねぎの白い部分を長さ5〜6cmに切り、中心まで縦に切り目を入れて開き、芯を除きます。 しらがねぎ(2) 開いたものを重ねて、繊維に沿って端からごく細く切ります。 しらがねぎ(3) 冷水にしばらくさらし、水けをきります。 斜め切り 根元を切り落として端から1〜2cm幅に斜めに切り分けます。 斜め薄切り 根元を切り落とし、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなって、口当たりがよくなります。 縦半分斜め薄切り(1) 根元を切り落として縦半分に切り込みを入れ、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなるので、縦せん切りより食べやすくなります。

次の