コロナ マップ 全国 アプリ。 新型コロナ感染事例のある場所を地図で確認できるアプリ、クラスター早期発見に

【詳説】新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」や追跡システムは機能するか?そのしくみとプライバシーの課題

コロナ マップ 全国 アプリ

政府は4月に入り、新型コロナウイルスの感染拡大の防止に向けたITの活用を担う「テックチーム」を設置し、コロナ対策に先端技術を生かす試みを本格化させている。 どのような取り組みが行われているのか、具体例を紹介したい。 新型コロナウイルス感染症対策テックチームキックオフ会議・6日 「コロナ追跡アプリ」日本でも導入へ 竹本IT相は14日の会見で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者を追跡する、いわゆる「コロナ追跡アプリ」の実証実験を月内にも始めると発表した。 「コロナ追跡アプリ」としては、シンガポール政府が公開し利用を促している「TraceTogether」が先行例として世界的に知られている。 シンガポール政府公開の動画より TraceTogetherでは、スマホの近距離無線通信「ブルートゥース」を利用し、アプリの利用者同士が近づくと、その接触が匿名でそれぞれのアプリに記録される。 そこで、利用者が万が一感染した場合、同意を得た政府機関がアプリの接触履歴から濃厚接触者を特定し、必要な医療提供につなげる仕組みとなっている。 なお、それ以上の個人情報や位置情報は記録されず、各利用者は匿名のIDで管理されるため、プライバシー上の問題は無いとされる。 政府関係者によると、国内でも複数の民間事業者が開発に乗り出していて、月内に実証実験が可能であると申し出ているという。 コロナの感染拡大防止の観点から、竹本大臣は「『シンガポール方式』は非常に有力な方法だ」と評価した上で、「個人情報の漏洩はあってはならない」と強調した。 また、濃厚接触者の特定がアプリ上で効率的に行えることから、内閣府の平副大臣はインターネット番組で「手一杯な保健所もアプリのデータを元に濃厚接触者を洗い出しやすくなる」と意義を強調した。 追跡アプリは、国民の多くがアプリを活用しないと効果を発揮しない。 政府としては、実証実験を通して個人情報漏洩の懸念を払拭しつつ、早期の実用化、普及を目指したい考えだ。 平副大臣会見・2月13日 検索ワードでクラスターを発見!? 13日、政府とYahoo! JAPAN(以降ヤフー)は「新型コロナウイルス感染症対策協力プロジェクト」の立ち上げを発表した。 ヤフーのプレスリリース抜粋 ヤフーとの提携により政府が狙うのは、検索ワードと位置情報をかけあわせて、コロナ対策に有用なデータを導き出すことだ。 政府関係者によると、現時点では以下の2つの効果を見込んでいるという。 検索ワードによるクラスターの把握 ヤフーの検索数と位置情報をかけあわせると、例えば特定の地域で「発熱」や「だるい」などの検索ワードが上昇していると、その地域でコロナの症状を認める人が増えていて、すなわち何らかのクラスターが発生していることが覚知できるかもしれない。 コロナの新症状発見など疫学的研究 一部海外報道でも出ているが、コロナの感染者が「目の痛み」というキーワードを検索するケースが多いとのデータがあるという(政府関係者)。 この症状が本当にコロナと関連付けられるかどうかは、専門家の意見を聞かないとわからない。 ただ、こうして検索ワードを通じて、コロナの解明や感染者発見につながる情報が得られるかもしれない。 検索キーワードと位置情報だけで、どこまで精度の高い情報が得られるのか疑問に感じるところだが、政府においても前例がほとんど無い。 政府関係者は「やってみないとわからない。 どれくらいの精度になるか、どれくらいクラスター対策に資するのか、検証課題にしたい」と意気込む。 なお、個人情報の保護も課題として挙げられるが、担当者によるとヤフーから得られる情報は、個人が特定できないように加工されるため、個人情報保護の観点では問題がないとしている。 人流や医療提供体制のデータ公開 このほか、政府はコロナ対策の専用サイトを公開し、携帯電話事業者などの位置情報のビッグデータによる、人の流れの解析を載せている。 すなわち「どこにどれくらいの人がいるか」というデータで、外出自粛要請の効果検証に役立てることが出来る。 例えば、以下のデータからは、渋谷では緊急事態宣言後4割近く人出が減っているものの、前日比で4. 4月14日時点のデータ また、全国の病院の入院・外来受け入れ等の状況をマップで表示するシステムも掲載している。 4月14日時点のデータ、例として東京都の任意の病院を表示 政府は今後、あまたあるコロナの症例や対策についての情報を、チャットで一元的に問い合わせられる「チャットボット」の本格導入など、ITを用いたコロナ対策をさらに拡充していくことにしている。 こうした動きに注目をしていきたい。 一方で、ITを用いたコロナ対策について、テックチームの立ち上げが4月という点など、日本は諸外国に比べ初動が遅いとの批判が往々にしてある。 政府のIT担当部局には専門の人材が多く、平副大臣のようなIT通のリーダーもいる。 こうした人的資源を効率よく生かしてもらいたいところだ。 コロナとの戦いが長期戦となる中、政府対応の効率化や国民の利便性向上のため、政府には一層、ITの活用に本腰を入れてほしい。 (フジテレビ政治部 山田勇).

次の

新型コロナ「感染報告された場所」がピンポイントでわかる!「マップ」の提供開始

コロナ マップ 全国 アプリ

NewsDigest アプリダウンロード用URL• iPhone 版 :• このため、多くの自治体や企業により、感染者の出入りのあった店舗や事業所等の情報が公表されています。 しかし、現状こうした施設の情報は 全国の自治体や企業が個別判断のもとに公表しており、統一的な整理や発信が行われていません。 こうした状況では自治体などの呼びかけも届かず、感染経路調査による新たな感染者の発見を困難にします。 また、近隣の企業や施設に対する根拠のない噂やデマ・フェイクニュースの拡散、風評被害の原因にもなっています。 一方で、海外では感染経路を追跡し、感染者と接触した可能性のある市民に通知を送るなどの機能を持つ アプリを政府や研究機関などが提供し、感染経路の追跡に成果を挙げている事例もあります。 こうした状況を踏まえて、当社では企業や自治体等により 感染事例が報告されたピンポイントな場所の情報を地図上に集約・整理し、運営する速報ニュースアプリNewsDigest(無料)内などで閲覧できる機能を開発・実装しました。 NewsDigestアプリ内では「新型肺炎」特設タブにある「新型コロナウイルス感染状況マップ」のページより「感染事例が報告された場所の情報」のマップを開くことで、ユーザー様の お住まいの地域やお勤め先の周辺における、感染事例が報告された場所(施設)の情報をチェックすることが可能です。 本機能に関連してユーザー様の位置情報を使用することはなく、プライバシーに配慮した仕組みとしているため、安心してご利用いただけます。 なお、感染事例報告施設の情報は 自治体や企業から発表されている重要な情報であるため、公益の観点から集約・整理していますが、無用な風評被害等を防ぐため、消毒済みなどの対応が明らかになっている場所についてはその旨も明記しております。 これらの情報はNewsDigestアプリ内に加えて、企業向け緊急情報サービスFASTALERT(PC対応)でも確認できます。 NewsDigest 新型コロナウイルス感染状況マップ:• 新型コロナウイルス感染症についても、こうした テクノロジーを通じて未確認の感染事例や未知の「クラスター」の早期発見と感染拡大のペース抑制に貢献してまいります。 国内の大半の報道機関のほか官公庁、インフラ企業等にSNS発の緊急情報を配信する「FASTALERT」、一般消費者向けの速報ニュースアプリ「NewsDigest」、自動電話情勢調査などのサービスを提供しています。 自然言語処理や機械学習といったテクノロジーでリアルタイムにニュースを届ける、新しいかたちの報道機関を目指しています。 社員の約半数をエンジニアが占めています。 新型コロナウイルス感染症をめぐっては、国内でいち早く 2月16日より、国内感染状況の統計をまとめた「新型コロナウイルス感染状況マップ」を公開。 累計500万人以上のユーザーにご利用いただいています。 また、3月25日からは国内最大級のニュースアプリSmartNewsにも最新の感染者数データの提供を開始しています。 当社では、今後も新型コロナウイルス感染症の状況を24時間体制で監視し、正確で迅速な情報提供を行ってまいります。 当社Webサイト:• 速報がとにかく早いから、入れておけば安心。 ニュース速報や地震・災害速報のほか、鉄道情報など生活に必要な情報を最も速くお伝えする、ライフライン型ニュースアプリです。 「新型肺炎」特設タブでは、新型コロナウイルス感染症関連の様々なニュース速報をまとめてチェックできるほか、「地域」タブではお住まいの都道府県の最新の感染者確認情報なども確認できます。 ダウンロードURL• iPhone 版 :• 各局ニュース番組における「視聴者提供」動画定着の原動力になりました。 2018年の日本新聞協会 技術開発奨励賞を受賞。 現在はSNS緊急情報サービスでシェアNo. 1の業界標準として全国の大半のテレビ局や新聞社に採用されているほか、警察、消防、自治体、一般企業でも幅広く導入実績があります。 FASTALERT内の「新型肺炎」特設ページでは、感染事例報告施設マップをPCからご覧いただけます。 速報(ニュース速報・リスク情報の配信) 2. メディアプラットフォーム(世論調査・選挙情勢調査) 3. ニューステクノロジー(ニュースエンジンの提供・研究開発) URL: 【主要株主】 主要株主:役員・経営陣 共同通信グループ(一般社団法人 共同通信社/株式会社共同通信デジタル) グローバル・ブレイン株式会社 株式会社QUICK 株式会社サイバーエージェント・キャピタル SBIインベストメント株式会社 株式会社ベクトル 株式会社テレビ朝日ホールディングス 株式会社フジ・スタートアップ・ベンチャーズ(フジテレビグループ) ほか.

次の

感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始:時事ドットコム

コロナ マップ 全国 アプリ

j新型コロナウイルスの日本国内での感染が広がっています。 特に東京都や大阪府、福岡県といった都市部での感染者数は日毎に増加しており、いつ自分や家族の身近に起こるか心配です。 発生場所が気になり検索した方も多いのではないでしょうか? 感染者やクラスターの発生場所を地図で表したサイトもいくつかありますが、 具体的な場所を記してるものはほとんど無く、どこで実際に感染が起こっているのか今までは分かりませんでした。 しかし、2020年4月2日からニュース速報アプリ 「 NewsDigest」が、国内で新型コロナウイルス感染者の利用が公表された施設を地図上にピンポイントで表示するサービスを始めました。 サイトの特設ページ 【最新感染状況マップ】のコンテンツ 「感染事例が報告された場所の情報」では、地図上に自治体や企業から発生が報告されてる施設の 名称や住所が明確に表記されています。 これにより自分の住むエリアや関係先に近い場所に発生場所がないかを簡単に確認出来るようになりました。 また、国内の患者の年齢別の統計や世界の地域毎の発生率なども地図やグラフで 視覚的に分かりやすくまとめてあります。 是非参考にしてみて下さい。 【新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ】 NewsDigestサイトの新型肺炎の 発生状況をまとめた特設ページです。 ダウンロードはコチラからも出来ます。 どちらかの 選択ボタンをタップします。 次へをタップ。 OKボタンをタップ。 入力したら 送信ボタンをタップ。 メニュー下の 【新型コロナウイルス 最新感染状況マップ】をタップ。 円が大きく色が赤い程感染者数が多くなっています。 他のマップやグラフも知りたいデータの線や場所をタップする事で詳しい情報のウインドウが表示されます。 注意点 「感染事例が報告された場所の情報」に記載されてる情報は、政府、自治体、企業から確認が出来ないケースに関しては記載されてないそうです。 また、 一定期間過ぎると順次マップから削除されるとも記載されています。 感染が発生した場所が全て載ってる訳では無く、削除されて掲載されてないという事もあり得るようなのでご注意下さい。 新たに新型コロナ【特設タブ】が設置 バージョン8. 1のアップデートに伴い、新型コロナの【特設タブ】が新たに設けられました。 ホーム画面の右下の 新型コロナのマークをタップすると感染マップが直接開きます。 マップが開いたら見たい地域を二本指で ピンチアウトして拡大します。 気になる地点の 円をタップします。 円が 青く変わり、その施設の情報が表示されます。 マスク 消毒液 PS4やSwitchの在庫が安い順に分かる【在庫速報. com】の記事はコチラ 感染症の発生場所を申請する事も出来ます 新型コロナの【特設タブ】には、現在マップに掲載されていない発生場所を掲載する為に申請する事が出来ます。 画面右下の 報告するというマークをタップし必要情報を記入して送信すればOKです。 現在地の登録も 左下の 現在地というマークをタップすると自分の今いる場所が登録出来ます。 位置情報の利用の許可を求めるウインドウが開くので 許可をタップします。 自分の現在地が 青い円でマップに表示されます。 スーパーやお店の混雑状況が分かる! アプリ【Google マップ】の記事はコチラ まとめ ニュース速報アプリ「NewsDigest」の【新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ】は 発生場所が具体的に表記されてとても分かりやすいWEBマップになっています。 ご近所に発生場所がないか確認するのにとても便利なので是非利用してみて下さい。

次の