藤田 田。 藤田嗣治

藤田田(ふじたでん)

藤田 田

Contents• 誰もが知っている藤田田が創業した会社 藤田田さんが創業した会社で最も有名なのが 「マクドナルド」ですね。 今でこそ誰もが知る超有名企業ですが、 当時は「日本でハンバーガーなんて流行らない」と 言われていました。 その当時はまだまだ、日本は米文化でした。 その中にあってパンがメインの食事なんて誰が食うものか という状況だったそうです。 結果的には周囲の意見は外れて マクドナルドは大成功を収めました。 それが本来のマクドナルドの正しい発音だったからです。 ですが、藤田さんはそんな本部の反対を押し切って 日本人が言いやすい、覚えやすいように 「マクドナルド」という名前にしました。 確かに、「マクダーナルズ」って少し言いにくいですよね。 あまり日本人には馴染みのないニュアンスの言葉です。 もし藤田さんがこのような機転を利かせなければ 今のマクドナルドはなかったかもしれません。 しかも、藤田さんの創った「日本マクドナルド」の一号店は 世界最高の売り上げを記録しています。 ちなみによく藤田田さんと言えば 「マクドナルド」と言われますが、 「トイザらス」を日本にもってきたのも藤田さんです。 他にもマクドナルドを始める前から 「藤田商店」 輸入雑貨販売 という店を経営して 成功を収めていました。 銀座のユダヤ人と呼ばれていた 藤田田さんは大学在学中にGHQの通訳のアルバイトをしていました。 その時に出会ったのが、商売の神様と言われていたユダヤ人でした。 ユダヤ人と知り合った藤田田さんは その後ユダヤ商人からいろいろな商法を学んでいきました。 そうやって商売の天才と呼ばれる民族の 商売ノウハウを吸収していきました。 そうやって自身の事業にユダヤの商法を 実践、導入していった結果、成功を重ねて 「銀座のユダヤ人」と呼ばれるようになりました。 藤田田と孫正義の関係 実はソフトバンクの創業者である孫正義さんは 学生時代に藤田田さんに会っていたそうです。 なんでも藤田田さんの著書に感動して ぜひ話を聞きたいと思って会いに行ったそうです。 未来の大経営者ですが、 その当時の孫正義さんはいっかいの学生に過ぎないからです。 来る日も来る日もコンタクトをとり続けたそうです。 そして最終的にはマクドナルド本社の一番近くの電話ボックスから 会社に電話して、自分がすぐ近くにいる旨を伝えました。 そうしてやっと藤田さんに会うことができたのだそうです。 その時に孫さんは藤田さんにある質問をしました。 その内容は 「自分は今後商売をしていきたいと思っています。 もしあなたが僕のような状態からビジネスをするなら何をしますか?」 そう訊きました。 その質問に対して藤田さんはこう答えました。 「これからはコンピューターの時代だ。 もし僕が君の立場ならコンピューターのビジネスをするよ」 そう答えました。 それをもとに孫さんはソフトバンクを創り、 一大企業を創りあげました。 パン食なんて流行らないと言われていた状況から逆転したり、 将来発展してくるビジネスを見抜いたりと 藤田さんが持っていた経営者としての先見の明がわかる話ですね。 興味があればこちらの記事も読んでみてください。 佐渡 啓作(さわたり けいさく) 高校を卒業して地元の工場に就職 危険と隣り合わせ&つまらない日常を経験。 上司に言われた通りに行動する毎日を過ごす中で 自分の生きている意味が分からなくなりました。 人生が退屈過ぎました 何のために生まれてきたんだろう・・・ 人生にやりがいや充実感が欲しい。 そんなことばかり考えていました。 現状を変えたくて、何かに夢中になりたくて、 で、、、起業を志したはいいものの 何をしていいのかわからず散々迷走しました。 本やセミナーにもさんざんお金を使いましたよ。 100万くらいは使ったと思います。 ・・・でもまったく現実は変わりませんでした。 今思えば自分のレベルが低すぎただけ これは一発、自分に試練を与えるしかねーわ そう思いました。 なので・・・ 自分を変えるために一念発起して バックパック世界一周一人旅 をしてきました。 帰国後はインターネットを使って ビジネスをしています。 才能なんていらない 適切な知識と行動さえあれば 人生なんて誰だって変えられる こんなことを考えています。

次の

【日本マクドナルド】ソフトバンク孫正義に宿る藤田田のDNA

藤田 田

藤田田は日本マクドナルドの元代表取締役。 米・マクドナルドとの合弁で日本マクドナルド、米・トイザらスと合弁で日本トイザらス株式会社を設立。 2000年台前半には日本マクドナルド代表取締役として59円のハンバーガーなど値下げを断行。 西暦2000年前後に起きたデフレーションの時代を象徴する経営者だった。 1926年(大正15年)大阪府大阪市生まれ。 東京大学入学後、法学部在学中の1951年(昭和25年)に輸入雑貨販売の会社「藤田商店」を設立する。 1971年(昭和46年)藤田田はアメリカ・マクドナルド社と合弁で日本マクドナルドを設立。 代表取締役社長に就任し、7月に銀座に一号店をオープンさせる。 1989年に藤田田はアメリカの玩具販売大手のトイザらスと日本トイザらス株式会社を設立する。 2000年代に入ると、日本はバブル崩壊の後遺症による深刻な不況となり、日本マクドナルドの売上も低迷する。 そんな中で藤田田率いる日本マクドナルドは値下げを敢行し、2000年にはハンバーガーを平日65円で販売、2002年にはハンバーガーの定価を59円まで下げるなど低価格戦略を断行。 無謀とも思える値下げだが、実はマクドナルドの顧客の大半はハンバーガーセットを注文していた。 セットのポテトや飲料は原価が安く、ハンバーガーの利益は小さくても合計すると十分採算が取れるという仕組みであった。 この低価格は大きな注目を集め、一時は客が押し寄せマクドナルドは「デフレの勝ち組」と呼ばれた。 しかし、客が安さに慣れてしまい集客へのインパクトが薄れたこと、他のファストフード店も大幅な値下げを始め価格競争に突入したことなどにより業績は低迷し始める。 2003年(平成15年)藤田田は業績低迷の責任をとり、日本マクドナルドの経営から退いた。 2004年死去。 享年78歳。 Copyright C コトバのチカラ. JP ALL RIGHTS RESERVED.

次の

【藤田田物語④アメリカの犬にはならず。日本マクドナルド成功の理由】

藤田 田

エンジェル研究家・山下花那です🌸 ローザと呼んでください🌹 歴史を振り返る時期のようです。 ユダヤ人から学んだことが色々書かれていました。 今でも印象に残っているのは 食事前にバーでストロベリーダッカリーを飲んで待つ余裕が欲しいものだ・・・ というくだり。 東京へ行った時にまず銀座マクドナルドへ行きました。 この目で確かめたかったから。 1949年から22年間の間 1ドル=360円 だったから、日本円で収入を得て外国へ出ようとすると 全てが割高だったんです。 日本の高度経済成長の時代 1978年には1ドル=200円になる。 この頃に、ものすごく高かった外国のお菓子が 手の届く値段になってきた。 エンジェルメッセージに付け加えた 未来予測に出てきた 日本の経済の分かれ目になった プラザ合意1985年。 1ドル=160円 今は108円くらい。 だから訪れる国の物価が高くなければ 日本円が強くて 日本と同じように買い物ができますね😃 そうそう、藤田田さんの本を何度も読んで どんな人だろう?と思っていたら それから20年経ってから 藤田田さんの秘書とお会いしました。 本人には会う機会がなかったですが 関係者には会うことができるんですね💕.

次の