めざましテレビ歴代キャスター。 「めざましテレビ」歴代女性メインキャスター6人が生放送に総出演!(ザテレビジョン)

『めざましテレビ』に歴代キャスターが登場! 相変わらずの“女子アナ推し”に冷ややかな声|日刊サイゾー

めざましテレビ歴代キャスター

来歴 [ ] 出身。 信条は「身の丈程の放送を背伸びせず、縮こまらず、のびやかに」。 趣味は、。 結婚歴は1度もなく、現在に至るまで独身である。 高校在学中は新聞部に所属していたほか、進学校である同校で落ちこぼれとなっていたことがあるという(後述の2013年4月発表の闘病記での記述より)。 早稲田大学政治経済学部教授の岩井方男とは高校の同級生。 特に岩井とは両国高校の新聞部出身で、早大の学部・学科も一緒という共通点がある。 NHKアナウンサー [ ] 、早大卒業後に入局。 同期に・・・などがいる。 、1回戦・対戦で、佐賀商業の投手・がを達成した時のテレビ放送の実況を務めた(あとアウト1つで夏の大会史上初のになるところだった)。 退職直前には『』の司会に内定していた。 長らくフジテレビの 「朝の顔」を務める。 このフリー転身はフジテレビからの引き抜きの形で、しばらくの間フジテレビとしていた。 その後、『』を皮切りに他局番組への出演もこなすようになる。 にフジテレビ『』にゲスト出演した際、『めざましテレビ』の初期において、NHK出身であるが故にCMの入り方が分からず苦労したことを明かした(本人曰く「CMの入り方はさんに任せていた」とのこと)。 「フリーになっていなかったらどうしていたと思いますか? 」と聞かれた時、「『』(NHK)の司会に興味がある」と答えた。 大塚がフリー転身を考えた理由の1つに、中継のキャスターを務めることが出来なかったことを挙げている(大塚は各種スポーツ実況が得意であったため)。 なお、大抵のフリーアナウンサーは事務所に所属しているが、大塚は文字通りの立場でのフリーアナウンサーである。 理由として、の『』のインタビューで「今まで組織の中で長くやってきた。 だから今度は組織に縛られずやっていきたい」と述べている。 朝からの『めざましテレビ』を受け持つようになってから、健康管理には徹底しており、どんなに忙しくても、5時間の睡眠と1時間の仮眠を心掛け、毎朝3時に起床し頭がしっかり回転するよう朝食をしっかり摂り、を欠かさず食べていた。 また自身の好きなゴルフなどをするなど暇さえあれば体もマメに動かしていたという。 その他、でもある。 番組で共演する女性アナウンサー・キャスターと食事をするなど交流の場を多く持ってきた。 大塚はこれを番組を続けていく上の大きな活力として公言していたという。 に放送されたフジテレビ系列の毎年夏の恒例イベント・『FNSの日 十周年記念:1億2500万人の超夢リンピック』では、当時フジテレビアナウンサーであり、『めざましテレビ』で司会コンビを組んでいた八木亜希子と恒例の朝一列島中継形式で「1億2500万人の超夢リンピック 全国名所でバスケット・フリースロースーパー大予選会」の総合司会を務めた。 最初の白血病発症 [ ] から体調不良を理由に『めざましテレビ』の出演を休業。 と診断を受け治療を受けることになる。 大塚は同年放送分の『めざましテレビ』に生電話出演し、闘病生活へ入った経緯について他の出演者や視聴者に向け説明を行った。 『めざましテレビ』の総合司会はフジテレビアナウンサーのが代行した。 この電話出演の際に「完全復帰は(の)・頃になるんじゃないかと思います」と語った。 この後、大塚のもとには約3000通の激励メッセージが寄せられたという。 しかし、回復になお時間がかかることが判明したことから『めざましテレビ』への復帰を断念し、2012年、フジテレビアナウンサーのに後任を託す形で総合司会をバトンタッチすることが発表された。 このバトンタッチに伴い、大塚本人のコメントも発表された。 そして、『めざましテレビ』のリニューアルに伴い、2012年、本人不在のまま正式に番組を降板。 大塚は同日の放送にも生電話出演しており、「(自分は)元気過ぎる入院患者」「現在は半年かかる長期治療のおよそ3分の1が終わった状態で、強い副作用がなければ普段と変わらない生活を送れている」「秋口にはスタジオに行きたい」などと語った後、スタジオ出演者に1人ずつメッセージを述べた。 また、入院中の大塚を見舞った当時フジテレビアナウンサーのも「(大塚は)凄く元気で、食べ物も沢山召し上がっている」と語った。 2012年、フジテレビが開催する『』内サンサンアイランド会場内特設ステージで『』(放送)の公開収録ライブを行った(『めざましテレビ』の度のテーマソング『』を担当。 桑田は2010年にを患っている)が「私達は大塚キャスターを待っていますので早く帰って来てね! 」と大塚の早期復帰を願うコメントをした。 桑田の妻であるも大塚への応援コメントを発言した。 入院生活および『めざましテレビ』休業・降板という状況の中、2012年2月中旬に母親(享年94)を亡くした。 この時、大塚の体調が相当悪かったため、母親の最期は看取れず、大塚は通夜・葬儀にも出席できなかった。 母親の死はのベッドの上で姉(長女)から聞き、「ああぁ、やっぱり最悪の事態になっちゃったな」と思い、ちょっと虚空を見つめて茫然自失という感じだったと、著書『耐えて、咲く』で振り返っている。 また、同年2月25日開催の『めざましテレビ』で司会コンビを組んだのにも体調不良により参加できず(ビデオレターや手紙を送ることもできなかった)、事前に高島に「おめでとう」と伝えるに留まった(2010年放送分の『めざましテレビ』において、同日出演最終日で結婚間際だった高島に「今度は結婚式でスピーチさせてください」と話していたが、叶わなかった)。 闘病生活は試練続きだったという。 『』は「入院直後からを用いた化学療法を始めました。 この時期は副作用で吐き気やめまいがして起きていられなくなり、ただ寝て1日が過ぎるのを待つという苦しい日々が続いたそうです。 当初はこの年8月末に退院する予定でしたが、後1ヶ月で退院という時に感染症や合併症を併発。 2ヶ月間は命を失いかねない危険な状況だったそうです。 大塚さんは『よく助かったなというのが実感』と語っていました」とのフジテレビ関係者の談話を掲載した。 寛解(完治ではないが、病状が一時的あるいは永続的に軽減また消失すること)と診断され、2012年10月1日に退院を果たす。 退院後の生活については「自宅から定期的に通院し、検査を行いながら体力の回復を図る」と発表した。 本格的な仕事復帰については、体調を見ながら年明けか新年度を目指すとしていた。 なお、病院側は大塚の退院にあまり積極的ではなかったという。 医療関係者が「再発もしやすい病気ですし、病院外では感染症の危険も増すので、病院としては、できれば退院させたくなかったそうです。 ですが、退院が延期になって落ち込む大塚さんを見て、『そのストレスが快復の妨げになっているのではないか』と判断して、退院を決めたようです」 と語っている。 大塚が早期復帰を希望したのは「生きる気力を見出すこと」と「高額な入院費・治療費の捻出のため」とされる。 放送分には生電話で、放送分にはVTRで『めざましテレビ』に出演を果たした。 前者では「外の景色はいいですね。 晴れてもいい、雨が降ってもいい、本当にすがすがしい気持ちです。 外の空気がおいしい」「いつ退院できるか、そういう日が来るのか、不安と葛藤があった」と告白した上で、視聴者から寄せられた3000通もの応援メッセージが孤独な闘いの救いだったと語った。 退院後は帽子を被って黙々と散歩をして、復帰に向けて体力作りに励んできた。 同年にはのに旅行し、この温泉旅行中、フジテレビアナウンサーのによる10月24日放送分のVTR出演にも応じた。 2013年放送の『めざましテレビ』に生出演し、461日ぶりテレビ生出演を果たした。 同時に4月開始の『』の総合司会を務めることが発表される。 『アゲるテレビ』では、『めざましテレビ』担当時に一時期(4月 - 2011年3月)『』()のメインキャスターを務めていたとコンビを組むことも決まっていた。 同年には放送の『』の収録に、には放送のフジテレビ『』3時間スペシャルの収録に臨んだ。 白血病再発後 [ ] しかし、本格復帰目前の2013年、白血病が再発したことが判明する。 フジテレビは、大塚が『アゲるテレビ』への出演予定を当面キャンセルし、再び闘病生活に専念することを発表した。 大塚の白血病治療について、は困難であると考えられた。 3人の姉は高齢のため骨髄提供は難しい状態(姉達は提供希望の意思)であったことや、大塚本人もこの時点で60代であったことなどから、手術を受けるには厳しいとされた。 同年4月、から闘病記『耐えて、咲く』を発表した。 同年9月、退院。 同年放送の『めざましテレビ』特別番組に生電話出演し、移植手術をしたことを明かした。 また、A型の少女が血液ドナーだったため、移植手術を受けて血液型がB型からA型に変わったことを明かした。 放送のフジテレビ『』にもゲスト出演 し、以後、・へのゲスト出演を時折行っていた。 だが、の『』を最後にテレビ出演を、のを最後にメディア出演を行っていない。 、それまで個人事務所の役員を単独で担っていたが、看病をする姪も役員に就任させた。 同年には姪を受託人として、自分の所有する不動産を信託目録にしたことも明かされている。 主な出演番組 [ ] NHK時代 [ ]• 初の(1976年)• (実況 1982年)• 北陸東海(1982年4月 - 1984年3月) - 名古屋局制作のローカル番組、月1回「大塚アナウンサーのいってきまーす」シリーズを担当• (実況 1984年)• (実況)• (実況)• (1985年4月7日 - 1986年11月2日)• (土曜 1985年4月 - 1987年3月)• (1988年4月 - 1994年3月)• (1994年4月1日 - 2012年3月30日 フジテレビ)-初代総合司会• (1995年10月 - 1995年12月 フジテレビ)• (1996年10月 - 1998年3月 )• (1996年4月 - 1996年9月 フジテレビ)• (2001年10月 - 2002年3月 フジテレビ)• (2002年4月 - 2006年9月 フジテレビ)• (2002年4月 - 2003年3月 )• (2003年 )• (2003年10月 - 2004年3月 フジテレビ)• (2005年4月 - 2005年9月 )• (2008年5月 - 2009年9月 テレビ朝日)• 東京スカイツリー!! 秘密大公開SP(2010年9月24日 テレビ東京)• 日本の今を学ぶ! 新聞読み解きバラエティ よむテレビ(2010年12月30日、テレビ東京) 映画 [ ]• (2001年6月9日 ) - 花屋 役• (2008年12月20日 ) - 本人 役 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 『』2011年11月7日付、、2011年11月7日。 早稲田ウィークリー号 2009年11月5日号1200号. 2013年5月13日閲覧。 『』2011年11月25日号、小学館、2011年11月14日。 MSN産経ニュース 産経デジタル. の2011年11月6日時点におけるアーカイブ。 2013年5月13日閲覧。 ,Sponichi Aneex,2012年3月30日• nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2012年2月28日. 2013年5月13日閲覧。 nikkansports. com. 2012年2月28日. 2013年5月13日閲覧。 J-CASTニュース. 2012年3月30日. 2012年7月21日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2012年7月8日. 2012年7月21日閲覧。 2012年11月7日. 2013年5月13日閲覧。 ORICON STYLE. 2012年10月15日. 2013年5月13日閲覧。 『』2013年4月4日号• 2013年3月4日, at the. フジテレビ 2013年3月1日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2013年1月31日. 2013年5月10日閲覧。 YOMIURI ONLINE. 2013年3月16日. 2013年5月13日閲覧。 [ ]• NEWSポストセブン(女性セブン 2013年4月4日号) 株式会社 小学館. 2013年3月22日. MANTNANWEB(まんたんウェブ)(毎日新聞デジタル) 株式会社MANTAN. 2013年10月5日. ,goo• NHKアーカイブス公式サイト 番組表詳細検索• 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部 『NHK年鑑'83』 日本放送出版協会、1983年、223頁。 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'84』 日本放送出版協会、1984年、220頁。 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'87』 日本放送出版協会、1987年、114頁。 関連項目 [ ]• - NHK同期入局。 - NHK同期入局。 - NHK同期入局。 初任地が隣同士。 甲子園での高校野球実況を入局3年目で歴代最年少(大塚が4年目で2番目、は大塚の方が早かった)。 大塚が入院した際には一番お見舞いに多く行った。 - NHKのアメリカンフットボール中継(ライスボウル、スーパーボウル、NFL)でコンビを組んだアメリカンフットボール解説者。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 11 - - - - - 1 放送開始当初から出演中。 2 時期によって曜日変動あり。 3 木 - 金曜担当。 4 月 - 水曜担当。 5 2008年3月まで木 - 金曜担当。 6 「めざまし600ニュース」は担当しない。 7 担当曜日は時期により変動あり。 8 2002年4月から設置、2009年3月で事実上廃止。 9大塚の病気休養により、三宅の総合司会就任までの総合司会代行。 10情報キャスター中継担当。 11木曜パーソナリティー、イノ調として出演。 12月 - 火曜担当。 13月・木曜担当。 14火 - 水曜担当。 15金曜担当。

次の

お天気お姉さんの人気ナンバー1に!『めざましテレビ』阿部華也子は“第二の岡副麻希”になれるか?|日刊サイゾー

めざましテレビ歴代キャスター

同番組の歴代女性メーンキャスターの6人が総出演することが発表された。 出演するメーンキャスターは八木亜希子、小島奈津子、木佐彩子、高島彩、生野陽子、加藤綾子。 総合司会は明石家さんま。 同局によると、すでにフリーとなった八木、小島、木佐、高島の4人そろっての出演は13年10月の開局55周年特番以来5年半ぶり。 生放送で歴代女性メーンキャスター勢ぞろいは初めてのことだという。 また現在木曜レギュラーのHey!Say!JUMPの伊野尾慧も出演が決定。 「イノ調」スペシャル版も放送される。 94年4月から98年3月まで出演した八木は「めざましテレビが四半世紀も続いているということが感慨深いです。 おめでとうございます」とコメント。 小島は「16年ぶりにめざましテレビに関われることに、感無量です」と感激。 木佐も「私が入社した年にめざましテレビが始まったので、どこか同期のような存在です。 久しぶりにめざましファミリーとワイワイ出来るのを楽しみにしてます」とコメントを寄せた。

次の

「めざましテレビ」歴代女性メインキャスター6人が生放送に総出演!(ザテレビジョン)

めざましテレビ歴代キャスター

めざましテレビとは めざましテレビは朝の情報番組で、平日(5:30~8:00)までの「めざましテレビ」と土曜日(6:00~8:30)の「めざましどようび」の2番組から構成されています。 1994年(平成9年)からスタートして、25年以上続いている人気番組です。 以下略)と苦戦していましたが、その後徐々に上昇していき、2004年2月9日放送分で初めて時間帯民放1位を獲得しています。 時は流れ、昨今は2018年から2年連続で同時間帯視聴率で1位を獲得。 数ある朝の情報番組の中で一番人気をキープしているのはすごいことですよね。 めざましテレビの現在のアナウンサーは。 出典: 現在のめざましテレビのアナウンサーは、以下の通りです。 出演者(めざましテレビ) 【メインキャスター】 【キャスター】 【木曜パーソナリティ】 伊野尾慧さん(Hey! Say! JUMP) 【お天気】 出演者(めざましどようび) 【メインキャスター】 【情報】 【スポーツ】 【エンタメ】 【天気】 【ニュース】 豪華すぎる!歴代のめざましテレビアナウンサー ここからは歴代のアナウンサーを振り返っていきましょう。 男性アナウンサー (初代)大塚範一さん 1994年4月1日の初回放送から、2011年11月1日の放送まで、メインキャスターを担当しました。 「めざましテレビと言ったら大塚さん」とのイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか?独特の優しい表情はいつまでの記憶に残り続けます。 急性リンパ性白血病の治療のため番組を休養し、2012年3月に同番組を正式に降板。 その後は治療に励んでいます。 耐えて、咲く 2011年11月〜2012年3月までの4ヶ月間メインキャスターを務めました。 愛称は「アミーゴ伊藤」または単に「アミーゴ」。 「アミーゴ伊藤」の前は「チェックマン伊藤」で「チェッキー」とも呼ばれていたこともあるとか。 めざましテレビを卒業後は報道番組のキャスターなどを歴任されました。 2020年現在はとくダネに出演中です。 2012年4月からめざましテレビのメインキャスターに。 2020年現在もメインキャスターを継続しています。 めざましテレビに出演する前はスポーツ実況、競馬実況を行ってました。 スポーツアナウンサーとしては競馬の他にもプロ野球、F1、格闘技、バレーボール、全日本女子プロレス中継など幅広く実況を担当されています。 「鑑賞」が趣味で、アニメは週に20~30本、ドラマ:週に15本程度、ライブ:アニソンシンガーを中心に年間40本参戦しているそうです。 女性アナウンサー 1994年の番組開始時に女性メインキャスターとなったのが八木亜希子さん。 1997年3月までメインキャスターを務めました。 めざましテレビのキャスターを卒業してからは、フォニックスに所属しフリーアナウンサーとして活動されています。 1997年3月〜2003年3月までめざましテレビを担当しました。 6年間という担当期間はめざましテレビ女性メインキャスターとしては史上2番目に長い期間です。 「なっちゃん」の愛称で、お茶の間の人気者になりました。 現在はフリーアナウンサーとして、TBS系列の「噂の東京マガジン」などに出演されています。 (3代目)木佐彩子さん 1998年3月〜1999年3月までの1年間曜日限定のメインキャスターを務めました。 とてもチャーミングな笑顔が印象的で、木佐さんが出演されていると見ているこっちまで元気になってしまう不思議な魅力を感じさせてくれました。 2000年に当時ヤクルトの選手だった石井和久氏と結婚。 番組卒業後はフリーアナウンサーとして活動しています。 現在は「木佐彩子ののほほんブログ」を公開していて、色々な話題を提供されています。 2003年3月〜2010年10月まで7年半めざましテレビを担当しました。 この担当期間はめざましテレビの女性キャスターとしては最も長い期間です。 「アヤパン」との愛称で男女問わず、様々な年代からの人気が高かったのも印象的です。 めざましテレビ卒業後の2010年12月にフリーアナウンサーとなり、その後はフジテレビ以外のテレビ局への出演も果たしています。 2011年にゆずの北川悠仁さんと結婚し、現在2児の母。 現在はテレビ朝日系列のサタデーステーションのMCを担当されています。 2010年10月〜2014年9月までめざましテレビを担当しました。 2014年にフジテレビの中村光宏アナウンサーと結婚し、めざましテレビ内でも取り上げられ、話題となりました。 めざましテレビ卒業後は「有吉くんの正直さんぽ」などのバラエティ番組にも出演されています。 2019年に出産されてから7カ月の育児休暇を得て、仕事に復帰しています。 ママアナウンサーとしても注目されている女性です。 (6代目)加藤綾子さん 2012年4月〜2016年4月までメインキャスターを担当しました。 めざましテレビ卒業後はフリーアナウンサーとして活動し、CM、テレビドラマ、女優など多方面で活躍されています。 2020年現在は、同系列番組「Live News it! 」のメインキャスターを担当。 また、インスタグラムでは色々な情報をオープンに公開しています。 2016年4月からめざましテレビのメインキャスターを担当しています。 父は元プロサッカー選手の永島昭浩さん。 お父様は日本代表にも選ばれたことのある日本を代表する点取り屋でした。 優美さんはとてもしっかりとした印象で、放送中に原稿を噛んでしまったり慌てて大きな失敗したりしたようなことは記憶にありません。 趣味はジムで筋力トレーニングだそうで、親譲りのスポーツDNAがしっかりと受け継がれています。 まとめ 改めて歴代のアナウンサーの方を振り返ってみると、「情報だけでなく、私たちに元気を届けてくれていたんだな・・」と感謝の気持ちでいっぱいになります。 現代はネット社会で「若者のテレビ離れ」が進み、テレビの在り方が大きく変わろうとしています。 アナウンサーの方のより一層のご活躍を願うと共に、めざましテレビの変化にも目が離せません。

次の