お 小遣い。 中学生、高校生のお小遣いの平均は月いくら?若年層のお小遣い調査!

ズバリ!パパのお小遣いはいくらですか?本当は気になるけど聞きづらいお金の話 [ママリ]

お 小遣い

中学生のお小遣いの平均金額・相場はいくら? 中学生のお小遣いの平均金額について、「」によると、中学生のひと月のお小遣いの平均金額は「 2,536円」となっています。 中学生のお小遣い金額相場については、株式会社ドゥ・ハウスが中学生113人に実施した「子供のお小遣いに関する調査」によると、中学生のお小遣いの金額は以下のようになっています。 金額 割合 100円未満 0. この結果から、全体の 8割近くを占める1,000~5,000円くらいが中学生のお小遣い相場と言えそうです。 また、お小遣いの金額の決め方は、子供と話し合って決めたという人が55. 家庭内のことなので子供が小さいころのようにママ友同士の会話や周囲の状況などから判断するのではなく、家庭ごとのルールを決めて渡していることが分かります。 中学生のお小遣い事情 株式会社ドゥ・ハウスが実施した「子供のお小遣いに関する調査結果」では、小中学生の子供を持つ親を対象にした、お小遣いに関する興味深いアンケート結果が報告されています。 中学生でお小遣いをあげている親は、全体の68. 7%と約7割の人がお小遣いをあげていることが分かりました。 部活動など、小学生のころとは子供の行動パターンも変化し、お小遣いをあげる家庭が多くなるといえます。 反対にお小遣いをあげていない親は29. 必要なものは親が購入しているというケースです。 部活動や習い事、生活環境などによって、各家庭で最適な方法を見つけているのでしょう。 中学生のお小遣いのあげ方 中学生のお小遣いのあげ方は、月々いくらという定額制と必要なときに渡すという都度制の2種類に分かれます。 定額制は47. 4%となっており、月々いくらという金額を決めて、渡している親が多いことが分かりました。 中には定額制でありながら何か必要なときには都度渡すという家庭も10. どちらのあげ方を選択するのかは、各家庭で話し合う必要がありそうです。 中学生のお小遣いの使い道 中学生になると、子供のお小遣いの使い道も多様化します。 ジュースやお菓子などの飲食代• 友達と出かけるときの交通費• 漫画などの書籍代• ゲームの代金• 友達への誕生日プレゼント などに使われているという結果が出ています。 小学校のころにはあまりなかった友達がらみの使い道が増え、かなりのウェイトを占めるようになっています。

次の

旦那のお小遣い平均は?40代の場合のお小遣い相場はいくら?

お 小遣い

Contents• お小遣いはいつから渡してる? みなさんのご家庭では お子さんへのお小遣いはどうされていますか? 小さいうちは親が管理をしていても 小学生にもなると、自分でお菓子を買ったり 子供だけで遊びに出かけたりと 親のいない所でお金を使うシーンも出てくる事でしょう。 そういう状況から 一般的には、小学1年生ぐらい(5〜6歳)ぐらいから お小遣い制度を始められるご家庭が多いようですね。 お小遣い帳を付けてみよう! さて、お小遣いを渡すようになったら 「お小遣い帳」を付けるように勧めてみましょう。 お小遣い帳を付けることは、お子さんにとって とても良い 「お金の教育」 になる事、間違いなし! 初めのうちは、親子で取り組んで 徐々に一人で付けられるように指導しましょう。 お小遣い帳の無料ダウンロードについては 本文最後に記載しておりますので、ぜひご利用くださいませ。 お小遣い帳を付ける4つメリットとは? 少し面倒だけど始めさせてみようか迷っている・・という方 お小遣い帳を付ける 4つのメリット を挙げてみました。 お小遣い帳に記録していくことで 自分自身が今 ・何円持っていて ・何に何円使って ・何円残っているか が一目で把握できるようになり お金の管理が上手にできるようになります。 日頃からお金の管理ができていれば 「自分がいくらお金を持っているか分からない」 「何にお金を使ったか分からない」 といった事態を防ぐことができます。 どうしても欲しいものがあっても 手元にお金がないとしたら、買うことはできません。 そして、欲しいものを買うためには 次のお小遣いの日まで我慢しなければなりません。 このように 「我慢する」 事が 子供の自制心を育ててくれます。 この自制心が育っていないと 我慢できない=借金をしても買う という 事態になりかねないので しっかりと我慢することも学ばせましょう。 誰でも無駄遣いをしてしまった事ってありますよね。 必要なかったのに買ってしまった・・。 勢いで買ったけど、そんなに欲しくなかったかも・・? と後悔された経験があると思います。 でも その経験も大切なこと です。 その経験を生かして 「なぜ無駄使いをしてしまったのか」 「どうしたら次は無駄遣いしないか」 と、その失敗から原因と改善策を考える必要があります。 その際に、役立つのがお小遣い帳。 お金の管理を始めると、お金貯まっていくことも 実感できるようになります。 お金が貯まることで、自分の1ヶ月のお小遣いでは 買うことできなかったものや 体験などができるようになります。 お小遣い帳を付けることで 「目標」(欲しいものを手にいれる) ができ それに向けて 「努力」(我慢したり、お小遣いを増やす) することを 学ぶことができます。 お小遣い帳で金銭感覚を養おう! このように、お小遣い帳を付けることで これだけのメリットがあります。 子供の頃から「お金」の事としっかり向き合い 大人になって困ることがないように しっかりと金銭感覚を養い 指導していくことはとても大切な教育だと思います。 お小遣い帳を無料でダウンロードしよう! 今回、お小遣い帳の記事を書くにあたって 評価欄のあるものが、見つかりませんでしたので オリジナルお小遣い帳を作ってみました。 出来るだけシンプルに、かつ 買い物の評価ができるように「ひょうか」欄を付けています。 表紙の名前欄には、名前を書く事で 「自分のもの」と認識できるので、ぜひ記入させましょう。 空白部分に絵を描いても良いですね。 1ページあたり、17件(見開き34件)まで記入できます。 お色はピンクとブルーお好きな方をご使用ください。 日付、内訳、入金、出金、残高、評価 を記入できるようにしました。 背面には使用開始日と使用終了日を記入できます。 (実際は無地です).

次の

旦那のお小遣い平均は?40代の場合のお小遣い相場はいくら?

お 小遣い

共通の家計では、家賃や水道光熱費などの固定費や家での食事の材料などの購入を賄っています。 家計へ入れるお金は定額制で、残りは自由に使えるお金ですので、お互いにストレスがなく、一見理想的なルールのように見えます。 しかし、自由に使えるお金をお互いに干渉しないことで、あまり考えずにお金を使ってしまったり、衝動買いをしすぎてしまったりということが起こります。 山田さんの場合、自由に使えるお金の中の「お小遣い」と「共通口座以外の家計費」の線引きがあいまいなままでした。 最新の便利家電を買ったり、洋服や靴を買ったり、ふたりで夕食を外食したり…というお金は、お互いに「お小遣い」というより「必要経費」というような、ぼんやりしたルール。 いわゆる「どんぶり勘定」となっていました。 結果、 気がついたらお互いに貯金がまったくできていない…ということになってしまいました。 そろそろ子どもを持ちたいと考えているので、お小遣いのルール、このままじゃいけないと思い始めています。 山田家のお小遣いルールを改善するヒント: ・お小遣いの定義自体があいまいであることが問題 ・夫婦でお互いの懐事情をオープンにすることがカギ ・妻が専業主婦の鈴木家のケース では、専業主婦の鈴木さん 仮 のケースをみてみましょう 図表4。 鈴木さんの夫は、お給料の全額を、家計管理をされている妻にいったん全額渡します。 妻は、毎月そこから「家計用」「貯金用」のお金を分別し、お小遣いも決まった金額をそれぞれ取り分けています。 妻はやりくりをしっかりしているつもりでしたが、子どもが産まれてからは家計がちょっとずつ苦しくなり、貯金額を維持するため、夫のお小遣いを減らそうかと考えていますが、言い出すタイミングがなかなかありません。 一方夫のほうは、会社での付き合いなども増え、できればお小遣いをアップしてほしいと思っているようです。 このまま、妻から一方的に「お小遣いを減らす」と言い出したら、きっとケンカになってしまうでしょう。 鈴木家のルールを改善するヒント: ・家計のやりくりがもう少し改善できないか ・将来に向けての貯金の方法を工夫できないか ・お互いが幸せなお小遣いルールの決め方 ・お小遣いに黄金ルールはあるか 2つの家庭の例から分かるように、お小遣いの金額の大小は、お小遣いの範囲の認識の違いや、家計の管理の方法によって違うので、 それぞれの世帯を一律に比較するのが難しいという事情があるというのが筆者の考えです。 前述のアンケートで、妻が働いているかいないかがお小遣いの金額に明確に反映されていないのは、こんな理由もあるのではないでしょうか。 お小遣いのルールは、絶対的なものはありません。 夫婦それぞれの生活パターンや考え方、生まれ育った環境などが複雑に影響していますから、当然です。 でも、お互いが納得いくルールを作るコツはあります。 その内容については後述します。 ちなみに:「お給料の全額を家庭に入れている」男性は3人に2人 さて、最後に、夫婦で納得できるお小遣いのルールを決めておくためのコツをいくつか考えます。 お小遣いのルールを曖昧なままにしておくと、お互いの不満につながってしまいがちですし、貯金ができないからという理由だけでまずお小遣いを減らそうと考えるのは、夫婦関係悪化の原因となってしまいます。 ポイントをおさえたうえで、自分たちにとってはどんなルールがベストなのか、考えてみてくださいね。 ・ポイント 1 :いちばん大切なのは、夫婦のオープンコミュニケーション ベストなお小遣いルールを選ぶには、夫婦でお金のことについてオープンに話し合える関係でいることが大前提です。 センシティブなことですので難しい面もあるかもしれませんが、生涯のイベントを共に過ごすパートナーと同じ価値観を持つためにも、円満な関係を続けるためにも、必要なことです。 お互いに忙しくてゆっくり話す時間がとれないという人も、いちばん大切なことですから、ぜひ時間を作りましょう。 ちなみに、これは「ヘソクリをしてはいけない」ということではありません。 その辺はうまくマイルールを作ってくださいね。 ・ポイント 2 :お小遣いの範囲をきちんと決めましょう 携帯電話の料金やランチ代、交際費など、お互いのお小遣いでやりくりする範囲は、きちんと合意しておきましょう。 お小遣いといっておきながら、ここが曖昧になってしまうケースは実はとても多いです。 また、買い忘れた夕食の食材の買い物を夫にお願いしたときには、後で共通の財布からお金を渡す、などの細かい配慮を忘れないこともお小遣い制をスムーズにするためのコツです。 ・ポイント 3 :使い道は干渉しない お小遣い制を円満に運用するために一番大切なルールは、「使い道に口を出さないこと」です。 夫の趣味やセンスにひと言いいたくなる気持ちはよーーーく分かりますが、そこはぐっとガマン。 お小遣いなのですから、お互いに楽しく自由に使いましょう。 ・ポイント 4 :「お小遣い制」自体を嫌がる夫の場合は 「お小遣い制」という言葉自体に拒否感を感じる男性は、一定数います。 『自分が稼いできたお金を全額召し上げられてお小遣いをもらうなんて我慢ならん!!意味が分からない!!』 …という気持ちがあるのでしょう。 まずはその気持ちを理解するようにします。 そのうえで、お互いに妥協できる方法を決めましょう。 このタイプの夫は、家計のやりくりは「一定額を家計に入れる」方法を好みます。 ですから、夫が好む方法を採用しつつも、お互いの懐事情、つまり貯金残高などはオープンにして、いつでも家庭全体のお金の状況が把握できるようにしておくことが理想的です。 ・ポイント 5 :「貯金のためにお小遣いを減らす」はNG 子どもの将来のため、自分の老後のために、貯金したいけれど、ちょっと家計が苦しい…となった場合、あなたはどうやって貯金する金額を増やそうと考えますか? まずは夫や自分のお小遣いを減らしますか? 実は、 「貯金をするためにお小遣いを減らす」は、ファイナンシャル・プランナーの立場からみてもまったくおすすめしません。 やむなく減らすという苦渋の決断をするにしても、優先順位は最後です。 それはなぜか? 夫婦円満のためです。 だってそうですよね。 自分も自由に使えるお金が減るのは嫌です。 お小遣いが減ったことでお互いにガマンが増えたりストレスがたまったりすることで、ケンカにもなりかねません。 ではどうするか。 答えは簡単です。 収入を増やすか、支出を減らすか、どちらか(もしくは両方)です。 収入を増やす方法は、専業主婦やパートの女性でしたら、働く時間を増やせないか、検討してみること。 会社員でしたら、副業やアルバイトが考えられるかもしれません。 月に1万円お小遣いを減らすよりも、月に3万円分働いた方が、効果もメリットもずいぶん大きいはずです。 当面使う予定のない貯金があれば、リスクが少ない方法で投資などにチャレンジしてみるのも一案です。 支出を減らす場合は、 まずお小遣い以外の支出を見直します。 支出の見直しは、まず固定費をチェックするのが王道です。 効果が大きく、手間やストレスが小さいからです。 【お小遣いを減らす前に見直す固定費(例)】 ・住宅ローン ・生命保険料 ・携帯電話代 ・定期購入しているもの ・休みがちな習いごとやスポーツジムなどの自己投資 固定費は一度見直すと、その後は手間がかからずにずっと効果が続くので、忙しい女性には本当におすすめです。 そうはいっても、自分だけで支出の見直しをするのは難しい、という人は、「家計の見直し相談」を行っているファイナンシャル・プランナーなどの専門家の力を借りてみてはいかがでしょうか。 ・ポイント 6 :お小遣いの金額の平均値はあくまで参考にして それから、お小遣いの 金額の決定方法についても触れておきます。 他の家庭の夫がどのくらいの金額の小遣いを使っているか、というのはすごく気になるでしょうから、先述した平均額をお小遣いの金額を決めるときの参考にする人もいるでしょう。 でも、 平均はあくまでも「参考」までにしましょう。 論理的な方法でお小遣いの金額を決めるためにおすすめなのは、「ライフプラン」を作ってみることです。 ライフプランは、住宅費用・子どもにかかる費用・老後のお金などを含めた将来の家計収支をすべて反映させて作るキャッシュフロー表です。 『お小遣い、いくら使っても大丈夫なの?』という疑問に答えるために、とても効果的なツールです。 男性は理屈で責められると弱いので、ライフプランを作って冷静に話し合いをすれば、お小遣いの金額もスムーズに決めることができるでしょう。 ライフプランは、自分でエクセルなどで作ってみてもいいですし、より正確なものを作りたいときはファイナンシャル・プランナーに依頼して作ってもらうとよいでしょう。 ファイナンシャル・プランナーに相談することで、ライフプランを作成するだけでなく、よりよい方向に家計を改善していくためのアドバイスを受けることができますから、お小遣いアップもうまくできる…かもしれません。 shinseibank. pdf.

次の