王 太子 妃 に なんて なり たく ない 小説 家 に な ろう。 悪役令嬢 小説家になろう 作者検索

王太子妃 小説家になろう 作者検索

王 太子 妃 に なんて なり たく ない 小説 家 に な ろう

ランドロール公爵家は、数百年前に王国を大地震の脅威から護った『要の巫女』の子孫として王国に名を残している。 そして15歳になったリシア・ランドロールも一族の慣しに従って『要の巫女』の座を受け継ぐこととなる。 さらに王太子がリシアを婚約者に選 んだことで二人は婚約を結ぶことが決定した。 しかし本物の巫女としての力を持っていたのは初代のみで、それ以降はただ形式上の祈りを捧げる名ばかりの巫女ばかりであった。 それ故に時代とともにランドロール公爵家を敬う者は減っていき、遂に王太子アストラはリシアとの婚約破棄を宣言すると共にランドロール家の爵位を剥奪する事を決定してしまう。 だが彼らは知らなかった。 リシアこそが初代『要の巫女』の生まれ変わりであり、これから王国で発生する大地震を予兆し鎮めていたと言う事実を。 そして「もう私は必要ないんですよね?」と、そっと術を解き、リシアは国を後にする決意をするのだった。 【2020年9月25日 オーバーラップノベルスより販売予定】 現代世界をモチーフにした乙女ゲームの悪役令嬢に転生。 けど、現代世界だからこそ悪役令嬢のスローライフにはいろいろと苦労があって、NAISEIするにも日本近代史と現代経済史とグローバ ル経済が主人公に襲いかかる。 頑張れ悪役令嬢!負けるな悪役令嬢!!ちょっと太平洋戦争に負けたり、バブルが崩壊したり、フィナンシャルクライシスが襲いかかるけど、ちゃんとスローライフを送るために主人公とイケメンを放置して歴史改ざんとマネーウォーズに身を投じる悪役令嬢桂華院瑠奈の奮闘記。 なお、この物語はすべてフィクションであり、偶然の名前や事件の一致等がありましても実在の人物・団体等とは一切関係ありません。 これは恋を失い化け物に成り果てた女が、再び恋をして人に堕ちてゆく物語。 ファンタジーSLG『ザ・ロード・オブ・キング』の世界に飛ばされ、悪戦苦闘と悲恋までつけて私はこの世界に返ってきた。 と、思ったらそのSLGと同じ世界で作られた乙 女ゲーに今度は召喚される羽目に。 「何で私がそんな事を!」 と憤慨する前にその乙女ゲーの設定を思い出して体を震わせる。 『ザ・ロード・オブ・キング』のファンディスクとして作られたそれは、魅力あるキャラクター達の若かりし頃の物語。 という事は、救えるかもしれない。 戦いで散ってしまった最愛の人の命を。 そんな重たい設定背負いながら、悪役令嬢として今日と明日を東奔西走する肉体だけJK 魂は三十路 相良絵梨ことエリーの奮闘記。 syosetu. しかもこの世界が暇つぶしでやっていたアプリの乙女ゲームの世界、さ らには自分が転生したマヘリアは主人公をいじめる悪役令嬢、なおかつ目覚めたタイミングは婚約解消であることを理解する。 最悪なタイミングでの目覚め、もはや御家の没落は回避できない。 しかもこのままでは金で売られてしまう末路。 このままでは人生の破滅まっしぐら! そんなのはごめんと、何とか逃げ出したマヘリアがたどり着いたのは最底辺の墓場と揶揄される炭鉱。 一山当てる為、何より自分が生き残る為、元悪役令嬢は山を掘るのである。 「やっぱ、貧弱な生身の男よりもロボットよねぇ」 ある日の事、ノーザ・アンネリーゼ・アイランディは前世の記憶を思い出す。 それは、この世界が生前に自分がプレイしていた乙女ゲーム「聖光女アイリス~果てしなき愛のロンド~」だということ、そして自 分はゲームの主人公の恋路を邪魔する嫌味なライバルキャラだということ! しかもこのまま放っておいてしまったら、戦争に巻き込まれて死ぬ運命? そんなの絶対に嫌だ! だったら主人公たちと関わらないでひっそりと……それでも死亡フラグは消えない? しかも放っておいたら魔王まで復活して世界が滅びる! この先に待つ悲劇を回避するべく、ノーザが取った行動、それは……「ロボットのパイロットになって強くなるしかないじゃない!」だった!? そう、「聖光女アイリス」は乙女ゲームでありながら、ロボットが存在する世界。 そして、ノーザの前世は恋や愛よりも、ロボットを愛するロボットオタクだったからだ! カクヨムでも投稿を始めました 私は和風ファンタジーな乙女ゲームにハマっているバリバリ帰宅部の現役女子高生! でも、ある日突然、持病が悪化してぶっ倒れ、そのままぽっくり帰らぬ人に!? 目覚めた先はなぜか乙女ゲームの世界で、私の意識が宿ったのはよりにもよって大っ嫌いな悪役令 嬢! しかも、時間軸はゲーム開始時点より前のようで、まだまだ子どもの姿。 ゲームの知識はあっても、悪役令嬢の過去についての知識なんてあるはずもないし、転生先の記憶すらまともに受け継いでいないという始末。 妖怪はびこるなんちゃって和風ファンタジーな世界で、私は強くたくましく生きていくぞと決意を固めるのであった(完) 日記を書くくらいの気軽さとアバウトさで毎日更新しています。 ポテチでもつまみながらどうぞ。 小説家になろう、カクヨム、ノベルアップで更新中 「俺にしろよ。 性別を偽り、代官の息子となった少女。 『魔の森』の秘密を胸に周囲の目を欺き、王国の搾取、戦争、 さまざまな危機を知恵と機転で乗り越えながら、辺境のウィリス村を一国へとのしあげてゆくが……え?ここはゲームの世界で自分はラスボス?突然降りかかる破滅フラグ。 ********************* 読んでいただき、ありがとうございます。 ブクマ・評価、面倒でなければ感想もいただけると大変嬉しいです。 ********************* <11. 13完結予定!!> 彼女が持っていたのは膨大な量の楽譜の記憶だった。 ひょんなことから、自分が乙女ゲーム『秘密のシンデレラと五人のプリンス』の悪役令嬢だと知ったレティシア。 彼女の前世にいったい何があったのか。 なぜ彼女は死んだのか。 そしてレティシアは、破滅を回避できるのか?! 音楽をきっかけに前世と今世が交錯する。 ********************* 読んでいただき、ありがとうございます。 ブクマ・評価、面倒でなければ感想もいただけると大変嬉しいです。 ミステリー風味もこの辺りから。 幕間にヒントが散らばっています。 自分が前々世でプレイした乙女ゲームのヒロインに転生したこと、前世も別の乙女ゲームのヒロインであったこと、そして……前々世からの親友で、前世では悪役令嬢だった彼女を見殺しに したことを。 今世で再び出会った彼女は、また悪役令嬢!? アリスは彼女に幸せになってもらうため、全身全霊でサポートすると決意するが、彼女との身分差で近づくことも容易ではない。 なら、どうすれば? ……そうだ。 騎士になれば彼女の専属として配属されるのも夢じゃない……! はず。 元親友の悪役令嬢に幸せになって欲しいヒロインが、騎士になって彼女をハッピーエンドへ導こうと奮闘する話。 大学の入学式の帰り、米田菜月は友人の山口彩芽とだべっていたところバスに突っ込まれて異世界転生する。 菜月はそこで乙女ゲームの悪役令嬢オリヴィアとなってしまうが、本人は「ゲーム? スマホの落ちゲーならやったことありますが……そんなことより鯖缶 喰いたい」 逆に友人の彩芽の方が入学式の最中にネット小説で悪役令嬢ものばかり読みあさるような強者だった。 しかし、彩芽は悪役令嬢オリヴィアの「お取り巻き」で「血縁」のアメリア。 で正式なエンディングでは親子共々破産して首つりするというコース。 当然、主人公オリヴィアのへっぽこ具合をたたき直してステータス上げに励むアメリア(彩芽)。 どこまでもマイペースなアホ具合をいかんなく発揮するオリヴィア(菜月)。 それに取り囲まれる愉快な仲間達。 作品(キャラ)=作者という訳ではないことをご留意下さい。 小さい頃に聖女候補だったセレナの婚約者は、能力の全てをルックスに全振りしたと評判の第三王子・ソル殿下。 けっこう仲良しの二人だったはずなのに、ある日、セレナは彼に「ざまぁ」して欲しいと頼まれた。 それって……婚約解消!? オッケー、じゃあ見 返りに実家の借金返済よろしくね! とノリノリで引き受けたセレナだったけど、どうやらソル殿下には秘密があるらしく、どうやらセレナが過去に聖女候補だったことも関係するようで……。 不思議な蝶に目を奪われた女子高生の私は、目覚めると十歳の侯爵令嬢になっていた。 しかも私シャノンは、ソシャゲの乙女ゲームで『不死蝶』と呼ばれるネタキャラ!? ストーリーでは完全敵役、イベントでは乱立する死亡フラグ。 なのにイベントの度に運営 都合で復活してはまた死亡フラグの連鎖で…………。 ゲームの始まる入学までにバタフライエフェクトを起こして、なんとしても死亡フラグを回避してやる! けれど、私は周りに愛されるただの女の子で。 どうしてこの子は悪役令嬢になったんだろう? え、ただのモブだった『不死蝶』の従者は実は王子さま? 『不死蝶』はヒロインと同じ能力を持ったチート? イベント潰しのために仲良くなった貴公子たちに婚約を申し込まれるけど、私は同担拒否なんだよ。 しかも王道ヒロイン派! 悪役令嬢に告白なんてしないで! ヒロインから攻略対象強奪なんて、本当に悪役令嬢じゃない!? 私、死亡フラグを折りたかっただけなのにな…………。 *以下にご注意ください。 この物語は人によっては逆ハーと思われるかもしれません。 この物語にざまぁはありません。 書き直しますが、基本的なストーリーに変更はありません。 魔法薬の爆発事故に巻き込まれて前世を思い出した俺は、妹のやっていた乙女ゲームのモブに転生していることに気づく。 一年後には悪の魔法使いによってモブからゾンビに強制ジョブチェンジ。 退学してこの魔法学校から逃げ出そうとしたら、なんと悪役令嬢が前 世の妹だった。 ゾンビも嫌だけどバッドエンドしかない妹を放っておけない。 妹を助けるために攻略対象に近づいたら、なんで俺にフラグが立つの!? 無事? 前世を思い出したら妹は暴走してヒロインをこますし! お前何処まで腐ってんだよ!? *以下にご注意ください この作品は「BL・GL」表現があります。 この作品は「俺たちの戦いは、これからだ!」で終わります。 この作品は男性主人公の一人称です。 書籍版:1~4巻発売中。 コミックス:1巻発売中・WEBにてコミカライズ連載中! 舞台版:2020年9月9日〜9月13日開演決定! 「なぜ、こんなことに……?」 大国ティアムーン帝国の皇女、ミーア・ルーナ・ティアムーンは断頭台 ギロチン の上でつぶやく。 彼女を取り囲む観衆の顔には、例外なく怒りの色があった。 重税に耐えかねた民衆の革命、その手にかかって、ミーアは断頭台で処刑されてしまう。 けれど次に目が覚めた時、彼女はベッドの上に寝ていた。 八年も前、まだ子どもだった頃の姿で……。 一瞬、夢か? と安心しかけるミーアだったのだが、その枕元には彼女自身が綴った血染めの日記帳が転がっていた。 豪奢な皇女の部屋に、ミーアのあられもない悲鳴が響いた。 これは、やり直しの物語。 それほど悪辣ではなかったけれど、他人の痛みにも空腹にも思いを致すことができなくて……それを知った時にはすべてが手遅れだった姫殿下。 過去の自分へと逆行転生した彼女は、血染めの日記帳と自らの記憶をもとに、西へ東へ奔走する。 斜陽の帝国の未来を救うため? 内戦により命を落とす多くの兵士のため? 民衆を飢饉から救うため? 否、彼女の目的はただ一つ。 「すべてはギロチンの運命を回避するために!」 TOブックスさまより書籍化決定いたしました。 comico. その後、書籍化に伴い削除いたしました。 王都で王子の婚約者へのあらゆる嫌がらせの主犯だという濡れ衣を着せられた伯爵令嬢のリーフェ。 証拠不十分で投獄こそされなかったものの、国境付近にある貴人の牢獄とも言える修道院へと連れて行かれることに。 わたし、何もしてないのに? 開き直っ た天然令嬢、散々「魔女」と呼ばれていたことを思い出し、それならいっそと移送中に逃げ出して魔女の家を訪ねた。 しかし生まれ変わったのは主人公でも悪役令嬢でもなく、情報屋のサポート令嬢。 折角だからこの生まれと環境を駆使して、 『この世界の生みの親として、ゲーム主要人物 (うちの子)たちの幸せを見届けなければ!!! 』 ゲームだから実現する、フル攻略後のデータ引継ぎ大団円ストーリー開放。 この世界がセーブロードの無い現実ならば、 『主人公ちゃんの選択出来る人生は一回しかない!=大団円エンドは絶対無理!! 』 ならばその幸せな結末には私が導こうじゃないか!開発者の意地にかけて!! あらゆるフラグをコッソリ回収暗躍し、影日向に奮闘する自分の恋愛そっちのけ愛されサポート令嬢の、皆で幸せになるための徒然日記。

次の

王太子妃になんてなりたくない!! (メリッサ)

王 太子 妃 に なんて なり たく ない 小説 家 に な ろう

タイトル 著 者 月神 サキ イラスト 蔦森 えん 形 態 文庫 レーベル メリッサ 出 版 社 一迅社 王太子妃になりたくない!超攻防バトル 実はタイトルから受ける印象からあまり期待していなかったこちらの作品。 予想外に楽しめました。 とういことで、レビュー開始 始まりは、なろう小説 実はこちらの小説、「なろう小説」と呼ばれるものなんですね。 なろう小説とは、小説投稿サイト「小説家になろう」から出版社に声を掛けられて出版されたという経緯の作品。 最初からプロの作家さんではないんですね。 ということで、ちょっと一般の書籍と比較して独特というか異なる様式のものが多いです。 そのことを念頭において今回の作品をみてみると、なろう系らしい特徴が。 主人公は転生者 前世(現代日本)の記憶を持った人間が主人公 2. 個人的には、2. の複数視点での語り口は、気が散って気になることが多いのですが、今回は、あまり気になりませんでした。 それは何故かというと・・・話の展開というかストーリーのせいでしょうか? 王太子妃になりたくない主人公の逃亡劇 主人公は、現代日本の記憶を持っているリディアナ・フォン・ヴィヴォワール。 王族にも重用されている筆頭公爵家の一人娘。 でも王族と結婚するなんて不本意! 何故なら前世の記憶を思い出してしまうと身分社会に馴染めない。 (王族と結婚するのは面倒) 王族のみに一夫多妻制。 「喜べ。 リディ!ようやくお前の婚約が決まったぞ!」 子の心親知らず。 娘の為に良い縁談をと息巻く父親が嬉々として王太子との婚約を取り付けてきた! さあどうする? となった時の主人公のぶっ飛び加減がこの話のポイントじゃないでしょうか。 追い詰められた主人公が取った作戦(最後の手段)は。 王太子の反応は。 父親、その他周囲の人間の反応は。 主人公目線が少ないぞ? 正直驚いたのが、あれ、これ主人公以外目線の部分が多くない? 体感半分以上が主人公目線じゃないような・・・。 ということで、王太子目線、多いです。 でも、何故か許せちゃったんですよね。 他の作品だとうんざりすることが多いんだけど、何でだろう? 考えると、他者目線によって明かされる事実が多いからじゃないでしょうか。 繰り返しではなく、他者目線によって初めて知らされる真実。 いえ、思惑? あれ?これがこうなってるの?じゃあ次はどうなるの? と、次に向けて意識を向けさせられるからかなと。 さらりと読み流した内容が、後で大きく取り上げられたりするもの意外でした。 ぶっちゃけエロメイン? ぶっちゃけ、エロ要素は多いです。 何故なら主人公がとった行動とそれに対する王太子のごにょごにょごにょ。 一歩間違えると病んでる、いや腹黒だぞ王太子。 でもその攻防が面白いです。 攻防が一息つくのが今作。 最後の最後で突然兄やら幼馴染が出て来て「???」だったのですが、続くのですね。 とりあえず次作を買うのは決定です。 野獣っていうか・・・野獣っていうか? 「野獣」っていう言葉が入ると物凄いエロいお話を想像してしまうのは管理人だけでしょうか? 読み終わった後、思わず遠い目になったのは、「野獣騎士の暴走求愛 18禁的な意味で からの逃げ方 … "野獣騎士の暴走求愛 18禁的な意味で からの逃げ方... バカップルって癒されるよね・・・。 現実のバカップルは、見ていていたたまれないというか目を背けたくなる程見苦しく感じるのですが、小説だと平気どころか和まされるのは何故だろう。 そんなことを考えたのが、「マリエッタ姫の婚礼 … "マリエッタ姫の婚礼~旦那様、素敵すぎます!~... R系の書籍を電子書籍で購入することになってから、本屋に立ち寄ることが減りました。 でも管理人、たまにはR系以外の書籍も読みますから! ということで、久々に立ち寄った本屋でぐるぐると歩きながら積み上げられている書籍を眺めて … "【雑記帳】で、でかっ!心の中で思わず叫ぶ~メリッサ文庫~"... 投稿者 投稿日: カテゴリー , , , 投稿ナビゲーション 検索対象: 検索 人気記事• 最近の投稿• カテゴリー• 1 タグ.

次の

王太子妃になんてなりたくない!! (メリッサ)

王 太子 妃 に なんて なり たく ない 小説 家 に な ろう

「このまま家には帰さない。 覚悟はいいな?」 気づいたら異世界の令嬢でした! 何もないところで転ぶようなドジな伯爵令嬢・リーゼロッテは、領地のお屋敷に閉じこもりで引きこもりな深窓の令嬢生活を送っていた。 使用人たちから『妖精姫』と慕われ る一方、リーゼロッテは『悪魔の令嬢』と噂され!? 日本で生まれ育った知識がありながら、チートなんてみじんも発生する様子もなく、自由度ゼロの毎日に、脳内突っ込みをいれつつ過ごしていたけれど……。 リーゼロッテが十四歳のある日、王城からお茶会の招待状が。 王妃様主催のお茶会だけど、その実、女嫌いの王太子殿下のお見合い大会。 異界の娘リリカへの度重なる言いがかり、立場上、看過できぬ。 そなたは、私の妃に相応しくはない」 「お前には失望したよ、ローズ。 父に代わり、勘当を言い渡そう。 朝には辺境行きの馬車を用意する」 婚約者らしき王子っぽい人の言 葉、どうも兄らしき人物の言葉。 なるほど、と顔に出さずに状況を把握した。 黒髪の少女は、王子の陰にかばわれて怯えている。 王子の取り巻きも、少女を案じた立ち位置だ。 経緯も事情もわからない。 けれど、たった今『わたし』は舞踏会の只中、公衆の面前で婚約破棄と勘当を言い渡された、ということなのだろう。 「そうですか」 着ている衣裳に相応しく、艶やかな笑み見せる。 ここで怯ませなければ役者不足だ。 最初が肝心。 『わたし』は、何より、自分自身の使命のために --乗り移って、成りかわるこの少女の、名誉と、立場を守らなければならない。 よくある悪役令嬢バッドエンド追放後のびのび生活ものは他の人が書いているので、ちょっと変化球を目論んでみました。 婚約破棄のショックで前世を思い出したわこの先の未来知ってます!! ではなく、婚約破棄の現場にうっかり成り代わった憑依型です。 最近あんまりみないような気がするけど、昔流行ったよね憑依型。 どこの畑とは言わないけど心当たりのある人はそっと胸にしまってください。 辺境に追いやられ境界で揉めてる異民族と和解した功績を元に返り咲いて、王都に乗り込んで元婚約者である王太子の不正を暴いて地位から引きずり下ろした異世界の女の子が活躍した(過去形)お話です。 全部描ききるにはスタミナが足りないので、大長編スペクタクルをご期待の方には物足りない仕様となりますのでご了承ください。 それは少し、昔のお話。 産まれた時から決められていた、婚約者。 この国の、王太子となるべく育てられているお方。 エレオリアと、エリオローウェン。 そろいの名前。 彼らが初めて顔を合わせたのは、エレオリアが五歳のとき。 やがて結ばれる日を思って、そ れから10年の時を共に過ごしてきた。 そして、エレオリアは口にする。 「あたしは、王太子妃にはなれない」 だからどうか、婚約を、解消して。 一人きりを望んだ姫君と、それを許さなかった王様のお話。 そちらのネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。 単体でも読めるようなお話にしてありますので、気にされない方はどうぞ「あたしの皇帝陛下様。 」をお楽しみください。 第8回ネット小説大賞、二次通過作品です。 王太子妃候補を選ぶための舞踏会に、伯爵令嬢レミーナは、もう無理、足いたい……と思いながら壁の花となっていた。 王太子であるアルフォンス殿下とは面識もほぼ無いし、どちらかというと庶民的な性格の自分 が婚約者になるはずがないよね。 そう思っていたのに、一晩たったらいつの間にか婚約者になっていて、しかも承諾した記憶もない! え、なにがあったの? どうやら王太子には、レミーナに隠していることがありそうです。 肥前文俊先生主催「第七回書き出し祭り」に参加作品です。 連載するにあたり、タイトルを「謎解きなんてできないし、王太子殿下は苦手なので結婚なんてもっとできません!」から「謎解きなんてできないし、王太子殿下と結婚なんてもっとできません!」に変更しました。 また、冒頭を加筆修正しています。 *不定期更新です。 *無断転載を禁じます。 が、この度、母が再婚することになりました。 お相手は、15歳年下の男性、何とこのお方は、この国の王太子だったのでした!! 前世の記憶を持つ主人公イヴは、前世の職業病(教師)が発 揮され、母を教育したら王太子妃になっちゃった?!王太子妃の連れ子として、お城で暮らすことになったイヴ。 そんなある日、父(王太子)との嘘っぱちスキャンダルが勃発!噂を消すには、私が婚約者を作るしかない?! そして、婚約者候補を探しながら、漠然と今の自分に嫌気がさしてしまった。 そんな宙ぶらりんな自分を変える為、旅に出ることを決意する。 旅に出る為には、婚約者に迷惑を掛けない別れ方が必要だ。 「決めた!私は悪役令嬢(元庶民だけど)になる。 」 金森巡(かなもりめぐり)は生まれた時からなぜか様々な事件に巻き込まれる所謂『巻き込まれ体質』だった。 ある日謎の宗教団体の儀式に巻き込まれ、ポックリ逝った ? 巡は、転生先が人気乙女ゲーム『君と世界樹の下で』の世界だと気づく。 「こ、これ私 の体質的に悪役令嬢とかになって王太子妃争いに巻き込まれるんじゃ…」と危惧した巡であったが、幸運なことに自分は物語の進行に全く関係のないモブキャラだった!! 転生しても相変わらず巻き込まれてはいるものの、自分はモブだからそれなりに幸せに暮らせるはず!と過ごすこと15年。 しかし、いざゲームが開始されると様子がおかしい。 あれ…?ヒロイン、攻略失敗してね?待ってこれってもしかして王国破滅ルート一直線じゃ!?王国が破滅したら…もしかして、私死ぬ!? 精霊国家トップの魔力を持つ聖女ティアラは、王太子マゼランスの妃候補として約束された将来が待っているはずだった。 ある日、空から伝説の聖女クロエが降りてきて、魔力も王太子も奪われ追放される。 時を同じくして追放された幻獣と共に、気ままな旅を 始めることに。 やがて運命は、隣国の公爵との出会いをティアラにもたらす。 * この作品は、アルファポリスさんにも投稿しております。 ショートショート作品として投稿していたもののため、一話あたりの文字数は700文字前後から2000文字前後で調整しております。 * 『正編』は12話までとし、主人公ティアラがジルと結婚するまでのストーリーは『旅行記』として更新します。 ティアラとジルの馴れ初めや、幻獣ポメの種族についてなどを詳しく書いていく予定です。 * 2020年3月20日(金曜日)から週末更新となります。 【本編完結してます】番外編掲載のため一時的に連載中表示。 大陸最大の強国、フィフラル帝国。 そんな帝国の皇帝と正妃の間に生まれた第二皇子ザイルは、傍若無人な人物として知られていた。 しかしそれは、ザイル自身が望み、創り上げた姿であった。 彼は 正妃から生まれた唯一の皇子でありながら、自らが皇帝の器ではなく、兄であり側妃の子である第一皇子、エリルこそが皇帝に相応しいと考えていたから。 二十の年を迎えるある日、最後の悪あがきとしてザイルは逃げるように隣国ラティティリス王国への留学を決める。 どうしても皇帝に認めてもらわねばならなかった。 自分は皇帝には相応しくないということを。 臣籍に降り、エリルの手助けをして生きるという望みを。 そんな時、留学先でラティティリス王国の王太子ランドルの婚約者、ラテルティアに出会う。 兄を皇帝にするために自らは傲慢に振る舞う強国の第二皇子と、『王冠』と呼ばれ婚約者に蔑ろにされる公爵令嬢の、膝枕から始まるほのぼの恋愛小説。 えぶりすたさん、かくよむさんにも投稿中。 ヒーローとヒロインがめでたく結ばれたハッピーエンド後の乙女ゲームの世界。 しかしその幸せの裏に、ある理由のため好感度マックスのままヒロインに選ばれず想いを取り残されたままの攻略対象者たちがいた。 その攻略者の一人で騎士のアランはソフィアと幼馴 染で相思相愛であった。 しかしヒロインに出会い心変わりしてしまった。 ヒロインが他の対象者と結ばれた後も彼女を想い続けるアランと跡継ぎを産むためソフィアはそのまま結婚することになる。 一方でヒロインと結ばれたメインヒーローのアルフォンスに生まれる前から決められていた婚約者がいた。 彼女は生まれる前から決められた結婚から逃げられないと諦めて、幼い頃からそれまで必死に王妃教育を受けていたのだった。 そのため王太子は王太子妃、のちの王妃の執務をさせるためだけに元々の婚約者を側妃として迎える。 一方で同じくヒロインに熱い想いを向けている他の攻略対象者のオズワルドは自身の婚約者を無実の罪で婚約破棄をする事に成功する。 しかしその後彼女は姿を消してしまった。 その後のヒロインの思惑と結婚後のソフィアの幸せの行方、他の攻略対象者に関わった令嬢達の運は・・.

次の