パン 薄力粉 強力粉。 強力粉と薄力粉ってどう違うの?

パン作りにおすすめ!小麦粉(強力粉)の種類と違いを徹底解説

パン 薄力粉 強力粉

小麦粉は使い道によって強力粉と薄力粉を使い分けています。 一般にお菓子作りは薄力粉使用ですが、 カステラ・ドーナツなどは強力粉使用でキメが詰まった、しっとりした食感に仕上がります。 強力粉で作るパンを薄力粉で作るとモチモチではなく、ふんわりしたパンが出来ます。 強力粉ならもっちり感のあるピザができ、薄力粉なら、ふっくらとした柔らかいものができます。 薄力粉と強力粉を混ぜて中力粉の代用にすることは出来ますが、割合は難しく何度か試して代用して下さい。 簡単に代用出来るレシピも有るので参考にして下さい。 薄力粉と強力粉をブレンドするレシピは意外に多くパン・料理などに使用します。 強力粉と薄力粉は 使い分けられている以外の使い道が代用でなくあります。 代用はしなくてはならない時にする様にしましょう。 代用は食感にズレが有り、少しこつが入ります、レシピ通りにしたほうが楽においしく作れます。 クレープ生地• 砂糖:30g• 卵:2個• 牛乳:300ml• バター オリーブオイルOK :10g ヨーグルトクリーム• 水切りヨーグルト 1パック分 :160gくらい• 砂糖:50g• 生クリーム:200ml• レモン汁:小さじ2 サンド用• コンポート いちごなどベリー系 :70g• ゼラチン+水:2g+大さじ1• ココア:適量• ボウルに強力粉・ココアと砂糖を入れて軽く混ぜ,卵と牛乳半量を加えて混ぜてから、残りの牛乳を加えて混ぜます。 熱したフライパンにバターを薄く塗り、おたま1杯弱のクレープの生地を流し、弱火~中火で焼きます。 おたまの背でくるくる~と広げるとキレイに伸びます。 周り フチ が焼けて盛り上がってきたら、フチをフライ返しなどではがし,あとは手で持ち上げながら裏返します。 裏面は20秒弱でOKです。 焼けた生地から重ねて置いて,あら熱がとります。 水切りヨーグルトに砂糖30gを混ぜ,ゼラチン 水にゼラチンを振り入れふやかしたゼラチンをレンジ加熱して溶かし粗熱を取ります を加え混ぜます。 砂糖20gと生クリームを7分立てにして、レモン汁と 3 のクリームに入れ混ぜます。 コンポートにゼラチン(水でふやかしレンジで加熱)を加えて混ぜます。 全体を軽く押さえ形を整えながら、好みの枚数を重ねたら,ラップでしっかり包み、冷蔵庫で冷やします。 仕上げにココアパウダーをふりかけます。 強力粉:160g• 薄力粉:40g• 砂糖:20g• 塩:3g• スキムミルク:7g• ドライイースト:4g• 卵:20g• 仕込み水:110g• バター:20g フィリング• りんごLサイズ:1個 約250g• レモン汁: 小さじ1• 粉砂糖:30g• 18cm丸型にオーブンペーパーを敷いておきます。 HBでバター以外の材料を入れて捏ね始め、10分したらバターを入れます。 第一次発酵終了後、生地を丸めラップまたは濡れ布巾を被せて約20分ベンチタイム。 レーズンはぬるま湯に浸けて戻し、水気を切ります• 手で軽く押さえてガスを抜き、麺棒で生地を約30x20cmに伸ばし、生地の表面にりんご・レーズンをまんべんなく広げて置き、手前からくるくる巻いて、巻き終わりをしっかり閉じます。 閉じた部分を下にして包丁で7等分に切り、切り口を上にして型に入れて、軽く押さえます。 生地を中心に1つ、周りに6つ置きます。 型に隙間が空いても発酵すれば大丈夫です。 ラップまたは濡れ布巾をかけてニ次発酵。 焼き上がったら、少し高い位置から落として、焼き縮みを防ぎます。 取り出してケーキクーラー等にのせて、冷まします。 粉砂糖に少しずつ水を入れ、練り混ぜてアイシングを作り、パンが冷めてから、上からかけます。 無塩バター 常温 :100g• アーモンドスライス:20g• 粉砂糖:20g• アーモンドプードル:60g• 強力粉:60g• 薄力粉:60g• スキムミルク:6g• 塩:ひとつまみ• 粉砂糖 仕上げ用 :適量• フライパンで細かく刻んだアーモンドを炒って軽く色付けます。 常温で柔らかくしたバターを練り、粉砂糖を加えて白っぽく、なめらかになるまで良く練ります。 強力粉・薄力粉・スキムミルク・塩を 2 にふるい入れ、アーモンドプードル・ローストアーモンドも加え入れ、ゴムベラで切りように混ぜます。 網の上で冷ましてから、袋に移し、袋の中で粉砂糖を優しくまぶします。 卵:4個• 砂糖:60g• 強力粉:70g• ホイップクリーム・苺・ブルーベリー・キウイ・ミント・粉砂糖:各適量• 卵を卵黄と卵白に分け、ハンドミキサーで卵白を泡立て、砂糖を数回に分けて加え しっかりしたメレンゲを作ります。 メレンゲができたら溶いた卵黄を少しづつ加えながら混ぜます。 ホイッパーに持ちかえ、強力粉を加えて底から空気を含ませるように混ぜます。 17cmシフォン型に流し入れ、型の中央を押さえ、全体を持ち上げて数回落として空気を抜きます。 焼けたらコップ等の上に型ごと逆さまにし、生地を冷まします。 ナイフや手で型から外します。 6等分に切り、一切れづつ内側の真ん中に切れ目を入れてホイップと好みのフルーツをサンドします。 お皿に盛り付け粉砂糖を振ってミントを飾り完成です。 強力粉:200g• 薄力粉:50g• 砂糖:20g• 塩:3g• ドライイースト:5g• オリーブオイル:20g• ドライイーストと塩は離して材料全てをボウルに入れて、手で全体を混ぜ合わせます。 粉っぽさがなくなり、生地がまとまったら、オーブンシートの上に生地をだして、手の平で生地を押すようにのばし、折りたたむ作業を繰り返します。 生地を休ませている間にピザソース・トッピングを準備をします。 打ち粉をしたオーブンシートの上で生地を軽く押さえて空気抜き、平らにしてから、直径24cmを3枚分伸ばしていきます。 生地のふちが高くなるよう、周り1cmほど内側を指で押さえて耳を作ります。 オリーブオイル分量外を薄く塗り、ピザソースを塗り、好みのトッピングをします。 生地の周りのふちがほどよく色付いたら出来上がりです。 日本人の主食と言えば、お米ですが、小麦粉の需要も多く1年間小麦消費量は33kg、米は55kgです。 応用範囲も広く小麦粉は 食生活に欠かせない食材のひとつです。 小麦を粉にしたら小麦粉はタイプ(種類)とグレード(等級)で分類されています。 通常は小麦粉と言うと、料理に使用することの多い薄力粉のイメージですが、 強力粉と薄力粉の性質を知って、 上手に使い分ける事が出来れば料理のバリエーションが広がり、毎日の食事がを美味しく楽しめます。 クッキー・ドーナツ・パンケーキ・クレープなどのお菓子が強力粉で作れます。 唐揚げを強力粉で作ったり、パン作りに強力粉と薄力粉をブレンドなどのアレンジするなど、強力粉を毎日の料理に活用して下さい。

次の

強力粉と薄力粉の違いは?使い道やパン以外のおすすめの絶品料理やレシピにも!

パン 薄力粉 強力粉

小麦粉の種類は3種類あります 小麦粉は大きく分けると3種類あります。 それは先ほどの質問にもあったように• 強力粉• 中力粉• 薄力粉 この3種類です。 実は他にも「超強力粉」とか「準強力粉」とか細かい区分けもあるんですが大きく分けると3種類です。 この3種類の小麦粉は一体何が違うかと言うと 小麦粉に含まれているたんぱく質の量 が違います。 たんぱく質が〇〇%以上は強力粉みたいな分け方ですね。 数字は全く覚える必要ないので置いておいて、このたんぱく質の量が 強力粉>中力粉>薄力粉 となっています。 強力粉が一番たんぱく質が多く入っていて、薄力粉が一番少ないんですね。 このたんぱく質はパン生地を捏ねるとできる 「グルテン」というものと関係していて、グルテンがたくさんできた方がパンはふわっと焼き上がります。 反対にグルテンの量が少ないとあまり膨らみません。 パンには主に強力粉と中力粉を使います 先ほども書きましたが たんぱく質が多い=グルテンがたくさんできる=パンがふわっと膨らむ という関係になっています。 なので、 多くのパンは強力粉で作ります。 パン作りで強力粉を使うのはこういった理由があるからなんです。 ふわっと焼き上げたいパン、例えば• 食パン• 菓子パン• 焼き込み調理パン• 食事パン などは強力粉を使って作るとふわっと美味しく焼きあがりますよ。 パンの中にはふわっと膨らみ過ぎてしまうと美味しくなくなるものがあります。 それはどんなパンかと言うと• フランスパン• カンパーニュ などのパンです。 これらのパンは外側はパリっと、内側はしっとりもちもちとしていた方が美味しいですよね。 ではこれらのパンはどんな小麦粉を使うかと言うと 中力粉を使います。 強力粉と薄力粉の中間のたんぱく質量を持った小麦粉ですね。 ちなみに薄力粉のみでパンを作ることはほとんどありません。 薄力粉はたんぱく質量が少ないためグルテンがあまりできず、更に水もあまり吸わないのでどっしりガチガチのパンになってしまいます。 では全く使わないのかというとそうではなく、配合の一部に薄力粉を使うことがあります。 代表的な強力粉 日清製粉の 「カメリヤ」は一番スタンダードな強力粉です。 強力粉で迷ったらこれを選んでおけば間違いないですね。 カメリヤよりも1ランク上の 「スーパーカメリヤ」という強力粉もあります。 最初は違いがよく分からないかもしれませんが、こちらを選んだ方がふっくらとしたパンを作ることが出来ます。 金額の差はわずかなのでスーパーカメリヤの方がお得かもしれませんね。

次の

強力粉と薄力粉の違いは?使い道やパン以外のおすすめの絶品料理やレシピにも!

パン 薄力粉 強力粉

スポンサードリンク 強力粉と薄力粉を混ぜるとどうなるのか? 強力粉と薄力粉を混ぜてパンを作ると、 強力粉だけで作るよりも軽いパンに仕上がります。 強力粉だけでパンを作ると、 グルテンが多いので弾力のあるパンに仕上がります。 薄力粉だけで作ると、 こちらはグルテンが少ないので少し固めのパンになります。 パンは、強力粉が多いほどふんわり膨らんで柔らかく仕上がり、 薄力粉が多いほど膨らみが小さく少し固めな感じになります。 ケーキや菓子などは、イースト菌で発酵させないので、 強力粉を使うと固くなり薄力粉を使うと柔らかく仕上がります。 小麦粉は「小麦たんぱく」の含有量が多ければ多いほど、 こねた時にグルテンがたくさん出来て弾力のある生地になります。 小麦たんぱくの量は薄力粉は少なく、 強力粉は多く含んでいます。 強力粉だけで作ったパン生地は グルテンがたくさん出来ることで伸びが良くなり、 イースト菌が出すガスを含んでふわっと大きく膨らみます。 強力粉でケーキの生地を作るとグルテンがたくさん出来るので、 膨らみにくく焼き上がりが固くなります。 薄力粉だけでパン生地を作ると、グルテンが出来にくく生地の伸び良くないので、 イースト菌が出すガスをうまく含みきれずガスが抜けてしまいます。 なので、膨らみの少ないどっしりしたパンが出来上がります。 薄力粉だけでケーキの生地を作ると、グルテンも粘りもあまり出ないので、 膨らみやすく焼き上がりも柔らかく出来上がります。 スポンサードリンク パンを作る際の薄力粉と強力粉の比率について 食パンの場合は 強力粉:薄力粉の割合が 「1:1」で作る と 外側はパリっとしていて、中はちょうど良い感じにモチっとした 感じに出来上がりました。 けっこう、しっかりした噛みごたえがありました。 おいしかったですよ。 菓子パンの場合は 強力粉:薄力粉の割合が 「7:3」「6:4」くらいで作る と ほどよく、ふんわりした食感になりました。 バターロールなど、 あまりふわふわしすぎず、サックリ噛み切れるほうが良い場合は 強力粉:薄力粉の割合が 「8:2」くらいで作ると 良いと思います。 また、食感の違いはバターの量などでも違ってくると思います。 <簡単>薄力粉だけで作るパン (10個分) 【材料】 薄力粉 カップ2 ベーキングパウダー 小さじ2 バター 20g カッテージチーズ 100g 牛乳 60cc レーズン 60g 【作り方】 (1)薄力粉とベーキングパウダーをボウルに入れてよく混ぜ合わせます。 (2)柔らかくしたバターをちぎって加えます。 粉の中でバターを手でこすりあわせて細かくします。 (2)カッテージチーズ、牛乳、レーズンの順に加え、その都度よく混ぜ合わせます。 (3)よくこねたら、ひと固まりにしてラップに包んで30分冷蔵庫で休ませます。 (4)30cmくらいの円形に伸ばし、放射線状に10等分にします。 一度丸めて長方形に伸ばし縦半分に切ります。 縦半分に切った2本をねじって合わせます。 (5)180度に予熱しておいたオーブンで12分焼いて出来上がりです。 (オーブンにより違うので時間は調節してくださいね) ベーキングパウダーを使用するので発酵いらずで簡単に出来ますよ。 しっとりとしていて、おいしいですよ。 まとめ どのくらいの食感に仕上げたいかで、 強力粉と薄力粉の割合を変えて使うと良いと思います。 ふんわり膨らんだ柔らかいパンを作る時は強力粉を使い、 膨らみすぎず歯ごたえのあるパンを作るときは 薄力粉の割合を増やすと良いでしょう。 参考になれば嬉しいです。

次の