作業手袋。 軽作業手袋|PRODUCTS|おたふく手袋株式会社

軽作業手袋|PRODUCTS|おたふく手袋株式会社

作業手袋

農作業をすると手が荒れるので、手袋をしますね。 しかし、お店に行っても種類が多すぎてどれを買えばよいか分からないですよね。 そこで、今回は私が実際に使っているおすすめの手袋5種類を紹介します。 これらが揃っていれば、ほとんどの作業が行えます! また、分かりやすいように手袋の薄さ順で紹介します! 1、使い捨てのビニール手袋 よくある使ったら捨てられるビニール手袋です。 1箱50枚入りくらいで売っています。 細かい作業で手袋をしていると上手くできない、だけど、素手でやると手が荒れてしまう、という時におすすめの手袋です。 また、手袋がとても汚れるから使ったら捨てた方がいいという時に使います。 私の場合、花豆の竹縛りやトマトの作業で使いました。 2、薄手の手袋 生地がが薄いためフィット感に優れています。 そのため細かな作業にも適しています。 また、薄手のため通気性にも優れていて夏場の作業などに良いと思います。 ・ピッタリ背抜き手袋 3、天然ゴム薄手背抜き手袋 前出した2の手袋よりは少し厚手ですが、そこまで厚手ではないため指先を使う作業に適しています。 また、ゴムが手のひらの面にコーティングされているため、滑りにくくなっています。 また、ハサミを使ったりモノを握る作業では、手の平への負担を和らげます。 ・ライトグリップ ・天然ゴム背抜き手袋 ・匠の手 天然ゴム薄手背抜き 4、テムレス 防水性の手袋です。 ゴム手袋でもよいと思いますが、この商品の方がフィット感はあります。 セルトレイを洗う時や、雨の日の作業の時はやはり防水性の手袋の方が良いです。 最初は良いかもしれませんが、濡れたまま作業していると手から冷えて体温が下がります。 また、この手袋は透湿性にも優れており、汗などの湿気を手袋の外部に放出します。 普通のゴム手袋だと手袋の中がムレてしまうのでこれは嬉しい機能です。 ・テムレス 5、グリップ 手の平の面に天然ゴムがコーティングされている手袋です。 少し厚手のため、細かい作業が少しやりづらいですが、反対にモノをもつ作業や、モノを引っ張る作業などの力がいる作業をするときに使うと便利です。 私が、大学の時に教授に紹介された手袋がこれでした。 実際に今まで行った多くの農家さん達も使っていました。 ・グリップ まとめ 以上、農作業用手袋おすすめ5選でした。 手袋は色々ありますが、総合して言えることが2つあります。 1つ目が、手袋が薄い方が細かい作業ができる。 紐を縛る、定植、草抜き、種まきなど。 しかし、デメリットとしては握るなどの作業では手に負担がかかる。 2つ目に、反対に手袋が厚い方がモノを持つ作業や握る作業にむいている。 モノを持つ、引っ張る、ハサミを使うなど。 しかし、デメリットとしては細かい作業がやりづらい。 と、いうことが言えます。 それぞれの作業に合った手袋を選んで使ってみて下さい。 仕事の効率が上がります。 また、モノを握る作業で薄い手袋を使っていると手の平への負担が大きく腱鞘炎になりやすくもなるので、 無理して使うのは避けた方が良いです。

次の

作業用保護手袋の種類と特徴をチェック!

作業手袋

農作業をすると手が荒れるので、手袋をしますね。 しかし、お店に行っても種類が多すぎてどれを買えばよいか分からないですよね。 そこで、今回は私が実際に使っているおすすめの手袋5種類を紹介します。 これらが揃っていれば、ほとんどの作業が行えます! また、分かりやすいように手袋の薄さ順で紹介します! 1、使い捨てのビニール手袋 よくある使ったら捨てられるビニール手袋です。 1箱50枚入りくらいで売っています。 細かい作業で手袋をしていると上手くできない、だけど、素手でやると手が荒れてしまう、という時におすすめの手袋です。 また、手袋がとても汚れるから使ったら捨てた方がいいという時に使います。 私の場合、花豆の竹縛りやトマトの作業で使いました。 2、薄手の手袋 生地がが薄いためフィット感に優れています。 そのため細かな作業にも適しています。 また、薄手のため通気性にも優れていて夏場の作業などに良いと思います。 ・ピッタリ背抜き手袋 3、天然ゴム薄手背抜き手袋 前出した2の手袋よりは少し厚手ですが、そこまで厚手ではないため指先を使う作業に適しています。 また、ゴムが手のひらの面にコーティングされているため、滑りにくくなっています。 また、ハサミを使ったりモノを握る作業では、手の平への負担を和らげます。 ・ライトグリップ ・天然ゴム背抜き手袋 ・匠の手 天然ゴム薄手背抜き 4、テムレス 防水性の手袋です。 ゴム手袋でもよいと思いますが、この商品の方がフィット感はあります。 セルトレイを洗う時や、雨の日の作業の時はやはり防水性の手袋の方が良いです。 最初は良いかもしれませんが、濡れたまま作業していると手から冷えて体温が下がります。 また、この手袋は透湿性にも優れており、汗などの湿気を手袋の外部に放出します。 普通のゴム手袋だと手袋の中がムレてしまうのでこれは嬉しい機能です。 ・テムレス 5、グリップ 手の平の面に天然ゴムがコーティングされている手袋です。 少し厚手のため、細かい作業が少しやりづらいですが、反対にモノをもつ作業や、モノを引っ張る作業などの力がいる作業をするときに使うと便利です。 私が、大学の時に教授に紹介された手袋がこれでした。 実際に今まで行った多くの農家さん達も使っていました。 ・グリップ まとめ 以上、農作業用手袋おすすめ5選でした。 手袋は色々ありますが、総合して言えることが2つあります。 1つ目が、手袋が薄い方が細かい作業ができる。 紐を縛る、定植、草抜き、種まきなど。 しかし、デメリットとしては握るなどの作業では手に負担がかかる。 2つ目に、反対に手袋が厚い方がモノを持つ作業や握る作業にむいている。 モノを持つ、引っ張る、ハサミを使うなど。 しかし、デメリットとしては細かい作業がやりづらい。 と、いうことが言えます。 それぞれの作業に合った手袋を選んで使ってみて下さい。 仕事の効率が上がります。 また、モノを握る作業で薄い手袋を使っていると手の平への負担が大きく腱鞘炎になりやすくもなるので、 無理して使うのは避けた方が良いです。

次の

軽作業手袋|PRODUCTS|おたふく手袋株式会社

作業手袋

レビュー: 45 【特長】特殊スベリ止め マイクロフィニッシュ 加工を施しており、油をともなう作業でも高いグリップ性能を発揮します。 ニトリルゴムをコーティングしているため、油や突き刺し、引っ掻きに強く、耐摩耗性に優れています。 手のひら側のニトリルゴムは二重コーティングですので、油の浸透を防止します。 背抜きコーティングのため手にピッタリとフィットし、通気性にも優れています。 13ゲージの薄手タイプで、細かな作業にも適しています。 【用途】金属部品加工、機械オペレーション、機械部品製造組み立て。 土木建築、運搬作業、農業など。 【材質】ニトリルゴム 裏編手 ナイロン【厚さ mm 】約1. 伸縮性があり、やわらかく手にフィットするため、長時間の作業にも適しています。 食品加工などの食品に直接触れる作業でもお使いいただけます。 脱ぎはめしやすくするため、内面に加工を施しています。 厚さ0. 13mmの厚手タイプの為、突き刺しやひっかけに強く、破れにくいです。 【用途】農業、水産・漁業、清掃・サービス業、食品加工業、精密機械工業、機械工業、自動車関連業、石油・化学工業、介護・福祉業【粉有無】粉無【規格】食品衛生法適合品【材質】ニトリルゴム【厚さ mm 】0. 指の形状を細身に仕上げていますので、指にぴったりフィットし、細やかな作業が出来ます。 長繊維のウーリーナイロンを採用した、手袋自体からのホコリが発生しにくい低発塵性手袋です。 ナイロン製の精密作業手袋より吸水性、耐摩耗性が劣り、静電気も帯びやすいが安価なポリエステル製の手袋です。 フィット性も良く安価にお使いいただける手袋です。 手の平全面ににポリウレタンコーティングしており、しっかりと物を掴め、耐久性もあります。 手のひら全体にコーティングしている関係上、若干コーティングなしのものよりも寸法値より大きめとなっています。 ナイロン製の精密作業手袋より吸水性、耐摩耗性が劣り、静電気も帯びやすいが安価なポリエステル製の手袋です。 フィット性も良く安価にお使いいただける手袋です。 指先にポリウレタンコーティングしており、細かなものを掴みやすく、耐久性もあります。

次の