ライン 友達 を 消す。 LINEで相手の友達一覧から自分の表示を消す方法を解説!

【LINE】タイムラインの消し方や全削除の方法は?削除したら相手側ではどうなる?への回答

ライン 友達 を 消す

友達完全に削除する方法 これら非表示・ブロックの機能があれば、基本的に友達リストから 削除する必要はありませんが、それでも完全に削除したい場合は次の手順で行います。 削除対象者を非表示またはブロックする 削除するには、対象の友だちをリスト上で長押しし [ 非表示] もしくは [ ブロック] の設定をします。 削除するには [非表示] もしくは [ブロック] しておくことが前提条件です。 非表示リスト・ブロックリストから削除を実施 設定メニューから [非表示] または [ブロック] リストを開きます。 ここではブロックリストから削除する場合を例に挙げます。 ブロックリストの一覧を開き、リスト内の削除したい対象者の [編集] メニューから [削除] を行えば友だちから削除されます。 友達から削除する場合の注意点 友達から削除する場合、非表示から削除するかブロックから削除するかで挙動が異なります。 後悔先に立たずとならないように、きちんと把握した上で削除を行ってください。 非表示リスト経由で削除した場合 友だちから削除しても、削除した友達からメッセージは受信してしまいます。 しかし友だちではないので、メッセージを返信するには友だちとして改めて追加しなくてはいけません。 もし、メッセージを受信する可能性のある場合は、削除せずに非表示リスト上に残したままにしておいた方が良いです。 ブロックリスト経由で削除した場合 友だちから削除しても、ブロックしている状態は保持されたままです。 つまり削除した友達からメッセージが送られても受信できません。 受信可能にするには、改めて友達追加してブロックを解除する必要があります。 今後メッセージも受信したくないし友だちとしても削除したい場合は、ブロック経由で削除してください。 もしブロック経由で削除したのにメッセージを受信する必要があった場合は、解除するがとても面倒です。 ゆえに余程のことが無い限り、削除せずにブロックリスト上に残したままの方が楽かもしれません。 基本的に友だちとして 自動的に追加された人が、赤の他人である以外は削除せずに非表示・ブロックリストに残しておくことをおすすめします。 それでもどうしても削除したい場合は、上記の注意点に気をつけて削除してください。

次の

トークルームを削除すると相手からも消える?残るもの・消す方法・削除できない2つの原因まとめ【LINE】

ライン 友達 を 消す

LINEの友達の削除とブロックと非表示の違い Last update 2016-08-15 05:09 LINEでは、2013年9月のバージョンアップでようやく登録した友達を削除できるようになりました。 では、ブロックや非表示とどう違うのだろう?そう思って実際に 「ブロック」「非表示」「削除」をしてみてどう変わるのか試してみました。 Sponsored Link 表示 送信 解除 ブロック 非表示 不可 可 非表示 非表示 可 可 削除 非表示 不可 不可 表にまとめてみました。 まず、 「ブロック」と「削除」はほぼ同じ。 ただ、「ブロック」はあとから解除できるのに対して、「削除」は友達リストに再び表示させるには、友だち登録をしないと復活できません。 (後述) また、どれも 相手側は全く変化ありません。 例えば「削除」すると相手の友だちリストから自分が削除されるかというと、そんなことはなくて 残ったままです。 ちなみに、「削除」には「非表示」してから「削除」と、「ブロック」してから「削除」の2つのパターンが有り、「非表示」から「削除」した場合は、相手がメッセージを送ってくると、ちゃんとこちらにメッセージが届きます。 なので、嫌な相手を削除するときは、「ブロック」してから「削除」するようにします。 なお、「ブロック」してから「削除」しても、トーク履歴が残っていれば、こちらから相手にメッセージを送ることは出来ます(返事はブロックしてしまっているので受け取れない) 相手のLINEのリストから自分を消すには? 残念ながら現状では、一旦登録されてしまった 自分の名前を相手から削除する方法はありません。 もし、どうしても嫌な相手に友だち登録されて、 相手側のLINEのリストから自分を削除したい!というのであれば、 一旦LINEのアカウントを削除し、再びLINEに登録するしかありません。 参照: 自動登録をオフにする アカウントを削除し、再び新しくアカウントを作成すると、友達リストは一新されます。 が、 スマホに登録してある電話帳リストから、再び自動的に登録してしまうので、苦手な相手に登録されたくない場合は、スマホの連絡帳から苦手な相手を削除しておく(連絡帳から削除する方法は後で紹介します)か、LINEの「設定」の「友だち」の「アドレス帳」を開き、 「友だちへの追加を許可」を「オフ」にしておきます。 これで、こちらの電話番号が相手の電話帳に登録されていても、こちらのLINEは自動で相手には登録されなくなります。 ただし、これだと登録してほしい友だちも、こちらのLINEが登録されなくなるので、注意してください。 なお、LINEのアカウントを削除すると、相手の友だちリストから消えます。 が、一回でもメッセージのやり取りがあると、相手にはこのように「トーク」にログが残ってしまいます。 この時、自分の名前が「メンバーがいません」となって残ります。 連絡先から削除するには iPhone編 連絡先から相手を削除するには、「連絡先」を開き・・・ 下の方にスクロールしていくと、「連絡先を削除」という部分があるので、ここをタップします。 なお、LINEを新たにインストールする前に削除しておきます。 ブロック・削除・非表示を試してみた さて、実際に「ブロック」「削除」「非表示」を試して、相手側にどう表示されるか実験してみました。 詳しくは以下の実験を参照。 ブロックとは? ブロックとは、(自分のLINEの)友だちリスト上から相手の名前を見えなくし、相手からのメッセージや着信も出来なくします。 ブロックの仕方 ブロックをしたい場合は、ブロックしたい相手とのトークの右上の下向きの三角のようなボタンをタップします。 一番右上に「ブロック」というボタンがあるのでここをタップするだけ。 もしくは友だちリスト上のブロックしたい相手の名前の上を指で右から左へスワイプすると、ブロックと表示されるのでここをタップするとブロックすることが出来ます。 この方法だと複数の人を一気にブロックすることが出来ます。 ブロックするとどうなる? ブロックされた側 ブロックされた側はまったく変化がありません。 そのため自分がブロックされたかどうかは、ほぼわかりません。 画像のように、 今までどおりメッセージを送信することが出来ます。 ただし、相手には届かないので「既読」にはなりません。 また、メッセージだけでなく音声通話も発信することが出来ます。 が、相手には着信しないので、ブロックされた側は呼び出し音が鳴り続けるだけです。 このようにブロックされても、された側にはばれることはありません。 ただ、ブロックされているたかどうかはばれる可能性があります。 された側は、ブロックされても友だちリストから相手が消えるわけではありません。 今までとまったく同じ状態なので、基本的にはばれることはありません。 ブロックされてるか調べる方法 ブロックされている間は、相手にはメッセージは届きません。 そのためブロック中に送ったメッセージは「既読」になりません。 ブロックを解除してもブロック中に送ったメッセージは送られないので、ブロックを解除された後でも既読にならないんです。 そのため、ブロックを解除した場合、相手にばれる可能性があります。 アンドロイド版のLINEでは、スタンプを友だちにプレゼントすることが出来ます。 これを利用したブロックされているか確認する方法を紹介します。 調べたい相手の「プレゼント」をタップします。 相手が持っていないようなスタンプを選択し、「プレゼントする」をタップします。 ブロックされていると「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません」と表示されます。 いくつか別のスタンプも試してみて、同じような警告が表示される場合、ブロックされている確率が非常に高いでしょう。 ブロックされていないと、このように「プレゼントしますか?」と表示されます。 ブロックした側 ブロックした側は、メッセージ入力欄に「ブロック中」と表示されメッセージを入力することができなくなります。 それ以外にも友だちリストからもブロックした相手の名前は表示されなくなります。 これはブロックする前。 「AQUOS Phone」という相手をブロックしました。 友だちリストから名前が消えています。 ブロックを解除するには ブロックをしても登録自体は残ったままです。 そのため、ブロックをしてもブロックした相手と友だち登録をやめたわけではありません。 ブロックを解除するには、ブロックした相手とのトークが残っていれば、先ほど「ブロック」と表示されていたボタンが「ブロック解除」になっているので、ここをタップするだけです。 「友だち」をタップ。 ブロックしている友だちのリストを見たい場合は、「ブロックリスト」。 非表示している友達を見たい場合は、「非表示リスト」をタップします。 解除したい相手の「編集」をタップします。 「ブロック解除」をタップすると、今までどおりメッセージをやり取りすることができるようになり、友だちリストにも表示されるようになります。 なお、でも書いたとおり、ブロック中に送信されたメッセージは、解除しても届くことはありません。 つまり、解除した後メッセージを送られると相手には「既読」表示されていないメッセージがあることに気が付かれると、ばれる可能性があります。 また、「お気に入り」に登録している友達の場合、ブロックと同時にお気に入りからはずされてしまうので、注意してください。 非表示とは? 「非表示」とは、単に友だちリストから見えなくするだけです。 必要性あるの?なんて思うかもしれませんが、友だち登録が増えすぎてしまって、あまり連絡を取らない人を非表示にさせたり、仕事でもスマホを使っている場合、私のように会社の同僚にはLINEを使いたくない場合でメッセージは送られてくるかもしれないけれど、リスト上から消していたいときや、奥さん(もしくは旦那さんに)見られたくない友達を非表示にしたり・・・、と、意外と頻繁に使う機会が多いかもしれません。 非表示にするには 非表示にするには、まずは友だちリストを表示させ、左上の「編集」をタップします。 すると、リストの前にチェック入力欄が表示されるので、非表示にしたい友達のみにチェックを入れます。 あとは画面右下の「非表示」をタップすればOK。 カッコの中の数字はチェックした人数になります。 この画面でブロックすることも可能です。 「AQUOS Phone」という友達を「非表示」にしてみました。 このように友だちリストから消えました。 非表示するとどうなる? 非表示された側 ブロックでもそうでしたが、非表示されてもされた側は何ら変わりありません。 普通にメッセージを送ることが出来ます。 「非表示」は単にリストから見えなくしただけで、メッセージは届きます。 もちろん相手にバレることはありません。 「友だち」をタップ。 「非表示リスト」をタップします。 解除したい友だちの編集をタップし、「再表示」をタップすると解除できます。 削除とは? 削除は「ブロック」に加え、友だち登録をやめてしまうことです。 ただし、何度も言いますが、ブロックや非表示と同じで相手の友だちリストに表示されている自分の名前は消すことが出来ません。 あくまでこちら側のみの友だち登録削除でしかありません。 削除の仕方 「削除」の仕方は、まずは削除したい相手をブロックもしくは非表示します。 続いて、「設定」の「友だち」の「ブロックリスト」を開きます。 「削除」したい相手の「編集」をタップします。 「削除」をタップします。 なお、「削除」をタップすると警告なしに削除されるので注意してください。 削除されるとどうなる? 削除された側 削除された相手は、ブロックや非表示と同じでまったく変化ありません。 よって削除されても気が付かれることはありません。 削除した側 削除した側はブロックした時とほぼ同じです。 ただ、ブロックの場合は「ブロックリスト」に相手の名前が表示されますが、「削除」するとこのリストからも削除されてしまいます。 削除を解除するには 基本的には一旦削除してしまった相手は、再び友だち登録をしなければ再登録できません。 が、削除した相手とのトークが残っていれば、トークの上の部分に「+追加」「ブロック解除」というボタンがあるので、すぐに復元することが出来ます。 トークが残っている限りは、「削除」も「ブロック」もほぼ変わらないと思ってもらって構いません。 もし、2度と登録したくない相手の場合、トーク履歴をなくすことで綺麗サッパリ消すことが出来ます。 トーク履歴を削除するには、トークの左上にある「編集」をタップ。 削除したい相手との履歴にチェックを入れ、右上の「削除」をタップすれば履歴を消すことが出来ます。 ただし、連絡先同期による自動追加は出来ないっぽい。 まとめ 残念ながら(?)LINEでは、 一度お互いを登録してしまうと、お互いの友だちリストからお互いを消す。 ということは出来ないようです。 上の「友だち自動追加」は、自分のLINEの友だちリストに連絡先に登録してある人を自動て追加する機能です。 登録したい人を選択して追加したい人は、ここを「オフ」にしておきます。 LINEの友だち自動追加機能は、LINEを爆発的に広めるのに役立ちましたが、その反面、別の問題もはらんでいる気がします。 基本的にスマホの連絡先に登録してある人は、電話番号を登録しているってことはLINEにも登録しても問題はないだろう。 という感覚なのかもしれませんが、電話やメール以上に気軽に会話ができるLINEでは、「既読」問題に加え、いろいろな感情的な問題を引き起こす可能性があるので、気をつけたほうがいいかもしれませんね。 関連ページ• 了解です。 >ちわっすさん、今試してみました。 残念ながらブロックしても、相手にはプロフィール画像がちゃんと変更されてしまいました。

次の

【LINE】iPhoneのLINEで友達を削除する方法

ライン 友達 を 消す

目次 CLOSE• ブロックで代用できる場合も多い LINEには、ブロックという機能が備わっています。 これを利用することで、自分の投稿が相手のタイムラインに表示されなくなりますし、相手からのメッセージが表示されることもありません。 実質、友達として登録はしているけれど存在しないような状態になります。 これを上手く利用すれば友達を削除しなくても、何とかやり抜くこともできるでしょう。 友達削除をするのは抵抗があると感じる人は、相手をブロックするということでも代用はできるので覚えておきましょう。 スポンサーリンク 友達一覧に名前を残さない方法が「削除」 それでも、友達の一覧にその人が存在するのが嫌だという場合もあるでしょう。 そんな時は、友達の削除を考えていかなければなりません。 友達を削除すると、自分の友達一覧から名前が消えるばかりかブロックリストにも、相手のアカウントを残さないようにするので完璧に自分の友達一覧から消すことができます。 スポンサーリンク 友達を削除するのは簡単 では友達を削除することは簡単なことなのでしょうか? 友達を削除するには、まずはブロックリストに入れる必要があります。 そこから、編集をして削除をするという2つのステップを実行しなければなりません。 とは言っても、そのやり方は難しいことは何一つありませんし、簡単な操作が分かっていればすぐに実践が可能です! スポンサーリンク 一旦ブロックしてから削除へ まずは削除したい相手の画面を開いて、右上にある「V」の形をしたアイコンをタップします。 これはメニュー画面に繋がるアイコンになっていますので、選択をするとメニューが出てくるので、「ブロック」を選びましょう。 「ブロック」をタップすると、該当する友達がブロックリストへ移動します。 そこで、今度は「その他」から「歯車」アイコンをタップして、別画面を表示させます。 別画面が出てきたら、スクロールしていき「友だち」を選んで「ブロックリスト」をタップしてブロックリストを表示させます。 すると、さきほどブロックした友達が出ていると思いますので、「編集」から「削除」を選択していけば削除が完了します。 友達を削除することによって、LINEでは通知がされることはありません。 ですがタイムラインの状況などで相手に気付かれる可能性は残されていますので、注意が必要です。

次の