履歴 書 学歴。 「私立」の場合の履歴書の学歴欄の書き方・都道府県名はつけるか

留学経験って学歴になるの?履歴書の学歴欄にどう書くのか書き方のポイントを解説!

履歴 書 学歴

採用担当者の目にとまる!履歴書の書き方 【INDEX】• 履歴書こそPRの第一歩 履歴書はあなたを最初にPRする重要な書類。 企業の採用担当者はその内容をみて、採用可否の判断をする審査書類でもあります。 たとえ職務経歴書を同封していても、決して履歴書作成に手を抜いてはいけません。 履歴書だけでも充分なアピール力が必要です。 というのも、採用担当者はまず履歴書をチェックします。 履歴書の印象が悪ければ職務経歴書まで見てもらえない可能性もあります。 ここでは履歴書の書き方の基本から、採用担当者の目にとまる志望動機の書き方などを解説します。 履歴書作成時の基本的な注意点 様式・用紙の選び方 履歴書の様式は「JIS規格履歴書」が標準ですが、職歴欄を広くしたものなど、JIS規格に類似した履歴書も市販されています。 転職用には職歴を記載する行数が多いものや、自分のアピールしたい欄が広いものを選ぶといいでしょう。 ただし、募集要項でJIS規格の履歴書と指定されている場合は従いましょう。 また用紙サイズはB5版(B4二つ折り)とA4版(A3二つ折り)がありますが、企業での書類はA4サイズに統一されていますので、A4版をおすすめします。 手書きか、パソコンで作成か 手書きの履歴書よりもパソコンで作成する履歴書が一般的になっています。 「手書きでもパソコン作成でも、どちらでも良い」と考える採用担当者が多数派です。 ただし、手書き履歴書にこだわる求人企業もありますので、担当している人材紹介会社に確認すると安心です。 パソコンで作成した履歴書をプリントアウトする際の用紙は、一般的なコピー用紙だと安っぽい印象になりますので、上質紙を使いましょう。 上質紙は文具店などで購入できます。 筆記用具 手書きする際は黒のボールペンか万年筆で丁寧に書きます。 鉛筆やシャープペンシルは不可。 履歴書は証書類ですので、「消せるボールペン」は使ってはいけません。 手書きの場合は丁寧に楷書で書き、欄に適度な空白をとることでバランスがよくなります。 修正テープ、修正液は使用不可 記入ミスをした場合は、修正テープなどを使わずに、最初から書きなおします。 いきなりボールペンなどで書きはじめるのではなく、薄く鉛筆で下書きするか(清書後、時間を置いてから消しゴムで丁寧に消します)、別紙の見本を準備した上で、清書すると記入ミスが防げます。 清書では休憩をとりながら少しずつ書いていくと、集中力が増すので、ミスを減らせます。 文章形式や年号の統一 文章形式は「です・ます」で統一します。 年号は通常、和暦(平成・昭和)で揃えます。 ただし、外資系企業やIT企業では西暦での統一をおすすめします。 数字は算用数字を使用しましょう。 なお、職務経歴書など、他の応募書類とも和暦・西暦を揃えてください。 誤字・脱字チェック どんなにアピールできる履歴書を作成しても、誤字ひとつで台無しになります。 提出前には必ず誤字・脱字チェックをしましょう。 また、自分のミスには気づきにくいので、できれば身近な人に見てもらうようにしましょう。 履歴書の項目/日付・氏名・生年月日・連絡先の書き方 1)日付 作成日ではなく、提出日を記入します。 提出日とは郵送の場合はポストへの投函日、持参の場合は持参日となります。 2)名前 名前はとにかく丁寧に書きましょう。 お手本を用意するとうまくいきます。 振り仮名は「ふりがな」のときはひらがなで、「フリガナ」のときはカタカナで書きます。 名字と名前の間は少しあけます。 3)生年月日 年齢は、提出日の満年齢とします。 4)現住所 都道府県名やマンション・アパートの名称、部屋番号も省略せずに書きます。 また「4-1-30」ではなく「4丁目1番30号」と正式に記載します。 5)電話・E-mail 固定電話も携帯電話もある場合は両方記載します。 電話にでられない時間帯でも連絡がとれるようにE-mailアドレスも書きます。 その際は数字の0とアルファベットのOなど、間違いやすい文字は注意して書きわけましょう。 また、勤務先のE-mailは不適当ですので、連絡先として個人のフリーメールなどを取得してください。 6)写真 写真は採用担当者の第一印象を大きく左右しますので、好感が持てる写真にしましょう。 できればスピード写真ではなく、写真館で撮影し、必ず撮影前には鏡で身だしなみを確認。 撮影時は微笑を心がけると朗らかで柔らかい印象になります。 また古い写真は使用せず、提出日から3ヶ月以内に撮影したものにしましょう。 履歴書に糊づけする前に、写真の裏に名前を書いておくと、剥がれた場合も安心です。 7)連絡先 上記例にはありませんが、連絡先欄では現住所以外の連絡先を記載します。 現住所以外への連絡を希望しない場合は空欄とします。 在職中の方は、連絡先に勤務先を書くのは絶対にやめましょう。 履歴書の項目/学歴の書き方 1)職歴欄の基本 職歴は学歴から1行空けて、中央に「職歴」と記し、次の行から実際の職歴を古い順に記載します。 「(株)」といった略称は避け、「株式会社」など、正式名称で書きましょう。 2)正社員以外の雇用形態 記入するのは正社員・契約社員・派遣社員として勤務した場合です。 アルバイト経験は記載しません。 業務上の関連が強く、充分なアピール材料となる場合は「職務経歴書」に書きましょう。 3)退職の記入 退職の理由については「一身上の都合により退職」とするのが一般的です。 「会社業績不振による希望退職」「出産のため退職」「定年退職」などは記載してもよいでしょう。 履歴書の項目/賞罰の書き方 賞罰とはその名の通り、賞となるものと罰となるものです。 賞罰は学歴・職歴の次の行から記載します。 該当がなければ「賞罰なし」と書きます。 該当がある場合は、学歴・職歴と同じように、一行空けて中央に「賞罰」とし、次の行から内容を記します。 履歴書の「賞」にふさわしいのは国内大会/展覧会の優勝・準優勝レベル、国際レベルの入賞が目安です。 チームでの受賞の場合は立ち位置を追記しましょう。 賞罰の「罰」とは懲役や禁固刑などの刑事罰のことです。 過去の犯罪歴を記載します。 体裁を気にして、記入しなければ経歴詐称となり、懲戒解雇となる可能性があります。 交通違反などの「行政刑罰」は記入の必要はありません。 履歴書の項目/免許・資格の書き方 アピールになる資格 履歴書に記載するものはすべて自己アピールを意識しますが、免許・資格欄も例外ではありません。 例えば、簡単に取得できる英検3級や簿記3級では何のアピールになりません。 評価されるのはビジネス系資格では最低2級以上、TOEICは700点以上が目安となります。 記載の際は、事前に資格や免許の正式名称を確認します。 また自動車免許保持者はどんな職種・業種に応募する場合でも必ず書きましょう。 応募要件にそった資格を抜粋 「調理師」「宅地建物取引主任者」「アロマテラピー検定」「インテリアコーディネータ」など、多くの資格を取得している方は、資格のすべてを列挙するのではなく、応募企業や職種にあったものだけを抜粋して記入することで、履歴書の訴求力が高まります。 また、記載順には古い順・アピール順がありますが、応募先企業の求人案件にマッチしたものから書いていくアピール順をおすすめします。 現在、資格取得のために勉強中の方は、「志望動機」や「自己PR(アピールポイント)」の欄に記載することで、意欲や好奇心の旺盛さをアピールできます。 履歴書の項目/志望動機・特技・好きな学科・アピールポイントの書き方 項目名には特技や好きな学科とも書いてありますが、基本的に「志望動機」もしくは「アピールポイント(自己PR)」を記載する方がよいでしょう。 ここに何を記載するかが非常に重要となりますので、限られたスペースを有効活用し、具体的で説得力のある内容にします。 ただ、職務経歴書でも「志望動機」や「自己PR」を書くことが多いので、履歴書と職務経歴書で役割分担をすると効果的です。 この欄では「自分のできること」と今回の「求人要件」とを照らし合わせ、自分の経験がその企業の事業の中でどんな役割を果たせるのかを具体的に簡潔に伝え、即戦力として活躍できることを訴えるのがコツです。 そのためには、事前に企業の研究をしっかりと行い、さらに自分のキャリアを分析しておくことが必要です。 言うまでもありませんが、志望動機やアピールポイントは自分の言葉で述べ、今回の応募企業ならではのオリジナルにしましょう。 ネット上には様々な志望動機やアピールの例文がありますが、採用担当者は数え切れないほどの履歴書に目を通していますので、模倣すれば、すぐに見抜かれてしまいます。 また、志望動機やアピールポイントは面接の際にもよく質問される項目ですので、面接での受け答えをイメージしながら、書くとよいでしょう。 志望動機の書き方• その企業に応募した理由• 応募先企業で活かせる経験・スキル• 応募先企業でどう貢献できるか、入社後どうしたいかの意欲 ありがちな「御社の将来性にひかれました」「事業内容に興味を持ちました」など、どんな企業でも当てはまるような抽象的な内容ではなく、より具体的に書きます。 志望動機を書く際は、事前に求人情報(求人票)の内容、会社や店舗、製品・商品・サービス、Webページなどをしっかり確認することが重要です。 その上で、上記の1. の各要点をまとめ、訴求力のある文章を作成してください。 そうすれば、必然的に応募企業ごとに内容の違う志望動機が完成するはずです。 注意したいのは「貴社で学びたい」「貴社で成長したい」「貴社で充実感を得たい」といった独りよがりな希望は書かないということ。 あくまでも応募先企業に対して、自分ができる貢献と意欲を訴求することを忘れないようにしましょう。 アピールポイントの書き方.

次の

最終学歴の定義・履歴書の最終学歴の書き方注意点6つ

履歴 書 学歴

西暦・和暦どちらで記入しても構いませんが、必ずどちらかに統一して使用してください。 履歴書に使用する「年」の記載方法には明確な決まりはありません。 「令和〇年」などと和暦を使用して記入しても、「20〇〇年」などと西暦で記入してもOKです。 書きやすいほうを使って書きましょう。 ただし、注意すべき点が2つだけあります。 1つ目は「履歴書全体で和暦と西暦のどちらを使用するのかを統一する」ということ。 履歴書に記入する年月日は、自分の経歴を時系列で分かりやすく採用担当者に伝えるという目的を持っています。 和暦と西暦が混在すると、時系列での把握が困難になり、採用担当者に余計な手間をかけてしまう=マイナス評価につながる可能性があるのです。 生年月日は和暦で書いてあるのに学歴・職歴欄では西暦を使用する、学歴は和暦で職歴は西暦で書くといった記載方法は絶対に避けてください。 そもそも1枚の書類の中で、異なった年の記載方法を採るということ自体がマナー違反と考えるといいでしょう。 もう1つの注意点は、「和暦を使用する場合は元号を省略しない」ということです。 元号とは「令和」や「平成」、「昭和」のこと。 「令和」を「R」、「平成」を「H」、「昭和」を「S」とアルファベットにする省略表記も一般的ですが、履歴書という正式な書類に記載するのは不適切です。 必ず「令和」「平成」「昭和」などと正式な表記で記入しましょう。 また、元号自体を記入しないのもNG。 「15」と書いたりすると「平成15年」のことなのか、「2015年」のことなのかが不明瞭になるからです。 履歴書の和暦・西暦の正しい使用例.

次の

【雇用形態別!学歴・職歴の書き方】履歴書の書き方マニュアル/サンプル・テンプレート紹介

履歴 書 学歴

履歴書で使える早見表 西暦・元号 早見表 入学・卒業年度 早見表 生まれた年ごとに、小学校から大学までの入学・卒業年度が分かります。 例:1浪の場合は1年あと(1段上)の表を参照。 ただし、 履歴書内の西暦・元号は必ず揃えましょう。 揃っていないからといって不合格になることは少ないと思いますが、表記がバラバラだと「不注意な人」、「雑な人」と思われてしまう恐れがあります。 また、履歴書を郵送する場合は、 封筒や同封の書類(添え状、職務経歴書など)に記載する日付の表記も揃えましょう。 外資系企業の場合、 外国人が履歴書を見る可能性もあるためです。 元号で書かれているからという理由だけで不合格にはならないでしょうが、西暦のほうが親切です。 さいごに 気をゆるめず、正確に書こう 履歴書の学歴・職歴欄は、志望動機や自己PR欄を作りこむことに気をとられ、気がゆるみがちな部分です。 しかし、 答えや書き方が決まっているからこそ、間違いがあったときには面接官にマイナスな印象を持たれてしまう恐れがあります。 高校に2年しか在籍していなかったり、卒業月が4月になっていたりしていないか、気をつけながら書きましょう。 履歴書はあなたの第一印象を決める、大切な書類。 正確な履歴書を作るため、早見表をぜひお役立てください。

次の