年金 受給 者。 高齢者と税(年金と税)|国税庁

年金生活者支援給付金の手続き|日本年金機構

年金 受給 者

年金受給者の確定申告 確定申告は、年金受給者にとって負担になることが考えられます。 確定申告の不要な「確定申告不要制度」とはどんな条件でしょうか。 また、高齢者や扶養家族に認められている特例措置など、知っていると役立つ情報をご紹介します。 年金受給者でも確定申告が必要な人とは? 公的年金とは国民年金・厚生年金・公務員の共済などがあります。 公的年金は雑所得とされ、公的年金のみの収入の方で65歳未満の場合は108万円、65歳以上の場合は158万円を超える公的年金を受け取る場合は原則として確定申告が必要になります。 65歳以上で年金受給が150万円の場合、年金受給額から120万円を引くことで所得額を算出することができます。 上記の場合、60歳の場合は75万円、65歳以上の場合は30万円が雑所得の金額となります。 年金受給者の負担を減らす「確定申告不要制度」とは? 年金受給者にとって、確定申告は申告手続き自体が負担となることも多いため、平成23年分の所得税から「確定申告不要制度」が導入されました。 下記の条件すべてに当てはまる場合、確定申告は不要です。 公的年金などの収入金額の合計金額が400万円以下 2. パートなどの給与収入には、最低65万円の給与所得控除があります。 ただし、医療費控除・住宅ローン控除等の適用を受けることで所得税の還付を受けられる場合は、確定申告不要の要件を満たしていても確定申告をすることをオススメします。 また公的年金等に係る確定申告不要制度により確定申告をしない場合でも以下の場合は、住民税の確定申告をする必要があります。 公的年金等に係る雑所得のみがある方で、公的年金などの源泉徴収票に記載されている控除以外の各種控除の適用を受ける場合 2. 確定申告で所得税が還付される場合 公的年金などから所得税が源泉徴収されている確定申告不要制度対象者でも、以下に当てはまる場合は、確定申告をすることで所得税が還付されます。 マイホームを住宅ローンなどで取得した場合 2. 年金受給の高齢者と扶養親族に関する特例 65歳以上の方は特例として、公的年金等の最低控除額が増額されます。 また、高齢者を扶養している方には配偶者や扶養の控除額が増額し、所得税が軽減されます。 65歳以上の年金受給者 本人の特例 公的年金等の収入金額から控除される金額が増額されます。 高齢者を扶養している方の特例 生計を共にして扶養している親族に70歳以上(平成30年分の所得税については、昭和24年1月1日以前に生まれた方)の方がいる場合は、控除額が増額されます。

次の

年金生活者支援給付金制度について

年金 受給 者

「211万円の壁」とは 次の条件を満たす場合、夫の個人住民税が非課税になり、様々なメリットがあります。 夫婦二人世帯• 夫は65歳以上• 夫の公的年金が年額211万円以下 さらに妻の個人住民税が非課税であれば「住民税非課税世帯」ということになります。 個人住民税の仕組み 個人住民税は個人にかかる税金です。 一人ひとりの収入で算出します。 都道府県民税と市区町村民税の合計金額になります。 前年の収入により算出し、6月に金額が確定します。 1人当たり一定額の 均等割と所得に比例する 所得割の合計金額になります。 個人住民税非課税の基準 住民税を課税する場合は前出の「課税標準額」を用いますが、住民税の非課税は基礎控除などの所得控除を引く前の「年金所得」で判断します。 均等割額と所得割額それぞれに非課税基準があります。 均等割額の非課税基準は、生活保護基準の級地区分により別個に定められています。 均等割非課税所得上限額• 1級地• 控除対象配偶者・扶養親族なし: 35万• 2級地• 控除対象配偶者・扶養親族なし: 31. 控除対象配偶者・扶養親族あり: 31. 3級地• 控除対象配偶者・扶養親族なし: 28万• 8万 所得割非課税所得上限額• 1~3級地共通• 控除対象配偶者・扶養親族なし: 35万• 0万 31. 5万 28. 0万 1人 91. 0万 81. 9万 72. 8万 2人 126. 0万 113. 4万 100. 8万 3人 161. 0万 144. 9万 128. 8万 生活保護基準の級地区分は以下を参照してください。 夫婦2人世帯、夫の年金収入211万円の壁 所得金額というのは、年金収入から公的年金控除を差し引いた金額です。 年金所得=年金収入-公的年金控除 夫婦二人の世帯で65歳以上の 夫の住民税が非課税になる年金収入を考えます。 1級地として計算します。 これが「年金収入211万円の壁」です。 ただし、「211万円」は1級地の値です。 2級地は「201. 9万円」、3級地は「192. 8万円」になります。 さらに妻の所得が35万円(2級地31. 5万円、3級地28万円)以下なら、夫婦とも住民税が非課税になり、「住民税非課税世帯」となります。 住民税非課税のメリット 住民税が非課税になると社会保険料などに色々なメリットがあります。 高額医療費自己負担限度額 同じ医療機関で同じ月の中で限度額を超えて負担金を支払ったときは、超えた額が高額療養費として支給されます。 この自己負担限度額が、市民税非課税世帯の場合に低く設定されています。 一人ひとりの所得は、「年金収入-120万-33万」で計算されます。 国民健康保険料 国民健康保険料は、所得割・均等割・平等割の合計金額になります。 保険料の軽減は均等割・平等割の部分が、所得金額によリ7割軽減・5割軽減・2割軽減の軽減措置があります。 この軽減措置は住民税非課税で直接判断されるわけではありませんが、所得が低い場合に軽減を受けられることになります。 例えば、65歳以上で年金収入が223万円以下の世帯で均等割・平等割の部分が5割軽減になります。 詳しくは以下のページをご覧ください。 介護保険料 65歳になると「国民健康保険」から切り離されて「介護保険料」単独での徴収になります。 以下の条件で保険料段階が設定されています。 本人の所得• 本人の住民税課税・非課税• 世帯の誰かの住民税課税・非課税 以下のページでは、本人が課税か非課税かで、年間26,000円の差が出る例が示されています。 臨時福祉給付金 平成26年4月の消費税率の引上げによる影響を緩和するため、暫定的・臨時的な措置として、平成26年度から29年度に「臨時福祉給付金」の支給が行われました。 対象は住民税 均等割 が非課税の人になります。 ただし、課税されている方に生活の面倒を見てもらっている場合などは対象となりません。 今後同様な措置がある場合、住民税が非課税なら支給対象になると思われます。 2019年10月プレミアム商品券が購入可能に 住民税非課税世帯は、消費税増税に合わせて発行される「プレミアム商品券」が購入可能になります。 額面25,000円分の商品券が20,000円で購入でき、発行自治体の小売店で利用できます。 その他の非課税メリット 自治体により、住民税非課税の世帯にはさまざまな特典があります。 「高額介護サービス費」の利用者負担の軽減• 介護施設入居者の住居費・食費の軽減• インフルエンザ予防接種の費用の軽減・無料 あえて年金繰り上げ受給も… 公的年金の受給額が211万円をわずかに超える場合は、あえて繰り上げ受給の手続きをして年金額を下げる方法もあります。 1カ月繰り上げるごとに0. あえて年金額を下げて住民税が非課税になるようにして、非課税メリットを利用して実質の手取り額を増やす方法です。

次の

年金受給者・年金待機者手続き用紙ダウンロード:公立学校共済組合

年金 受給 者

国民健康保険料の内訳を確認 国民健康保険料を計算する前に、まず、国民健康保険料の内訳から確認していきましょう。 更に、この 「医療分保険料」「支援分保険料」「介護分保険料」は、下の図のように 「所得割」と 「均等割」で構成されています。 但し、65歳から(74歳まで)は、別途「介護保険料」が発生します。 ここからは、モデルケースを用いて解説していきます。 年金以外にも収入がある場合はそれぞれの収入から所得を計算して合算します。 そのため、ここでは、 「国民健康保険料の軽減が適用されるか?」を確認します。 軽減判定所得の計算は、世帯主を含めた加入者の総所得金額を合計して計算します。 また、65歳以上で年金所得が15万円以上ある場合は、特例控除として年金所得から15万円を差し引くことができます。 軽減判定所得=年金所得-15万円(特別控除) Aさん(独身)の軽減判定所得は、130万円-15万円= 115万円です。 この軽減判定所得115万円が以下の1・2・3のいずれかの金額を下回っていれば、国民健康保険料の「軽減」が適用されます。 算定基礎額=年金所得金額-33万円(基礎控除) Aさん(独身)の例で計算を続けていくと、130万円-33万円=97万円で、Aさんの算定基礎額は 97万円となります。 ここで算出された算定基礎額は、このあと国民健康保険料を計算する際に使いますので、メモにとっておてください。 また、所得税や住民税とは違い、配偶者・扶養・社会保険料・生命保険料等の各種控除は適用されませんので、注意してください。 また、年金以外にも収入がある場合はそれぞれの収入額から所得額を合算し、基礎控除33万円を引いた額となります。 25%」とは世田谷区(平成31年度)のケースです。 所得割率は各市区町ごとで異なりますので、注意してください。 25%=70,325円 医療分保険料の所得割は、 70,325円です。 <均等割を確認する> 世田谷区の医療分保険料の均等割は1人につき39,900円です。 (各市区町村のホームページ記載されています。 24%」とは世田谷区(平成31年度)のケースです。 所得割率は各市区町ごとで異なりますので、注意してください。 24%=21,728円 支援分保険料の所得割は、 21,728円です。 <均等割を確認する> 世田谷区の支援分保険料の均等割は1人につき12,300円です。 (各市区町村のホームページ記載されています。 (1ヶ月あたり約12,021円です。 ) (保険料の100円未満や10円未満を切り捨てる市区町村もあります。 ) 国民健康保険料の計算は加入者ごとに計算し、世帯で合算しますので、夫婦2人とも国民健康保険に加入している場合は、夫と妻の2人分を合算して保険料を算出します。

次の