贈与 税 ばれる。 贈与税の申告漏れ・脱税は必ずばれる!贈与がばれる事例を一挙紹介

結納金は税金対象!? 結納金贈与による税金発生の有無に関する講義

贈与 税 ばれる

期間が開いてしまうことから申告を忘れたり、悪質な場合は申告しなかったりすることもあります。 しかし、 贈与税の申告漏れ・脱税は必ずばれてしまいます。 この章では、贈与税の申告漏れ・脱税がばれるさまざまなケースをご紹介します。 2-1.不動産の贈与・購入資金の援助は登記情報でばれる 土地や建物を所有することになった場合は、権利関係を明確にするため登記を行います。 不動産の登記が行われれば、その内容は法務局から税務署に提供されます。 また、登記のときに納める登録免許税からも登記に関する情報が把握されます。 つまり、 不動産の贈与は税務署に筒抜けになっていて、贈与税を申告しなければいずれ見つかってしまいます。 不動産を現物でもらった場合だけでなく、 資金援助を受けて不動産を購入した場合でも税務署にばれてしまいます。 税務署は登記情報をもとに、不動産を購入した人へ「お買いになった資産の買い入れ価額などについてのお尋ね」という文書を発送します。 文書では次のような内容が尋ねられます。 ・不動産を購入した人の職業、年収 ・不動産の所在地、売主の住所・氏名、購入金額など ・購入資金をどのようにして調達したか(自身の預貯金、借入金、資産の売却代金、贈与を受けた資金など) 回答は任意ですが、 回答しなければ贈与を隠していることが疑われてしまいます。 回答しても内容に不審な点があれば調査が行われます。 登記しないことはおすすめできません 不動産を現物でもらったときに登記をしなければ税務署にはばれないかもしれません。 しかし、贈与税を回避する目的で登記しないことはおすすめできません。 登記をしなければ、第三者に権利を主張することができません。 登記の上ではいつまでたっても贈与した人のもののままであり、後でトラブルになることも考えられます。 贈与した人が死亡した場合は、相続登記をしない限り相続人全員の共有となり、権利関係が複雑になってしまいます。 なお、贈与をしてから贈与税の時効(最長7年)を待って登記した場合は、登記の日に贈与があったとみなして贈与税が課税されます。 贈与した日を証明するために不動産の贈与契約書を公正証書で作成したとしても認められません。 2-2.現預金の贈与は相続のときにばれる 現預金をもらった場合は、それだけで税務署にばれることはありません。 国民一人ひとりの預金の動きを税務署が常に把握することは現時点では困難であり、銀行を経由しない現金のやりとりの把握はさらに困難です。 しかし、 現預金の贈与は贈与者が死亡して相続があったときにばれるケースが多く見られます。 贈与者の死亡届を役所に出すと、そのことは税務署に通知されます。 税務署は死亡した贈与者の過去の所得や預金の流れを調査して、相続税がかかるかどうかを検討します。 その過程で高額の預金の出し入れが見つかれば、相続人に確認することがあります。 お金の使いみちが贈与にあたるのであれば、過去にさかのぼって贈与税が課税されます。 将来はマイナンバーで把握される可能性も 税務署が預金の動きを常に把握することは現時点では困難ですが、将来は把握されるようになるかもしれません。 2018年(平成30年)1月1日から預金口座とマイナンバーのひも付けが行われています。 既存の口座については猶予されていますが、将来は義務付けられる可能性があります。 既存の口座とマイナンバーがひも付けされることになった場合は、税務調査の方法も変わることになるでしょう。 2-3.支払調書で贈与が筒抜けに 事業者から税務署に提出される支払調書でも贈与がばれることがあります。 支払調書で贈与がばれるケースとしては、次のような事例が考えられます。 ・保険金をもらったとき ・貴金属(金・プラチナ)を換金したとき ・海外に送金してもらったとき 2-3-1.保険金をもらったとき 生命保険などの保険金をもらったとき、保険会社は税務署に 支払調書を提出して保険金の内容を報告しています。 保険会社が支払調書を提出する基準は次のとおりです。 ・死亡保険金、満期保険金、解約返戻金等: 1回あたり100万円を超えるとき ・年金給付金: 年間20万円を超えるとき ・死亡による契約者の変更があったとき(解約返戻金が100万円以下の場合も含む) 死亡保険金は相続税の対象になることがほとんどですが、 被保険者と契約者(保険料を払った人) と受取人の三者がそれぞれ異なる場合は贈与税の対象になります。 その他の保険金でも、保険料を払った人と保険金をもらった人が異なる場合は贈与税の対象になります。 支払調書には被保険者と契約者と受取人が全て記載されるため、税務署に提出された時点で贈与税の対象になる保険金の受け取りはばれてしまいます。 死亡保険金と税金の関係については、「」を参照してください。 2-3-2.金・プラチナを換金したとき 貴金属をもらった場合、それだけで税務署にばれることはありません。 しかし、 業者を通じて売却した場合は税務署にばれてしまいます。 金・プラチナの地金やコインの売却について、1回の取引金額(手数料控除前)が 200万円を超えた場合、貴金属業者は税務署に支払調書を提出します。 業者を通じて多額の金・プラチナを売却した場合は、貴金属の現物や購入資金の出どころを疑われる可能性があります。 2-3-3.海外に送金してもらったとき 財産をもらう人が海外にいる場合は贈与税の対象にならないと考えている人もいるようです。 しかし、原則として 財産をあげる人が国内にいれば、財産をもらう人はどこにいても贈与税の課税対象になります。 1回あたり100万円を超える資金を海外に送金する場合は、金融機関から税務署に国外送金等調書が提出されます。 つまり、100万円を超える海外送金は税務署にすぐにばれてしまいます。 なお、留学費用や生活費の仕送りであれば贈与税の対象にはならないので、税務署から問い合わせがあった場合は事情を説明すればよいでしょう。 2-4.オークションで高額商品を落札してもばれる 税務当局は近年、ネットオークションの調査にも力を入れています。 主に、オークションに出品して利益を得た人について申告漏れや脱税がないかを調査しますが、 商品を落札した人も調査の対象になることがあります。 ネットオークションでは高額の商品が出品されることもあります。 高額商品を落札した人がいれば、税務署は落札者がその代金をどうやって調達したかを調べます。 ネットオークションは匿名で行われることが多いですが、オークションを運営している会社に依頼して落札者の身元に関する情報提供を受けることもあります。 3.贈与税を正しく申告しないと結局損をする ここまでお伝えしたように、 贈与税の申告漏れ・脱税は必ずばれてしまいます。 申告漏れや脱税が見つかった場合は、納めていなかった贈与税を納めるだけでなく、以下のような ペナルティが課されます。 ・ 無申告加算税:申告を忘れていたことに対するペナルティとして課税 ・ 重加算税:わざと申告しなかったなど悪質な場合に無申告加算税の代わりに課税 ・ 延滞税:納税が本来の期限より遅れたことに対するペナルティとして課税 これらの加算税が加わることで、 はじめから正しく申告するよりも損をする結果になってしまいます。 贈与税に関する加算税・延滞税の仕組みや税率については「」を参照してください。 4.もらった財産に贈与税がかからない3つの方法 年間で110万円を超える財産をもらった場合は贈与税がかかります。 ただし、一定の条件にあてはまる場合は贈与税を0にすることができます。 ここでは次の3つの方法をご紹介します。 ・暦年贈与をする ・相続時精算課税制度、住宅取得等資金の特例、配偶者控除など各種非課税制度を利用する ・生活費や教育費などに充てる 4-1.暦年贈与をする はじめにお伝えしたように、贈与税は年間で110万円を超える贈与を受けた場合に申告しなければなりません。 つまり、 年間に受けた贈与が110万円以下であれば申告の必要はありません。 暦年贈与として年間110万円以下の贈与を繰り返して受けることで、贈与税を払うことなくまとまった金額の贈与を受けることができます。 その場合は高額の贈与税が課税されてしまいます。 暦年贈与や連年贈与についての詳しい内容や実行する上での注意点については、下記の記事を参照してください。 4-2.各種非課税制度を利用する 次にあげるように、贈与税には 一定の条件のもとで贈与税を非課税にするさまざまな制度があります。 条件にあてはまればもらった財産の贈与税を0にすることができますが、贈与税の申告や専用口座の開設などの手続きが必要です。 ・ 相続時精算課税制度:親子間であれば 2,500万円まで一旦は非課税 ・ 住宅取得等資金の特例:マイホーム購入の資金援助は最大 3,000万円まで非課税 ・ 教育資金の一括贈与の特例:教育資金の援助は 1,500万円まで非課税 ・ 贈与税の配偶者控除:結婚20年以上の夫婦間の自宅の贈与は 2,000万円まで非課税 ・ 結婚・子育て資金の一括贈与の特例:結婚や子育て資金の援助は 1,000万円まで非課税 ・ 障害者への贈与:最大 6,000万円まで非課税 これらの制度の詳細については、下記の記事を参照してください。 なお、 教育資金の一括贈与の特例と結婚・子育て資金の一括贈与の特例については、2019年(平成31年)4月1日から制度の内容が変更されています。 財産をもらう人について所得制限(1,000万円以下) が設けられたことが主な変更点ですが、詳しくは税理士に確認してください。 4-3.生活費や教育費などに充てる 夫婦、親子、兄弟姉妹など 扶養家族の間で生活費や教育費として贈与されたものには贈与税はかかりません。 家族を扶養するためのお金のやりとりに課税することは適切ではないからです。 学費や下宿先での生活費を親に負担してもらう場合や、結婚費用や出産費用を援助してもらう場合などでは贈与税はかかりません。 ただし、通常必要とされる範囲を超えている場合は課税の対象になる可能性があります。 また、生活費や教育費として贈与を受けたにもかかわらず、株式、不動産、車の購入など本来の用途以外に使った場合は贈与税が課税されます。 5.まとめ ここまで、贈与税の申告漏れや脱税はどうやってばれるのか、代表的な事例をご紹介しました。 贈与税は申告しなかったとしてもさまざまな方法で調査が行われ、いずれはばれることになってしまいます。 申告漏れや脱税がばれた場合は、本来の税額を納めるだけでなく加算税や延滞税などペナルティもかけられます。 贈与税には、一定の条件のもとで非課税になるさまざまな制度があります。 正しい方法で贈与税を低く抑えたい場合は、贈与税に詳しい税理士に相談してみてはいかがでしょうか。 (提供:)•

次の

結納金は税金対象!? 結納金贈与による税金発生の有無に関する講義

贈与 税 ばれる

知識が乏しく単純な質問で恐縮ですが、 親から子への贈与は一体いつだれが調査するのでしょうか? 銀行が税務署に逐一報告しているとは思えませんし・・。 例えば親の口座からお金を引き出し、子供の口座に入金するような場合です。 あるいは手渡しなども考えられます。 よく子供用にお金を貯めておき、必要な時(子供の住宅購入資金や結婚資金など)で親から子へお金を渡す事は当然ある事ですが、こういう時はどうなるのでしょう? 口座を経由せず手渡しならわからないのしょうか? あるいは最初から子供名義の口座にして貯めておけばいいのでしょうか? 課税調査のシステムがよくわかりません。 あわせて夫から妻に対するお金の出し入れも贈与になるのでしょうか? すみませんが宜しくお願い致します。 課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。 国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。 「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。 バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。 申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修正申告書を出して、追徴本税を払い、過少申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担します。 不動産を持った場合に判明するのが一般的でしょう。 不動産の所有権変更などがあった場合は、法務局から税務署にデータが報告されます。 税務署では「売った人間」「買った人間」両者にお尋ねという質問文を発送し、回答を得ます。 不動産をいくらで買ったのか、その資金はどこから得たのかという質問に答えます。 答えたくなければ答えなければ良い話ですが、調査官が「おこんにちは」と家に来られるより良いので、多くの方が答えます。 それで「不動産購入資金としてもらった」のが分かるというわけです。 家を新しく建てたという場合には、ローン控除が受けられますので、これを受けるために「いつ、どんな家を購入して、その資金はどうしたか。 」などを不動産登記簿や住民票など必要書類を添付した申告書を提出します。 この資料に「誰からいくら現金を貰った」と記載するので、分かります。 書かなければバレナいだろうとは、思うのですが、銀行からのローン残高とか手持ちの資金からいくら出したのかなどを記入していくうちに「ごまかして書いてもバレそうだ。 正直に記載しよう」となるのです。 これ以外にも「ばれる」のは、近所の人がする「タレこみ」です。 また、贈与行為を隠していて税務署につかまって追徴されたという人が、積極的に「おれはバレタ。 残念だ」と新聞に発表するわけではないので、「ばれないんんじゃないの。 聞いたことないし」というレベルになってると考えられます。 恥ずかしいので口にしない人のほうが多いでしょう。 実際には、贈与税の無申告で追徴されたという方は結構いるようです。 公になってないので「現金だとばれない」という都市伝説ができてるのでは?が私の意見です。 夫から妻に対して現金を渡す行為は「相互扶助義務」の範囲でしたら贈与税はかかりません。 つまり生活費として渡してるなら、その金額が「それは、いくらなんでも多いだろ」という額でない限り贈与税は非課税です。 また所得税も非課税です。 どれ位の額を想定しているのか疑問ですがが、少なくとも年間110万円以下であれば、何の義務もありません。 親子でなくとも貰っても問題ありません。 それ以上だとそれぞれ%がことなりますので、具体的な額が必要です。 教育を受ける機関に払うために親から貰ったならいくら貰っても無税です。 また住宅を取得する為の資金を親から貰う場合は、単なる贈与ではなくその時々の法律により無税の範囲が違ったりします。 死んだ場合=相続税は考え方が全く違いますので、その時はまた税務署や、税理士に相談する必要があるかも知れませんが、年収1000万円以下の一般人には無縁の世界と考えてもいいと思います。 税金やお金のことを教育機関でもっと教えればいいのにと常々思っていますが、とにかく自分で勉強するしか無いとしたら、国家試験でフィナンシャルプランナー技能試験という資格試験があります。 3級なら半年独学で受かると思います。 試してみては如何でしょう。 資産運用にも参考になります。 貧乏人はそんな心配する必要ないです。 100万や200万では税務署もわかりっこないし、それっぽっちで摘発しても摘発の人件費の方が高く付きます。 住宅は特別で、自身が住むためのものならそれなりに優遇もされています。 子供名義であっても、子供にそんな収入があるわけないので、実態で親からのものだと判断されます。 手渡しならばれませんが、それを派手に使った場合(住宅購入とか)資金はどこから?と調査されます。 また、1千万を超える銀行送金は全て報告されます。 マネーロンダリング防止が目的ですが、警察ではなく税務署へ、なので、ついでというか摘発もして稼ぎます。 で、こんな風に使われるんだから真面目に納税する気になんかならないよ。 Q こんにちは。 以前もこちらで父の遺産の相続税などの件でアドバイスを頂き、 税務署へ問い合わせをし、非課税の金額内という事で 申告不要と言われました。 ありがとうございました。 今日の質問はその延長でもあるのですが、こちらは田舎なせいか、 一般的に遺産の相続は、一度配偶者が全て受け取り、その後家庭内で 子供へ配分するとか、子供へは遺産としては配分しない事が多いようです。 遺産として配分するのではなく、子供が家を建てる時に 資金援助という形がメジャーのようです。 私なりに勉強して思ったのですが、たとえば非課税の遺産が 7000万あったとして、母と子供2人で配分すると特に問題は 発生しませんが、全て母名義にしてから受け取ると、 贈与税がかかる事になるのですよね? それで私は、いずれ新築し資金援助をしてもらう予定でしたので、 税金のかからないように、きちんと相続という形が良いのでは?と 母に提案したのですが、「お母さんが子供にお金をあげたって、 どうして税務署でわかるの???」と、聞かれました。 私も「???どうしてかなぁ???」と返事出来ませんでした。 無知な故の、たぶん凄く恥ずかしい質問だと思います...。 恥を承知でお尋ねします。 教えてください。 宜しくお願いします。 それからこういった場合、どのような形での受け取りが ベストなのでしょうか。 こんにちは。 以前もこちらで父の遺産の相続税などの件でアドバイスを頂き、 税務署へ問い合わせをし、非課税の金額内という事で 申告不要と言われました。 ありがとうございました。 今日の質問はその延長でもあるのですが、こちらは田舎なせいか、 一般的に遺産の相続は、一度配偶者が全て受け取り、その後家庭内で 子供へ配分するとか、子供へは遺産としては配分しない事が多いようです。 遺産として配分するのではなく、子供が家を建てる時に 資金援助という形がメジャーのようです。 私なりに勉強... その通りです。 よいご質問です。 一番わかりにくいのは現金手渡しで、その後も現金で所持した場合です。 これは知りようもないですね。 一方で銀行の口座に預けますとその記録は残りますし、税務署はその記録を必要とあれば何時でも見ることが出来ますので動きがわかります。 銀行に限らず証券会社の口座も把握しているし、不動産については登記情報は税務署に行きますし。 これらにより何時でも把握することは出来ます。 ただいちいち調べているのかというと調べていません。 贈与税は結局のところ相続税脱税防止が目的の税金なので、そもそも相続税がかからないほどの資金の動きについては調べたりはしないわけです。 他方、相続税がしっかり課税されるような資産がある場合には、ひそかにチェックされています。 この場合には難しいタンス預金(つまり現金で所持している場合)であっても、見つけ出すこともあります。 これは税務署は日本の企業に始まり個人の所得をすべて把握していることなども関係し、お金の動きはよく把握し、整理させているからです。 ということで、一般庶民レベルですと、ご質問にあるように一度配偶者が全部受け取り、その後に子供に資金提供といっても、税務署はあまり突っ込まないのです。 というのも初めから遺産分割で子供に相続されたものなのか、一度母に全額相続されたものなのかは明文化されたものがなければわからないからです。 ただ銀行に全額母にという遺産分割協議書を提出していれば、税務署が調べたときにばれて税金納めろといわれますよ。 その通りです。 よいご質問です。 一番わかりにくいのは現金手渡しで、その後も現金で所持した場合です。 これは知りようもないですね。 一方で... Q 新聞の家庭欄の特集を読んでて疑問が湧きました。 1 Aさんが亡くなって遺産が1000万円発生したとします。 家族は役所には死亡届を出しますが、その情報って銀行には 伝わりませんよね?ってことは、Aさんの銀行の名義はそのままに して、遺族がAさんのキャッシュカードで少しずつ(1000万円とかいう大金を一気に下ろせば、銀行も怪しいということで、何らかのストップがかかると聞いたことがありますので、少しずつ…)預金を下ろしていけば、銀行側は遺産を下ろしてることは分かりませんよね? 銀行にも分からないのなら、税務署なんて遺族の動きは全然分からないと思うのです。 2 遺産で一戸建ての家をキャッシュで購入したら税務署から相続税を取られた、という話も聞いたことがあります。 質問が2つあります。 しかしいずれはわかるでしょう。 しかしどの程度でわかるかというのはまちまちです。 口座引き落としされているものが停止になるなどのことでわかる場合もありますし、逆になかなかわからずに放置されているものもかなりあります。 いえ、銀行にもわからないならという論理がおかしいでする 税務署は基本的にすべての情報を把握していると思ってください。 役所に死亡届を出すとそれは死亡届が出された日の翌月末までに所轄の税務署長に通知する決まりになっていますのですぐにわかります。 ちなみに相続税の納税が発生しそうな遺族に対しては、何もしなくても相続税の申告書を送ったりしています。 これも上記により通知を受けているから出来るのです。 これは税務署で遺産の金額が把握できていないときで、かつその人の購入がそれまでの所得からして疑問がある場合に調査が入ったのでしょう。 そもそも日本の税制では自己申告制であり、相続税の支払いが必要な相続なのであれば、自己申告で10ヶ月以内に申告しなければなりません。 これを怠った場合には加算税とともに課税されることとなります。 税務署は相続が発生した時点で相続税がかかりそうな資産家であればはじめから相続税の申告を待っていますよ。 きわどいのか相続税の非課税か課税なのかが微妙な人たちの場合ですね。 つまり6000万~1億程度の遺産がある場合が微妙です。 税務署としてこれらを全部調べているわけでもないと思いますので、調査漏れはあると思います。 不動産資産だと生前からすでに名寄せして遺産の全体像は把握しているとは思いますけど。 不動産購入では「登記」をします。 このときに登録免許税を支払います。 この登録免許税は国税であり税務署の管轄ですから当然登記情報は全部税務署に行きます。 そこで銀行の抵当権が設定されていなければキャッシュで購入したわけですよね。 しかしいずれはわかるでしょう。 しかしどの程度でわかるかというのはまちまちです。 口座引き落としされているものが停止になるなどのことでわかる場合もありますし、逆になかなかわからずに放置さ... A ベストアンサー 預金の名義変更がされる=贈与ではありません。 金銭消費貸借かもしれませんし、贈与かもしれませんし、とにかく「本人同士の意思がどうだったか」が重要な要素です。 本例では、母の意志はともかく、受け取った人間が「貰った」という意識がなく、受け取った方の兄弟姉妹がそれを確認してるのですから、贈与行為とはなりません。 法的にいえば、贈与契約が存在してません。 つまり贈与税は課税されません。 母上の預金を通帳と印鑑で管理しておくというが一番ですが、いざ「死亡」ということになると、預金凍結されますので、どえらい面倒です。 これを知ってる方は「生きてるうちにおろしてしまえ」とおろします。 現金で管理してると亡失すると大変ですので、管理してる人の預金通帳に入金をします。 実は、これが「贈与ではないか」と税務署から疑われる行為になります。 本例では、上記のように「贈与ではなく、お金の管理をしてた」という兄弟姉妹の証言が得られることで、贈与契約不存在が立証できますので、心配無用です。 気をつけるべきことは、兄弟姉妹の同意なくして、預ってるお金を「私用」しないことです。 いついくら下ろして、何に使ってという記録をとっておき、領収書も保存しておくべきです。 これは「あんたが管理してると思ったのに、勝手に使い込んでしまった。 ああだこうだ」と兄弟喧嘩になるのを防ぐためです。 相続発生すると、仲のよい兄弟姉妹でも争いが起きるものです。 それ以前に争いごとの元を作らないような、工夫がいります。 ちなみに「名義変更等が行われた後にその取消し等があった場合の贈与税の取扱いについて」という国税庁長官通達がありますが、本例はこれを持ち出すまでもないでしょう。 理由は「贈与ではない」からです。 預金の名義変更がされる=贈与ではありません。 金銭消費貸借かもしれませんし、贈与かもしれませんし、とにかく「本人同士の意思がどうだったか」が重要な要素です。 本例では、母の意志はともかく、受け取った人間が「貰った」という意識がなく、受け取った方の兄弟姉妹がそれを確認してるのですから、贈与行為とはなりません。 法的にいえば、贈与契約が存在してません。 つまり贈与税は課税されません。 母上の預金を通帳と印鑑で管理しておくというが一番ですが、いざ「死亡」ということになると、預金凍結... A ベストアンサー 返す振りをして契約書をかわすのはまずいでしょう。 中には親御さん名義の銀行口座を作って毎月現金を通している方もいるそうですが、税務署が支店の記録を調べるなどすればばれます。 奥さんのご兄弟など利害関係にあるかたの知るところになれば、税務署にたれ込まれることもあります。 なによりびくびくしながら過ごすのはまともに税金払うよりつらいかもしれませんよ。 ともかく返済できないなら、どんな契約書を交わしても贈与と見なされます。 一定の条件を満たせば申告を行うことを条件に親や祖父母といった直系の親族からの550万円まで非課税となる特例が存在します。 この場合奥さんの親御さんからの贈与ですと奥さんしか適用されませんので、持ち分登記を行う必要があります。 またこの先5年分の基礎控除を前倒ししたことになりますので5年間は少額の贈与でも贈与税がかかることになります。 相続時精算課税制度というものもありますが有利とはいえない局面も考えられます。 ともあれ住宅取得控除なども考慮しなくてはいけませんし、条件の吟味などに専門的な判断が必要になることも考えられますので、専門家に実地に相談されることをお勧めします。 nifty. goo. php3? 中には親御さん名義の銀行口座を作って毎月現金を通している方もいるそうですが、税務署が支店の記録を調べるなどすればばれます。 奥さんのご兄弟など利害関係にあるかたの知るところになれば、税務署にたれ込まれることもあります。 なによりびくびくしながら過ごすのはまともに税金払うよりつらいかもしれませんよ。 ともかく返済できないなら、どんな契約書を交わしても贈与と見なされます。 一定の条件を満たせば申告を行うことを条件に親や祖父母とい... A ベストアンサー No3です。 再度投稿いたします。 >定期預金にしようとしている口座の名義は私で、 >主人名義の口座から移動するつもりでした。 あまりご理解いただいていないようですが、名義の問題ではありません。 No1のmukaiyamaさんが言っているとおり誰のお金か(誰が稼いできたお金か)です。 今までの回答からすると共働きでお二人の給料をまとめて管理しているように思われますが 大まかに言えば、ご主人が給料30万、奥さん給料20万なら5分の2は奥様の物と考えても良いような気がします。 それを合わせて貯金していても単なる名義借りをしているだけだと思います。 (最終的な判断するのは税務署ですけどね^^;) それを全部自分のために使ってしまえば5分の3は貰ったと言うことですよね。 でも、まあ税務署が知らなければ請求はしてきませんが。 それで「登記や登録を伴う買い物をしたときは、」との言葉が付記されているのではないかと。 十中八九ばれないで請求はこないだろうし、 自分の給料はこれこれでこのようにして貯金しましたと説明できれば大抵は問題ありません。 でも全く問題ないと太鼓判を押すような無責任な真似は出来ません。 ネット上の匿名回答で訴えられる可能性がないとしてもね。 たとえ100人に1人しか課税される事がないとしても、その1人はそれで何十万も税金を取られるわけですから。 何百人何千人と扱っていけば必ずその一人は出てきます。 質問者さんがその1人にならないとは限りません。 ですから、法律的にと聞かれれば問題はありだし 税金かかるかときかれれば、最終的には税務署の判断することになり 申告するかどうかは質問者さんの自己責任です。 税務署の人も商売ですからより多く税金をかっぱげるとこにいくのは当然です。 でもなにもないときはどんなに少額でも搾り取ろうとしますよ。 贈与とは別の話になりますが、知り合いのもっていた土地に近所の人が 「空き地なら車止めさせてくれ」といってきたそうです。 草取りとかしてきれいにしてくれるならかまわないと知り合いは了承したのですが どこから知ったのか税務署が、駐車場として貸している以上は代金収入があるはずだといってきたそうです。 そのため知り合いは何度か有休を取って税務署に説明に出向きました。 もし本当に代金をもらっていても田舎のこととて1年で数万にしかならないはずです。 それの税金を取るために手間暇かけているのですから私なら少額だからといって安心はしません。 まして贈与は一番税率高いですからね。 >私も贈与税のことは今まで考えたことがなかったのですが、 みなさんどうしてるんでしょうか…。 >知らないまま贈与している人も多いのでしょうね。 大抵は基礎控除などで問題のない範囲に収まりますし、 税務署に全く気が付かれないことが多いと思います。 でも可能性は低いけど税金を取られる可能性は0ではない。 あとは自己判断で。 No3です。 再度投稿いたします。 >定期預金にしようとしている口座の名義は私で、 >主人名義の口座から移動するつもりでした。 あまりご理解いただいていないようですが、名義の問題ではありません。 No1のmukaiyamaさんが言っているとおり誰のお金か(誰が稼いできたお金か)です。 今までの回答からすると共働きでお二人の給料をまとめて管理しているように思われますが 大まかに言えば、ご主人が給料30万、奥さん給料20万なら5分の2は奥様の物と考えても良いような気がします。 それを合わ... Q 先日、テレビを見ていたら金持ちタレントの が20歳の誕生日に親から小切手を送られたと言っていました。 金額は明かしていませんでしたが、相当な額なようです。 数百万かもしかしたら1000万円かなと思いました。 そこで、素朴な疑問なのですが親からでも多額なお金を子供にあげた場合、象用税とかの対象になるのでしょうか? また、誕生日などの名目であれば問題ないとかあるのでしょうか? 教育費だとどうなるのでしょうか? 普通に親が亡くなった時、相続税が発生します。 もし、子どもに多額のお金をあげても税金が発生しないのであれば死ぬ前に子供に渡しておいたほうが良いですよね? どうなのでしょうか? よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 当然かかります。 ただし、贈与税の基礎控除というものがあり、年間110万以下なら贈与税はかかりません。 なので、毎年110万円ずつ贈与して相続税対策をしている人もいます(20年で2200万円無税で贈与できます)。 これも、毎年同じ日に同じ額を渡していると暦年贈与契約とみなされ贈与税が課税されることがあるので、額をばらつかせたり、日をばらつかせたり、あえて111万円にしてちょっとだけ贈与税を払ったりしている人もいるようです。 生活費や教育費などにかんしては、贈与税はかからないことになっています。 誕生日プレゼントや結婚祝いなどは、常識的な範囲であれば贈与税の対象になりません。 誕生日プレゼントに1000万円の小遣いは、常識的とは言えず贈与税の対象となります。 同じく1000万円の結婚式の祝儀や1000万円の香典も贈与税の対象になります。 住宅取得資金贈与という形で、家を買うのに資金援助する場合は贈与税がかからない方法もあります。 また、相続時清算課税制度という、相続を先取りする方法で贈与税をかからないようにする方法もあります。 いろいろと複雑ですが、まとめると特に何に使うかも決まっていない費用(つまりは小遣い)として、多額(110万円以上)をあげれば、親子といえども贈与税が発生します。 もちろん、日本の税制は申告制なので、黙っていればわからないということもいえますが、これは脱税行為ですね。 家族であれば、そういうことは多いかもしれませんね。 当然かかります。 ただし、贈与税の基礎控除というものがあり、年間110万以下なら贈与税はかかりません。 なので、毎年110万円ずつ贈与して相続税対策をしている人もいます(20年で2200万円無税で贈与できます)。 これも、毎年同じ日に同じ額を渡していると暦年贈与契約とみなされ贈与税が課税されることがあるので、額をばらつかせたり、日をばらつかせたり、あえて111万円にしてちょっとだけ贈与税を払ったりしている人もいるようです。 生活費や教育費などにかんしては、贈与税はかからない...

次の

暦年贈与には注意点がたくさん!失敗しない確実な利用法【まとめ】

贈与 税 ばれる

贈与税が問題になるのは、多くの場合い、誰か相当額の遺産 土地、財産、現金 を遺して亡くなったと思われるヒトがある場合いですね。 会社や法人 病院経営が多い の役員、経営者の場合いには、大抵税務署はやって来ます。 その時に、原則、生前贈与で申告する必要も税金も要らないのは、1人につき1年に110万円迄です。 誰に贈与しても、また何人に贈与しても構いません。 では、それを越える額についてはどうかというと、額に応じて一定の税金を納めることになります。 アナタの仰言る「200万」だったら、ざっと10 万ほど徴収されるでしょう。 では、バレなければ納めなくても良いか…というと、結局高額の収入のあるヒトの場合いには、通帳、現金とも収支を徹底的に洗い出されるので、そのオコボレに与 あずか っていたヒトまで、生前に遡って追徴金を請求される…ということになる訳けです。 極く一般人の遺産相続の場合いには、税務署も人員不足だし、洗い出しても追徴出来ないのでワザワザやって来ることもありません。 要は、一番の贈与税の発生事情としては、貰う方よりも「くれる方」に問題アリということになります。 しかし、政府もこの「小口の一般人」からも遺産相続税を巻き上げようという魂胆で、この1月1日から控除額を引き下げます。 去年 平成25年 段階で相続税を取られたヒトは、相続者全体の4. 3%に過ぎなかったのですが、1月1日からは、6%を見込んでいるようです。 どんなに少額でも遺産相続で持って行かれるのを嫌って、今後益々、生前贈与の可能性が増えて来ますので、税務署も金の流れをハッキリさせようとして来るでしょう。 その際に「たった200万ぽっち、バレやしないだろう」と甘く構えていると、その時に初めて「重加算税」という、一般人には耳慣れない多額の追徴金に驚かされることになります。

次の