ファイアーバード。 ファイアー・バード

宮崎地鶏 炭焼ばる ファイアーバード

ファイアーバード

1967年にデビューしたスペシャルティーカー。 その5カ月前に登場したシボレー・カマロと基本的なボディーシェルを共有する兄弟車で、ボディーもカマロと同じく2ドアハードトップとコンバーチブルの2種だった。 ポンティアックのトレードマークだった2分割グリルなどで独自性を打ち出したボディーに積まれたエンジンは、3. 8リッター直6から6. 6リッターV8まで数種類。 68年にはボンネットスクープに高回転型の6. 6リッターV8エンジンなどを備えたラムエア、69年にはリアスポイラーなどで構成されたトランザムと称するオプションパッケージが加わった。 70年にフルモデルチェンジ。 ボディーは2ドアクーペのみとなり、標準/エスプリ/フォーミュラ/トランザムの基本4グレードを設定。 最もスポーティーなトランザムは6. 6リッターV8が標準で、71年には7. 5リッターも加わった。 この2代目の時代に日本では、トランザムというグレード名が、車名であるファイアーバードよりも世間に浸透。 73年からトランザムのボンネットに貼られるようになった火の鳥(ファイアーバード)を図案化した大デカールも人気を博し、その手法を模倣した日本車も現れた。 2代目ファイアーバードは、排ガス規制や石油危機によるパワーダウンを余儀なくされつつも81年まで生き延び、翌82年には特撮TV番組『ナイトライダー』の劇用車であるナイト2000のベースになったことで知られる3代目に世代交代。 87年にはコンバーチブルも復活した。 94年にはリトラクタブルライトを備えた空力ボディーの4代目となるが、2002年に生産終了、ファイアーバードは35年の歴史の幕を下ろした。 その後、2010年にはポンティアック部門が消滅してしまった。

次の

ファイアーバード(西宮北口/居酒屋)<ネット予約可>

ファイアーバード

今でも人気のあるデッキタイプの1つが「連ドラ」。 「紅神龍バルガゲイザー」「竜星バルガライザー」などの効果で 次々とドラゴンを出す豪快なデッキです。 決まればもちろん、一撃必殺ですが、一般的な連ドラタイプは コストが重いカードが多く、コスト軽減カードを引かないときに、 何もできない、いわゆる事故の多いデッキタイプです。 その点、今回の連鳥デッキですが、ファイアー・バードで固めているので、 事故が起こることが少なく、気持ち程度ですが、速攻への耐性もあります。 爆発力は低いですが、可能性を秘めたデッキでしょう。 今回のメインカードである爆竜NEXをご紹介します。 それがファイアー・バードであれば、バトルゾーンに出す。 それ以外であれば、山札の一番下に置く。 自分のファイアー・バードはすべて「スピードアタッカー」を得る。 今回のデッキは36枚がファイアー・バードという極端な構成です。 ほぼ成功して頭数を増やすことができるでしょう。 また、比較的お手頃なカードも多く、安くて強いデッキになったかと思います。 ファイアー・バードは種族の特徴として、ドラゴンを補助するカードが多いので、 今回のデッキはこの爆竜NEXを補助するカードで構成してみました。 デッキレシピ 爆竜 NEX 50円 4枚 200円 (DrawStage) 核クリーチャー。 ほぼファイアー・バードが出る。 手札に温めておこう。 マッハ・ルピア 10円 4枚 40円 (DrawStage) NEXコスト1減。 スピードアタッカーつけて爆竜NEXの効果2回発動。 コッコ・ルピア 20円 4枚 80円 (DrawStage) ご存知ドラゴンのお供。 次のターンに爆竜NEXにつながる。 コッコ・ドギラッチ 25円 4枚 100円 (トレコロ) 今回はこのカードも入る。 ドラゴンとファイアーバードの両方の種族を持つ。 コスト2減より、ザークピッチが手札から出ることも。 カモン・ピッピー 10円 1枚 10円 () 殿堂入りカード。 ファイアー・バード3体展開できる。 翔竜提督ザークピッチ 100円 2枚 200円 (カーナベル) 本当は4枚欲しいカード。 ドラゴンとファイアーバードの両方の種族を持つ。 手札から捨てると出てくる点も強い。 カラット・アゲッチ 10円 4枚 40円 (DrawStage) S・トリガーのファイアー・バード。 2000以下を破壊する。 ビシット・アメッチ 10円 4枚 40円 () 2マナの火のドラゴンに対してウルトラ・セイバーがある。 これで爆竜NEXを守る。 シルド・ポルカ 10円 4枚 40円 () 速攻対策。 シールド・セイバー持ちで離れたとき3000以下破壊。 ポップ・ルビン 30円 4枚 120円 (トレコロ) ドラゴンをアンタップする。 もちろん、爆竜NEXを。 ボッコ・ルピア 10円 3枚 30円 () ブロッカーを破壊する鳥。 パワーの強い光ブロッカー対策。 超次元ゾーン サコン・ピッピー 10円 2枚 20円 () カモン・ピッピーから展開。 3000が2体出てくる。 計 980円 デッキコンセプト 爆竜NEXと最も相性がいいのは、「マッハ・ルピア」ですね。 おそらくは相性がいいように作られているのでしょう。 マッハ・ルピア C 火文明 4 クリーチャー:ファイアー・バード 2000 自分の、名前に《NEX》とあるクリーチャーを召喚するコストを1少なくしてもよい。 ただし、コストは1より少なくならない。 バトルゾーンにある自分のアーマード・ドラゴンはすべて「スピードアタッカー」を得る。 自分のターンの終わりに、このターンにバトルゾーンに出した自分の進化ではないアーマード・ドラゴンをすべて手札に戻す。 つまり、マッハ・ルピアがあると、1ターン早く爆竜NEXが出てきます。 また、スピードアタッカーを持たせるので、爆竜NEXの効果が2回使えることになります。 しかも、ターン終了時に手札に戻ることより、次のターンも同じことができるわけです。 もちろん、コッコ・ルピアから2ターン早く出せても十分強いですし、 ビシット・アメッチを出しながら手堅く攻めてもよろしいでしょう。 爆竜NEXを手札に引かないときは、燃えるボルッチ・翔竜提督ザークピッチで ドローを狙うのがいいでしょう。 その中からアーマード・ドラゴンとファイアー・バードをすべて手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に戻す。 見せたカードがすべてドラゴンだった場合、そのターン、このクリーチャーは「スピードアタッカー」を得る。 相手のターン中に、このクリーチャーが自分の手札から捨てられる時、墓地に置くかわりにバトルゾーンに置いてもよい。 W・ブレイカー デッキ構成上、確実に3ドローできるカードですし、「コッコ・ルピア」 「コッコ・ドギラッチ」などのコスト軽減カードもこのデッキは豊富です。 手出しできることも多いでしょう。 もっと強くするなら スーパーレアになりますが、格段に強くなるだろうと予想されるのが 「キャプテン・ドラッケン」ですね。 T・ブレイカー このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から5枚を表向きにする。 その中から進化ではないファイアー・バードをすべてバトルゾーンに出し、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。 革命2-自分のシールドが2つ以下なら、自分の他の火のクリーチャーのパワーは+6000され、シールドをさらにひとつブレイクする。 このデッキだと下手をするとファイアー・バードが5体も出てきます。 また、革命2ではありますが、少々パワーが弱めのカードパワーを大幅に強化できます。 また、このデッキは火単色ですので、「ボルシャック・ドギラゴン」も相性がいいですね。 そうしたら、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。 そのカードが火の進化ではないクリーチャーなら、バトルゾーンに出し、このクリーチャーをその上に置く。 進化-自分の火のクリーチャー1体の上に置く。 T・ブレイカー このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。 その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。 速攻対策としても直後の殴り返しで2体除去できることも多いでしょう。 爆竜NEXをメインとしているので、NEXつながりで「ボルシャック・NEX」も良さそうです。 その中から、名前に《ルピア》とあるカードを1枚、バトルゾーンに出してもよい。 その後、山札をシャッフルする。 このクリーチャーは、自分の墓地にあるファイアー・バード1体につき「パワーアタッカー+1000」を得る。 W・ブレイカー これで状況に応じたファイアー・バードを出すようにすれば、 柔軟なトリッキーなデッキも作れることでしょう。

次の

ファイアーバード(地図/写真/西宮/鳥料理(鶏料理))

ファイアーバード

詳細条件• 禁煙車• ワンオーナー• 整備記録簿• 登録済未使用車• 右ハンドル• ミッション/駆動系/乗車人数• 4WD• 8名 エンジン種別• ハイブリッド• ディーゼル オプション• サンルーフ• ターボチャージャー• フロントカメラ• 全周囲カメラ• 衝突被害軽減システム• フルエアロ• スマートキー• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• ワンセグ• 後席モニター• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• シートヒーター• LEDヘッドランプ• ミュージックプレイヤー接続可• 盗難防止装置• 3列シート• リフトアップ• DVD再生• 電動リアゲート• パークアシスト• アイドリングストップ• ボディタイプ• 軽自動車• コンパクトカー• ミニバン• SUV・クロカン• ステーションワゴン• バン・商用車• トラック• ピックアップトラック• ハードトップ• ボンネットバン• 軽トラック• バス 価格帯• 5万円以下• 10万円以下• 15万円以下• 20万円以下• 25万円以下• 30万円以下• 35万円以下• 40万円以下• 45万円以下• 50万円以下• 50万円~100万円• 100万円~150万円• 150万円~200万円• 基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の