アズリエル 評価。 『UNDERTALE』とどう交わるのか?『DELTARUNE』チャプター1でプレイヤーたちを引きつける6つの謎とその考察

【逆転オセロニア攻略】トップクラスの加速毒持ち!3周年アズリエルの評価 [ファミ通App]

アズリエル 評価

この記事のもくじ• オセロニア アズリエル 評価・特徴 総合評価 キャラ 総合評価 アズリエル [進化] 5点[闘化] 4点 特徴・使い方 超駒パレード限定の魔属性のS駒。 2018年2月9日 金 12:00~ついに闘化実装します! このキャラの闘化を待ち望んでいた方はとっても多いでしょう! 最強キャラの闘化の性能はいかに!? 【進化】[死の癒し]アズリエルの特徴・使い方 逆転オセロニアの数あるS駒の中でも、実力No. 1との呼び声が高い最強キャラ。 オセロニアをこれから始める方は、例えリセマラに時間がかかろうとも、まずはこのアズリエルをゲットすることをオススメします。 登場した当初から色あせない強さ。 リセマラを何回繰り返してでもゲットしてほしいほどに魅力が詰まったキャラだなと個人的には感じています。 スキル・コンボスキルはどちらも攻撃型。 攻撃型デッキの中核的存在となるキャラです。 スキル性能を詳しく見ていきましょう。 スキルは表になっている3ターンの間、毎ターン1400の毒ダメージを相手に与えます。 3ターン合計で4200の毒ダメージです。 スキル効果は3ターンに限定されますが、もちろん毒スキルの威力としては全S駒の中でもトップクラス。 ひっくり返されなければ、3ターンで4200のダメージを与えることができるというのは、相手にとってはかなりの脅威になるでしょう。 スキル性能は抜群ですね! コンボスキルは特殊ダメージ系で、2枚以上ひっくり返せるマスで発動できて、通常攻撃の1. 5倍の特殊ダメージを相手に与えることができます。 このコンボスキルもかなり強力です。 相手に与えることができる特殊ダメージは、通常攻撃ダメージに応じたダメージ量になるので、竜S駒などの通常攻撃の火力が高いキャラと組み合わせれば、とんでもないダメージ量になります。 スキル・コンボスキルともに全S駒の中でもトップクラスの性能を持った超攻撃的キャラですね。 アズリエルをリセマラで絶対にゲットしてほしいキャラとオススメする理由…… それは、 アズリエルの汎用性の高さにあります。 攻撃型の混合デッキでも、毒デッキでも、魔デッキでも……あらゆるタイプのデッキで中核的な存在として活躍できる汎用性の高さは、他のキャラにはない魅力の一つです。 【闘化】[死の天使]アズリエルの特徴・使い方 スキルは「時限で3ターン後に4500の毒ダメージを相手に与える」という効果です。 総毒量でいえばかなりのものですね。 キャラ 発動条件 1ターンあたりの毒ダメージ量 毒ダメージ総量 3600 このようにトータルでの毒ダメージはかなりの威力です。 アバドンと組み合わせるとかなり凶悪な攻撃になりますね。 条件なしというのも非常に魅力的ですね。 あと1ターン凌ぎたいときや序盤のプチ回復にも最適です。 評価は5点中4点にしました。 強いです。 確かに強い。 普通にスタメンに入れれるほどの強さだと思います。 ですが[アズリエル]と名の付くキャラにしては微妙に感じてしまうのは私だけでしょうか…… 時限も非常に面白いですが、手駒運も関係してくるというのも難点の一つですね。 終盤に手駒に来た際には時限発動する前にバトルの決着がついてしまう事もあるかもしれません。 [進化]アズリエルであれば即毒効果があるので終盤の一押しをできたのが[闘化]アズリエルはそれができないというのが残念です。 最初の手駒に来ている際には非常に活躍できそうな性能なのは間違いありません。 オセロニア アズリエル 基本パラメーター [死の癒し]アズリエル ステータス 【進化】MIN 【進化】MAX HP 1314 1844 ATK 1214 1644 スキル スキル べのむスクラップ! 最大Lv 2 Lv1 毒:盤面で表になっている3ターンの間、毎ターン1300の毒ダメージを相手に与える。 Lv2 毒:盤面で表になっている3ターンの間、毎ターン1400の毒ダメージを相手に与える。 コンボスキル スキル ぐりむリーパー! 最大Lv 2 Lv1 特殊ダメージ:2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃ダメージの1. 4倍の特殊ダメージを与える。 Lv2 特殊ダメージ:2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃ダメージの1. 5倍の特殊ダメージを与える。 オセロニア 【闘化】アズリエル ステータス・スキル [死の天使] アズリエル ステータス 【闘化】MIN 【闘化】MAX HP 1324 1978 ATK 1284 1510 スキル スキル べのむインパクト! 最大Lv 2 Lv1 時限:発動した3ターン後のターン開始直後に以下の効果を誘発する。 毒:4300の毒ダメージを相手に与える。 Lv2 時限:発動した3ターン後のターン開始直後に以下の効果を誘発する。 毒:4500の毒ダメージを相手に与える。 コンボスキル スキル ぐりむバーニング! 最大Lv 2 Lv1 吸収:相手HPを1400吸収し、自分のHPを回復する。 Lv2 吸収:相手HPを1500吸収し、自分のHPを回復する。 闘化素材 記載されている必要素材はレアリティS 進化前のレベルMAX状態 から闘化させる場合に必要な素材数です。

次の

【オセロニア】サマーアズリエルの評価とおすすめデッキ|闘化解放|ゲームエイト

アズリエル 評価

さて、今回は アズリエルの評価です。 一応、クリスタル限定ガチャとして 登場しているアズリエルですが 果たして手に入れる必要があるのか? それを判断するためにも どのキャラと組み合わせるといいのか 使い道はどうなのか? というところを見て総合的に 評価をしていきたいと思います。 それでは、いきます。 スポンサーリンク アズリエルのステータス 出典: CROOZ, Inc. 攻撃と回復が同時にできる• コンボに応じて敵を一撃で仕留める• 全体攻撃ガード• スキル発動が容易 アズリエルのいいところは攻撃と回復が 両立できるところですね。 エレストではステージの難易度が 高くなるに連れて敵からの 一発が 後々、痛くなってきます。 ですから、こまめに回復ができる というのはかなりありがたいわけです。 また、スキルの発動もしやすい ピース配列なので、 パズル力がまだ 養われていない初心者の方にも 使いやすい仕様となっていますね。 変換持ちのウィスプがいると より楽にピースをこの形状に持っていく ということが可能になります。 だって、どれも直線に2ピース くっついただけですからね 笑 そして、アズリエルの真骨頂、 本来持つ素晴らしい性能は敵を 一撃で倒すという能力です。 これはかなり強力なスキルです。 さらにアズリエルにはサポートに ふさわしいアビリティがついています。 そう、 全体攻撃ガードです。 これ、なにかと役に立ったりします。 だって、考えてみてください。 敵に全体攻撃をされるということは 味方が同時に瀕死になっていく可能性が 大幅に上がるということですよ! これはいかんですよね!? だから、そういう全体攻撃を 使ってくるステージには 重宝するってわけです。 アズリエルの弱い点 使えない点• 単体攻撃しかない• 一撃必殺も低確率• 相性のいいキャラが少ない アズリエル・・ 単体攻撃しか無いのはちょっと ないですね。 単体攻撃でも「強力」または「超強力」 でもあれば話は変わってくるのですが すべて通常ですからね。 特になにかしらの条件でダメージが あがるということもないので、 残念過ぎる仕様です。 そして、肝心の一撃必殺スキル 「終焉の剣」 これかなり 確率が低いです。 だから、 全然期待できないんですよね。 コンボ数を稼げばもちろん確率は 上昇してはくるのですが・・ パズル力がないとハッキリいって 使うのが難しいし、盤面のピースによるので 発動する際には整地しておく必要があります。 それに、 盤面にある岩やコアなども 邪魔になってくるのでコンボ数を 稼ぐというのがかなり厳しいわけ。 なので、実用性があるかって問われると ないでしょうね。 それで、アズリエルと組んで 相互扶助できるやつはいないかと 考えてみたんですけど・・ いない 笑 今のところ見当たらないってのが 僕の答えです。 スポンサーリンク アズリエルの使い道は? アズリエルは覚醒すると 真・チェンジコアブレイカーを 習得します。 ですので、 闇-星5「エリスの試練」とか いいんじゃないかな? 同じく 闇-星5「アポピスの試練」では アポピスが全体攻撃をしてくるので ここでもアズリエルの全体攻撃ガードが 効果を発揮してくれます。 特にアポピスはダメージが 半端無いのでなんとか防ぎたい。 同様に 闇-星5「メイヴの試練」でも ヤバイくらいの全体攻撃を 繰り出してくるのでここでも活躍できる。 これくらいでしょうか 笑 アズリエルの入手方法 クリスタルガチャ限定で入手が可能で 手に入れるにはそのタイミングで 課金または溜めておいたクリスタルを 使用するしかありません。 クリスタルガチャは1回やるのに 30クリスタルも必要なので せめて 600クリスタルは欲しいですね。 つまり、20回分です。 もし、そんなに溜めれないよって場合は この方法を使ってください。 スキルも残念ながら威力が低い状態での 単体攻撃ですし、一撃必殺も 確率が低く、コンボを誘発するのは 至難の業 わざ です。 ということで、 クリスタルガチャ限定だけど クリスタルを消費してまで手に入れる 必要があるかどうか? 僕は無いと思いますので、 コレクションしてない限りは 他の限定キャラが出てくるまで待ちましょう。

次の

【オセロニア】アズリエル|評価・闘化・ステータス・スキル

アズリエル 評価

ところで、今回公開された『DELTARUNE』はどういう作品なのか? 簡単に言ってしまえば、これは『UNDERTALE』の流れを汲む新作タイトルである。 Webサイトからダウンロードできるファイルを起動させると実際にゲームのチャプター1をまるまる遊ぶことができるし、日本語化もしっかり行われている(ただし、が作者から報告されているので要注意)。 グラフィックはより進歩しキャラクターたちの表情やアニメーションがとても豊かになり、3人で戦うバトルシステムやアクション要素の増えたフィールドなど、確かに新作らしさもたくさんある。 しかしこの『DELTARUNE』を遊んでいるとどうしても気になることがある。 「これは『UNDERTALE』とどう繋がっているのか?」と思わざるを得ないし、たくさんの示唆された要素があるのだ。 本記事ではそんな『DELTARUNE』に秘められているであろう謎を追いかけてみよう。 そもそも『DELTARUNE』の世界はどういうものなのか? 『UNDERTALE』を遊んだプレイヤーならば、『DELTARUNE』の世界を見て少し戸惑いを感じるはずである。 この世界においてモンスターたちは地上に住んでおり、主人公であるニンゲンのクリスは学校へ通っている。 『UNDERTALE』はむしろニンゲンが地下に落ちる物語だったのではないか。 いや、確かに前作のとあるエンディングではモンスターたちが地上に出ることができていた。 ただその世界とも少し事情が異なっているようで、『UNDERTALE』では地上にニンゲンがたくさんいるはずなのに『DELTARUNE』ではどうもクリスひとりだけのようだし、兄であるアズリエルが海外に留学しているなど、設定的な違いがけっこうある。 つまり、単純に『UNDERTALE』のエンディング後というわけでもなさそうなのだ。 おそらく『DELTARUNE』は『UNDERTALE』のパラレルワールドなのかもしれない。 前作のキャラクターたちもたくさん出てくるし、彼らは性格もほとんどそのままのようだし、アズゴアは再びトリエルに愛想を尽かされている。 ただ、似ているがどこか違うのだ。 そもそも『DELTARUNE』というタイトル名がそれを示しているのかもしれない。 エンディングの歌詞からもそのような意味が読み取れる。 新たに登場する主人公「クリス」の謎 主人公であるクリスの部屋。 クリスが使用している右側はやたらと殺風景だが、左は異常なほど豪華なあたりも意味深である。 ポスターには嫌なことを思い出させる花も……。 『DELTARUNE』の主人公は、前述のようにクリスというニンゲンだ。 これも『UNDERTALE』から変更されており、そちらの主人公はフリスクという人物であった。 無口でボーダーの服を着ているところは同じだが、ほかにひとつ大きな違いがある。 それはフリスクの名前が明らかになるのは『UNDERTALE』の特定のエンディングでだけ、ということだ。 『UNDERTALE』はフリスクがプレイヤーの分身だと勘違いさせる仕組みがあり、実はプレイヤーの化身となる存在は別者なのだ(Gルートで遭遇できる「キャラ」と呼ばれる存在がそれだ)。 今回はそういった仕掛けはなさそうだが、違う意味でこだわっているであろう仕組みがある。 本作をはじめると、プレイヤーはまず最初に謎の存在の誘導により自身の器を作らされ、名前や好みまで設定させられる。 また、ゲームのタイトル名がアナグラムであるように、「クリス」という名前が「フリスク」にとても似ているところにも意味が込められている可能性もある。 もちろんそこへさらにキャラが絡んでくるのだろう。 デルタは善・中立・悪の3人を示すのか? 敵を説得したり分析できる独特なコマンド「ACT(こうどう)」や、弾幕STGのように敵の攻撃を避けるシステムは引き続き登場。 TPというものを使うことにより魔法なども使えるようになった。 ゲームを進めていくと仲間が増え、善人すぎて逆に怪しさすら感じるラルセイ、そして暴力ですべてを解決しようとするスージィと行動を共にするようになる。 この三角関係もまた『UNDERTALE』を彷彿とさせる要素だ。 『UNDERTALE』のエンディングは大きくわけると3つ存在し、誰も殺さず平和的に解決するもの、中立といえるもの、あるいはすべてを虐殺する悪ともいえるものが存在する。 プレイヤーはそのどれを選択するかという構造なわけだが、『DELTARUNE』ではその3つが一体化しているような作りになっている。 バトルでは3人が行動することになるので、ACTで相手を説き伏せたり無力化することもできるし、あるいはスージィが有無を言わさずに敵を殺してしまうかもしれない。 ところで、『UNDERTALE』の世界に住むモンスターたちは誰もが心からの善人であった。 行き違いにより戦わざるを得ない時もあったが、それでも腰を据えて話し合えば分かり合うことができる(一線を越えなければ、だが)。 一方『DELTARUNE』の世界はそう甘くはないようで、強引に敵を眠らせなければならない状況もあるようだ。 それぞれの思惑が違う3人のキャラクターたちによるバトルは純粋にゲームシステムに大きな変化を与えるし、その3人で立ち向かうことになる敵の表現にも新作としての意気込みを感じる。 『UNDERTALE』はプレイヤーの倫理観を問うという意味でも評価されたわけで、そのさらなる進歩を見られる可能性が期待できるだろう。 よく見かける「謎の紋章」 『UNDERTALE』を遊んでいても『DELTARUNE』をプレイしていても、とにかく謎の紋章が目につく。 たとえば地形になんとなく似たようなものが書いてあったり、あるいはトリエルのエプロンに同じマークが書かれていたり……。 何か大きな意味を持つのだろうか。 これについて深く語りすぎるのは妄想に足を踏み入れてしまうため、事実だけを語ろう。 紋章の上部に球体がありその左右に羽らしきものがある。 下部には三角形が3つあり、上を向いているものが2つ、下を向いているものが1つある。 3つの三角形はクリスたちを示すのだろうか? だとすれば上部にある羽を持つ球体は何を意味するのだろうか? 答えはまだわからない。 ラルセイの正体とスージィとの関係性 仲間のひとりであるラルセイは帽子を深くかぶっているため顔がよく見えない。 しかしチャプター1の最後になると、きちんとそれを確認できる。 その顔はまるで……、『UNDERTALE』で起きた事件の発端とも言えるアズリエルそっくりなのだ。 『DELTARUNE』においてアズリエルはクリスの兄という存在になっているはずなのだが、しかしラルセイがその正体を明かした時のリアクションはどこか奇妙である。 クリスは無口であるにしてもあまりにも無反応だし、一方そこまで関係がなさそうなスージィはとても驚いているのだ。 これはどういうことだろう? そもそもラルセイからクリスに対してこれといったコメントがない時点で、彼はアズリエルとはまた違う存在なのか。 そしてスージィはラルセイと親しい間柄だったのだろうか? この謎もまた物語にとって重要になるだろう。 サンズという特別な存在は世界の秘密を知っているのか? 引っ越してきたばかりと語るサンズ。 彼ら兄弟は『UNDERTALE』でもある日、突然現れていた。 大冒険を終えたあと街中を探索すると、『UNDERTALE』にも出てきたあのキャラクターと会話することができる。 警察官となったアンダインや見えない猫に餌をあげているアルフィスも気になるが、やはり多くのプレイヤーが会話したいのはサンズであろう。 サンズはくだらない冗談ばかりを言うホネのあるやつなのだが、実は彼こそがプレイヤーにかなり近い存在であるといえる。 『UNDERTALE』において彼は「世界がやり直された」ことを認知することができる数少ない存在なのだ。 さらに多くの謎を抱えているため、『DELTARUNE』世界の謎についても何かを知っている可能性がある。 もちろんそれを意識した選択肢もあり、彼に久しぶりと声をかけることもできる。 ただ『DELTARUNE』における彼はまだふつうのホネのようで、引っ越してきたばかりだというし核心に迫ったセリフを吐くこともない。 とはいえ、彼の動向には注目しておくべきだろう。

次の